ずるい ぞ チクショウ。 恋愛における「ずるい男」「ずるい女」とは~恋愛時の特徴や心理について

ずるい人の特徴や心理【男性・女性・既婚者】

ずるい ぞ チクショウ

スポンサーリンク ずるい人の心理や特徴 計算高く、自分の得になることを常に考えている 計算高いというのがずるい人の特徴であり、いつでも自分の得になることを考えているというのがずるい人の心理と言っていいでしょう。 「ずるい人」というのは、周囲の人から見ると、「自分ばかりが得をする人」ということになります。 自分ばかりが得をするには、それなりの計算をする必要があるでしょう。 だれでも、時にはたまたま得をするということはありますが、ずるい人は得をする頻度がふつうの人よりもずっと多いのです。 それは、常に「どうすれば、得することができるか」を考えているからにほかなりません。 自分が得をするためには、人を陥れたり、人にとって迷惑に感じられるようなことをすることも出てきます。 ずるい人はそのあたりをしっかり計算して、時には人に迷惑をかけたり、よく思われないような言動をしたとしても、結果として自分の得になればそれでいいと考えます。 そのため、人から「あの人はずるい」と思われてしまうわけですが、人からそのようなよくない評価をされるというのは、自分にとって損ということになるでしょう。 そのマイナス点も含めて、総合的に自分にとって得になることを選ぶのがずるい人なのです。 スポンサーリンク 自分は頭がいいと思っている 「あなたはずるい人だ」と人から指摘されても、ずるい人は傷つきません。 というのは、ずるい人は人に対して優越感を抱いているものだからです。 常に自分にとって得になることを考え、計算しながら生きているのがずるい人ですが、そうした計算をするためには、それだけの思考力がなくてはなりません。 損得を考えながら生きているものの、結果として得することが少なければ、人から「ずるい人」と思われることはないでしょう。 頭で計算した通り、実際に得することが多いからこそ、「ずるい人」と思われるわけです。 「それだけの思考能力があるために、自分は人よりも得をすることが多いのだ」と、ずるい人は考えます。 そして、「あなたはずるい」と言う人に対し、「あなたは私のような計算ができないから、私のように得をすることができない。 つまり、あなたは私よりも劣った思考力の持ち主なのだ」と思うのです。 そのように、人に対して優越感を抱き、自分は頭がいいと思っているのが、ずるい人の心理的特徴ということになるでしょう。 「あなたはずるい」と言われても、ずるい人は「それは頭の悪い人の負け犬の遠吠えに過ぎない」と考えるわけです。 スポンサーリンク 上の立場の人と良好な人間関係を作るのが上手 するい人の共通点は、「上の立場の人、力の強い人から良く思われている」ということでしょう。 たとえば、会社内で、同僚から「あの人はずるい」と思われる人は、おしなべて上司との関係が良好で、上司からの評価が高いものです。 同じような仕事の能力をもっていても、上司から同じ評価をされるとは限りません。 人間関係を作るのがへたで、上司との関係があまりよくない人と、上司との関係がきわめてうまく行っている人がいるとしましょう。 その場合、仕事の能力は同じであっても、後者のほうが上司からの評価は高くなります。 場合によっては、仕事の能力が劣っていても、上司との関係が良好であるため、 よりも高く評価されるということもあるでしょう。 そういう評価をされる人は、当然、出世も早くなるに違いありません。 同僚からすると、「仕事ができるわけでもないのに、上司に好かれているから出世するずるい人」ということになります。 つまり、上の立場の人や力の強い人に 人は、そうでない人よりも得することが多くなるということができるでしょう。 上の立場の人と 良好な人間関係を作るのが上手なこと、これが、ずるい人の特徴なのです。 スポンサーリンク ずるい人ほど出世する理由 世渡りが上手い ずるい人ほど出世する理由として、世渡りが非常に上手いことが挙げられます。 「世渡り」とは、例えば会社で上司に上手くゴマをすり続け良い役職をもらうなど、目上の方に対する扱いに優れていることです。 誰を持ち上げれば上手くいくことを把握する能力に長け、ずる賢く世渡りをしていくのです。 能力ある人間を見極める力と、相手を煽てて自分の評価を賢く上げていきます。 能力ない人間に対しては関わろうとしませんし、逆に自分の利益のために接する人間を厳選します。 ずる賢いですが人を見る目は確かなものを持ち、時と場合を考えて行動することも可能です。 うまく世渡りをしていくためにも、それなりの権力がある人間のそばで良い所を見せなくてはなりません。 時にはずるい行動によって他者から非難を浴びても、出世のためには一切気にしませんし、ずるい人は周囲の人間が自分にとって都合の良い駒であると考えていることもあります。 ただし、ずる賢い人は目上の方が求める有能さを秘めていることが多く、他者の批判を軽くかわす能力も持ちます。 世渡り上手だから出世も早いのです。 スポンサーリンク 利益を追求するから ずるい考えは周囲の人間に対してマイナスとなる可能性もありますが、何かの利益を追求した結果、ずる賢いと評価される場合も少なくありません。 利益を得るためにずるい行動を取っても、それが合法なら世間で認められてしまいます。 そのようなずる賢さを持つ方がより利益を追求したために、現場を知らない偉い方に評価されて出世してしまうのです。 企業にとっては合法な方法なら利益が上がることを優先するでしょうし、利益を生み出す手腕を企業が見逃すわけがありません。 ずるい人はアイディアを提案する力と、持ち前のずる賢さでトラブルさえ乗り切る力も所持します。 ずる賢い知恵を発揮できるのも一種の才能で、たとえずる賢さを失くしてもある程度の優れた能力を保持しています。 出世スピードが速い理由も、ずる賢い知恵を遂行できる勇気があるからで、利益を追求する姿勢が企業に評価された結果でもあるのです。 そのずる賢さを必要とする人が存在するとも捉えることができます。 利益を得るためいは時としてずるさも必要になります。 そのずるさを遂行できる人は出世が速いのです。 スポンサーリンク 人の特徴を把握する能力に長ける 人間関係は出世にも大きく関わる要素です。 皆から嫌われれば、たとえ偉い方が評価しても誰かが「あの人はずるい人です」と上司に耳打ちします。 ただずる賢さを持つだけでは社会で生き残れませんし、いつか何倍にもなって自分にツケが返ってきます。 良い人間関係を築くためにも、ずるい人は頭を使って関係性を構築しようとするのです。 人の特徴を一人ひとり把握してずる賢さを使い分けます。 場合によっては誰にも非難されず「あの人は皆のために頑張っている」と思われる一方で、裏ではずる賢く出世へ一直線な方も存在するのです。 人の特徴を把握しているから、嫌われることなく円滑に出世することができます。 良く観察すれば「ずるい」と思われることでも、目には見えづらいずる賢さによって人間の目も騙します。 それは様々な人間を観察して特徴を理解しないと出来ないことではないでしょうか。 ずるい人は人間を観る目も優れ、特徴を把握しようと努力もしています。 その努力が出世に繋がることもあり、上司の立場になると上手く事業と人材をコントロールできるのです。 ずるい人が出世する理由は、他者と関わる中で特徴を把握しようと努力するからです。 スポンサーリンク ずるい人への対処法 客観的な事実を残すようにする ずるい人というのは、自己保身のためなら平気で友人を悪者にしたり、嘘をつきます。 また口がうまいので、ぼけっとした人は簡単に騙されてしまいます。 そんなことを言った人は誰もいないのに、自分の立場が悪くなると「〇〇ちゃんが、ダメって言った」「私は本当はイヤだったんだけど、〇〇には逆らえなかった」などと、本当かのように言います。 残念なことにずるい人は計算高かったりするので、周囲の人が嘘と見抜けずに、全く関係ない人が悪者になったり、勝手に加害者に仕立てられてしまうのです。 そんなずるい人への対処法として有効なのは、連絡の時は電話など口頭で伝えるのはやめて、メールやLINEなど文章で残す方法です。 重要なポイントとして、後々ずるい人が言い訳をしても、100%勘違いされないような表現をすることです。 少々固い内容になったとしても「〇月〇日〇時集合です」「必ず〇〇持参です」などと、誰がどう見ても誤解されない内容だけでやり取りしましょう。 少し面倒ですが、誤魔化しができない、嘘がつけないと、ずるい人に気付かせることが重要なのです。 スポンサーリンク イエス、ノーをはっきり言う ずるい人は、相手が優しかったり、気が弱かったすると、それに付け込もうとしてきます。 「みんなで掃除をするから、できるだけ来てね」と言えば、暇だったけど掃除をしたくないから行かなかったり、「参加費は気持ちで」と言うと1人だけ1円も払わなかったりします。 他の人には迷惑かもしれませんが、ずるい人への対策をするなら、できるだけハッキリ言うのが1番の方法です。 「掃除は全員参加です」「参加費は1000円です」など、ずるい人が都合よく解釈できないように対策するのです。 また「たぶん」「都合がよければ」などの曖昧な言葉や、「えーっと」「うーん」など、悩むような態度もずるい人の前ではしない方が良いです。 たとえ、全員から参加費を1000円ずつ徴収していても、ずるい人は「私、財布忘れてきちゃった。 今度ね」「今、ポケットに500円しかないの」と支払いから逃れようとします。 そんな時に「うーん」「えっとー」など、曖昧な態度を少しでもすると、ずるい人はそれをチャンスとして「本当はお金ないから立て替えといてよ」「支払いいつでも良いよね、余裕ある時にするから」などと、都合の良いことを言います。 後々それが問題になったとしても、「はっきりダメって言われなかったよ」と、あくまでも「自分は悪くない」と人のせいにするのです。 ずるい人はこのように、あの手この手を使ってくるので初めから「〇〇は絶対です」「これはダメです」などの、イエス、ノーだけで するように気をつけることが大切なのです。 スポンサーリンク 貸し借りはしない ずるい人はすぐ人にお金を借りようとしたり、立て替えてもらおうとするのに、なかなかお金を返そうとはしません。 ずるずると支払いを延ばして、あわよくば相手がお金を貸したことを忘れてくれないか待つのです。 中には何か頼み事をすると、それをチャンスとばかりに「いいけど、その代わり以前立て替えてもらったコーヒー代、チャラにしといてくれる?」と、借金を踏み倒そうとするずるい人もいます。 こんな風にずるい人にお金を貸すと、例え数百円でもすんなりと戻ってくることがないので、結果的に自分が嫌な気持ちになることも少なくありません。 そんなずるい人に対策をするなら、やはり何があってもお金を貸さないのが1番です。 言葉巧みにお金を借りようとしてきても「本当に自分の分しか持っていない」「余分のお金はない」と、突っぱねるようにしましょう。 お金と同じように、ずるい人は物も借りようとすることが多いのですが、そんな時も「貸せない」「貸すと家族に怒られる」などと言い、断るようにします。 何度かきつく断ると、ずるい人はあなたからは借りにくいと考えて他の人から借りれないか画策するようになります。 最初は断りにくいかもしれませんが、ずるい人に1度何かを貸すと、それから簡単にあなたから借りられると思い、どんどん行動がエスカレートしてくる可能性があります。 泣き寝入りしないためにも、ずるい人には最初から些細な物であっても貸し借りをしないことが重要なのです。 スポンサーリンク 職場のずるい人には要注意 いかがでしょうか。 ずるい人の中で最も厄介なのは、職場にいるずるい人でしょう。 なぜなら、仕事の負担があなたにかかってくるだけでなく、評価なども奪い取られてしまうことも多々ありますし、ストレスも大きくなります。 そのまま放っておいたら、そのずるい人はどんどん調子に乗りますし、行動もエスカレートしていくのが一般的です。 やはり誰かが指摘しないといけません。 それが上司の役目なのか、また別の人の役目なのかはその環境によって変わってきますが、誰も頼りにならない場合はあなたがやるしかありません。 最初は勇気が入りますし、伝えた後は嫌な気持ちにもなりますが、その瞬間から今まで感じていたストレス等から解放されることでしょう。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

ずるい人の特徴と嫌われている原因!ずるい人への対応方法|feely(フィーリー)

ずるい ぞ チクショウ

記事の目次• ずるい人に共通する特徴とは 自分の手を汚すことなく、裏でこそこそ画策するのが「ずるい人」です。 ここではずるい人に共通する特徴をまとめました。 あなたの近くにもいないか、チェックしてみてください。 計算高い ずるい人は、 自分が不利益を被りたくないと思っているので計算高いです。 何をするにも計算で動くことがほとんどで、感情的に行動することは極めて少ないと言えるでしょう。 緻密に計算したうえでそつなく行動するのがずるい人の特徴です。 損得勘定で動いている ずるい人は、 損することを非常に嫌います。 考えているのは自分にとって得になるかどうかです。 得することなら積極的に行動を起こしますが、損してしまうと分かっていて行動することはありません。 自分にとって損か、得かで行動を決めています。 他人を利用しようと画策する ずるい人と言うと自分の手を汚さない印象がありますが、 自分の利益のために他人を利用しようとするのは、ずるい人の大きな特徴です。 自分の代わりに何かをやらせたり、他人の手柄を横取りしたりすることもあります。 自分の身に火の粉が降りかからないよう、リスクマネジメントも得意です。 自分のことは棚上げする 自分のことは棚に上げて、周りの人を批判することがあります。 また、仕事で自分がミスをしたときに知らんふりをしてしまうことも少なくありません。 批判を自分に向けたくない気持ちが強いので、自分の怠慢を棚に上げて他人を攻撃したり、ほかの人の手柄を横取りしたりといった感心しない行動に出ることもあります。 場の空気を読むのが得意 風向きや空気を読むことに長けているのも、ずるい人の特徴です。 自分にとってプラスになる話には積極的に乗っかろうとしますし、そうでないならスルーしようとします。 それ自体は悪いことではありませんが、他人のよりも自分の事情を優先して押し通そうとするため、「ずるい」と思われてしまうのです。 うまくその場の空気を読みとり、自分にとってもっとも良い流れにもっていきます。 他人に手助けはしない 人の手を借りることがあっても、自分から他人を助けるようなことをしないのもずるい人です。 基本的に「自分以外の人はどうなってもかまわない」と思っている傾向が強いため、手を差し伸べるまでのハードルが高いです。 助けることで自分にプラスになると判断すれば、親切に手助けをすることもあります。 責任逃れをする 責任逃れをするのはずるい人の典型です。 明らかに自分のミスなのに、それをほかの人に押し付けてしまうケースも。 問題の解決ではなく責任を逃れるために手を尽くすため、そのせいで後始末をする周囲に迷惑がかかってしまうことも少なくありません。 他人の足を引っ張る 自分以外の人がうまくいっていると、足を引っ張ることがあります。 たとえば職場の同僚や後輩が進めているプロジェクトがうまくいきそうなときにわざと手を抜いたり、問題を起こしたりすることも。 ただし責任を問われるのは嫌うため、故意だとバレないよう巧みに足を引っ張ります。 人当たりは良い ずるいと言われる人は、人の弱点を常に探していることが多い反面、 人当たりが良いという特徴もあります。 つい心を許してしまいますが、その優しさは打算であったり、八方美人なだけであったりするかもしれません。 人当たりの良さから、職場の上司からは目をかけられることも多いです。 平気で嘘をつく 嘘をつくときには後ろめたい気持ちになるものですが、ずるい人は平気で嘘をつけます。 特に、 自分にとって利益になると思ったときには普通に嘘をつきますし、それで他人が不利益を被っても仕方ないと考えていることがほとんどです。 嘘がバレないように嘘を重ねることもあるため、さらに嘘が増えてしまいます。 必ず見返りを求める 何かをしてあげたときには 必ず見返りを求めます。 善意でボランティアを行うことはなく、何かした分にはその見返りを求めるのは当然の権利だと考えている傾向が強いでしょう。 決してただ働きはしないタイプの人なので、強かでたくましいという側面もあります。 ケチ お金にはうるさく、一緒に食事や飲みに行っても奢ってくれることはほとんどありません。 基本的に割り勘で支払うことになるでしょう。 「それくらいいいんじゃないの?」と思えることでも節約したり、新しいものに買い替えなかったりと、とにかくお金を出し惜しみします。 お金が貯まりやすいのはこういう人ですね。 プライドが高い プライドが高いせいで自分の評価が下がることが許せないタイプのずるい人は、 他人からバカにされたり下に見られたりするのが我慢できません。 プライドを傷つけるようなことを言ってしまうとトラブルになってしまうため、注意が必要です。 自分なりのルールを持っており、それを曲げることは嫌う傾向があります。 立場が下の人には高圧的な態度を取る 自分よりも立場が上の人に対しては媚を売るようなことをしますが、 下の人には高圧的に接します。 そのため、職場では後輩から嫌われてしまうことがほとんどです。 ただ、上司には腰が低く媚も売るため覚えが良く、出世することも少なくありません。 実は打たれ弱い ケチでプライドが高く、下の者には高圧的となると図太い性格をしているようですが、 実は打たれ弱い一面もあります。 自分の実力を信じきれないから、なんとかずるい手を使って周囲と対等以上に渡り合おうとするのがずるい人の特徴です。 そのため実際には陰口を言われたり、嫌われていることが発覚したりすると落ち込むでしょう。 ずるい人は嫌われる傾向!?その理由は? ずるい人は職場で出世しやすいと言われていますが、人望が厚いタイプではありません。 では、ずるい人はどうして嫌われてしまうのでしょうか。 ここでは3つの原因をまとめてみたのでぜひ目を通してください。 手柄を横取りされる ずるい人は 自分では努力せず、ほかの人の成功や手柄を横取りしようとします。 計算高くずる賢い性格なので、虎視眈々とそのチャンスを狙っているのです。 横取りされた側からすれば、何の努力もしていない人にいきなり手柄を横取りされるので、嫌われるのも理解できる話です。 失敗の原因を押し付けられる ずるい人は、 自分が失敗してもそれを認めようとしません。 それどころか他人のせいにしてしまいますし、近くにいた人にすべての責任をなすりつけてしまうこともあります。 失敗を押し付けられた人は不当に評価が下がってしまうので、これも嫌われてしまう理由です。 仕事をしていない ずるい人は さぼり上手なので、仕事の割り振りをうまく逃れて、自分は時間を潰しているだけということがあります。 「自分たちはみんなマジメに働いてお給料をもらっているのに、あの人は何もせずに同じだけの報酬を得ている」という不満から嫌われてしまうのです。 ずるい人の分の仕事を押し付けられて負担が増えてしまえばなおさらでしょう。 ずるい人への効果的な対処方法 ずるい人が周りにいるのなら気をつけなくてはなりません。 いつの間にか利用されているかもしれませんし、今後痛い目に遭う可能性もあります。 ここでは、ずるい人への効果的な対処法についてまとめてみました。 まずは自分を知り、そこからずるい人から身を守る方法を考える 「ずるい人に罪を着せられる」「ずるい人に意地悪をされる」とお困りの方は、 まず「どうしてずるい人のターゲットになりやすいのか?」自己分析をしてみましょう。 グッドポイント診断では、あなたの5つの強みを知ることができます。 ですが、その強みが、ずるい人に悪用されてしまっている可能性も。 「受容力」のある人は、人を優しく受け入れることができるばかりに、そういった人に目をつけられてしまっているのかも…「社交性」のある人は、その社交性の高さをうまく利用されてしまっている可能性もあります。 利用されてしまっている強みを理解することで、対処法も考えることができます。 まずは一度以下から診断をしてみましょう。 口約束はせずメールや書面に残す 口約束だけだと簡単に約束を破られてしまう恐れがあります。 「そんなこと言ったっけ?」と何食わぬ顔で言われてしまいますし、言った・言わなかったの水掛け論になってしまうでしょう。 これを防ぐため、 約束は書面やメールに残すようにしてください。 相手の言葉に対してはハイかイイエをしっかりと主張する ずるい人に対して曖昧な返事をしてしまうと、相手の良いように解釈されてしまいます。 そのため、後から文句を言ったとしても、まるで自分が悪いような言い方をされてしまうこともあります。 イエスかノーかをきちんと答えるようにしましょう。 一定の距離を置いて付き合う ずるい人は身近な人でも利用しようと考えることがあります。 仲がいい同僚や友人でも利用できるときには利用しようと思っているので、あまり近しい関係にならないほうが無難です。 くっつきすぎず離れすぎず、といった関係がちょうど良いでしょう。 借りは絶対に作らないようにする ずるい人に借りを作ってしまうと後々面倒です。 きちんと借りを返したつもりでもしつこく蒸し返されてしまいますし、いつまでも言われてしまいます。 何度も見返りを要求されることも考えられるので、貸しは作っても借りは作らないようにしてください。 まとめ ずるい人はその性格上、職場で出世しやすいです。 ただ、周りにいると付き合いも面倒ですし、不利益を被ってしまうことも少なくありません。 自分がずるい人にならないことも大切ですが、ずるい人との付き合い方にも注意してください。 賢く付き合って、ずるい人に利用されないよう立ち回りましょう。

次の

生活保護がずるいって!?バカ言え、よーく高学歴のやつを見てみろよっつう話

ずるい ぞ チクショウ

スポンサーリンク ずるい人の心理や特徴 計算高く、自分の得になることを常に考えている 計算高いというのがずるい人の特徴であり、いつでも自分の得になることを考えているというのがずるい人の心理と言っていいでしょう。 「ずるい人」というのは、周囲の人から見ると、「自分ばかりが得をする人」ということになります。 自分ばかりが得をするには、それなりの計算をする必要があるでしょう。 だれでも、時にはたまたま得をするということはありますが、ずるい人は得をする頻度がふつうの人よりもずっと多いのです。 それは、常に「どうすれば、得することができるか」を考えているからにほかなりません。 自分が得をするためには、人を陥れたり、人にとって迷惑に感じられるようなことをすることも出てきます。 ずるい人はそのあたりをしっかり計算して、時には人に迷惑をかけたり、よく思われないような言動をしたとしても、結果として自分の得になればそれでいいと考えます。 そのため、人から「あの人はずるい」と思われてしまうわけですが、人からそのようなよくない評価をされるというのは、自分にとって損ということになるでしょう。 そのマイナス点も含めて、総合的に自分にとって得になることを選ぶのがずるい人なのです。 スポンサーリンク 自分は頭がいいと思っている 「あなたはずるい人だ」と人から指摘されても、ずるい人は傷つきません。 というのは、ずるい人は人に対して優越感を抱いているものだからです。 常に自分にとって得になることを考え、計算しながら生きているのがずるい人ですが、そうした計算をするためには、それだけの思考力がなくてはなりません。 損得を考えながら生きているものの、結果として得することが少なければ、人から「ずるい人」と思われることはないでしょう。 頭で計算した通り、実際に得することが多いからこそ、「ずるい人」と思われるわけです。 「それだけの思考能力があるために、自分は人よりも得をすることが多いのだ」と、ずるい人は考えます。 そして、「あなたはずるい」と言う人に対し、「あなたは私のような計算ができないから、私のように得をすることができない。 つまり、あなたは私よりも劣った思考力の持ち主なのだ」と思うのです。 そのように、人に対して優越感を抱き、自分は頭がいいと思っているのが、ずるい人の心理的特徴ということになるでしょう。 「あなたはずるい」と言われても、ずるい人は「それは頭の悪い人の負け犬の遠吠えに過ぎない」と考えるわけです。 スポンサーリンク 上の立場の人と良好な人間関係を作るのが上手 するい人の共通点は、「上の立場の人、力の強い人から良く思われている」ということでしょう。 たとえば、会社内で、同僚から「あの人はずるい」と思われる人は、おしなべて上司との関係が良好で、上司からの評価が高いものです。 同じような仕事の能力をもっていても、上司から同じ評価をされるとは限りません。 人間関係を作るのがへたで、上司との関係があまりよくない人と、上司との関係がきわめてうまく行っている人がいるとしましょう。 その場合、仕事の能力は同じであっても、後者のほうが上司からの評価は高くなります。 場合によっては、仕事の能力が劣っていても、上司との関係が良好であるため、 よりも高く評価されるということもあるでしょう。 そういう評価をされる人は、当然、出世も早くなるに違いありません。 同僚からすると、「仕事ができるわけでもないのに、上司に好かれているから出世するずるい人」ということになります。 つまり、上の立場の人や力の強い人に 人は、そうでない人よりも得することが多くなるということができるでしょう。 上の立場の人と 良好な人間関係を作るのが上手なこと、これが、ずるい人の特徴なのです。 スポンサーリンク ずるい人ほど出世する理由 世渡りが上手い ずるい人ほど出世する理由として、世渡りが非常に上手いことが挙げられます。 「世渡り」とは、例えば会社で上司に上手くゴマをすり続け良い役職をもらうなど、目上の方に対する扱いに優れていることです。 誰を持ち上げれば上手くいくことを把握する能力に長け、ずる賢く世渡りをしていくのです。 能力ある人間を見極める力と、相手を煽てて自分の評価を賢く上げていきます。 能力ない人間に対しては関わろうとしませんし、逆に自分の利益のために接する人間を厳選します。 ずる賢いですが人を見る目は確かなものを持ち、時と場合を考えて行動することも可能です。 うまく世渡りをしていくためにも、それなりの権力がある人間のそばで良い所を見せなくてはなりません。 時にはずるい行動によって他者から非難を浴びても、出世のためには一切気にしませんし、ずるい人は周囲の人間が自分にとって都合の良い駒であると考えていることもあります。 ただし、ずる賢い人は目上の方が求める有能さを秘めていることが多く、他者の批判を軽くかわす能力も持ちます。 世渡り上手だから出世も早いのです。 スポンサーリンク 利益を追求するから ずるい考えは周囲の人間に対してマイナスとなる可能性もありますが、何かの利益を追求した結果、ずる賢いと評価される場合も少なくありません。 利益を得るためにずるい行動を取っても、それが合法なら世間で認められてしまいます。 そのようなずる賢さを持つ方がより利益を追求したために、現場を知らない偉い方に評価されて出世してしまうのです。 企業にとっては合法な方法なら利益が上がることを優先するでしょうし、利益を生み出す手腕を企業が見逃すわけがありません。 ずるい人はアイディアを提案する力と、持ち前のずる賢さでトラブルさえ乗り切る力も所持します。 ずる賢い知恵を発揮できるのも一種の才能で、たとえずる賢さを失くしてもある程度の優れた能力を保持しています。 出世スピードが速い理由も、ずる賢い知恵を遂行できる勇気があるからで、利益を追求する姿勢が企業に評価された結果でもあるのです。 そのずる賢さを必要とする人が存在するとも捉えることができます。 利益を得るためいは時としてずるさも必要になります。 そのずるさを遂行できる人は出世が速いのです。 スポンサーリンク 人の特徴を把握する能力に長ける 人間関係は出世にも大きく関わる要素です。 皆から嫌われれば、たとえ偉い方が評価しても誰かが「あの人はずるい人です」と上司に耳打ちします。 ただずる賢さを持つだけでは社会で生き残れませんし、いつか何倍にもなって自分にツケが返ってきます。 良い人間関係を築くためにも、ずるい人は頭を使って関係性を構築しようとするのです。 人の特徴を一人ひとり把握してずる賢さを使い分けます。 場合によっては誰にも非難されず「あの人は皆のために頑張っている」と思われる一方で、裏ではずる賢く出世へ一直線な方も存在するのです。 人の特徴を把握しているから、嫌われることなく円滑に出世することができます。 良く観察すれば「ずるい」と思われることでも、目には見えづらいずる賢さによって人間の目も騙します。 それは様々な人間を観察して特徴を理解しないと出来ないことではないでしょうか。 ずるい人は人間を観る目も優れ、特徴を把握しようと努力もしています。 その努力が出世に繋がることもあり、上司の立場になると上手く事業と人材をコントロールできるのです。 ずるい人が出世する理由は、他者と関わる中で特徴を把握しようと努力するからです。 スポンサーリンク ずるい人への対処法 客観的な事実を残すようにする ずるい人というのは、自己保身のためなら平気で友人を悪者にしたり、嘘をつきます。 また口がうまいので、ぼけっとした人は簡単に騙されてしまいます。 そんなことを言った人は誰もいないのに、自分の立場が悪くなると「〇〇ちゃんが、ダメって言った」「私は本当はイヤだったんだけど、〇〇には逆らえなかった」などと、本当かのように言います。 残念なことにずるい人は計算高かったりするので、周囲の人が嘘と見抜けずに、全く関係ない人が悪者になったり、勝手に加害者に仕立てられてしまうのです。 そんなずるい人への対処法として有効なのは、連絡の時は電話など口頭で伝えるのはやめて、メールやLINEなど文章で残す方法です。 重要なポイントとして、後々ずるい人が言い訳をしても、100%勘違いされないような表現をすることです。 少々固い内容になったとしても「〇月〇日〇時集合です」「必ず〇〇持参です」などと、誰がどう見ても誤解されない内容だけでやり取りしましょう。 少し面倒ですが、誤魔化しができない、嘘がつけないと、ずるい人に気付かせることが重要なのです。 スポンサーリンク イエス、ノーをはっきり言う ずるい人は、相手が優しかったり、気が弱かったすると、それに付け込もうとしてきます。 「みんなで掃除をするから、できるだけ来てね」と言えば、暇だったけど掃除をしたくないから行かなかったり、「参加費は気持ちで」と言うと1人だけ1円も払わなかったりします。 他の人には迷惑かもしれませんが、ずるい人への対策をするなら、できるだけハッキリ言うのが1番の方法です。 「掃除は全員参加です」「参加費は1000円です」など、ずるい人が都合よく解釈できないように対策するのです。 また「たぶん」「都合がよければ」などの曖昧な言葉や、「えーっと」「うーん」など、悩むような態度もずるい人の前ではしない方が良いです。 たとえ、全員から参加費を1000円ずつ徴収していても、ずるい人は「私、財布忘れてきちゃった。 今度ね」「今、ポケットに500円しかないの」と支払いから逃れようとします。 そんな時に「うーん」「えっとー」など、曖昧な態度を少しでもすると、ずるい人はそれをチャンスとして「本当はお金ないから立て替えといてよ」「支払いいつでも良いよね、余裕ある時にするから」などと、都合の良いことを言います。 後々それが問題になったとしても、「はっきりダメって言われなかったよ」と、あくまでも「自分は悪くない」と人のせいにするのです。 ずるい人はこのように、あの手この手を使ってくるので初めから「〇〇は絶対です」「これはダメです」などの、イエス、ノーだけで するように気をつけることが大切なのです。 スポンサーリンク 貸し借りはしない ずるい人はすぐ人にお金を借りようとしたり、立て替えてもらおうとするのに、なかなかお金を返そうとはしません。 ずるずると支払いを延ばして、あわよくば相手がお金を貸したことを忘れてくれないか待つのです。 中には何か頼み事をすると、それをチャンスとばかりに「いいけど、その代わり以前立て替えてもらったコーヒー代、チャラにしといてくれる?」と、借金を踏み倒そうとするずるい人もいます。 こんな風にずるい人にお金を貸すと、例え数百円でもすんなりと戻ってくることがないので、結果的に自分が嫌な気持ちになることも少なくありません。 そんなずるい人に対策をするなら、やはり何があってもお金を貸さないのが1番です。 言葉巧みにお金を借りようとしてきても「本当に自分の分しか持っていない」「余分のお金はない」と、突っぱねるようにしましょう。 お金と同じように、ずるい人は物も借りようとすることが多いのですが、そんな時も「貸せない」「貸すと家族に怒られる」などと言い、断るようにします。 何度かきつく断ると、ずるい人はあなたからは借りにくいと考えて他の人から借りれないか画策するようになります。 最初は断りにくいかもしれませんが、ずるい人に1度何かを貸すと、それから簡単にあなたから借りられると思い、どんどん行動がエスカレートしてくる可能性があります。 泣き寝入りしないためにも、ずるい人には最初から些細な物であっても貸し借りをしないことが重要なのです。 スポンサーリンク 職場のずるい人には要注意 いかがでしょうか。 ずるい人の中で最も厄介なのは、職場にいるずるい人でしょう。 なぜなら、仕事の負担があなたにかかってくるだけでなく、評価なども奪い取られてしまうことも多々ありますし、ストレスも大きくなります。 そのまま放っておいたら、そのずるい人はどんどん調子に乗りますし、行動もエスカレートしていくのが一般的です。 やはり誰かが指摘しないといけません。 それが上司の役目なのか、また別の人の役目なのかはその環境によって変わってきますが、誰も頼りにならない場合はあなたがやるしかありません。 最初は勇気が入りますし、伝えた後は嫌な気持ちにもなりますが、その瞬間から今まで感じていたストレス等から解放されることでしょう。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の