ガンジス 川 遺体。 インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?|終活ねっとのお墓探し

インドのお墓ってどんなものなの?ガンジス川がお墓って本当?|終活ねっとのお墓探し

ガンジス 川 遺体

なんでガンジス川で火葬するの インドには8億人ものヒンドゥー教徒がいます。 そして、ヒンドゥー教にとってはガンジス川は「ガンガー」という神様がいる神聖なものだと考えられています。 そのため、生前は沐浴を行います。 そして、死後はガンジス川沿いで火葬をして、遺灰をガンジス川に流すことは、ヒンドゥー教徒にとってはガンジス川に還すこととなり、「死者への敬意」を表すものとなっています。 遺灰をガンジス川に流すことで、「 永遠に続く輪廻転生から解脱できる」とされています。 ヒンドゥー教徒にとってガンジス川沿いでの火葬は理想ですが、全ての人がするわけではありません。 インドはものすごく広いので、基本的にそれほど遠くない人のみです。 南インドの人は基本南インドで火葬されます。 また、夏だとすぐに朽ちるので、北インドの人であっても、夏場だと近場で火葬することが多いです。 ガンジス川での火葬について ガンジス川沿いならどこでも火葬していいというわけではありません。 設備が整った火葬場で火葬を行います。 インドのバラナシのガンジス川沿いには いくつかの火葬場があります。 毎日誰かしらの遺体が運ばれては、基本的に24時間体制で火葬が行われています。 火葬の流れ 火葬される遺体は、親族の人達によって担架に乗せられて火葬場に運ばれます。 そして、火葬場に着くと、まず担架ごとガンジス川の中に浸されます。 「燃やす前に水に浸けたら燃えにくくなるのになんで?」と不思議に思う人も多いと思いますが、神聖なガンジス川の水によって「遺体を清める」ためです。 遺骨はそのままガンジス川に流すか、持ち帰る人もいます。 例外的に火葬されない人 遺体は基本的にお金を払えば火葬されますが、火葬されない人たちもいます。 「赤ちゃん」、「子供」、「妊婦」、「事故死や疫病で死んだ人」、「自殺した人」は火葬されずに、そのまま遺体はガンジス川に流されます。 つまり、火葬ではなく水葬される人もいるのです。 そのため、ガンジス川で「死体が流れてきた」という人もたくさんいます。 ガンジス川の火葬とカースト制度の格差 ヒンドゥー教の大きな特徴として「カースト制」があります。 このカースト制度とは、人をカーストというクラスに分け、生まれたときから「身分」が決まっており、就くことのできる職業も決まっています。 制度上は廃止されているのですが、現代でも文化として色濃く残っています。 そのカースト制度が火葬においても色濃く影響しています。 火葬を頼む人はカースト上位のお金持ち ガンジス川で火葬できる人は基本的に裕福な人です。 どこに住んでいるかは人によりますが、遺体をわざわざバラナシのガンジス川まで運んでくるのにお金がかかります。 遺体も火葬するための薪も購入する必要があります。 遺体が完全に骨だけになるためにはある程度の薪が必要になります。 薪の量がしっかりないと、中途半端に肉が燃え残るからです。 現在はガスでの火葬をすることもできますが、薪を使った火葬が高級とされています。 このように、ガンジス川で火葬するとなると、遺体をガンジス川まで運ぶお金から、火葬するための薪なども購入する必要があります。 そのため、ガンジス川まで遺体を運ぶことのできる人はある程度お金を持った人しかできません。 火葬をする人はカースト最下層の貧しい人 それに比べて火葬をする人はカースト制度の最下層の職業。 それとは反対に火葬する人はカースト制度の中でも最下層の貧しい人たちです。 この層の人たちは人間なのですが、カースト制度の中では「人間以下」とされています。 ヒンドゥー教の考えで、遺体に触ることは「死」が伝染するとされ、親族でさえ触ることはいいとされていません。 こういう考え方もあり、遺体を扱うのは最下層の人の職業になっているのです。 裕福な人の遺体を貧しい人が火葬するという構図ができています。 ガンジス川の火葬は写真撮影禁止 ガンジス川の火葬を写真で撮ってはいけません。 あの衝撃な光景を写真に収めたい気持ちはわかりますが、自分の家族が火葬されているのを写真で撮られるのは嫌ですよね。 写真を撮ってなくてもカメラを首から下げていたり、持っているだけで怒られたりします。 また、「撮影料をよこせ」と、お金を取るためにグチグチ言ってくる人もいます。 スマホを持っているだけでも、いろいろ理由をつけてお金を取って来ようとする人もいるので、火葬を見に行く時にはなるべく手ぶらで行きましょう。 他にも、ガンジス川の周りには、観光客を狙った詐欺師などがたくさんいるので観光の際は気をつけるようにしてください。 ガンジス川の観光で気をつけることはまた別の記事にまとています。

次の

ガンジス川で日本人が沐浴したら本当に病気になるの!?結果はこうなった。

ガンジス 川 遺体

聖なるガンガー 宿をでて、熱気あふれる市場を通り抜けると、行く手に幅広い川がみえる。 午後の光をうけてキラキラ輝く。 聖なるガンガー。 ガンジス川のことだ。 「死体と汚物が並んでぷかぷか浮いている」 「あまりの汚さにコレラ菌でさえ3時間しか生きられない」 「外国人がガンジス川で泳ぐとほぼ全員が赤痢にかかる」 などなど、えげつない話ばかり聞かされていたのだが、カトマンズの真っ黒なドブ川を見た後だったので 「案外、きれいやん?」 というのが最初の感想だった。 チャイ色の大河。 だけど……きれいとか、きたないとか、そんな尺度では測れないことに、やがて気がつくのだ。 ガンガー(ガンジス川)は聖なる川だ。 火葬した遺灰をこの川に流せば輪廻から解脱できると言われている。 そのため多くの人々が遺体を担いでやってくる。 遺体は一度ガンガーの聖なる水で清められたあと、乾かして川岸に並べられる。 組んだ薪の上に遺体を置き、さらにその上にまた薪を置いて火をつける。 炎が勢いよくまわる。 熱風で衣がはがれ遺体は容赦なく剥きだしにされる。 いっぱいに飾られていたマリーゴールドは熱風に吹きあげられる。 オレンジ色の花が散らばっていく。 炎と煙がごうごうとたちのぼる。 一人の人間の体が燃やされ灰になってゆく。 火葬場には絶えず煙がたちこめ、なんともいえず金くさいような臭いが漂っている。 燃え尽きるには3時間ほどかかる。 誰もが無言で見守っている。 煙たい風の中を犬と子供たちが無邪気に走りまわっている。 灰はガンガーへと流される。 漆黒の灰。 暗い川へと流れてゆく。 妊婦と子供と蛇にかまれて死んだ人は火葬せずにそのまま沈める習わしだ。 ときどきプカプカ浮いてくる。 ガンガーは死に満ちた大河である。 だが、ガンガーに満ちているのは死だけではない。 火葬だけではない。 ガンガーは日常の洗濯場でもある。 世界一暗いこの川で、主婦たちはTシャツやパンツをじゃぶじゃぶと洗う。 その隣りは沐浴場である。 聖なるガンガーで沐浴すればすべての罪が清められるという。 そのため国中のヒンズー教徒が続々と集まってくる。 祈りを捧げる男がいる。 乳房はだけて水へもぐる老婆がいる。 そして世界一清らかなこの川で、普通にシャンプーしているおじさんもたくさんいる。 雰囲気は大衆浴場である。 子供たちにとってはプール代わりだ。 飛び込んだり泳いだり、楽しそうに大騒ぎしている。 私たち日本人には、遺灰や死体やウンコがじゃんじゃん流れてくる川で泳いだり洗濯をする気持ちはどうしてもわからない。 だがヒンドゥー教徒の人々にとって、この川の水はどこまでも神聖で清らかなものなのだ。 こうしたガンガーの営みをじっとみつめながら、水の色を表現してみようと何度思ったことだろう。 だけどダメだった。 たった3日や4日では、あの色を言葉にすることはできない。 黒と緑。 茶色と砂色。 空のブルーと雲の白。 オレンジの花。 赤い顔料。 泡だつ波しぶき。 カオス。 すべての色をまぜあわせた絵の具の水入れ。 生と死。 聖と俗。 祈りと現実。 すべてがぐちゃぐちゃに混ざっていっしょくたに水にのみこまれ、流されてゆく。 大いなるガンガーを朝日が照らす。 そうしてまた新しい一日がはじまる。 ガンジス川の洗濯風景 インドの街角 インドの都市はどこでもそうだと思うんだけど、ヴァラナシはとにかく人口密度がハンパない! どの道もどの交差点も人でごった返し、町そのものが通勤ラッシュ時のホームみたいなものだ。 そのわりにはトイレとゴミ箱がぜんぜん無い。 足りないというより、存在しない。 当然のことながら道はゴミだらけ、立ちションだらけである。 「そのへんでオシッコしているおじさんを見ないで済むならお金払ってもいい」 っていう気持ちになる。 カオスである。 これぞインドである。 そんな中、牛たちは実に悠々と暮らしている。 ヒンドゥー教において牛は大切にされているから、牛たちはどこでも出入り自由、好きなように歩きまわれるのだ。 列車を待っていると改札口からにゅうっと入ってきたり。 道路の中央分離帯でぐうぐう眠って渋滞を悪化させたり。 マイペースにも程がある。 ハエがわんわん飛んでる道ばたの八百屋にも牛がいた。 トマト、にんじん、マメ、じゃがいも。 「何を買おうかな・・・」 と、まるで買い物客みたいな顔で物色をしている。 とくに神聖とされている白い牛である。 神様のお使いである。 八百屋のおじさんはのんきに昼寝をしていたが、牛がカリフラワーの葉をバリバリ食べ始めたことに気づいて飛びおき、牛を追い払った。 八百屋のむこうには物乞いが並んでいる。 老婆が互いのシラミをとりあっている。 やせた野良犬が寝そべっている。 その向こうにもまた同じような八百屋がある。 さっきの白い牛がやってきて、こんどはトマトを盗み食いしはじめた。 店番の少年が棒切れでひっぱたいて追い払った。 神様のお使いなのに。 牛、走り回る子供、陰干し中のご遺体、観光客。 この写真を撮った次の瞬間、牛は階段で足を滑らせてコケていた。 リクシャーの値段 町中の移動にはリクシャーを使った。 簡易タクシーみたいなものだが、2種類ある。 オートリクシャーは三輪バイクに座席がついたもの。 サイクルリクシャーは自転車である。 私は日記にはっきりと書いている。 「サイクルリクシャーは嫌いだ」 と。 サイクルリクシャーの運転手はオートリクシャーよりも大変だ。 自転車のペダルをよいしょよいしょと漕いでいくのだから。 が、こちらだって手加減している余裕はないから 「20ルピー? この距離なら15が相場でしょう」 とか交渉しなくちゃならない。 でも、値切りながらうんざりするんだ。 2004年当時、15ルピーといえばたったの35円、20ルピーでも45円ほど。 いったい私は何を値切っているのだろう? 彼らの賃金と自分の日給とをつい比べてしまう。 彼らが汗水たらして稼いだ給料と、私の退屈な一日の給料。 そこには天地の開きがある。 ざっと見積もっても30倍くらい違う。 そんなのはおかしい。 絶対におかしい。 同じ人間なのに。 私はたまたま豊かな日本に生まれたから、運がよかったから、物価が違うから、違う国だから。 だから仕方がない、経済ってそういものなのだ……とは、どうしても思えない。 テレビで見ているだけならそこまで考えないだろう。 でも実際にサイクルリクシャーに乗ってゴミだらけの裏町を走ってみるとどうしても納得できなくなる。 薄いサンダルを踏む足や、力のこもるふくらはぎを見てしまうと、どうしても罪悪感にかられるのだ。 たった5ルピーを値切ってしまったことに後ろめたさを感じるのだ。 「お金って何なのだろう」 考えても仕方がないことを考えてしまうから。 憂鬱になってしまうから。 だからサイクルリクシャーは嫌いなのだ。 むきだしのインド インドに来るといろんなことを考えてしまう。 インドではすべてがむき出しだからだ。 死体も火葬も立ちションも、生も死も、日本ではなるべく隠そうとするもの、見たくないものがすべて白日のもとにさらされる。 欲望をあらわにした男たちは朝でも昼でも遠慮なくシモネタをとばしてくるし、えげつないほどの金額をふっかけてくる。 時には金を出せとナイフをつきつけられることもある。 あちこちの壁には行方不明になった女の子の写真が貼られている。 貧しさもむきだしだ。 骸骨のようにやせ細った老婆に 「なにか食べるものをくれ。 もう3日も食べてないんだ」 とせがまれる。 10才に満たない女の子がはだしで物乞いをしている。 片手に赤ん坊を抱き、ボサボサの髪を振り立ててツアーの観光客にすがりつく。 「マダム、マダム、プリーズ!」 川岸でクッキーを食べていたら一つ落とした。 犬に投げてやろうとしたら 「俺にくれよ」 と汚れた手がのびてくる。 男は野良犬と競いあってゴミを漁っていた。 両側に物乞いがぎっしり並んだ道もあった。 「くれ。 くれ」 「金をくれ」 「食べ物をくれ」 「困ってるんだ」 「死にそうなんだ」 「腹が減ってたまらないんだ」 「赤ん坊がいるんだ」 たくさんの手がこちらにむかってのびてくる。 やせ細った手。 真っ黒に汚れた手。 あちこちが欠けている手。 しわくちゃの手。 どれもたくましく生きている人間の手だ。 私と同じ人間の。 だが半端な同情から一人に小銭を恵むと大変なことになる。 「俺もくれ」 「もっとくれ」 「マダム、マダム!」 「もっと、もっと、もっと、もっと!」 瞬く間にぐるりと取り囲まれてしまう。 まるでゾンビ映画のよう。 しかし、私は気がついた。 頭をあげていれば彼らが目に入らないことに。 物乞いの多くは背が低い。 年寄りか子供か障害者だからだ。 顔をあげてまっすぐ前だけを向いていれば彼らの顔は見えない。 見えなければ無視することも簡単だ。 相手にしなければ彼らもあきらめて寄ってこない。 彼らを見なければいいんだ。 見なければいい。 見て見ぬ振りをすればいい。 だが、それでいいのかと、考えてしまう自分がいる。 考えれば考えるほど落ち込んでしまう。 ほかの旅行者はみんな楽しそうに観光を楽しんでいるようだが、私はあんなふうにはできない。 周囲のバックパッカーたちに 「深く考えるな。 楽しめ。 せっかくの旅なんだから」 と何度いわれても、やっぱり違うと思った。 考えることが私の旅だ。 考えるためにインドへ来たのだ。 ……こうなることは最初からわかっていた。 むき出しの生と死を見ることが怖くて、考えることが怖くて、だからあんなにも憂鬱だったのだ。 インドへ行きたいような、行きたくないような、呪われたような気持ちになっていたのだ。 それでずっとお腹をこわしてた。 インドへ行かなくても、隠されたものを見つめなくても、生きていくには困らない。 知らなくても何も変わらない。 考えたってどうせ何もできない。 頭を上げて前だけを向いて生きていけばいいのだ。 そうすれば、地面に近いところで手をのばしている貧しい人たちの表情は見ないで住む。 わかってる。 それでも私は見なくちゃいけない気がしたのだ。 たとえ何もできないとわかっていても。 プージャの炎 夜のヴァラナシでプージャを見た。 プージャとは、ガンジスの川辺で毎夜おこなわれる礼拝だ。 バラモンたちが聖なる川に火を奉り、祈りを捧げる。 私も火のついたろうそくを川に流した。 暗い水にゆらゆらと浮かぶ祈りの火。 風に吹かれても消えずに漂いつづける様子は幻想的だった。 ネパールで親切なおじさんのバイクに乗せてもらったとき、電気のない村の人たちが焚き火で暖を取っていた。 あの心地よい炎と同じ赤い火が、テロリストの手に渡ればバスをまっ黒焦げにする武器となり、ガンジス川では遺体を浄め、プージャでは祈りの火になって流れていく。 私たちは死んだらどこに流れていくのだろうか。 ガンジス川の流れがとどまらないのと同じように、私たちもとどまることなく漂いつづけるのだろうか。 アフリカの大地では死は自然の一部であり大地に還ることだった。 だがインドでは、ガンジス川のほとりでは、命は一定方向に流れていくもののように感じた。 流れていく。 流れていく。 次の生にむかって。 次の死にむかって。 これが輪廻ということなのだろうか。 夜行列車 ヴァラナシからは夜行列車でコルカタ(カルカッタ)へ向かう。 この列車がインドで唯一のんびりした思い出かもしれない。 列車で日本人のバックパッカーと出会った。 同い年だし話がはずんだ。 K君は料理人の修行のために世界中をまわり、最後にインドを通過して2年ぶりに日本へ帰るところだという。 「ああ、もうちょっとで家に帰って明太子食べられるんだ。 明太子ー!」 たまらない様子で叫んでた。 福岡県民らしい。 私たちはいろんな話をしたが、自然に、ガートでみた火葬のことや、貧しい人々の話になった。 「考えようによっては、僕らの富は、便利な暮らしは、彼らから吸い上げたものだ」 K君の言葉が忘れられない。 世界はこんなにも不均衡で不平等だと、富める側の痛みをもって語りあったあの夜が忘れられない。 私の席は3段ベッドの一番上だった、すばらしく寝心地がよかった。 朝はお茶の売り子の歌うような声に起こされる。 「チャイ・コフィ(紅茶、コーヒー)、チャイ・コフィ、チャイ・コフィ…」 熱いコーヒーとゆで卵を買って朝ごはん。 おいしかった。 車窓にインドが流れていく。 レンガの建物や森や煙突や、田んぼやヤシの木や、犬や牛や人や、トラクターを運転するお父さんや、ピンクのサリーを着たお母さんが景色とともに飛んでいく。 窓の向こうにインドが流れていく。

次の

インド旅行記(44) ガンジス川の火葬場を撮る

ガンジス 川 遺体

インド人がガンジス川で沐浴する意味 なんでインド人はガンジス川で沐浴しているのでしょうか? それは、ヒンドゥー教に大きく関係しています。 ヒンドゥー教の中では、ガンジス川は「聖なる川」として重要な意味のある場所です。 そのガンジス川で沐浴することで「すべての罪を浄(きよ)める」とされています。 インド人の約8割の10億人ものヒンドゥー教徒がいる国。 そのため、毎日たくさんの人がガンジス川で沐浴をしています。 インド人の男性は腰に布を巻き、女性はサリーを着たまま沐浴するのが普通です。 ガンジス川の水も「腐らない水」とされ、ペットボトルなどに入れお土産に持ち帰る人も多く、人にあげると喜ばれます。 日本人はガンジス川で沐浴したい人が多い インド人と同じように、日本人もガンジス川で沐浴したい人は多いです。 「ガンジス川といえば沐浴」というイメージもあります。 沐浴したい日本人の多くは、宗教とか関係なく、思い出として入りたいのでしょう。 ガンジス川は日本から遠いので、記念に入っておきたい気持ちも分かります。 「」という本が有名なので、ネタ的に実際にバタフライする人もいますね。 アナザースカイではピースの又吉さんがガンジス川を訪れて、頭まで沐浴をしていました。 又吉さんがガンジス川に興味を持ったのは趣味の読書でガンジス川が描かれる「」という本を読んだからだと言ってました。 ガンジス川で沐浴する前に水質汚染の酷さを知ろう ガンジス川はインド人にとってとても大切な川なのですが、水質汚染がひどいです。 ガンジス川は宗教的に重要であると同時に、生活の面でも非常に大きな役割があります。 インド人の約4割の生活用水となっています。 4億人ものインド人の飲み水にもなっていますし、農業水としても使われています。 ただ、かなり汚染されています。 ガンジス川の水源はヒマラヤ山脈のきれいな水なのですが、下流にいけばいくほど、人の糞尿、生活排水が入り込みます。 そして、工業地帯を流れると、工場排水が混ざった水になります。 このように汚染されたガンジス川の水の中にはさまざまな病原菌が存在しています。 ガンジス川は世界の中でも汚い川とされ、「世界で汚染された川トップ5」に入ったこともあるほどです。 ガンジス川が汚い原因をまとめると次のようになります。 インドの下水道が整備されていないことで汚染水が下水処理場を通らず直接流入• ゴミが直接捨てられていること• 遺灰や遺体が流れている宗教上の理由• 農薬まみれの献花(マリーゴールド)が大量に流れている• 5億人が屋外で排泄• 工場の廃棄物・排水が捨てられている(経済成長) ガンジス川の大腸菌は基準値の10倍ほど検出されており、沐浴すると、お腹を壊すだけでなく、腸チフスやコレラなど様々な感染症にかかるリスクもあります。 インドの首相モディがガンジス川の汚染対策をしたので少しは改善されましたが、まだまだ水質汚染はひどい状態が続いています。 ガンジス川で沐浴する危険性【下痢になる危険性】 ガンジス川で沐浴するのは誰でもできますし、自由ですが、沐浴するリスクを知っておくべきです。 ガンジス川で沐浴する前に知っておきたいことは「水質汚染された水が体内に入り込み危険」ということです。 沐浴するとお腹を壊す可能性が高い 「」という本のタイトル通りガンジス川でバタフライをすると、口から汚い水が体内に入る可能性が高いです。 ガンジス川の水を口から飲まなくても、基本的に穴が川の中に入ることでそこから体内に侵入することもあります。 なので、全身浸かってない人、泳いだ人はお腹を壊す可能性が高いです。 また、腰まで浸かった人であっても、おしりから病原菌が体内に侵入し、体調を崩す人もいます。 沐浴すると、お腹を壊したり、高熱を出して入院する人もいます。 繰り返しますが、沐浴する際は「ガンジス川は汚い」ということを覚えておいてください。 実際にツアーで行った場合は、ガイドの人に止められることが多いです。 ちなみに、インド人であってもお腹をこわす人もいます。 口をゆすいだりもしているので、いくらインド人でもという感じです。 下痢になるのはその人次第 ただ、ガンジス川で沐浴したからといって、全員お腹を壊すとは限りません。 数人で同じように沐浴したのに、そのうち何人かは高熱、腹痛で寝込んだり、病院に担ぎ込まれる人もいます。 しかし一方で、何事もなくピンピンしている人もいます。 これは、「個人の病原菌に対する耐性」や「沐浴したときの体調」に大きく左右されます。 また、ガンジス川に沐浴して体調を崩すのは、すぐではないのがやっかいです。 1〜3日後の人が多いですが、1週間後に急に体調が悪くなる人もいます。 お腹を壊した時にインドにいればいいのですが、1番最悪なのが飛行機に乗る時にお腹を壊している場合。 僕の友達も離陸から着陸までほぼトイレに篭っていたという人もいました。

次の