あずさ時刻表。 【2020年版】中央線特急スーパーあずさ時刻表 東京~八王子間だけ乗車したい人向け

松本から新宿 時刻表(JR篠ノ井線)

あずさ時刻表

JR東日本は13日、ダイヤ改正日を2020年3月14日と発表した。 中央本線経由の特急列車は「富士回遊」が1往復増発され、「あずさ」の運転区間・停車駅が一部変更となるほか、「あずさ」「かいじ」の号数変更、「おうめ」の増発などを予定している。 中央本線の特急列車は2019年3月のダイヤ改正で臨時列車を除き、E353系に統一された 特急「あずさ」「かいじ」は現在、それぞれの列車で下りは1号、上りは2号から号数が表示されるが、ダイヤ改正後は両列車で通し番号による号数表示に。 これにともない、下りは「あずさ1・3・5号」に続いて「かいじ7号」を運転。 上りは「かいじ2号」から始まるため、「あずさ2号」がなくなり、「あずさ4号」からの運転となる。 現在、千葉発南小谷行で運転される下り「あずさ3号」はダイヤ改正後、千葉発松本行に変更。 千葉駅から「富士回遊3号」と併結運転を行い、大月駅で分割した後、途中の塩山駅、山梨市駅、石和温泉駅に停車して甲府・松本方面へ向かう。 「あずさ」は現在、大月~甲府間の途中駅は全列車通過となっているが、ダイヤ改正後は下り「あずさ3・55号」と上り「あずさ16・44号」が塩山駅、山梨市駅、石和温泉駅に停車する。 下り「あずさ5号」は現行の新宿発松本行から新宿発南小谷行となり、運転区間を延長。 その他、朝夕に運転される「あずさ」の一部列車で停車駅の変更があり、富士見駅や下諏訪駅などに停車する列車が増える予定となっている。 特急「富士回遊」は3往復に増発。 定期列車は引き続き、E353系3両編成で富士急行線を走行する 中央本線から富士急行線へ直通する特急「富士回遊」は1往復増発され、計3往復に。 富士急行線内では、停車駅に下吉田駅が追加される。 下りは千葉駅始発の「あずさ3号」と併結運転を行う「富士回遊3号」、新宿駅始発の「かいじ7・11号」と併結運転を行う「富士回遊7・11号」、上りは大月駅から「かいじ36・48号」と併結運転を行う「富士回遊36・48号」、「あずさ44号」と併結運転を行う「富士回遊44号」を設定。 定期列車は引き続きE353系3両編成、臨時列車はE257系で運転される。 平日の夕方以降に運転される特急「はちおうじ」「おうめ」も一部変更。 現在、下りは「はちおうじ」6本・「おうめ」1本の運転だが、現行の東京駅18時30分発、八王子行の「はちおうじ3号」は運転を取りやめ、ダイヤ改正後は同時刻に東京駅を発車する青梅行の「おうめ1号」を設定。 これにより、「おうめ」は下り2本に増発される。 予めご了承ください。 連載一覧 第6回 第5回 第4回 第3回 第2回.

次の

新宿→松本(あずさ)|時刻表|ジョルダン

あずさ時刻表

JR東日本は13日、ダイヤ改正日を2020年3月14日と発表した。 中央本線経由の特急列車は「富士回遊」が1往復増発され、「あずさ」の運転区間・停車駅が一部変更となるほか、「あずさ」「かいじ」の号数変更、「おうめ」の増発などを予定している。 中央本線の特急列車は2019年3月のダイヤ改正で臨時列車を除き、E353系に統一された 特急「あずさ」「かいじ」は現在、それぞれの列車で下りは1号、上りは2号から号数が表示されるが、ダイヤ改正後は両列車で通し番号による号数表示に。 これにともない、下りは「あずさ1・3・5号」に続いて「かいじ7号」を運転。 上りは「かいじ2号」から始まるため、「あずさ2号」がなくなり、「あずさ4号」からの運転となる。 現在、千葉発南小谷行で運転される下り「あずさ3号」はダイヤ改正後、千葉発松本行に変更。 千葉駅から「富士回遊3号」と併結運転を行い、大月駅で分割した後、途中の塩山駅、山梨市駅、石和温泉駅に停車して甲府・松本方面へ向かう。 「あずさ」は現在、大月~甲府間の途中駅は全列車通過となっているが、ダイヤ改正後は下り「あずさ3・55号」と上り「あずさ16・44号」が塩山駅、山梨市駅、石和温泉駅に停車する。 下り「あずさ5号」は現行の新宿発松本行から新宿発南小谷行となり、運転区間を延長。 その他、朝夕に運転される「あずさ」の一部列車で停車駅の変更があり、富士見駅や下諏訪駅などに停車する列車が増える予定となっている。 特急「富士回遊」は3往復に増発。 定期列車は引き続き、E353系3両編成で富士急行線を走行する 中央本線から富士急行線へ直通する特急「富士回遊」は1往復増発され、計3往復に。 富士急行線内では、停車駅に下吉田駅が追加される。 下りは千葉駅始発の「あずさ3号」と併結運転を行う「富士回遊3号」、新宿駅始発の「かいじ7・11号」と併結運転を行う「富士回遊7・11号」、上りは大月駅から「かいじ36・48号」と併結運転を行う「富士回遊36・48号」、「あずさ44号」と併結運転を行う「富士回遊44号」を設定。 定期列車は引き続きE353系3両編成、臨時列車はE257系で運転される。 平日の夕方以降に運転される特急「はちおうじ」「おうめ」も一部変更。 現在、下りは「はちおうじ」6本・「おうめ」1本の運転だが、現行の東京駅18時30分発、八王子行の「はちおうじ3号」は運転を取りやめ、ダイヤ改正後は同時刻に東京駅を発車する青梅行の「おうめ1号」を設定。 これにより、「おうめ」は下り2本に増発される。 予めご了承ください。 連載一覧 第6回 第5回 第4回 第3回 第2回.

次の

【あずさ・かいじ再編】中央線特急また大規模改正・2020年3月

あずさ時刻表

中央本線の路線図について JR中央本線は、東京駅から、長野県の塩尻駅を経由して名古屋駅までを結ぶ鉄道路線のことです。 東京駅から塩尻駅までがJR東日本、塩尻駅から名古屋駅までがJR東海の路線となります。 このため、NAVITIMEや乗換案内など、路線図を扱うホームページでは塩尻駅を境に、それぞれ別の路線として掲載されています。 中央線快速では、特急のほか、「快速」「中央・青梅特快」「各駅停車」が走っています。 他にも、平日朝ラッシュ時の上りに運行する「通勤特快」や、平日夕ラッシュ時の下りに運行する「通勤快速」があります。 御茶ノ水~三鷹間は、中央線快速と中央線各駅停車が並行して運行しています。 中央本線の快速停車駅のうち、西荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺の3駅は休日ダイヤ運行日に停車しないので注意が必要です。 中央本線の時刻表について 中央本線の時刻表は、JR東日本のホームページやNAVITIME、乗換案内などで見ることができます。 駅名から時刻表を検索できる機能や、路線図から駅名を選択し検索する機能があります。 ちなみに、書店などで発売されており、月1回刊行されている「JR時刻表」で見ることもできます。 ここでは、臨時列車の時刻表や、駅構内図なども見ることができます。 中央本線は、列車本数の特に多い東京~立川間において、日中は快速だけでも1時間に14本運行しています。 特に、平日朝ラッシュ時の上りは1時間に29本運行する時間帯があります。 ちなみに、並行して走る中央線・総武線各駅停車は日中が1時間に11~12本、平日朝ラッシュ時が1時間に24本の運行です。 このほかにも、東京・新宿と甲府を結ぶ特急列車である「かいじ」や、松本を結ぶ特急列車である「あずさ」がそれぞれ1時間に1本程度で運行しています。 Sponsored link 3. 中央本線の運賃について 中央本線の運賃は、東京~高尾間においては、幹線の普通運賃と比較して割安な電車特定区間の運賃が適用されます。 例として、3キロまでが140円(ICカード133円)、4~6キロが160円(ICカード133円)、7~10キロが170円(ICカード165円)、11~15キロが220円(ICカード165円)などとなります。 例えば、新宿から三鷹(13. 8キロ)は、切符が220円で、ICカードが216円です。 特急列車である「あずさ」や「かいじ」は全席指定であり、普通運賃と指定席特急料金の合計は、新宿~八王子(37. 1キロ)が1230円、新宿から甲府(123. 8キロ)は3820円となります。 なお、繁忙期・閑散期共に料金は同じです。 ちなみに、列車内で特急券を購入した場合は260円の車内料金がかかります。 Sponsored link 4. 中央本線の運行状況について 中央本線の運行状況は、JR東日本のホームページ内にある、「運行情報・運休情報」のページや、JR東日本の公式twitterなどで見ることができます。 利用時間は、午前4時~翌午前2時です。 ここでは、運休や運転見合わせの情報のほか、30分以上の遅延があった場合に遅延情報を見ることができます。 また、5分以上遅れた場合に、Web上で遅延証明書を表示する機能もあります。 例えば5~10分の遅延の場合は10分、11~20分の遅延の場合は20分、21~30分の遅れは30分といった具合に表示されます。 遅延証明書は、毎日7時過ぎ、10時過ぎ、16時過ぎ、21時過ぎ、翌午前2時過ぎの5回掲載されます。 ちなみに、過去45日分の遅延証明書を見ることができ、印刷することもできます。 中央本線の特急について 中央本線の特急は、主に新宿~甲府間を走る「かいじ」と、新宿~松本間を走る「あずさ」があります。 かいじは1日12往復(定期列車)運行されており、一部列車は東京駅や竜王駅に乗り入れます。 あずさに比べれば停車駅は多く、所要時間が長いことから、主に山梨県と東京都間の移動に利用されます。 基本的に9両編成での運行で、うち1両はグリーン車です。 一部列車は、新宿~大月間で河口湖発着の特急「富士回遊」と併結して運行します。 あずさは、1日18往復(定期列車)運行されており、一部列車は東京駅や千葉駅、南小谷駅に乗り入れます。 停車駅は列車により異なり、大月駅や韮崎駅、上諏訪駅などのように、一部列車のみ停車する駅があります。 9両ないしは12両編成での運行で、うち1両はグリーン車です。

次の