禁煙 離脱 症状 気持ちいい。 禁煙してみようと思ったら?

最新たばこ情報

禁煙 離脱 症状 気持ちいい

一昔前に比べて、喫煙者の肩身がすっかり狭くなった。 路上喫煙を条例で禁止しているところも多く、店内禁煙の飲食店も少なくない。 きっと非喫煙者の方は、「タバコなんて、やめりゃいいのに」と思っているかもしれない。 それが簡単に止められないのだ! ということで今回は、「タバコを止めるにあたって、どのような変化が喫煙者に起きているか」を、お伝えしたいと思う。 道のりはかなり険しいんだよ。 本当に……。 ・2度の挫折 私(記者)は過去に、2回ほど禁煙にチャレンジしている。 言うまでもなく、その2度の挑戦が失敗に終わったため、現在も喫煙している次第だ。 つい先日、人間ドックを受けるために「12時間の禁煙」が必要になったため、過去の挫折を思い出した。 たった12時間と思われるかもしれないのだが、これが思いのほか厳しかった。 以下は、いわゆる離脱症状の一端だ。 時間が経つにつれてレベルが高くなっていく。 これはあくまでも、私がタバコを止めようとしたときの経験に基づいたものだ。 ・私が経験したタバコの離脱症状 レベル1 ソワソワし始める レベル2 喫煙に代わる何かを探し始める レベル3 アメやガムで気を紛らわせる レベル4 一旦は気が紛れてホッとする レベル5 しかしニコチンを摂取できずに、ソワソワし始める レベル6 ソワソワがイライラに変わる レベル7 若干頭がぼんやりとする レベル8 タバコを吸いたいという欲求が一度去る レベル9 「もしかしてこのまま禁煙できるのでは?」と、かすかな自信を持つ レベル10 一度去ったはずの欲求は、倍以上の力を持って帰ってくる レベル11 イライラとした感情が抑えづらくなってくる レベル12 このレベルになると、アメやガムはあまり威力を発揮しない レベル13 頭がボーッとするようになって、集中力を著しく欠くようになる レベル14 不意に強烈な眠気に見舞われるようになる レベル15 一人でいると、ぼんやりとしてしまい動きが止まる レベル16 身体に何か深刻な変化が起きているのではないかと、自分のことが不安になる レベル17 不安によってネガティブな思考が芽生える レベル18 「なぜ自分はタバコを止めるのか?」と、自問し始める レベル19 タバコを止めるメリットを疑い始める レベル20 時間経過がゆっくりしているように感じる レベル21 頭がボーッとする感覚や眠気が繰り返し訪れ、全然集中できなくなる レベル22 周囲が全体的にぼんやりとしているような感じがする レベル23 立ちくらみやめまい レベル24 頭痛を感じる場合がある レベル25 吐き気にも似た感覚が訪れる場合がある レベル26 すでに禁煙を後悔し始める レベル27 完全に意志を試されている レベル28 周囲で喫煙している人がいるかどうか、匂いだけでわかってしまう レベル29 タバコを吸う以外に、この離脱症状の苦しみから抜ける道はないと考える レベル30 もう吸おう! 今すぐ吸おう! と本気で思う ・30までが一山だった 私の経験上、ここまでは一山で、これを越えたレベル31で「喫煙欲求がストンと落ちる」に到達する。 この山を越えるかどうかが、最初の困難である。 道のりは長い。 それは、「親しい人と一緒に止める」というものだ。 お互いが良好な関係を築いているうちはいいのだが、もしもその相手との関係がマズくなった時、禁煙の約束は破綻する。 ・じっくり取り組んだ方がいい 「なんであんなヤツと、禁煙の誓いなんか立てたんだろう」。 その思いに苛まれて、勢いで吸うことになりかねない。 しかも、一度裏切りをしてしまえば、お互いの仲も修復困難になってしまう。 禁煙の誓いは自分だけでした方が良いだろう。 お察しの通り、私はそれで失敗している訳だが……。 とにかく無理やりにタバコを止めようとしても、挫折を繰り返すだけになってしまうので、じっくり取り組む方が良さそうである。 執筆: Photo:Rocketnews24.

次の

【コラム】「タバコ止めたら」と簡単に言うけど喫煙者は離脱症状で悶絶するような思いをするのである

禁煙 離脱 症状 気持ちいい

||症状||| 症状• 夜早く目が覚めて昼間眠くなる。 どうしてでしょうか。 こんなんことなら、一日1本でもたばこをすったほうが良いように思います。 体が戻りつつあります。 ここへのニコチン注入はせっかくの努力をニコチン中毒に引き戻してしまうもの。 何とか今の一時期をすごしてしまうと、もうそんなに簡単には戻らなくなります。 そういう意味では、1日1本というのは損なやり方です。 いつも言うことですが、禁煙って彼女との別れと似たところがあります。 未練たらたらでは、どうにも別れづらいものですが、かといって短時間ずつ逢えば、なおつらいですよね。 どんな別れ方をしても、未練は残ります。 それがたばこというものです。 あきらめて、思いきって未練を断ち切るしかないのでは?あきらめられないというのも、実はニコチンの禁断症状のひとつなのですよ。 起きたときなど、タバコ吸っていたときよりひどいぐらいです。 どうしてでしょうか。 禁煙4日50歳主婦 禁煙を始めて、半数位の人に、口が乾く、喉が乾く、鼻が乾く、といった乾くの症状が現われます。 たばこは喉や鼻にとって、ものすごく強い刺激です。 でもいままでそう感じなかったでしょ。 刺激慣れしてしまっていたからです。 ところが、今、たばこをやめて、つよ〜い刺激が来なくなった。 今までたばこの刺激にたいして水分を出していた口や喉の細胞が、鞭が来なくなって、あ、もう働かなくてよいんだとほっとしている。 そういう状態です。 少し不愉快かもしれませんが、これもたばこをやめて体がもとに戻って行く一つの過程だと思ってください。 耳鼻科の先生に伺うと、必ず元にもどりますから、それまで自分で水分を補ってすごしてくださいとのことでした。 どうぞ安心くださいね。 典型的なニコチン切れの症状です。 ニコチンスキーって不思議ですね。 まるで自分が考えているみたいな理性的な顔で「ここで我慢してもしょうがない」「辛抱するより1本吸ったほうがからだに良い」とささやくかと思えば、髪の毛を振り乱した女性みたいに「悲しい、寂しい! 」と感情に訴えます。 すべて、ニコチンという薬物の多彩な働きの裏返しで、数日すれば「ああ、あれは罠だった」とわかるのですが。 そのうえ今は秋ですから、ますます寂しさがつのるかもしれません。 今はとにかく、ニコチンが抜けて行く時は女学生みたいにセンチメンタルになりやすい時期だと自分に言い聞かせること。 そして、誘惑に乗らないように、体を忙しく動かし続けて、ニコチンが抜けきるまでの時間を、なんとか無事にお過ごし下さるよう、応援しています。 なぜか必要以上に憂鬱になるように思います。 たばこをやめたせいでしょうか。 この、さびしくなる、憂鬱になるというのも、ニコチン離脱症状というか、ニコチンの記憶回路が消えて行くときによくあらわれる一時的な症状のひとつです。 寂しくなりやすい時期が重なってしまいましたね。 そのためか、少し早く出てきています。 元気が出ないときに、どうしたら良いでしょうか。 一時的なものだと割り切って身を任せるのも良い方法です。 自然に消えて行くものですから。 寝るのも、いいですね。 眠ると、つらいことの半分は消えてくれますものね。 買い物にいって時間をわすれる、勤務に出るといったような没頭できることをするのも、もちろん良いでしょう。 今いる場所を離れるのも一つの方法でしょうね。 家から出る、散歩をする、田舎道を歩く。 普段あまり行かない道を、秋の香りを楽しみながらゆったりと歩いて見ませんか。 それでも、どうにも空しくなったら、せっせ、せっせとアドバイス、感想を送るというのはどうでしょう。 一番元気の付く薬かもしれません。 そう、これこそが、ニコチンの最後のわな、最後の砦です。 ほんとうは、ニコチンの記憶の作りだした幻想、たんにニコチン回路のおき土産ですのに、まるで自分の理性で考えたことのように思わせる、とても巧妙な罠です。 これが罠だということは、やめて2ヵ月するとはっきりとわかるようになりますが、それまでのニコチンの攻撃に負けてあえなく罠に落ちるということを防ぐ方法は、徹底的に無視すること。 あなたはだれ?わたしは知りませんよ、と無視する。 それでもしつこく言い寄ってきたら、こんどは、これはニコチンの虫が騒いでいるのだ、「自分の理性ではない」と、声にだして言い聞かせる。 これを、ニコチンの罠がすりよってくるたびに繰り返していると、1、2週間で罠のほうが退散します。 頭が痛いのではない。 身体がだるいのではない。 何か考えることが出来ないわけではない。 睡眠時間からして眠いはずはないのです。 このまま、ぼーっとしたままだとすると大変なことです。 禁煙の副作用でしょうか。 このまま続けても大丈夫でしょうか。 ご安心ください。 ニコチン離脱症状です。 今の時期に、実に多くの方に現われています。 一時的なもので、しばらくで必ず消えます。 たいていの場合、1ヵ月付近でましになり、2カ月ごろには、思い出話にすることができる人が多いのですが、人によっては3ヵ月続いたということもあります。 しかし、ずっとこのままという人は、絶対にありません。 断言できます。 禁煙というのは、こういったことも経験して、はじめて手にする栄冠なのです。 きわめて順調な禁煙の経過の一場面です。 どうぞ安心して禁煙をこのままお続けください。 こんなことで、禁煙ができるのだろうか、いっそのこと吸った方がと考えてしまいます。 なにか良いアドバイスをください。 ニコチンは一種の覚醒剤です。 脳細胞への鞭です。 目覚め薬です。 ですから、ニコチンを体に入れると、 つまりたばこを吸うと 目が覚めますから、まるで頭がよく働くように思うのですが、これは幻想です。 禁煙して、ニコチンの覚醒作用が切れてくると、今まで働きすぎだった脳細胞は、正常の働きに戻って行きます。 つまり、夜はしっかり寝て朝は早く目覚めてさわやかで、昼間働くと眠くなる。 これは人間がまだ動物であった時代から持っている自然な脳の働きです。 これが、ごく普通の禁煙の経過です。 ではいつまでこの自然な形が続くかというと、人に依りますが、たいてい1ヵ月くらいで今の現代人の生活時間にあわせた形にもどります。 つまり、昼の眠さが軽減してゆき、夜の睡眠時間が増えます。 ですから、考えて見れば、この眠気というのは、体にとっては、ほんとうは望ましい変化なんですよね。 ただ、今の現代人の生活に、不便なのだけが困りますが。 何といっても一番なのが、眠いときに寝ることです。 仕事の量を減らしておいたり、かくれて昼寝できる場所をさがしておいたりというのも、禁煙の最初の1ヵ月くらいは必要でしょうね。 ですが、どうにも仕事に不便という向きには、ニコチンと同じ覚醒作用をもつコーヒーを使ったり、暑い茶をのんで目をさましたり、氷を口にいれたりします。 なにか病気なのでしょうか? ニコチンは胃に行く血液の量を最初の一服目で減らしますから、たばこをやめると胃への血液の量は回復して、一時的にせよ、胃の調子は良くなります。 でもそれを上回る負担をかけてしまったら、やっぱり腹も身のうち、胃もギブアップですよね。 ただ、不思議なことに、胃の調子がずうっと悪い人もいます。 大勢の禁煙をみていましても、やはり1割くらいの方はいい時期がなく悪いばかり。 理屈通りにはゆかないものですね。 たぶん、しらずしらずのうちにストレスが胃を攻撃するのでしょう。 とにかく、体重が増えぎみで胃の調子が悪ければ食事を減らす。 体重が落ちてきていたら医者というのでどうでしょうか。 どうしたら気持ちが沈まずに済むでしょうか? 気持ちが、どうしようもなく沈んだのでたばこを吸ってしまったのですね。 でも、もうその方法はとらないようにしましょう。 これこそ、ニコチンスキーの一番絶妙な攻撃方法なんですよ。 沈む気持ちを引き立てるのに、たばこ以外の方法がないように思わせるんですよね。 気持ちが沈んでいるのは、あなただけではないでしょう。 秋ですもの。 しかも禁煙のあとでしょう。 みんな沈みがちなんです。 でも、沈んでいても、日がたてば、自然に、気持ちが持ち直すから不思議です。 そして、また、なにかほかのことをやって見ようかと思うようになります。 提案です。 もし出歩けるのなら、無心になって新しいことをしてみませんか。 花を買ってきて飾る。 新しい食べ物に手をだす。 そういったちょっとしたことをして、気持ちが沈んでいることばかり、考えないようにしませんか。 無理はしなくて良いのです。 禁煙に慣れてくれば、気持ちは自然に持ち直しますから。 足をぎゅっと押してみると、へこんで、戻ってきません。 腎臓に何か起こっているのでしょうか? むくみには、いろんな種類があります。 心臓からくるむくみ、腎臓から来るむくみと、ホルモンの異常、そして一番多いのが、一時的な、心配のいらないむくみです。 このどれでしょうかということは、最終的には検査が必要なのですが、心臓からくるむくみ、腎臓から来るむくみですと、これは相当重症というか、病気が進んでからでるものですので、いままでから何らかの症状があったり、検査で異常をいわれていたりすることが多く、いきなりむくみで病気が発見されるということは少ないようです。 ホルモンの異常には甲状腺のホルモンが関与するものと、更年期のようなホルモンが関与する場合があります。 これはむくみではじめて病気が発見されることもあるのですが、押してへこむことから、甲状腺はちょっと考えにくい。 となりますと、あまりあわてる必要はないものだけが残りますので、もしこのままあと2週間たっても同じ様な程度で続くようなら、一度内科を受診してみてくださるということで良いと思います。 締め切り直前の原稿がありまして、今日まで何も書けずにきてしまいました。 吸いたい。 この気持ちを、とても黙殺できそうにありません。 黙殺だけでは少し不足かもしれませんので、補足させてください。 たばこなしで仕事ができるかどうかというのは能力の問題ではなくて、慣れの問題です。 たばこをやめて、ものを深く考えることができるようになった、とかたばこをやめてから解決策がみつかったということは珍しくありません。 これが特によく現れるのが記憶力で、喫煙すると記憶能力は1割減することが医学的に証明されています。 それでもたばこを吸うと、何だか頭が良く働いて良い知恵がでるように思いますよね。 そのとおりです。 これは、ニコチンの覚醒剤としての働きで、眠気が取れるからなんですよ。 頭がよく働くのではなくて、目がさめる、そういうメカニズムですから、ニコチンなしでものを考えるなら、一つにはしっかり寝て睡眠不足をしないことでしょう。 できれば、眠気の少ない朝、特に早朝の時間帯に仕事の主力を持ってこれるように工夫をなさってください。 そして次には、ご自分の能力をもう少し信頼なさることです。 たばこがなくても、ご自身の頭は、もって生まれた分だけ、ちゃんと働けるんですよ。 もうおわかりでしょうが、たばこを吸ってきた今までだって、持って生まれた分しか働いていません。 それで十分お仕事をこなしてこられたのですからどうぞ安心ください。 そして一日も早く眠くない時間帯に仕事することに、慣れてみてくださいませんか。 あ、それと今の原稿は、たばこ無しでこなしてやると度胸を据えることですよ。 吸ったところで、今の原稿はうまく書けません。 ご自身の頭で、勝負なさってください。 それには、とにかく寝て疲れをとることです。 第1回の禁煙マラソンの時にも、物書きをお仕事にしていて〆切直前にSOSを出した人がいました。 たばこを吸っても書けないとぱちんと自分に言い聞かせ、乗り切っていらっしゃいますよ。 これは自律神経の異常でしょうか?このまま続けても大丈夫でしょうか? 「眠れない」というより、眠るのだけど早く目が覚めるという形ではありませんか?その形ならふつうです。 人によっては、この時期2時間ぐらいで目が覚めるという人もいます。 その分昼間に眠くなって昼寝する人も多いのですよ。 ニコチンという突っ張り棒がはずれて、脳が昼間疲れて夜元気になっているのですね。 身体が回復してくる一つの過程ですから、喜んで迎えてください。 タバコを吸う人は総じて夜型なのですが、禁煙を開始して1カ月位して禁煙に身体が慣れるころから、追々、朝型とか、夜型とか、自分本来の睡眠の姿になってゆきます。 禁煙は自律神経に影響します。 というより、今までニコチンが自律神経に思いきり影響していたのですよ。 ニコチンは神経の興奮剤ですから、自律神経も興奮させます。 興奮剤を与え続けると、神経は無用の興奮をくりかえします。 そして、興奮剤があるのが普段の状態だと感じるようになっています。 禁煙でニコチンが切れれば、神経は正常の働きにもどるのですが、一時期、逆に神経が働かない時期があります。 手先がしびれたり、ものが2重に見えたり、足が動かなかったり。 血圧が一時大きく下がるのも、そのためのこともあります。 治るまでの期間は人によって少し差があります。 ほとんどは2週間以内ですが、1日ですむ人もあれば、3カ月続いたという人もいます。 大丈夫でしょうか? 禁煙の後で食欲がなくなるのには、二つの場合が考えられます。 今までから胃が弱かった人の場合は、禁煙のストレスを胃が感じているのかもしれません。 禁煙してから、うまくリラックスしてますか?目を閉じて力を順に入れて抜くなどのリラックスをやってみてください。 禁煙して良かったなあ、ということを見つけてください。 今までから胃が丈夫だという場合は、ニコチンの刺激がとれたせいかもしれませんね。 どちらにしても、好きなものを口にするようにしてみてください。 特に朝御飯、ゆっくり時間をとって良い雰囲気でたべてみませんか。 ただし、1カ月たって改善する見込みがない場合や、胃痛が出てきている場合は、お医者さんに相談してくださいね。 この辺のサポートをお願いしたいものです。 太ると困る、そう思っている人は、禁煙と体重のコントロールの両方を手に入れる方法がありますので、これを読んでください。 タバコをやめると、二つのメカニズムが体重を増やす方向で働きます。 まず、ニコチンの作用で押さえられていた胃腸の働きが活発になりますから、消化吸収の効率が良くなり、今まで感じなかった空腹を感じるようになります。 ようやく正常にもどるというか、本来あるべき姿に戻るということです。 逆に言うと、胃腸の悪い人は良くなるということにもなるのですが、同じ量を食べていても、これだけでだいたい2kg体重が増加します。 次に、禁煙のあと、つい食べる量が増えるという問題があります。 食事は気を付けていても、ガムを噛むとか、アメを口にするとか、ジュース類を飲むとか。 これは天井知らずで体重を増やします。 なにしろ、普通のガムなら2、3箱でもうごはん1膳分くらいのカロリーがあるわけですから。 腹の足しになるならないと、カロリーの有無は別ですものね。 「太らない禁煙」を目指そうと思ったら、まず口に入れるものをチェック! これには、めんどうでもノートに書くのが一番です。 水と茶以外は、原則としてカロリーがありますから、何時にガム1枚というように書いて行きます。 書くと、余分に食べなくなります。 自分の口に注意するようになります。 禁煙をはじめたら、最低2週間は食べ物ノートを記録するようにしてください。 体重計も、使いましょう。 安いものですから、1、2個余分に買って風呂の脱衣場だけでなく、食卓の下、冷蔵庫の前にも置いてください。 そして、冷蔵庫を開けようと思ったら、まず乗る。 食事の後先に、乗る。 それもまた、ノートにつけます。 めんどうがらずにこういったことをまめにする。 これが一番大切です。 次に、同じ量を食べていても、2kg増える、と先程言いました。 そのうえ、空腹を感じる事も、多くなります。 これを解決するのは、野菜と海藻、この二つのキーワードです。 体重増を絶対防ごうと思ったら、2週間は「菜食主義」になってしまってください。 お腹が空いたら、たくさん野菜を食べる。 生でも良いのですが、生野菜は腹の足しになりませんね。 ましてやドレッシング、マヨネーズなどカロリーの多いものをかけてしまうと、何をしていることやら---になりかねません。 煮た野菜の方がおすすめです。 夕食時に、煮た野菜を一鍋余分に作っておいて、お腹が空いた時に食べる。 お腹が空いてから野菜を煮たのでは、間に合いませんから。 冷蔵庫に入れて置いて、食べる前にレンジでチンしてください。 もし寝る前や夜中に食べなければ、明朝の朝食にどうぞ。 これで、体重はほとんど増えません。 ここまでをきちんと実行してもまだ体重が増えるようなら、こんどは食事内容を見直します。 カロリー計算とまではゆかなくても、油ものをやめるとか、ご飯の量をへらすとか。 そして次に、運動をするようにします。 でもほとんどの人は、先に述べたノートチェックと、煮た野菜をきちんと実行するだけで大丈夫、体重はふえませんから、食事の内容や運動まで変更しなくて良いようです。 もう一度言います。 大切なことは、やるべきことをきちんと実行することです。 食べたいものを食べて、体重を増やさないでおこうというのは無理です。 太りたくない、その願望に見合うだけの努力を2週間続けてください。 絶対に違ってきます。 特に甘い物が…ケーキ、アイス… 野菜中心の食生活は、なんとかできてるかも知れませんが、極端に甘い物が欲しくなるんですよ。 駄目だとわかっていても手が伸びる… 先生どうしたらいいんでしょうか? 太りますね。 このままでは。 方法は二つ。 一つは、とにかく禁煙達成にむけて、食べ物のことは目をつむる。 太るだけ太ってから、ゆっくりとダイエットして体重を戻すというやり方。 もう一つは、いや、やっぱり太るのはいやだから、今のままで居たいという願望をバネに口に入れるものを考えるというやり方。 甘いものには、鎮静作用があるそうな。 私は現実派の臨床医ですから、こういう場合には折衷案をだします。 つまり、今週中は禁煙が落ちつかないから、食べる。 来週になったらダイエット。 これで何とか取り返しがつきますよ。 そのかわり、来週は体重計と全身が写る大きな鏡を味方にして、ダイエットの方を、ちょっと頑張りましょうね。 これは禁断症状なのでしょうか。 しびれは、禁断症状のひとつとして、かなりの率で出てきます。 からだのどの部位ということでなく、どこにでも出るようです。 禁煙して5日目で出現した、しかも他の症状はない、ということになりますと、やはり禁断症状かと考えるのが妥当です。 たいていは1週間くらいで改善に向かうのですが、時には3カ月くらい続いて困ったこともありました。 ですから、今の段階では余り心配せず一応様子をみてください。 今のしびれの部位がどんどん広がるとか、動きにくいところができたとか、痛むとかが出くるとか、1カ月たっても改善傾向がないとかでしたら、医師を受診されてはどうでしょうか。

次の

禁煙に必要なのは、依存性のある代替品? 編集長が悪い習慣・タバコをやめてみた

禁煙 離脱 症状 気持ちいい

禁煙日記 私は禁煙開始からの1ヶ月間、禁煙した際の人の心理状態や離脱症状の研究を目的に日記を書いていたのだが、恥かしながらその一部をここで公開しよう。 但し日記の全ての部分を公開しても意味が無いので、禁煙に関わっている部分のみ端的に切り抜いて下に記載していく。 禁煙開始日夜 ここ2週間、1日20本以下に抑えてきたけど今日で最後。 寝る前に最後の1本の味を確認しながら何でこんなものが美味いのかと疑問を感じながら吸う。 残ったタバコをハサミで切り刻む。 いい香りだと一瞬思った。 明日の朝から、いや既に今から自分は非喫煙者である。 なかなか寝付けないがタバコを吸いたいとは思わない。 禁煙初日 朝、目が覚めるも中々起きれない。 ああ、禁煙してるんだと思うと憂鬱だが布団から出てタバコを吸わないのは素晴らしいと言い聞かせる。 吸いたいようなそうでもないような気分。 いつものように一服してからじゃないと行動できない。 でもタバコを吸わずに行動しよう。 息苦しいような気分、深呼吸する。 身体的には喫煙時と変わらずタンが喉の奥に引っ掛かっている感覚。 朝の憂鬱を乗り越えるとそれほど吸いたくないと気付く。 昼食後、かなり吸いたい衝動が長く続く。 以降も何度か吸いたい衝動に襲われるが大げさなほどの深呼吸。 夕方になり吸いたい衝動が収まってきて落ち着く。 夕食後にさて一服するかと無意識に行動しそうになった。 風呂に入ってる間は吸いたいとは思わない。 しかし風呂から上がったらやはり吸いたい。 全く落ち着かないけどそれでいい。 もはやタバコを求めているのか別の物を求めているのかわからなくなる。 寝付けないけど気にしない、横になっている間はタバコへの渇望が湧かないので大丈夫。 禁煙2日目 昨晩眠れなかった割に朝スッキリ目が覚める。 ニコチンが抜ける目安となる30時間以上経過。 昨日の朝と違い行動力はある。 ふと頭の中にタバコを思い浮かべるも昨日ほど吸いたいとは思わない事を意識できる。 喫煙時より頭も体もスッキリしている事が自覚できるがまだノドのイガイガ、タンを排出しようとしてセキが出る。 口の中がヤニで汚れているのが自覚できる。 朝食はバナナ1本とコーヒーのみ。 起床から30分経過して全くタバコを吸いたくない事に気付く。 あれほどタバコが吸いたかったのにあまりに不思議で驚く。 これからはタバコなしで行動できると考えると自然と嬉しくなり笑いが込み上げてくる。 あれ、想像以上に簡単にやめられると思うと再度喫煙者に戻る人がいるのも納得。 時折タバコ吸いたいな~という衝動が現れるが一瞬のみで昨日の自分とは別人だ。 油断してはいけないがこんなに簡単ならと油断してしまいそう。 昼近くになりなんとなく吸いたい気分。 昼過ぎ、かなり吸いたい衝動に駆られるが昨日ほどではない事を実感できる。 夕方、吸いたいのか求めている物は本当にタバコなのか自分でもわからなくなる。 ただあまりに落ち着かない。 熱いお茶でリラックスしよう。 夜になるとタバコを求める渇望は落ち着く。 そして今夜も中々寝付けないがふと、真夜中にタバコ吸いたいと思った。 禁煙3日目 あまり眠れなかったのに相変わらず気分の良い寝起き。 ノドの奥の違和感、タンを殆ど感じない。 但し起きてからの口の中は相変わらずタバコのヤニが残っている感覚。 残念ながら昨日より頭の中でタバコを吸いたいと思っている。 明らかにイラッとしている自分を認識しているが表には出さない。 ふと、部屋がタバコ臭いなと感じたりコーヒーがえらく苦く感じたり味覚と嗅覚の感覚が鋭くなっている。 いや本来の感覚を取り戻している。 昼近くになりタバコが吸いたいと思いだす。 今までの傾向からして腹が減るとタバコが吸いたくなる。 明確にタバコが吸いたいとハッキリ感じる。 体がタバコを欲しがっている。 もうニコチンが抜けたんじゃないのか。 吸いたい度を数値化できないがピークに近い感覚かも。 最近睡眠時間が少ないにも関わらず今夜も寝付けない。 禁煙4日目 朝はそれほど辛くない。 吸いたいようでそうでもない、自分はタバコはやめたんだと自覚。 だんだん吸いたい衝動が湧いてくる。 無意識に呼吸が荒くなる、落ち着かない。 昼食後はそれほどタバコを吸いたいと思わなかったが、お昼過ぎまでタバコへの渇望がどこかにあった気がする。 夕方6時、禁煙2日目に感じた「もうタバコは必要ない」という感覚が再び訪れる。 なんだか怖くなるほど快適で心地良く気持ちいい。 異常なほどの高揚感が30分ほど続く。 それでもふとタバコが吸いたいという気持ちが心の中を一瞬よぎる。 でもそれは本当に一瞬だ。 禁煙5日目 もうとっくの昔にピークは過ぎている。 それでも完全にはタバコ依存から抜け出せていないのを実感している。 ふとタバコが吸いたいと考えている。 目の前にタバコがあったらきっと吸っている。 引き出しを開けて偶然タバコが出てきたら油汗を出しながら吸いたい衝動に耐え、そして結局は吸ってしまうと思う。 あ、アーモンドを食べると吸いたい衝動が見事に消える。 いや、少しだけ残るがぐっと楽になる。 アーモンドでなんで?不思議、でも耐えられる。 しかしほぼ毎日のように訪れる幸福感がある。 あ、今きた、私はタバコを止めたのだ、タバコを止められたなんて素晴らしい。 もうタバコを吸わなくていいんだ、タバコ無くても生きていけるなんて素晴らしい。 この感覚、いつも夕方6時ぐらいになると感じるのだが、この時間に何か意味があるのかな。 風呂から上がって深夜になると吸いたくなる。 吸いたくなるけど我慢できる、自分はもう止めたんだ、戻らない。 我慢するのに慣れてきた、乗り越えられる。 深夜の寝付けない時間がやばい。 ああ、眠れずに3時、4時になっていく。 1日で最も落ち着かずにタバコを求めている時間。 でも不思議、眠れなくてきついのではなく体力が有り余っていて発散出来ないもどかしさで眠れない感覚。 睡眠不足なのにきつくない感覚。 腹減った、確実に腹減っているがこの時間には食べれない。 腹が減ったのには耐えられても同時に吸いたい衝動が辛い。 腹が減っているとやはり吸いたくなる。 禁煙6日目 朝、もう吸いたい感覚はほぼない。 無くなったなと深く実感。 そもそも昔の自分はそんなに朝吸いたがっていたか?ここ最近の平均睡眠時間は5時間ぐらい?喫煙者だった頃なら一日中だるい感覚だったに違いない。 頭の中はここ2、3日の中では重い方だが喫煙者の頃よりずっとスッキリしている。 夕方6時になって気持ちが落ち着いてきたが、今日もなんだか辛かったかなとふと思う。 これは何かご褒美が必要だ。 今日の夜はいつもより落ち着いている。 しかも眠れそう。 禁煙7日目 今日も短時間しか寝てない。 最近ずっと5時間ぐらい。 不思議ときつくないけど今日の朝は若干体も頭も重かった。 喫煙者だった頃よりもずっとましだが。 そして煙草への欲求が薄れてきたと同時に禁煙の感動が無くなってきた。 ふとタバコの事を考えるが吸いたい衝動は一瞬だ。 もうゲームをクリアしたかのようだ。 今夜の1時に丁度開始から1週間になる。 まだ喉も肺も綺麗にはなってないなーと感じる。 逆にこのまま禁煙出来れば綺麗なって気持ちよく生活できそうだ。 何だかスースーするガム飽きた。 吸いたいなでは無く吸おっかながチョコチョコと出てくる。 何か寂しいなと思って口にガムを運ぶ。 別に吸いたい訳じゃないけど寂しいなぁ。 そして今夜も眠れない、もう寝なくていいかと思うぐらい健康で力みなぎってる気がするけど。 禁煙8日目 起きたのが12時前、久しぶりにダラっとした自分にイラッとくる。 どこかでリセットしなければ。 とりあえず深呼吸。 もうタバコ吸いたいわけじゃないよな。 遅く起きたので朝飯を飛ばして昼食、今思うと食後のタバコへの意識は0だった。 夕食後、タバコ吸いたいが完璧に消えた。 いっつもこのタイミングでタバコって思ってたのになぁと懐かしむ。 口元の寂しさは消えないが全然タバコである必要はない。 味か匂いで心を満たしておきたい感覚?ガムばっか散々食ったから顎痛い。 たまに飴もいいよね、飴美味しいわ。 あ、深呼吸するのが止められない。 胸いっぱいに空気を吸い込んで吐き出す感じ、喫煙行動の思い出?でも喫煙と違い体にはすごく良さそうだが、過呼吸にならないようにしなければ。 あと周りに溜息でストレス与えないようにしなければ。 眠れないから眠らない、もう5時過ぎてる。 禁煙9日目 あータバコって頭に浮かんでしまう。 朝がダルいとタバコを考えてしまう。 タバコで頭をスッキリしたいという名残かな。 ガムの喰い過ぎで顎痛いけど昨日も同じ事書いたような。 なんか風邪気味のような感覚があるけど。 ニコチンやタールからの開放感なのか元気なんだけど風邪気味みたいな矛盾した体調。 禁煙10日目 朝、完全にダルイ感覚。 禁煙の感動が完全に薄れてしまったなぁ。 起きた直後から30分ほどはやっぱ吸いたいと考えてしまう。 強くはないけど吸いたいなと思っちゃうね。 腹減ったから何か食っとくかぐらいの感覚、余裕で我慢できるけど。 そう、もうここから戻るなんてありえないし戻ってはいけない。 やばいガム切れと思ったけどそれほど辛くないというか気にならない。 食いたいけど顎痛くなるし丁度いいのかも。 しかし明日注文してたガムがたっぷりくるはずだが。 風呂上りタバコ吸いてーという間隔、ガムで我慢と思ったらガム切れじゃないか。 飴で我慢、そして普通に我慢出来る。 そりゃニコチン欲しい訳じゃないからね。 禁煙11日目 朝からイライラする。 このストレスをタバコの吸えないせいにはしたくない。 まあ寝不足が原因かな、5時間ぐらいしか寝てないし。 寝不足もあって猫と一緒に昼寝。 きっと夜寝られないだろうな。 夕食後、ふと吸いたいと思うがいつまでこれが続くんだ。 夜、やっぱり吸いたい、タバコ吸いたい、正直吸いたい。 でも簡単に我慢できる、今吸えばもう我慢出来ないぐらいの吸いたさがきてしまう。 わかっている。 きっとタバコをすっきり忘れられる、いやそれが無理でも今よりずっと楽にきっとなる。 ああー電子タバコ買おうかな。 禁煙12日目 吸いたい気持ちは変わらない。 これは想定外すぎる。 いつになったら完全にタバコを吸いたい気持ちが無くなるのか。 この感覚がずっと続きそうで嫌になる。 早く抜け出したい。 ふと思った、喫煙時は鈍感だった辛味にとんでも無く弱くなった。 辛いお菓子がめちゃめちゃ辛い。 あ、深く溜息する必要が無くなった気がする。 ふぅーから、はぁって感じに変わったかな 禁煙13日目 朝起きる度にタバコの事を考えている気がする。 でもそんなにタバコが吸いたい訳でもない。 また一つ峠を越えたような気がする。 今度こそタバコいらねーという感覚が更に高まった。 吸いたい衝動がどんどん少なくなっている実感。 禁煙14日目 もう特に変わった事無いし日記はいらないかな。 吸いたい衝動は徐々に減退している気がするけど。 ふと吸いたいなぁとは思うし、これをずっと思い続けるとしたら辛いというより面倒くさいな。 ここから心境や身体の変化が無かった為、日記は一時途切れている。 禁煙25日目 ここ何日か異常な眠気と寒気に襲われる。 禁煙鬱なのかと思うような気の落ち込みや怠さと同時に胸が縮むような息苦しさとタバコが吸いたい渇きで息が荒くなる。 軽く仮眠後に気分が一転。 今度は体が熱くなってモリモリ意欲が湧いて行動的なる。 ついさっきと完全に逆で笑える。 少し長めのストレスで異常なほどタバコ吸いたくなった。 いつもタバコを置いてた場所へ無意識に手が伸びてビックリした。 もう頭の中で買ってこようかと考えてしまった。 やばい、吸いたい。 しかしここまできて失敗したくない。 ストレスあるとやばいな、タバコで解消と本能的に動いてしまいそう。 あ、タバコ吸いたいけど吸えない禁煙の辛い感覚を言葉で表現するのが難しかったけどやっと正確な言葉での表現を思いついた。 息を吸っても吸ってないような物足りない感覚、正にこれだな。 禁煙26日目 完全に禁煙鬱だと確信。 タバコが吸いたいとかいうことじゃなく動くのが辛い。 あれだけ非喫煙者だった頃の行動力が蘇ってたのに凄い反動。 しかし吸ったら救われるのか?もし吸いだせばもっと酷い鬱が待っているかもしれない。 その可能性が高いから吸ってはダメ。 1本だけという言い訳がドンドン頭に浮かんできてヤバイ。 そう、自分に言い訳してタバコを吸おうとしてしまう。 いや、でも本当に吸いたい?今の辛さは吸えない辛さとは違うんじゃないのか?吸って根本が解決するものではないような。 禁煙27日目 鬱が辛い。 1本吸ったら楽になるの?なるなら吸いたいが違う気がする。 この憂鬱から逃れたい。 あー、イライラも酷い。 禁煙28日目 少し回復してきたかなと思ったけど全然そうでもない。 治ってるようでまだ治ってない。 溜息が止まらない。 結局タバコ吸いたいじゃねぇか。 いつになったらこの気持ちは消えるのよ。 禁煙日記はここで途絶えている。 当時は禁煙鬱がかなり辛くて大変だったようだが、大体30日ちょっとで徐々に回復していった記憶がある。 もし貴方が今、禁煙中で似たような状態なら少しは参考になっただろうか?もし少しでも禁煙後の過ごし方で参考になったとか励みになったという方がいれば幸いです。 > 禁煙1ヶ月間の記録(今のページ).

次の