引越し 会社 見積もり。 広島県の引越し業者おすすめ人気口コミランキング|見積もり比較【LIFULL引越し(旧HOME'S引越し)】

引越しの見積もり・費用相場・安い業者探しは【LIFULL引っ越し見積り】(旧HOME’S)

引越し 会社 見積もり

出来る限りたくさんの引越し会社を比較しましょう! 引越し会社を選ぶ際の大前提として、出来る限りたくさんの引越し会社を比較することが重要です。 つまり、複数の引越し会社に見積もりを依頼するということです。 引越し会社も出来るだけ利益率を高くするために、いきなり底値での提案はしてくれません。 そこで、複数の引越し会社の価格を比較して競り合わせることで、比較的に安く引越しすることが可能になります。 ただし、同じ条件を伝えるように注意が必要です。 引越しの希望日時や荷物の量など条件が変われば、必然的に各社の見積金額も変わってきてしまいます。 見積もり依頼後の対応を比較しましょう! 見積もり依頼が無事に完了しましたら、引き続き引越し会社の対応を比較することが重要です。 特に見積もり依頼後は、速やかに対応してくれるかどうかをチェックしてみてください。 3日経過しても連絡がないようでしたら、別の会社へ依頼した方が良いかもしれません。 引越し業務や見積もり業務が集中しているために、あなたの見積もり依頼に対応できていない可能性もありますが、単純に対応が遅いのが当たり前の会社ということも考えられます。 対応の遅い会社との取引はトラブルの原因になる可能性が高いので、依頼は避けるようにしましょう。 引越し会社が許可業者かチェックしましょう! 引越し会社を絞り込む際には、引越し会社が次の3点を満たす業者であるかどうかチェックすることが重要です。 1点目は、「国土交通省の許可業者」であること。 2点目は、「国土交通省の標準引越運送約款」に基づいて業務を行っていること。 そして3点目は、「(社)全日本トラック協会」に加入していること。 引越業務を行う際には、国の許可を得ている必要があり、また上記約款を守った上で業務を行うことが原則となっています。 この約款は、引越しに関する様々な規則を定めたもので、利用者と引越し会社のトラブルを未然に防ぐことを目的としています。 万が一にも荷物を紛失したり、破損したりした際には補償される仕組みとなっています。 見積もり時に提示することになっていますが、これを提示したがらない引越し会社には注意する必要があります。 トラブルを未然に防ぐためにも、良心的な引越し会社をぜひとも選ぶようにしてください。 担当者の発言が見積書に反映されていますか? 引越し会社の担当者の立場としては、当然業務を依頼してほしいわけですから、引越し会社が不利になることは一切言わずに、調子の良い言葉ばかりを並べ立てる担当者も存在します。 そこで、担当者の発言が見積書に反映されているかどうかをチェックすることが重要です。 見積書は複写式になっていることが多く、「引越し会社控え」「引越し会社の作業指示書」「お客様控え」の3枚構成になっています。 このように、担当者が作成した見積書は引越し当日の作業員の作業指示書にもなるため、担当者の発言が見積書に反映されていない場合、あなたの希望通りの引越し作業が行われなかったり、追加料金が発生したりする可能性もあります。 トラブルを未然に防ぐためにも、見積書の中身はしっかりと確認してみてください。 万が一の場合の補償内容はありますか? 引越し会社は、荷物の搬出入や運搬のプロフェッショナルです。 これまで培ってきた豊富な経験や技術を駆使し、さらには万全の配慮を行った上で荷物を運送しますが、それでも荷物を紛失してしまったり、破損してしまったりする可能性があります。 そこで、万が一の場合に備えて、補償内容がしっかりしている引越し会社かどうかを事前にチェックすることが重要です。 補償可能な品目や条件、または補償可能な金額等の詳細を事前に確認し、引越し会社の補償内容を比較することをオススメ致します。 特に引越し前後の住居環境に関して、エレベーターがない場合や廊下が狭い場合、極端に大きな荷物を運送する場合は、荷物が破損するリスクが高まりますので、特に注意して確認してください。 最終的にはあなた自身の感覚で選びましょう! 引越し会社の担当者の接客態度や言葉づかい等から、「安心感」や「信頼感」は感じられましたか?一見するとご自身の感覚でしかありませんが、この感覚はとても大切です。 あなた自身が担当者に「任せられる」と感じた感覚を信じてみてください。 万が一「任せられない」と感じたのであれば、他の引越し会社に依頼すべきです。 なぜなら、何かトラブルが発生した際に、その会社はあなたの感覚通りに、対応をしてくれない可能性があります。 引越しは人生の中でも重要なイベントであり、その費用は決して安いものではありません。 ご自身が「任せられる」と思える引越し会社を、ぜひとも選んでみてください。

次の

【公式】引っ越しのことなら0123アート!【アート引越センター】

引越し 会社 見積もり

引越しの見積もりを取るにはそれなりに時間がかかります。 新居の鍵渡しの日が分かって、引越し日を決めたらなるべく早く引越し業者から見積もりを取りましょう。 自分の引越しに引越し業者の訪問見積もりが必要かを見極める 引越し業者から引越しの見積もりを取る際、引越し業者が家に来て引越し荷物となる家財を見て見積もりを出すという手法が一般的です。 この引越し業者のには、引越し業者一社に付き1時間程度の時間がかかります。 この引越し業者の、実は引越しをするすべてのユーザーに必要なわけではありません。 自分の引越しに引越し業者のが必要かどうかを見極めて、引越しの見積もりを効率よく取りましょう。 荷物が少ないユーザーは訪問見積もりは必要ない ワンルームにお住まいの一人暮らしで荷物が少なめのユーザーはが必要ありません。 一人暮らしのワンルームや1Kといった間取りのお部屋の場合、一般的には「20平米〜25平米」のものがほとんどです。 その生活空間にある家具、家電は引越し荷物のリストにするのも容易で、その点数も少ないでしょう。 また、一人暮らしのワンルームや1Kのお部屋から引越しをする場合、荷造りに必要なダンボールは10箱程度です。 引越しの荷物の総量がわかっていれば、は必要ありません。 引越しの最安値を引き出せるのは訪問見積もり まずは引越し業者を呼んで見積もりをしてもらいましょう。 引越しの最安値、引越しの底値を引き出したいなら引越し業者の無料サービス「」をお勧めします。 荷物の少ない単身、一人暮らしの方でもを依頼したほうが引越しの料金が安くなります。 電話の聞き取りだけで見積もりを取ると、引越し業者は実際の荷物より多めに見積もっています。 引越しの荷物を多めに見積もるということは、当然、引越しに使用するトラックも大きくなってしまいます。 引越し当日、荷物の積み残しなどが出ないようにするためです。 必要以上の大きさのトラックを使用することで、引越し料金も割高になってしまいます。 引越し業者のを利用すると、引越し荷物の総量に応じたちょうどよいサイズのトラックでの引越しが可能になります。 他にも引越し業者に訪問してもらって見積もりを出してもらうとダンボールが無料でもらえます。 これも引越し業者にをしてもらう得点です。 時間の許す限り引越し業者にを依頼して、実際に荷物を見てもらって見積もりを出してもらいましょう。 午前中に全て終わらせるつもりで見積もりの時間を調整する 引っ越し業者に見積もり依頼するときには、見積もりの時間をこちらから誘導する 引越しの見積もりは引越し業者一社につき1時間くらい時間がかかってしまいます。 大事なお休みを一日つぶしてしまうのはもったいないことです。 電話で引越し業者にを依頼するときは、見積もりの時間をこちらから誘導しましょう。 の時間は引越し業者一社につき1時間くらいずつずらして時間の調整するとスムーズに事が運びます。 うまく時間を調整すれば3時間ほどで複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。 引越しの一括見積もりサイト「」なら、見積もりをお願いする引越し業者を自分で選ぶことができます。 引越し業者から電話をもらう時間帯や、を取る日時も指定できて、時間の節約になります。 引越しの見積もりだからって部屋の中を片付ける必要なし 訪問見積もりに来る引越し業者の営業マンは、通常の生活空間を頭の中で荷造りしてトラックの大きさを測っています。 「引越し前だから散らかってるのは当然!」とも、考えていますから部屋を片付ける必要はありません。 荷造りは見積もりが終わって引越し業者を決めてから始めましょう よくの際に半ば荷造りを始めているユーザーがいます。 見積もり前に荷造りを始めるのは無駄になってしまうことがあります。 荷造りを始めるのはサービスを依頼する引越し業者が決まって、ダンボールを貰ってからで遅くありません。 各引越し業者によって荷造りの仕方の指示に違いがあります。 タンスの中の衣類を全て出して、ダンボールに詰めるように指示してくる引越し業者もあれば、タンスの中の衣類はそのままで運ぶ引越し業者もあります。 荷造りの仕方によっては、せっかくダンボールに詰めたのにまた詰めなおさなければならないこともあるのです。 見積もりまでに荷造りはしなくてよいですが、引越しを期に捨てるようなものがあれば、見積もりの前に捨てておきましょう。 見積もりの日までに捨てておいたほうが、正確で安い見積もりが出るでしょう。 見積もりの時はどの業者にも引越し当日の打ち合わせのつもりで話をする 引越し業者は訪問見積もり以降、引越し当日までユーザー宅に伺うことはありません。 伺ったとしても引越し作業員がダンボール配達に来るくらいで話をする暇などありませんし、ダンボール配達に来る引越し作業員はユーザーの引越しについて何も知りません。 基本的に引越し業者は見積もり以降、引越し当日までユーザーの家に行かないのです。 つまり、の時に引越しに関するすべての打ち合わせをしてしまうのです。 見積もりが終わって引越し業者が帰った後、引越し業者の担当営業マンに電話していろいろ聞きたくても外出しっぱなしでなかなかつかまりません。 これでは引越し当日まで不安になってしまいます。 面倒でも全ての引越し業者にのタイミングでこちらの要望をすべて言いましょう。 引越しの見積もりは引越し当日を含む引越しまでの打ち合わせでもあすのです。 引越しの見積もりは引越しまでの準備と引越し当日の打ち合わせでもある 引越し業者の訪問見積もりでは一社ごとに結論を出す 引越しは定価がありませんから、同じユーザーに対する見積もりでも引越し業者によって引越し料金が違います。 ですから、引越し業者一社だけの見積もりでは、その引越し料金が適正な価格かわかりません。 そこで、複数の引越し業者から見積もりを取るが一般的になっているのです。 引越し業者に訪問見積もりを予約する際、初めは2社だけにしておく 引越し業者一社に付き1時間もかかってしまうを1日のうちに4社も5社も予約するユーザーがいます。 ユーザーの引越しの見積もりをまとめて取りたいという気持ちもわかります。 しかし、結果的にはどの引越し業者も同じような引越し料金を提示して帰ることになるのです。 そこで、結果的に2番めにをした引越し業者に決めたとしたら、3番目と4番目と5番目の訪問見積もりの時間は無駄になってしまいます。 引越しというサービスでは定価がないためが必要なのですが、2社の引越し業者から見積もりをとっただけでも適正な引越し料金かを調べるというの目的は果たされています。 2社の引越し業者のうちどちらにするかよく考えて判断し、どちらの引越し業者とも納得いかないときに初めて3番めの引越し業者にの予約を入れましょう。 これで引越しのにかかる時間がかなり短縮されます。 たくさん取った見積書がどの引越し業者のものだったか解らなくなる 1日のうちに4社も5社も引越し業者のを取ると、どの見積もりがどの引越し業者だったかわからなくなってしまいます。 結果的にどの引越し業者に依頼するかの大事な判断材料が曖昧になってしまうのです。 例えば、処分品を引き取る引越し業者が3社、処分品は引き取らない引き取らない引越し業者が2社だったのに、どの引越し業者が処分品を引き取るのだっかわからなくなってしまったり、タンスの中身を出して運ぶ引越し業者と、タンスの中身が入ったまま運ぶ引越し業者があったが、どの引越し業者かわからなくなったなど、引越し業者を決めるのに大事な事柄が曖昧になってしまいます。 訪問見積もりの時に引越し当日の打ち合わせができてなくてうまくいかないことも 複数の引越し業者から一気に見積もりを取ると、引越し業者一社ごとの印象が薄れてしまいます。 引越し業者の営業マンはどの引越し業者もみんなスーツを着ていて物腰の柔らかい印象です。 に来た営業マンの印象を引越し業者別に覚えておくことだって大変なのです。 引越し当日、のときに引越し業者の営業マンが言ったこととサービスの内容が違うとユーザーが訴え、担当した営業マンが引越しの現場に駆けつけると、ユーザーが他社の営業マンと勘違いしていたことが分かったなんてことも多々あります。 は引越し当日の打ち合わせでもあるのです。 引越し業者のを複数取る場合、引越し業者一社のが終わるたびにその引越し業者に依頼するかしないかを判断し、その引越し業者には依頼しないと決めてから次の引越し業者に訪問見積もりの依頼するようにして引越しの見積もり自体にかかる時間を短縮しましょう。 引越しの一括見積もりは電話攻撃の的になることも・・・ インターネットによくある「一括見積もり」。 何かと便利そうな気がしますが、実際には「申し込んだらすぐに多数の引越し業者から電話が来て困った」という話を聞きます。 誰がいつ引っ越すかなんて、引っ越す本人と不動産屋さんくらいしか知らないのです。 その情報をインターネットから各引越し業者に流すわけですから、多くの引越し業者が電話したくなるのは無理もない話です。 引越し業者はいつも、ひたすら電話を待っているのですから。 一括見積もりを利用する際に連絡が取れる時間帯を指定するなどしておけば、ある程度効果があります。 見積もりに呼んだ引越し業者の数だけ断りが必要です 見積もりに来るのは営業マンです。 食い下がりますし、粘りも相当なものです。 断りを言うのもひと苦労です。 やみくもに引越し業者をたくさん見積もりに呼んでも、断るのが面倒になるだけです。 「見積もりを10件呼んでます」なんてお宅は、引越し業者の営業マンも「この引越し受けちゃまずいんじゃないか」「このお宅、クレーマーなんじゃないか」 と、疑ってしま います。 なにごともほどほどに・・・ 引越し見積もりなっとくドットコムなら、見積もりを依頼する引越し会社を数を問わず自由に選べます。 また、引越し業者から連絡を貰う時間帯を指定できますので、一括見積もりの申し込みと同時に電話が鳴りっぱなしということもありません。 まずは引越し業者に見積もりを依頼してみましょう。 中古のダンボールはもらっておく ほとんどの引越し業者は、無料で新品のダンボールを用意してくれますが、このほかにも無料で中古のダンボールを分けてくれます。 これは引越しが終わったお宅から回収したダンボールで、比較的ダメージが少ないものを選りすぐった物です。 この中古のダンボールはもらっておきましょう。 靴などのそう気にならない物を詰めるも良し。 切って、仕切りに使うも良し。 何かと重宝します。 処分品が多いときは、別に「リサイクル屋さん」を呼ぶ リサイクル法によって、家電(テレビ、電子レンジ、冷蔵庫、エアコンなど)を処分するには、リサイクル料がかかってしまいます。 この処分を引越し業者にお願いすると、当たり前に料金がかかります。 そこで、リサイクル屋さんに来てもらい引き取れるかどうか聞いてみましょう。 「ただで持っていく」と言われただけでもリサイクル料が浮いたことになります。 まとめ• 引越しの見積もりではまず、自分の引越しに引越し業者の訪問見積もりが必要かを見極める必要があります。 荷物が少ないユーザーは訪問見積もりの必要はありません。 引越しに使用するトラックの適正な大きさがわかっていれば訪問見積もりは必要ありません。 引越しの最安値を引き出したいのであれば、訪問見積もりをしてもらった方が引越し料金は安くなります。 引越しの見積もりだからって部屋の中を片付ける必要はありません。 荷造りは見積もりが終わって引越し業者を決めてから始めましょう。 見積もりの時はどの業者にも引越し当日の打ち合わせのつもりで話をしましょう。 引越し業者の訪問見積もりでは一社ごとに結論を出しておいた方が• 引越し業者に訪問見積もりを予約する際、初めは2社だけにしておいて、引越し業者2社の見積もり結果を比較してみましょう。 引越し業者2社の見積もりのどちらにも納得がいかないときに別の引越し業者に訪問見積もりを依頼するように進めていくと、引越しの見積もりにかかる時間を節約できます。 一気にたくさんの引越し業者から見積もりを取ると、たくさん取った見積書がどの引越し業者のものだったか解らなくなってしまいがちです。 訪問見積もりの時に引越し当日の打ち合わせができてなくてうまくいかないこともあります。 引越しの一括見積もりは電話攻撃の的になることがあります。 見積もりに呼んだ引越し業者の数だけ断りが必要です• 訪問見積もりの時に引越し業者から中古のダンボールをもらっておくと何かと使い勝手があります。 処分品が多いときは、別に「リサイクル屋さん」を呼んで買い取りも視野に入れましょう。

次の

どこが一番安い?【2020年版】引越し会社のコスパ&満足度ランキング(オリコン調べ)

引越し 会社 見積もり

サカイ引越しセンター 2. アート引越しセンター 3. 赤帽 4. 日本通運 5. クロネコヤマト 私は以前引越し業者で見積もり担当をしておりました。 8年間で約3,000件の成約をいただき、引越しの見積り料金の相場についてはかなり詳しいと自分でも思っています。 その経験を元に、一番安い引越し業者を見つける方法を提案させていただきます。 ずばり、てっとり早く安い引越し業者を見つけるには、一括見積もりを利用してしまうのがベストです。 最大8社からすぐに見積もりが届きますので、その中から一番安い引越し業者を選ぶだけです。 (情報1) 引越しをする人は毎月数え切れないほどいます。 ですので、CMをバンバンながしているような大手の引越し業者になると、高めの料金設定でもお客さんは来るのです。 逆に言うとCMをはじめとした広告宣言費をたくさん使っているので、その分引越し料金は高くなっています。 なので、最初に見積もりで提示される引越し料金は高めになっています。 だからこそ、交渉次第で数万円の値引きができる場合があるんです。 私自身これを知る前後で引越し料金が大きく変わりました。 引越し業者は値引き交渉されることも想定した上で、はじめは高めの料金を提示してくることが多いです。 (私のいた引越し業者でも実際そうでした・・・) なので、最初に提示された金額に従ってしまうとかなりの金額を損してしまうことになります。 必ず値引き交渉を一度は行いましょう。 (情報2) 一括見積もりをするだけで安くなるわけではないです。 最近ではほとんどの人が、まずは無料の一括見積もりサイト( など)を利用して見積もりを複数もらうようです。 複数業者の相見積もりなので、それだけで料金が安くなっていると思っている人が多いです。 しかし実際は先ほども言ったように、初回に提示される料金は高めの料金なのです。 なので5社に見積もりをもらっても、高い見積もり書を5枚集めただけなんてことになってしまいます。 なので、例え一括見積もりを利用した場合でも、値引き交渉は行ったほうがいいのです。 これは知っている方も多いかもしれませんが、引越しが決まっているのであれば1日でも早く見積もりを依頼したほうが得です。 引越し業者としても準備がしやすいですし、予約も埋まっていないので料金も安くなりますし、サービスも良くなります。 1つのテクニックとしては、具体的な日にちが決まっていなくても、まずは見積もりをもらっておくことがおすすめです。 引越業者としても、一度安い見積もり書を出してしまうと、そこから大幅な値上げもしにくいというところが少なからずあります。 (注意) すでに引越し業者が決まっている人は無料見積もりサービスのご利用をお控えください。 引越しの料金を少しでも安くするためには、荷物を少なくすることや各社から見積もりを取得すること、そして値段交渉やオプションの交渉が必要です。 引越し料金はトラックの大きさや荷物、ダンボールの量で決まります。 大きなトラックが必要になれば、その分燃料代が高くなりますし、高速道路などの通行料に影響するため値段は上がります。 そして当たり前ですが、荷物が多くなればスタッフの人数も多く必要になります。 単身者の引越しの場合、スタッフは1人や2人であることがほとんどです。 しかし、大型家具が多いとその人数では対応できなくなってしまいます。 また、荷物が多いと梱包用のダンボールもたくさん必要になります。 ある程度のダンボールは引越し業者から無料でもらえますが、それを越える荷物がある場合は追加で購入したり、スーパーマーケットなどからもらってこなければなりません。 時間のない引越しをする場合、ダンボールを探して近所のお店をめぐる時間ももったいないことです。 業者からもらえるダンボールで収まらない荷物がある場合、持っていくことよりも処分することを考えたほうが効率的です。 また、荷物を少なくすれば引越しの前後にかかる作業も簡単になります。 梱包したりダンボールから荷物を出す作業は、引越しをするさいにかなり時間が取られる作業です。 基本的な考えとしては、「自分が絶対に必要なものは持っていく。 それ以外は削除する。 」です。 特にここ1年ぐらいで使っていないものは、今後も使わない可能性が高いものです。 引越しの機会に処分しても問題ないでしょう。 (今流行の断捨離ですね。 ) 引越し業者一括見積もりのメリット 引越し業者を決める際には、業者に見積もりを依頼しますが、その際に引越し業者一括見積もりを使用して各社の見積もりを取得するといいでしょう。 引越し業者一括見積もりをすることで、まず自分が引越ししたい日に対応可能な業者が絞られます。 自分で一社ずつ電話をかけて問い合わせなくて良いので、これだけでもだいぶ大きな時間短縮になります。 そして見積もりを出してくれた各社の料金やサービス内容を比較しながら、最終的に依頼する業者を選んでいきましょう。 特に各社がオプションとしていることが多いピアノの運搬やエアコンのセッティング、ペットの引越しなどが必要な場合は特に念入りに確認することが大切です。 なぜならこれらの作業は引越し業者からさらに外部に依頼する可能性があるからです。 これらの作業を単純に外部に委託すると、5000円程度の差額が発生することがあります。 その際はその差額部分を利用して、値段交渉すると良いでしょう。 値段交渉とオプションの交渉 一括見積もりの結果、業者がいくつかに絞られてきたら、そこで決めてしまわずに値段交渉に入ります。 一括見積もりの結果として安い値段を提示してきた業者があれば、その値段を利用してほかの業者に交渉しましょう。 もちろん、各社少しずつ作業内容やサービスが異なりますから、必ず安くなるとは限りません。 しかし、うまく交渉すれば求めているサービスをより安く受けることができます。 値段交渉の結果と、各社のサービス内容などを考慮して納得できれば最終的に依頼する業者を決定しましょう。 この値段交渉には前述したエアコンのセッティングやピアノの運搬などといった個別の作業項目を使って交渉することも1つの方法です。 そして値引きが限界に達すると、業者はオプションの提供による実質的な値引きを提案してきます。 このオプションで良くあるのはダンボールの追加です。 通常の料金設定では、もともとある程度のダンボールが含まれています。 しかし、自分の荷物がそれ以上になりそうだとわかっていれば、ダンボールの追加を依頼するといいでしょう。 ダンボールは店舗などから自分で調達することもできますが、大きさが揃っている方が作業しやすいですし引越し業者のダンボールは丈夫で頑丈です。 足りなくなりそうであればダンボール追加のオプションを交渉してみましょう。 そのほかのオプションでよくあるのは、引越し後に不要になったダンボールや緩衝材などを無料で回収するサービスです。 引越し後は大量のダンボールや緩衝材がゴミとなってしまいます。 通常、これらの回収作業は有料サービスですがオプションで無料にしてくれることもあります。 新しい部屋にダンボール等がいつまでも残っていると鬱陶しいものですし、ゴミとして出すにも量が多ければ大変です。 引越し業者側もまだ使える資材は再利用したいという思惑がありますから、オプションに交渉してみると引き受けてくれる可能性が高いサービスとなります。 引越しはお金がかかるものですが、それでもこのようなコツを知っていると、妥協しないで少しでも安く引越しができます。 ぜひあなたの引越しに役立ててください。 値引き交渉の定石 見積もり料金を値引きしてもらう常套手段を1つ紹介します。 まず、引っ越しの見積もりは少なくとも3社に頼みましょう。 1社は大手の引越し業者、2社目は中堅の業者、3社目は小規模な会社といった感じです。 そして、訪問見積もりに来てもらう順番を工夫します。 初めに小規模な引越し業社に訪問見積もりしてもらいます。 小規模な引越し業者は、少しでも契約数を増やしたいので、想像以上に安い料金を提示してくれることが多いです。 しかし、ここで決めずに、もう少し粘りましょう! 次に中堅の引越し業者に訪問にきてもらいます。 ここで小規模な引越し業者に提示された見積もり書を見せると、「この値段は安すぎで、ちょっと怪しいですよ!うちならもう少し高くなりますが安心感があります!」といったようなことを言いつつ、そこそこ安い見積もり料金を提示してくれます。 しかしここでもまだ契約はしません。 最後に大手の引越し業社に訪問見積もりに来てもらいます。 1社目、2社目の見積もり書を見せつつ、大手んならではサービスの質も確認しておきましょう。 大手の引越し業者は、一律で値引きできる金額が決まっていたりします。 なので中小業者程の料金まで値引くことは難しいです。 しかし、ダンボールをサービスしてくれたり、米、ギフト券等のサービスをしてくれたりします。 このようにうまくスケジュールを組んで見積もりを依頼することで、お得な引越をすることができたりします。 引っ越し価格の最安値はどこにある? お店で売っている商品の値段はそれにかかるコスト(製造費や人件費など……)に利益を乗せて決まります。 これは、形のない商品、つまりサービス業においても同様です。 では、引っ越しの料金の値段はどのように決まるのでしょうか? できるだけ安く引越ししようと思ったら、ギリギリまで利益を引いた値段になるように交渉すればよいのでしょうか。 引っ越しの料金も物を買う時と同じように、基本的にはギリギリまで利益を引いた値段、赤字直前の値段が最安値となります。 しかし、中にはそれよりも更に低い金額となる場合もあります。 最安値で引っ越しするにはどうしたら良いのでしょうか。 また、それよりももっと安い値段で引っ越しできるのはどんな時なのでしょうか? 1件あたりの利益よりも件数が重視される 最安値について話すにあたり、まずは引っ越し営業の傾向について少し解説します。 引っ越しの料金はまず、見積もりに訪れた営業が料金表から値引きをし、その後他の業者の料金と比較しながら値引きしていくのが普通です。 こうした価格交渉があるために「引っ越し業者は少しでも高い金額で契約させようとしている」と思われがちです。 確かに業者からすれば高い金額で契約してくれるのに越したことはないのですが、この値引きの交渉は少しでも高くというだけでなく他の業者に客を取られないようにという意味もあるのです。 引っ越しの営業は、1件の引っ越し価格をあげるよりも、一見でも多く引っ越しを決めたいと考えています。 引っ越し業者が存続していくためには、常に一定数以上の引っ越しを行う必要があります。 収入に波があるギャンブラーよりも、収入が少なくても定期的に収入がある方が好まれるのと同じようなものです。 ですから、相当悪質な業者でないかぎり、ボッタクリ料金で契約させようとすることはありません。 高すぎる金額を提示すると、他の業者に客が逃げてしまう可能性のほうが高いためです。 ただ、件数重視なのは繁忙期以外の引っ越しの話です。 2月から4月の引っ越しシーズンの引っ越し料金は非常に高いです。 この時期は、引っ越し需要が急激に高まるため、値段を上げても契約が取れます。 「即決価格」は最安値 今ここで決めたらこの値段で引っ越しできますという形で提示される「即決価格」ですが、基本的にこの即決価格が引っ越し価格の最安値と見て良いです。 即決価格は赤字ギリギリの価格設定となっていることが多く、どの業者でもだいたい同じぐらいの金額です。 なぜ赤字ギリギリの金額を提示できるかというと、上で述べたようにそれだけ契約を欲しているためです。 たとえ利益が少なくても契約を取ること自体を重視しているため、サービス内容が同じならどの業者も同じような金額になるのです。 引っ越しにかかるコストというのは、どの引っ越し業者でもそれほど変わりません。 「複数業者から見積もりを取るつもりだったが、2軒目も3件目も最初と同じような値段だった」という話がよくあるのもこのためです。 即決価格よりも安い値段で引っ越しをすることは難しいため、一つの業者で即決を提案されたらそのまま決めてしまってもまず問題ありません。 引っ越しにも「セール」がある? スーパーやデパートなどで在庫処分のセールが行われるのは、季節の変わり目や新商品が出る前です。 新しい商品を仕入れるために、今ある在庫を捌いてしまいたいからです。 セールでは、商品を早く売り捌くために赤字価格で売りに出されることは珍しくありません。 同じようなことが引っ越しでも行われています。 引っ越しがなく、人でもトラックも余ってしまっている時です。 引っ越しがなくても、雇用やトラックの維持にはお金がかかります。 少しでもこの赤字を埋めるためには、原価を多少割ってしまっていても引っ越しを行うしかありません。 これが引っ越しの「セール」です。 ただ、このセール状態を外から見て判断するのは非常に難しいです。 洋服や家電であれば、季節外れだったり型落ちだったりすることがわかりますが、形のないサービスではそれがわかりません。 ですから、赤字覚悟の引っ越しを狙うことは一括見積もりを使わない限りまず不可能です。 運良くそういう時期に当たったらラッキー、程度の認識でいましょう。 運が良ければ、即決価格を示す時に「本当は赤字なんですが特別に」などと言ってくれるかもしれません。 その言葉を証明する手段がないため、誠実な営業に当たるかどうかも運にはなりますが。 その言葉を信じられるかどうかは、営業の人柄や電話で問い合わせたときの対応などから窺うしかありません。 即決価格よりも低い値段で引っ越しできるかどうかは運です。 本来の最安値である即決価格で引っ越しできれば十分です。 示された即決価格が本当に底なのかどうか知りたい時は、2社以上から即決価格を聞き出す必要があります。 いくら即決価格がどこの業者でも同じ程度と言えど、それを確かめるには複数業者から見積もりを取らなければなりません。 見積もり依頼後には各社から見積もりの明細書が各社から見積もり見積もりの明細書が届きます。 あまり多くの引越し業者に依頼しすぎると、対応が面倒になりますので、3~5社くらいにおさめるのがオススメです。 メール対応の良さから引越し業者の質を判断できます。 対応がいまいちな会社は、実際の引越し作業もいまいちな傾向はあります。 それゆえ、メールや電話での対応の良さなども業者選定の基準にいれることをおすすめします。 単身引越し、家族引越し、海外引越しなどなど いずれの引越しにも適用可能な値引き術になっています。 一括見積もりサイトも便利になってきていますので是非利用していきましょう!引越しダンボール無料、梱包資材サービスなど特典を提供してくれる会社も増えてきています。

次の