ムサカ レシピ。 【ごごナマ】なすでトルコ風ムサカの作り方、煮込み料理!トルコ料理店主が教えるナスが主役のレシピ【7月12日】

ムサカ (なすとミートソースのグラタン)|レシピ|S&B エスビー食品株式会社

ムサカ レシピ

ギリシャの伝統的な料理「ムサカ/Musakka」 ギリシャの伝統的なお料理ムサカは、 パスタ抜きのラザニアをイメージしていただけたらいいかと思います。 実は私のムサカとの出会いは大学時代よく行っていたダイナー。 オーナーがギリシャ人で、幾つかギリシャ料理のメニューがありました。 しょっちゅう通っていたダイナーで一番頻繁にオーダーしていたのがムサカです。 アテネに遊びに行った時にももちろん食べました。 残念ながら泊めてもらった友人とお母さんとは外食したためお母さんの手料理は食べられませんでしたが… 「牛も使うことあるけど ラムのひき肉を使用することの方が多いわね。 我が家ではナスだけでなく ポテトも入れてボリュームたっぷりにするの」 と彼女のレシピを教えてくれました。 ミートソース• ホワイトチーズソース• ナス は間違いのない美味しい組み合わせ。 INGREDIENTS/材料 ムサカ(2〜3人分)• オリーブ油 適宜• 塩 胡椒 適宜 [ミートソース]• 玉ねぎ 1個• にんにく(大) 1かけ• 牛ひき肉 250g• ホールトマト缶 1缶• トマトピューレ 小さじ1 なくてもOK• オレガノ(ドライ)小さじ1• ベイリーフ1枚• オリーブ油 大さじ3• 塩 胡椒 適宜 [ホワイトソース(モルネーソース)]• 牛乳 450ml• バター 50g• 薄力粉 50g• ナツメグパウダー 少々• 卵 1個• パルメザンチーズ(すりおろす)または粉チーズ 25g ムサカの作り方 [なす]• ナスは縦1cm幅に切り、塩を振ってアクを抜く(塩を振って暫くすると水気が出てくるので水気をしっかり拭き取る)• フライパんに多めのオリーブ油を熱し、ナスを両面こんがり焼き塩胡椒を振る。 [ミートソース]• にんにくと玉ねぎはみじん切りにする。 鍋にオリーブ油、にんにく、玉ねぎ、塩ひとつまみ(分量外)を入れ、弱火で炒める。 赤ワインを加え、煮立ったら少し煮詰めてアルコールを飛ばす。 ホールトマト、トマトピューレを加え、トマトをつぶしながらよく混ぜる。 ドライオレガノ、シナモンパウダー、ベイリーフを加え、煮立ったら弱火にして20分ほど煮詰める。 味を見て塩胡椒で味をととのえる [ホワイトチーズソース]• ボウルに卵を割り入れ溶きほぐす。 鍋にバターを弱火で溶かし、小麦粉を加え焦がさないように弱火で炒める。 小麦粉とバターが混ざって暫く炒めると少しサクサクしてくる。 暫く炒め続けると、サクサク感がなくなりとろーっとしてくるので、そうなったら鍋を火から外し、濡れぶきんの上に起き(ジュッと音がする)牛乳を入れてまた弱火にかけ、ベイリーフ、ナツメグ、塩胡椒を加える。 とろみが出るまでゆっくりかき混ぜ続ける。 しっかりととろみがついたら、チーズを加えよくまぜ、火から外し粗熱をとる。 1のボウルに3をお玉1杯分すくい入れ、混ぜ合わせたものを3の鍋に戻し入れ全体をよく混ぜる。 [仕上げ]• 耐熱皿に、ナスを敷き詰め、その上にミートソース、ナス、ミートソースの順にいれ、最後にホワイトソースをのせる。 ムサカ作り方のポイント ナスをしっかり両面に焼き色がつくまで焼くとトロッとしてミートソースとよく絡んで美味しいです。 また、ホワイトチーズソースはいわゆるフレンチのモルネーソースですが、今回は全卵(モルネーソースは黄身だけを使用)を使い、チーズは控えめにしました。 よりこってりさせたい場合は チーズを多めに入れるとより現地の味に近くなります。 友人のお母さんはこのレシピの倍量のチーズを入れるそうです。 ギリシャではムサカのミートソースはラムひき肉で作ることも多いようですが、今回は日本でも作りやすく牛ひき肉を使ったレシピになっています。 2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,080万人である。 アテネは首都及び最大都市であり、テッサロニキは第2の都市及び中央マケドニアの州都である。 ギリシャの料理は地中海料理であるが、西方のイタリア料理のみならずトルコ料理やレバノン料理などの東方の地中海料理との共通性も多い。 これには東ローマ帝国やオスマン帝国といった歴史から関わってくる。 新大陸に原産地とされて以降食として加えられるトマトや他の野菜を多彩に使用する点が特徴とされているが、これは一定期間、肉食を禁じられるというギリシア正教会における戒律にある。 また地中海に面するためタコやイカ、そして魚介類なども使用する。 ギリシャの代表的な料理としてタラモサラダやムサカ、ピキリア、ドルマなどがある。 このギリシャ料理は2010年に、イタリア料理やスペイン料理、モロッコ料理と共に『地中海の食事』としてユネスコの無形文化遺産に登録されている。 について Global+Learning=Glolea! [グローリア]は、多様で様々な文化背景を持つ世界中の人たちとポジティブにつながり、もっと素敵で平和な未来に向かって子ども達と共に世界を学び愉しむママ達を応援する情報ポータルサイト・口コミサイトです。 はじめてのお助け情報から、世界各国のプリスクールや現地校に親子で留学する1日、1週間からのプチ情報、最新の情報、現地直送!採れたての、その道のプロがお届けする、のご紹介。 日本国内で英語イマージョン教育を実現するまで…ちょっとグローバル志向なママ&キッズがより一層ポジティブに世界とつながることを愉しむヒントをほぼ毎日更新で提供しています。

次の

トルコ料理レシピ

ムサカ レシピ

ジャガイモとズッキーニのムサカ、ギリシャ ギリシャで最も一般的なムサカは、耐熱容器にで、またはのスライス、または火を通したと一緒に調理したの、()を順に重ねてオーブンで焼いた、に似た料理である。 このはにギリシャ料理にの要素を取り入れ、東洋的な要素を取り除いてギリシャ料理の「」を計った料理人()によって紹介されたものだといわれる。 ベシャメルソースにはを使わないことがあり、使ってもほんの少しか、オリーブ・オイルを用いたり、で代用することもある。 やが上にかかることも多い。 基本的なレシピにはいくつものバリエーションがある。 ソースを使わない場合もあるし、他の野菜が入る場合もある。 ギリシャで一般的なのは、バリエーションとしてナスに加え、ジャガイモ、を使うものである。 ツェレメンテスによるギリシャの料理本には、で肉食を禁じられるの日用のムサカさえある。 これは肉も肉汁のソースも使わず、挽肉の代わりに細かく切ったナスなど野菜を用い、、パン粉だけで作るものである。 乳製品を禁じられていない期間中なら、を使ってもよい。 のムサカはギリシア版とは異なり、材料を層にしない。 ソテーや素揚げにしたナス、、トマト、、挽肉を使い、()やと一緒に食べる。 ズッキーニ、、、ジャガイモを使ったものもある。 のムサカは主にトマトとナスやズッキーニを使ったのことで、のやのに似ており、の一品としても供される。 、、、で出されるムサカはナスやズッキーニのかわりにジャガイモが使われることが多い。 バルカン半島の他の国では一番上の層にはが使われることが多く、カスタードにはの代わりにを入れることもある。 ルーマニアには、や卵つなぎのムサカもある。 関連事項 [ ]• 映画『』(1999年、、監督:) - の怪光線で巨大化したムサカが次々に人を襲う、という。 映画『』 - ギリシャ人のヒロインが小学生の頃の母親手作りの弁当にはムサカが入っていた。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

ムサカ

ムサカ レシピ

ギリシャ料理について ギリシャ料理ってどんな料理? ギリシア料理はオリーブオイルを料理にたくさん使い、トマトやレモン、旬の野菜や魚介類を多く摂取する食生活が健康にいいと注目されています。 濃厚なギリシャヨーグルトも世界的に有名で、山羊乳で作ったフェタチーズはサラダや前菜などによく使われます。 それほどスパイスは多用せず、味付けはシンプルで素材の味を生かした料理が多くなっています。 ギリシャ料理の代表的な料理は? ギリシャ料理で有名なのが「ムサカ」で、茄子や野菜、ひき肉入りのマッシュポテトとベシャメルソースを重ねたラザニアのような料理です。 グリークサラダはきゅうりとトマト、オリーブとフェタチーズにオリーブオイルをかけたシンプルなサラダ。 タラモサラタもギリシャを代表する料理で、魚卵にレモン果汁やパン、じゃがいもと一緒に練った前菜料理です。 作り方はじゃがいもをレンジでチンして潰し、野菜をカットします。 フライパンで茄子を焼き、挽肉・玉ねぎ・トマト缶でミートソースを作ります。 耐熱皿にレイヤーになるように材料を順番に入れ、オーブンで焼いたらできあがり。 ミートソースとホワイトソースを使っているので、子どもでも食べやすくボリュームたっぷりです。 作り方はコーヒーフィルターにキッチンペーパーを入れて、冷蔵庫で一晩ヨーグルトの水切りをします。 ヨーグルトに、すべての材料を加えてよく混ぜ合わせたらできあがり。 しっかりヨーグルトの水切りをするのがコツです。 みじん切りのキュウリを塩もみしたものとミントを加えるのが本来のレシピなので、こちらもおすすめ。 野菜ディップやパンに塗ってもおいしいですよ。 スペインバルブームをきっかけに、注目されているアヒージョ。 スペイン語で「ニンニク風味」を表わす言葉で、オリーブオイルとニンニクで具材をゆっくりと低温で煮込むスペイン料理です。 スペイン料理と聞くと自宅で作るのは難しいと思われがちですが、簡単に作れちゃいますよ。 おもてなしやパーティーメニューにもふさわしく、テーブルに華を添えてくれる料理の1つですよね。 この記事では、アヒージョの基礎知識に加えて、レンジで作るアヒージョ、スキレットで作るアヒージョ、鍋で作るアヒージョ、たこ焼き器で作るアヒージョにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを取り上げているので、ぜひ試してみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の