フシギダネ 声優。 『名探偵ピカチュウ』徹底解説 ─ 出演者、吹替声優から小ネタ、評価まで完全ガイド

ハルカのフシギバナ

フシギダネ 声優

Contents• 映画『名探偵ピカチュウ』のキャストと声優は? 2019年5月に公開され、大ヒットを記録した映画 『名探偵ピカチュウ』。 「ポケットモンスター」シリーズが初めてハリウッド実写化された作品で、俳優のライアン・レイノルズがピカチュウの声をあてるなど、大きな注目を集めた。 今回は、出演キャストとともに吹き替えを担当した声優陣を紹介しよう。 公開時点で23歳の俳優だ。 日本語吹き替えの声を担当したのは 竹内涼真。 『仮面ライダードライブ』 2014-2015 で主人公・泊進ノ介を演じた。 『名探偵ピカチュウ』では声優だけでなくカメオ出演も果たしている。 スタジアムでモンスターボールを投げるポケモントレーナーの役だ。 なお、竹内涼真は、当初は声優のみの起用が予定されていたが、日本での製作報告会見でロブ・レターマンが竹内涼真を気に入り、本編への出演が決定したという。 『スリー・ビルボード』 2017 でアンジェラ役、ドラマ『スーパーナチュラル』 2014- でクレア・ノヴァック役、Netflixドラマ『ザ・ソサエティ』 2019- での主人公アリー・プレスマン役などで知られる。 ルーシーの吹き替えを担当したのはモデル・俳優として活躍する 飯島まりえ。 映画『暗黒女子』 2017 など主演を務めた作品も多い。 吹き替えでは『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』 2019 でモデルの進藤亜衣役を演じている。 ヒデ・ヨシダ役 渡辺謙 ハリウッド版「ゴジラ」に「トランスフォーマー」に「ポケモン」にと大忙しの 渡辺謙は、 ヒデ・ヨシダ役の俳優として出演し、吹き替えは自ら声をあてている。 『ラストサムライ』 2003 での勝元盛次役から始まり、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン ビギンズ』 2005 、『インセプション』 2010 など、数多くのハリウッド映画に出演している。 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでデイヴィ・ジョーンズを演じている。 吹き替えを担当した 中博史は『ONE PIECE』 2001- でのガープ役、『グラップラー刃牙』 2001- での渋川剛気役などで知られる。 『BNA ビー・エヌ・エー』 2020 では立木勇次を演じている。 吹き替えを担当したのは 三木眞一郎。 アニメ「ポケットモンスター」 1997- では長年コジロウ役を演じている。 吹き替えではマイケル・ファスベンダーの声を担当し、「X-MEN」シリーズでは若き日のマグニートーことエリック・レーンシャーを演じている。 実はチャパーロはメキシコの名物司会者だ。 世界的な人気を誇る「ポケモン」ならではの起用である。 吹き替えを担当した 三宅健太はアニメ「ポケットモンスター」でサカキ役を演じている。 また、クリス・ヘムズワースの吹き替えも担当しており、MCUのソーの声も三宅健太が担当している。 母はカトリック、父は文化的ムスリムで、自身はフェミニストという人物だ。 リタ・オラは『名探偵ピカチュウ』の挿入歌「Carry On」も歌っている。 『名探偵ピカチュウ』で流れた音楽については以下の記事に詳しい。 吹き替えを担当したのはアニメ「ポケットモンスター」のムサシ役で知られる 林原めぐみ。 『新世紀エヴァンゲリオン』 1995-1996 の綾波レイ役や『名探偵コナン』 1996- の灰原哀役など、代表作は挙げ始めるとキリがない。 「デッドプール」シリーズに登場するタクシー運転手のドーピンダー役でお馴染みだ。 吹き替えを担当したのは 梶裕貴。 アニメ「ポケットモンスター」でシトロンやバージルなどの声を担当している。 『進撃の巨人』 2013- のエレン・イェーガーなど、数多くの作品で主演を務める人気声優だ。 Netflixドラマ『ウィッチャー』 2019- ではエイスネ役を演じている。 吹き替えを担当したのはアニメ「ポケットモンスター」のニャース役で知られる 犬山イヌコ。 そう、ムサシ・コジロウ・ニャースのロケット団3人組の全員が『名探偵ピカチュウ』に出演しているのだ。 違法バトル場で皿を回す DJがディプロだ。 声を当てたのは 石川界人。 アニメ「ポケットモンスター」ではカキ役を演じている。 アニメ『BNA』ではアラン・シルヴァスタ役を演じる。 『名探偵ピカチュウ』では、モーションキャプチャでピカチュウの表情も演じている。 吹き替え版の声を担当したのは俳優の 西島秀俊。 実写版『ダンボ』 2019 ではコリン・ファレルが演じたホルト・ファリアの吹き替えを担当した。 また、2021年公開予定の『シン・ウルトラマン』への出演が決まっている。 そして、日米共通でピカチュウの鳴き声を担当したのは、もちろん 大谷育江。 アニメ版の「ポケットモンスター」では、世界共通で大谷育江がピカチュウの声を担当しているほか、アニメ『ONE PIECE』のチョッパー役などでも知られている。 コダックと ゼニガメの声を演じたのもオリジナルと同じ 愛河里花子。 愛河里花子は『とっとこハム太郎』 2000-2013 のこうしくん役などでも知られている。 フシギダネ役 林原めぐみ 同じく フシギダネもオリジナル版と同じ 林原めぐみが演じている。 林原めぐみは『名探偵ピカチュウ』でアン・ローラン博士と二役を演じている。 プリン役 かないみか ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズでもお馴染みの プリンを演じているのは かないみか。 『名探偵ピカチュウ』でも「うたう」の技を披露している。 なお、英語版のプリンの声で起用されている レイチェル・リリスは、『名探偵ピカチュウ』への登場を事前に知らされていなかったことを明らかにし、話題となっていた。 詳細は以下の記事に詳しい。

次の

【ランキング】アニメポケモン、サトシのフシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメのおすすめエピソードトップテン

フシギダネ 声優

特徴 『』 第1世代 に登場したポケモン。 の進化形。 背中の種が成長し、つぼみになっている。 しかし分類は何故か たねポケモンのままである。 また、熱帯の植物のような幅広の葉が、つぼみの根元から4方向に生えてくる。 フシギダネは時おり後ろ足で立ち上がることがあるが、フシギソウは背中が重くなったために常に四つん這いであるとされる。 しかし、この系統で後ろ足で立っている図鑑のイラストが存在するのはフシギソウのみである。 養分を吸収していきつぼみが膨らみだすと、そこから甘い香りが漂い始める。 それは花が咲く兆候であり、進化が近い証拠でもある。 "不思議そうな表情"と掛けているのだろう。 なお、現実にはという植物があるのだが、葉の形が似ている事以外これといって共通点はない。 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 62 63 80 80 60 能力はフシギダネの状態から順当に強化される。 但しフシギダネの時に自力習得できたは自力習得できなくなっている。 その他 「」の手持ちポケモンとして『』より登場。 、と使い分ける形で操作できる。 重量級を星にせしめる上スマッシュと空中下Aの脅威のふっとばし性能と、なによりそのかわいいハイトーンボイスで存在感をばっちり示す。 特に星になるときの悲鳴は必聴である。 スマッシュブラザーズ出演によってフシギソウの魅力に開眼したファンも多いのではないだろうか。 は、『X』では氏が担当。 川上氏の死後に発売された『』ではでも演じた氏が役を引き継いでいる。 余談であるが、Xではと並ぶ斜面に対して垂直に立てる数少ないキャラであったが、SPでは人型キャラのように斜面でもまっすぐ立つようになった。 一作目では何故かカラーリングが真っ青だった。 たぶん本家のあの青緑色の体色を再現しようとした結果ああなっのかもしれない(DSで発売されたシリーズではとは黄緑色のカラーリングになっていて割と安定している)。 本作ではへの過渡期としての側面が強く、フシギソウ自体はそこまで強力なポケモンではない。 一応野生出現はするが、進化系の御多分に漏れず出現率はかなり低い。 進化系共々色違いが実装されているので、捕まえる気はなくても見かけたら覗くだけ覗いてみよう。 からは進化系のフシギバナと入れ替わる形でレイドボスに選ばれた。 進化先であるフシギバナがくさタイプの中ではそこそこ強力でバランスの取れた性能なので、カメールレイドよりかは使い道があるが、進化前であるフシギダネが御三家の中ではそこそこ高めの出現率を誇るので、需要は正直イマイチといったところ。 スポンサージムに居座っているところを狙うか、ミッション達成のタネにするぐらいが関の山だろう。 主な使用トレーナー• 関連イラスト.

次の

映画『名探偵ピカチュウ』のキャスト・声優まとめ アニメ版の声優が多数登場【吹き替え・出演者・俳優】VG+ (バゴプラ)

フシギダネ 声優

特徴 『』 第1世代 に登場したポケモン。 の進化形。 背中の種が成長し、つぼみになっている。 しかし分類は何故か たねポケモンのままである。 また、熱帯の植物のような幅広の葉が、つぼみの根元から4方向に生えてくる。 フシギダネは時おり後ろ足で立ち上がることがあるが、フシギソウは背中が重くなったために常に四つん這いであるとされる。 しかし、この系統で後ろ足で立っている図鑑のイラストが存在するのはフシギソウのみである。 養分を吸収していきつぼみが膨らみだすと、そこから甘い香りが漂い始める。 それは花が咲く兆候であり、進化が近い証拠でもある。 "不思議そうな表情"と掛けているのだろう。 なお、現実にはという植物があるのだが、葉の形が似ている事以外これといって共通点はない。 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 62 63 80 80 60 能力はフシギダネの状態から順当に強化される。 但しフシギダネの時に自力習得できたは自力習得できなくなっている。 その他 「」の手持ちポケモンとして『』より登場。 、と使い分ける形で操作できる。 重量級を星にせしめる上スマッシュと空中下Aの脅威のふっとばし性能と、なによりそのかわいいハイトーンボイスで存在感をばっちり示す。 特に星になるときの悲鳴は必聴である。 スマッシュブラザーズ出演によってフシギソウの魅力に開眼したファンも多いのではないだろうか。 は、『X』では氏が担当。 川上氏の死後に発売された『』ではでも演じた氏が役を引き継いでいる。 余談であるが、Xではと並ぶ斜面に対して垂直に立てる数少ないキャラであったが、SPでは人型キャラのように斜面でもまっすぐ立つようになった。 一作目では何故かカラーリングが真っ青だった。 たぶん本家のあの青緑色の体色を再現しようとした結果ああなっのかもしれない(DSで発売されたシリーズではとは黄緑色のカラーリングになっていて割と安定している)。 本作ではへの過渡期としての側面が強く、フシギソウ自体はそこまで強力なポケモンではない。 一応野生出現はするが、進化系の御多分に漏れず出現率はかなり低い。 進化系共々色違いが実装されているので、捕まえる気はなくても見かけたら覗くだけ覗いてみよう。 からは進化系のフシギバナと入れ替わる形でレイドボスに選ばれた。 進化先であるフシギバナがくさタイプの中ではそこそこ強力でバランスの取れた性能なので、カメールレイドよりかは使い道があるが、進化前であるフシギダネが御三家の中ではそこそこ高めの出現率を誇るので、需要は正直イマイチといったところ。 スポンサージムに居座っているところを狙うか、ミッション達成のタネにするぐらいが関の山だろう。 主な使用トレーナー• 関連イラスト.

次の