せっかく 英語。 「せっかく」とは?意味や使い方・例文・類語・英語表現を解説!

「せっかく」という日本語に込もった深い意味

せっかく 英語

英語が生かせる翻訳以外の在宅ワーク 在宅翻訳にたずさわるチャンスはなかなか来なくても、英語が得意だからこそできる在宅ワークがあります。 英語が生かせる3つの在宅ワークを紹介しましょう! まず先に、これらの在宅ワークについてのメリット・デメリットをお伝えしておきます。 メリット:翻訳より仕事を獲得しやすい。 翻訳より報酬が良い場合がある。 デメリット:翻訳者を目指しているのであれば、翻訳の実績にはならない。 また、 仕事の獲得難易度を、低・中・高とランク付けして紹介します。 (注:個人の感覚です) (難易度低)インターネット広告評価者 検索エンジンの結果ページに表示される広告について、フィードバックと分析レポートを作成する仕事です。 英文の応募書類の提出が必要、また業務はすべて英語で実施されます。 主にライオンブリッジ、またはAppenという会社がこの在宅ワークの求人を募集しています。 (企業サイト) 企業サイトでは、日本での求人募集は行われていないようですが、以下の媒体で求人広告が掲載されています。 マイナビバイト バイトル (2020. 13追記:現在募集されていません) (2020. 24追記) 現在、企業のブログ記事・Indeedで募集が行われています。 評価者以外の在宅ワークも募集されているようです。 私は2016年に数か月間、ライオンブリッジでこの仕事を請け負ったことがあります。 当時の話になりますが、実際の仕事がどんなものだったかというと、ひたすらネット広告の評価をするもの。 例えば、 このようなインターネット広告を1つずつ評価していきます。 広告の内容が暴力的なものではないか、差別的ではないか、などの分析・評価を行います。 広告は英語のものが多かったです。 評価する項目はいくつかあり、全て英語で実施されます。 仕事を請け負う前に少しの間トレーニングがあり、それに合格すると正式に仕事をスタートすることができました。 仕事のマニュアルは用意されていましたが、個人的には広告の評価基準を理解するのが少々難しかったです。 私はうまく慣れることができず、しばらくして委託終了になってしまいました。 単純作業が苦にならず、しっかりと資料を読んで着実に進められるひとにはよい仕事だと思います。 時給も高いですしね。 (難易度中)クラウドソーシングで英語学習について書く 英語学習の方法や体験談などについての記事を書く仕事です。 や、あるいはなどのクラウドソーシングサイトでは、英語関連サイトの運営者が、英語学習に関する記事のライターを数多く募集しています。 各サイトの検索欄に「英語学習 ライター」などと入力して検索してみてください。 常時このような仕事の募集があります。 見たところ、ランサーズが単価が高そうです。 クラウドワークスは、1文字0. 安い! クラウドソーシングでは、まず発注者にうまくアピールして仕事の受注につなげるところから始まります。 応募の際は、英語学習やスキル、またライティングへの意欲をしっかりと伝えましょう。 私も数年前に、英語学習について3000文字ほどの記事を書く仕事をしたことがあります。 20年以上英語の勉強をしてきて、それなりに良い方法やコツなどが分かっているため、内容的にはそれほど困ることなく執筆できました。 その時は1文字1円だったかな。 単価が高いと、やる気につながります。 直接的に英語を使う仕事ではありませんが、英語に関わってきたひとは受注しやすいはずです。 自身の経験を思い出しながら書くので、楽しんで取り組めると思います。 (難易度高)翻訳ディレクトリでWEBライターや文字起こしに挑戦 本格的なライターの仕事です。 有名企業のウェブサイトのブログ記事や、エンタメ業界のコピーライティングに関わります。 以前こちらの記事で紹介した で、検索欄に「コピーライティング」と入力して検索してみてください。 数は少ないですが、コピーライターの仕事が募集されています(時期による)。 募集会社が外資系の企業だったり、応募条件に英語読解力があげられていたりと、高い英語力があるひとが対象です。 英語力を生かせるうえ、有名どころの仕事に関われるチャンスです。 大きな仕事は、やっぱりやりがいがあります。 コピーライターとしての実績にも十分なるため、今後新たな道が開けるかもしれません。 まとめ 今回は、英語を生かせるインターネット広告評価者、ライターの仕事を紹介しました。 翻訳に比べ報酬が良く、仕事を獲得できる可能性も高いのでおすすめです。 英語力があって在宅で稼ぐことが目的なら、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。 いや、あくまでも翻訳者を目指す!というひとは、こちらの記事を参考にどんどんトライアルを受けていきましょう。

次の

せっかくだから、、、って英語でなんて言うの?

せっかく 英語

ことばの仕組み(文法) 分類:副詞(せっかく) 「せっかく」と「わざわざ」はどう違う? 「せっかく」「わざわざ」は、意図的にあえて何かをするという意味では共通していますので、次のような文においてはいずれも許容可能です。 せっかく/わざわざ 来てもらったのに留守にしていて悪かったね。 せっかく/わざわざ 教えてやったのに、ちっと聞いていない。 ところが、両者は次のような違いをもちます。 せっかく:後に続く事柄が、望ましいものとして評価されている。 わざわざ:後に続く事柄が、困難・労力を伴うものであり、本来する必要がないと考えられている。 したがって、次のような文では「せっかく」「わざわざ」を入れ換えることができません。 せっかく鎌倉に来たのだから、長谷まで足を伸ばそう。 せっかくですから、遠慮なくいただきます。 彼がわざわざ出向くからには何か理由があるはずだ。 この違いは、「せっかく」「わざわざ」が「せっかくの」「わざわざの」という形式で連体修飾をする場合にも見てとれます。 せっかくの休みなんだから、どこかに出掛けよう。 せっかくのご親切を無にして申し訳ありません。 わざわざのおいで、たいへん恐縮です。 「休み」「ご親切」は話し手によって望ましいと判断された事柄を表していますし、「おいで」は労を伴う相手の行為を表しています。 また、「わざわざの」は「せっかくの」に比べて生産性が低く(形式化が進んでおり)、後に続く名詞が「せっかくの」ほど自由ではないようです。

次の

「せっかく」を英語でいうと?状況に応じて4つの表現を使い分けよう

せっかく 英語

せっかく(折角)とは|意味・由来は? せっかく(折角)の意味とは困難をしながらことを成す様子のこと せっかく(折角)の意味とは、困難をしながらもなんとかことを成したという様子を表したことです。 難しいことや厄介なことなど、一筋縄ではいかないことが、そのことの中ではたくさんあったことが伺えます。 そんな中でも、ようやく事を成すことができたという時に使う言葉です。 せっかく(折角)という言葉を聞くと、なんとなくネガティブなイメージを思い浮かべる人はたくさんいることでしょう。 「せっかく〇〇したのに!」といった、人を非難する際に使う言葉であると認識されがちですが、せっかく(折角)自体は、基本的には努力した、困難した中でもことを成した様子のことを指す言葉なのです。 なので、もしビジネスシーンで使う際は、ネガティブイメージが先行しがちな「せっかく〇〇したのに!」という相手を追い詰めるような発言ではなく、「せっかく〇〇していただき〇〇です」の形で使えるようにするとよいでしょう。 せっかく(折角)の意味とは努力の甲斐が無くなってしまう様子のこと せっかく(折角)には、もう1つ意味が存在します。 それが、先ほども少し紹介したネガティブなイメージのものです。 どちらかと言えば、現代の日本ではこちらの意味のほうが先行して伝わっている傾向にあります。 努力してことを成したのに、その甲斐がなくなってしまった、水の泡になってしまったという意味です。 できれば、使いたくない意味ですが、残念ながら現代ではそういった意味合いで使われていることがほとんどですので、せっかく(折角)という言葉を避けている人もいますし、ビジネスシーンでは目上の人には、なかなか使う機会のない言葉でもあります。 どうしてもせっかく(折角)を使いたいのであれば、相手がこれを聞いてどう思うのか、きちんと頭で考えてから、文章の中に織り込んで使うことをおすすめします。 また、適宜、敬語に直して使うことを忘れずに行いましょう。 せっかく(折角)の由来は折角という漢語が元になっている せっかくは、漢字で書くと折角とあらわすことができます。 せっかく(折角)の由来は、色々な説があると言われています。 その中でも一番知られている由来の説が、漢語にもなっている、昔の中国での出来事を表したものです。 昔、五鹿充宗という役人がいました。 この五鹿充宗は、非常に弁が立つ人でこの人に口で敵う人はいませんでした。 しかし、あるとき朱雲という人が五鹿充宗を言い負かすという出来事が起こりました。 人々は、よく(五)鹿の角を折ってくれた!と朱雲を称えます。 これが、由来となったという説もあります。 ちなみに、せっかく(折角)を努力・困難してことを成したという意味で使った場合、同じような言葉として近を詰めるというものがあります。 この根を詰めるという言葉の意味や由来について、あなたはご存知ですか?よろしければ、次の記事では根を詰めるの説明をしておりますので、併せて読んでみてくださいね。 使い方と例文の1つ目は、「せっかくの機会なのでぜひお会いしましょう」です。 こちらは、せっかく(折角)特有のネガティブなイメージではなく、ポジティブさが伺える例文です。 わざわざ時間をかけてくれた相手が、来てくれることに対し、ぜひお会いしたいと伝えた1文でもあります。 「せっかくの機会なのでぜひお会いしましょう」という例文は、相手が対等な立場に使う例文です。 相手の立場が、自分よりも上の場合にはもっと丁寧な表現として、「せっかくですので、ぜひお会いさせてください」など、こちらから伺う姿勢を見せるのがベストです。 こちらは、簡単に言えば謝罪文にあたる例文です。 わざわざ時間を割いていらして下さったのに、ろくに相手をすることが出来なかったことを詫びる例文です。 「せっかくいらしていただいたのにお構いできずに申し訳ない」は、やや上から目線な表現でもあるので、「せっかくいらして頂いたのにも関わらず、ご対応できずに申し訳ありませんでした」など、立場などに応じて応用するのがよいでしょう。 飲み会や同窓会、結婚式などでよく使う例文です。 声をかけてくれたという好機に対し、どうしても都合がつかずに出席できないときに使うことのできる例文です。 もし、相手が目上の方や重要な案件などに対する例文だとすれば、「せっかくお声を頂戴したのにもかかわらず、出席できずに大変申し訳ありませんでした」などのように、敬語に変換して使うとよいでしょう。 状況、立場などを考え、適宜応用して使ってみましょう。 まず、前提としてせっかくもわざわざも、同様の意味であるということを認識しておいてください。 そのうえで、敢えて使い分けるとしたら、行動する人物の違いによって使い分けすることができます。 「せっかく〇〇したのに」のように、せっかくは基本的に自分が動いた場合に使うのが一般的です。 そして、「わざわざ〇〇していただいて」のように、わざわざは他人の行動に対して使うことができる言葉で使い分けすることができます。 こちらは、ニュアンスの違いであると言い換えることができるのですが、「せっかく〇〇した」と「わざわざ〇〇した」では、イメージ的にわざわざのほうが苦労、困難の度合いが強いように感じます。 先ほど、せっかくは自分の行動、わざわざは他人の行動で使い分けることができると言いましたが、せっかくは自分の体験したことを言い表す言葉であり、わざわざは相手の体験を想像して使う言葉です。 そのため、ややわざわざの方が、ニュアンス的に度合いが強いように感じやすいようです。 先ほども紹介したわざわざは、基本的にせっかくと同じ意味を持つ言葉ですので、類語であると言うことができます。 困難、努力の末ことを成すことができた、またそれがなくなってしまった、水の泡になってしまったという時に使うことができます。 せっかく(折角)とわざわざの違いを述べた項目でも紹介した通り、わざわざは相手の行動を想像したり、敬ったりするときに使う言葉ですので、相手を立てて話を進めたいという時には、要所要所でわざわざを織り込んで使うと、非常に丁寧な言い回しをすることができます。 「せっかく〇〇した」と「やっと〇〇した」は、意味合い的には同じように使うことができるため、類語と判断することができます。 しかし、ニュアンスとして、やっとのほうがポジティブな感じを受けるため、場合によってはやっとを使うのが好ましいこともあります。 せっかく(折角)は、どちらかといえば台無しになってしまうというネガティブなイメージが先行する傾向にあるので、そうではなく努力の甲斐あってことを成した場合には、やっとを使うことでより、山を乗り越えたというアピールをすることもできます。 どうにかもまた、「どうにか〇〇した」のように、努力・困難の末に事を成したことを表すため、せっかく(折角)の類語と判断できます。 しかし、やっと同様、どうにかはせっかく(折角)に比べて、ポジティブな言葉に使われる傾向にある言葉です。 ちなみに、やっとに比べて、どうにかのほうがやや、おとなしいイメージのある言葉です。 謙虚さが感じられるため、やっとという言葉よりも、どうにかを使う方が大人な会話が成立しやすい傾向にあります。 努力や困難だった状況を、オブラートに包んだ言い方ができるため、ビジネスシーンでも好ましい言葉です。 例えば、「Thanks but nothanks. 」という英文は、直訳すると「ありがとう、でもごめんなさい」となりますので、具体的なニュアンスをつけると、「(せっかく〇〇してくれて)ありがとう、でもごめんなさい」となります。 日本語と違い、英語ではせっかく(折角)という明確な言葉が確立しているわけではなく、文章によって様々な言い換えによって、せっかく(折角)を表すため、butを使うことで、せっかく(折角)をニュアンスとして表現することができます。 all my effortsは、努力や困難を表す英語の言葉です。 つまり、せっかく(折角)の意味の本質にも近い英語表現だと言えます。 all my effortsを使った英語の例文としては、「All my efforts came to nothing. 」です。 これは、直訳すると、「(せっかく)努力したのに、水の泡になってしまった」という意味なので、ニュアンス的にもせっかくに近しい意味として使うことができます。 自分の努力を相手に伝えるがあまり、相手がどう思うかを考えていない例文のように感じます。 もちろん、あなたがどんなにか努力したかを伝える直接的な例文です。 なので、ビジネスシーンでは避けるのが好ましいでしょう。 わざわざは本来、相手の行動に使う言葉ですが、自分に敢えて置き換えて使うことで、相手にあなたが想像もできないような努力をしたのよ!と暗に伝えることができます。 ヒステリックなイメージにもつながるので、こちらも使用を避けましょう。 せっかく(折角)を正しく使えるようになろう! せっかく(折角)という言葉の本当の意味は、努力した・困難したということを表す言葉です。 しかし、一般的には、せっかくを使うことで、相手の努力を称える方法としても使えますし、逆に相手を追い詰める言葉にもなります。 ビジネスシーンにおいて、目上の人にはなかなか使う機会のない言葉ではありますが、意味を知っておけばここぞという時に使うことができます。 ぜひみなさんも、正しいせっかく(折角)の意味をきちんと理解し、正しく使えるようにしてみてくださいね。

次の