甘くない小豆の煮方。 小豆のデトックス効果に脱帽!身体をスッキリさせる食べ方まとめ

発酵あんこが甘くないのは失敗?小豆麹が甘くならない原因とは。 | アレルギー娘の腸活で私も発酵

甘くない小豆の煮方

Contents• 発酵あんこが甘くない…なんで? じゃぁ逆に、発酵あんこってどうして甘くなるか知ってる? ここが分かれば、どうして甘くならなかったのか。 その原因が思い浮かぶようになると思うんだよね。 だからちょっとまどろっこしくなるけど、 発酵あんこはなんで甘くなるのか?ってことを一緒に考えてみよう。 まずね、甘くなるための重要な役割をしてくれるのが、発酵させる働きのある米麹。 この麹菌のおかげで小豆がどんどん甘みを帯びていくのね。 でもね、麹菌がダイレクトに小豆に働きかけて甘いあんこにしてくれるわけではないの…。 まず麹菌が作り出すのがアミラーゼという酵素。 この酵素があずきのデンプンを糖に変える働きをしてくれているの。 ただね、酵素は活発に活動する温度があるんです!! だからこの温度をミスってしまうと、酵素のでんぷんを糖に分解するパワーが働かず、甘くならないってことになってしまうというワケ。 酵素が働く温度って? この間の温度のときが酵素にとって快適で、活発に分解が行われる温度と言われているんですよ。 だから甘くならないということは、発酵させるときの温度設定。 発酵させるときの温度が高すぎたり、低すぎたりしている可能性が考えれます。 酵素が死んでしまうということは…? そう、分解が促されないから甘くならないというわけです。 逆に温度が低すぎると、これもNG。 結果として、うまく発酵が促されず甘くならないというわけです。 いかがですか? 作った時の温度管理…。 高すぎたかな? 低すぎたかな? もし思い当たれば、発酵させる温度が甘くならなかった原因であることが大きいかと思いますよ。 スポンサーリンク 発酵あんこの失敗は温度管理以外にもある いや。 温度管理は問題なかったハズ。 でも甘くならなかったんだけど、その場合はなんでなん? そんな風に思われた方もおられるかもしれません。 一番大きな失敗の原因は温度管理ですが、実はその他にも甘くならない時の原因で考えられることが2つあります。 それが 発酵時間が短かったこと かき混ぜ不足 この2つです。 発酵時間が短いと甘くならないことも… 発酵あんこの発酵させる時間は約8時間。 私も8時間発酵で作っています。 が、温度は問題ないはずなのになぜか甘くならない…。 そんな場合は、発酵時間が短いことが原因で甘くならなかった可能性も考えられます。 もし8時間経っても甘くない… そんな時は1時間程度、発酵時間を延ばしてみると段々と甘みが強くなっていってくれる可能性もありますよ。 かき混ぜ不足だと甘くならない?! さきほどもお伝えしたように、小豆が甘くなるのは、米麹の酵素が小豆のデンプンを分解するからなんですよ。 そのため小豆と米麹がしっかり混ざり合ってないないと、温度管理をしていたとしても小豆のでんぷんを糖へと変えることができない!! だから発酵あんこも甘くならない… ということもあります。 そのため小豆と米麹を合わせたら、しっかりとかき混ぜること。 この工程を忘れないように。 念入りに混ぜ合わせてくださいね。 この時に1点だけ注意することがあります。 それは、茹でた小豆の荒熱を取ってから混ぜ合わせること。 ゆでたてホヤホヤの小豆は、熱々で温度が高いですからね。 ここに米麹を入れて混ぜ合わせたら、温度が高すぎて麹菌が働かず酵素のパワーも出ないし、いくらか酵素ができたとしても熱すぎて酵素も失活してしまいます。 そのため茹でた小豆にすぐに麹を加えない!! これはしっかりと守ってくださいね。 小豆麹が甘くならなかったときの食べ方 発酵時間を延ばしたけど、やっぱり甘くはならない…。 そんな時の対処法を3つ紹介しますね。 どれでもOKなのでお好みで加えて好みの甘さになるまでコトコト煮てあんこに。 せっかくの砂糖不使用のあんこが… と思うならみりんがおすすめ 笑 みりんも発酵調味料ですからね。 ちなみに炊飯器だと温度管理が難しいですが、成功させるための秘訣は蓋を開けて布巾をかぶせておくこと。 それから、2~3時間おきにかきまぜてあげることです。 この2点を守ることで、炊飯器での失敗も減ると思いますよ!! でもその手間が面倒…。 そんな方はヨーグルトメーカー。 設定した温度を設定した時間ずっと一定に保ってくれるのがヨーグルトメーカーのいいとこですからね。

次の

小豆のデトックス効果に脱帽!身体をスッキリさせる食べ方まとめ

甘くない小豆の煮方

あずきって、なんとなく特別な感じがしませんか。 お祝い事や記念日、もしくは和菓子で食べるものとして、普段のお料理にはあまり登場しませんよね。 ですが、あずきの小さな粒には、たっぷりの栄養がバランスよく含まれています。 食べないなんてもったいない。 あずきを食べるには、まずは「煮小豆(ゆであずき)」にしておく必要があります。 市販の煮小豆もありますが、家で簡単に手づくりすることもできます。 煮小豆を作っておけば、そのままお料理に使うのはもちろん、砂糖で甘く煮てぜんざいやおしるこ、あんこなどにもできますし、ご飯と一緒に炊いてお赤飯にすることもできます。 今回は、あずきの炊き方をご紹介します。 お鍋でコトコト煮るか、圧力鍋で時短でつくるか。 方法はお好みで選んでいただけます。 あわせて煮小豆の保存方法や、煮小豆を使った簡単レシピもご紹介しますので、こうご期待。 最近のあずきは、渋み(えぐみ)が少なくなったと言われていますが、 豆が古くなると、渋みが強くなります。 そんなときは、渋切り(ゆでこぼし)をすることで、渋みをあずきから抜くことができます。 ただし、小豆のアンチエイジングに有効なポリフェノールやサポニンは、水溶性のためゆで汁に流れ出てしまいます。 そのため、渋切りは渋みが気になる場合にだけ行ってください。 あずきをゆでる• 鍋にたっぷりの水とあずきを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして、1時間ほどあずきをゆでます。 途中でアクをていねいにとり、水が少なくなったらさし水をして、あずきがやわらかくなるまで煮ます。 ザルにあげて、煮汁を切ります。 ゆで汁もお赤飯などのお料理に利用できますよ。 圧力鍋でつくる、簡単「煮小豆」 お鍋でコトコト、じっくりとアクをとりながらあずきを煮る。 とってもほっこりするイメージが、わいてきますよね。 でも、じっさいにやってみると、手間と時間がとってもかかるんです。 あずきは浸水する必要がないため、簡単に茹でられるイメージがあったんですが...わたし、1時間はかけていられません。 お鍋であずきをゆでると、1時間もかかるんですが、圧力鍋だともっとずっと短時間でできあがります。 いちどくらいはお鍋でコトコトするのもいいものですが、ひんぱんにゆであずきを食べるという方には、圧力鍋でつくることをおススメします。 しょうがとにんにくはみじん切りにしておきます。 フライパンに中火でオリーブ油を熱し、1を入れます。 香りがたったら、カレー粉と小麦粉を入れて木べらでよく混ぜます。 ミンチを加え、ほぐしながら炒めます。 ホールトマトを加えて軽くつぶし、あずきとゆで汁を加えます。 ここでご紹介したレシピのほかにも、お味噌汁やスープに加えたり、サラダのトッピングや、炒め物に入れても美味しくいただけます。 おわりに 今回は、ゆであずきの作り方と、ゆで汁を使ったレシピをご紹介しました。 ゆであずきを作ったら、ゆで汁もいっしょに食べると、あずきのもつ栄養を丸ごと体に取り入れることができます。 あずきを小分けにして冷凍しておくと、お料理の途中に冷凍庫からサッと取り出して、お鍋にいれることもできます。 いつものお料理に、ゆであずきやゆで汁をちょっとプラスしてみると、栄養価が高まりいつもと違った食感や風味が加わって、より美味しい一皿になるかもしれませんね。 圧力鍋の購入を考えているなら、おすすめはこちらです。 なんといっても国産で、パッキンなどの消耗品の入手が簡単。 そしてもちろん、ごはんやお料理が美味しく仕上がるそうです。

次の

超簡単‼︎小豆の煮方/あんこを美味しく手作り!

甘くない小豆の煮方

煮小豆を作るのに北海道産の小豆がオススメです 用意するのは、小豆と水だけです。 煮小豆なんで基本的には煮るだけなんですが。 用意する小豆は、北海道産を選ぶのがオススメです。 北海道産の小豆の方が、ポリフェノールの含有量が多いらしいので、北海道産を使っています。 今回はスーパーで手に入る小豆を利用しました 1,まずはお水で洗い、ザルに開け、余分な水分を拭き取ります 2,フライパンで5分ほど乾煎りします、色合いが紫色になってきたらOKです 最初は茶色ですが・・・ 紫色になったらOKです 煎り方にムラがあると、煮ても、生煮えの小豆が あったり、煮えてる小豆があったり、煮え方にもムラが出てしまいますので、しっかり煎っておきましょう。 乾煎りすることで、小豆の風味が増します。 煎っていると、次第に小豆のいい香りが立ち上ってきますよ~。 その香りを吸い込むだけで、なんだか安心感が得られる、不思議な優しい香りです。 小豆の音といい、小豆ってなんでこんな心落ち着くんでしょうかね・・・ 3,水で煮ます 小豆300gに対して1リットルの水で、20分から30分、弱火で煮ます。 途中、灰汁をとる・・・と説明されてる場合もありますが、灰汁はほとんど出ないので、そのまま煮てもOKです。 そして、完成です。 まぁ、煮るだけなので、誰でも簡単に作れると思います。 煮小豆は、冷蔵庫で二日間保存できます。 作りすぎた時は冷凍保存もOKです。 煮汁は捨てないで 小豆の煮汁には、腎臓に働きかけ、利尿作用を促すので、毒素を排出し、デトックスに効果があります。 体内の毒素がデトックスされることで、むくみのも大変効果があるみたいですよ。 カフェインを含まない自然由来のものなので、体に優しい小豆の煮汁は、捨てずにそのまま飲みましょう。 また、煮汁にはあずきのポリフェノールもたくさん溶け出しています。 二日酔いにも効果があるようなので、飲み過ぎた日なんかにもいいですよね。 煮小豆の味は? 見た目はそのまんま、ぜんざいっぽくて美味しそうな煮小豆ですが。 当然、味付けをしていないので 、味も素っ気もありません(あまり美味しいものではない) 食前に、一回40g程度食べれば十分効果が得られると言われています。 なのでそんなにたくさん量を食べる必要はないので、薬と思って食べれば、そのまま食べてもOKです。 ちなみに、我が家ではヨーグルトの中に入れて食べてます。 お砂糖を入れていないのであずきに甘味があるわけじゃないけど、つぶつぶ食感がプラスされるから美味しいんですよね。 煮小豆は味も素っ気もないですが、その分クセが無いので、色んな料理に応用が効きます。 煮物に入れたり、味噌汁に入れたりと、工夫次第で美味しく食べられるので、色々試してみてくださいね。 最後に、今回は煮小豆の作り方を紹介しましたが。 正直言うと、めんどくさいです。 一回だけならいいんですが、煮小豆を習慣化させようと思うと・・。 週に何度か、小豆を煮ないといけないので、結構手間暇かかってしまいます。 時間が取れない方だったら、市販されてる茹で小豆でも、十分に栄養素は得られます。 砂糖の入っていないものを選ぶのがコツです。 小豆の煮汁の代わりに、あずき茶でも代用できますよ。

次の