日立 冷蔵庫 氷 が 出来 ない。 【2020年最新】日立の冷蔵庫の一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方|ランク王

【冷蔵庫の自動製氷機の氷が出来なくなった】

日立 冷蔵庫 氷 が 出来 ない

日立製の冷蔵庫を使っていて、ある時製氷機が故障してしまった!という事態に備えて、まずは製氷機はどうやって氷を作っているのか理解しておくようにしましょう。 簡単でもよいので理解さえしておけば、製氷機が壊れた場合にメーカーに頼むことなく自分で解決することができます。 製氷機として一般的に使われているのは「自動製氷機」です。 これは皆さんがよくやるように、給水タンクに水を入れておけば自動的に氷を作ってくれる機械です。 給水タンクに入った水のうち、氷1つ分の水だけが製氷皿に移されて凍らされ、できた氷が冷凍庫に保管されるようになります。 冷凍庫の氷がいっぱいになれば、自動的に製氷皿に水が行き渡らないようにし、給水タンクには水が残ったままになります。 ですので、製氷機が壊れた場合はこの3つのうちのどこかが壊れている可能性が高いことになります。 次は冷凍庫に落ちてくるべき氷が全く落ちてこないという事例です。 見た目上は全く動いていないように見えるので、原因の特定にはかなりの知識が必要になりそうです。 この原因としては、製氷皿でできた氷をひねって落とす機能が故障していて、そのままずっと止まっていることが多いようです。 そのため、給水タンクにある水も全く減らずに完全に止まった状況になっています。 なぜ氷をひねって落とす機能が故障しているかというと、製氷機の中のどこかの部品が故障している場合が多いようです。 この解決法としては、故障・破損している箇所の部品を自分で購入してくるか、メーカーに依頼するのが一番かと思います。 さすがに個別の破損した部品を自分で直すことはできないので、素直に新しいものに交換するのが無難だと思われます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo.

次の

【冷蔵庫の自動製氷機の氷が出来なくなった】

日立 冷蔵庫 氷 が 出来 ない

給水タンクに水を入れておくだけで、 自動的に氷を作ってくれる、 自動製氷機能って冷蔵庫には なくてはならない便利な機能ですが… 先日、我が家の冷蔵庫の自動製氷機能でも 氷が出来なくなってしまう事があったので、 氷が出来ない原因について調べてみました。 で、この事について調べてみると、 私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、 今回は、冷蔵庫の自動製氷機能で 氷が出来ない原因や、 氷が出来る時間はどのくらいなのか?について、 みなさんにシェアしていきたいと思います^^ 【冷蔵庫】自動製氷機能の氷が出来ない5つの原因 冷蔵庫の自動製氷機で氷ができない場合には、 一体どのような原因が考えられるのでしょうか? 早速この事についてご紹介していきたいと思います^^ 原因1・給水不良 自動製氷機能で氷が出来ない時に 考えられる1つ目の原因は、 給水不良が起こっているという事になります。 例えば、• 給水タンクの浄水フィルターが目詰まりしている• 給水モーターが故障してしまった などの原因で、 製氷皿に給水が出来なくなってしまうと、 氷が出来なくなってしまいます。 なので、自動製氷で氷が出来ない場合は、 一度給水タンクを取り外して、 浄水フィルターをやさしく水洗いする事で 目詰まりが解消され氷が出来るようになる 可能性があります。 原因2・製氷皿の不具合 自動製氷機能で氷が出来ない時に 考えられる2つ目の原因は 製氷皿の不具合になります。 これはどういったことかというと、 例えば、製氷皿の周辺に霜が発生していた場合、 製氷皿が出来上がった氷を落とす動作を妨害して、 氷を貯氷ケースに落とす事が出来なくなってしまう という事があったりします。 また、製氷皿を動かすモーターや、 製氷皿が取り付けられている部分の故障によって、 氷を落とす事が出来なくなっている という可能性も考えられます。 原因3・製氷室の温度センサーの故障 自動製氷機能で氷が出来ない時に、 考えられる3つ目の原因は、 製氷室の温度センサーが故障している ということになります。 また、冷蔵庫を設置したばかりで 製氷室が冷えていない場合は、 氷が出来るまで1日かかってしまったり、 また、冷凍室を長時間開けっ放しにしてしまうなどで、 庫内の温度が温まってしまった場合にも 氷が出来るまでの時間が長くなってしまう可能性があります。 原因4・製氷停止ボタンを押している 自動製氷機能で氷が出来ない時に 考えられる4つ目の原因は、 製氷停止ボタンを押してしまっている ということになります。 冷蔵庫内にある製氷停止ボタンを、 押してしまうと製氷が停止され 氷が出来なくなってしまうので、 一度製氷停止ボタンが押されていないかどうか 確認してみると良いでしょう。 自分で押したつもりがなくとも、 何らかの拍子に製氷停止ボタンが押されてしまっている なんて事もあるかもしれません。 もし、製氷停止ボタンが押されていた場合は、 製氷停止ボタンを押し直す事で 再び製氷が再開されるようになるでしょう。 原因5・貯氷ケースの検知レバーの誤作動 自動製氷機能の氷が出来ない時に、 考えられる5つ目の原因は、 貯氷ケースの検知レバーの誤作動になります。 貯氷ケースには氷がたくさんできると、 製氷が停止できるように、 氷の量を検知するレバーがありますが、 例えば、アイスシャベルなどが氷の上に 乗っていると検知レバーが誤作動して、 製氷が止まってしまう原因になります。 ですから、貯氷ケースの中の氷は平にならし、 アイスシャベルは手前の仕切りの中に しまうようにすると良いでしょう。 自動製氷機能で氷ができるまでの時間の目安 ここまでは、 自動製氷機能で氷ができない場合に 考えられる原因についてご紹介しましたが、 ここからは、自動製氷機能で氷が できるまでの時間の目安について 気になっている方も多いようだったので、 この事についてご紹介していきたいと思います。 で、結論から言ってしまうと、 自動製氷機能で氷が出来上がるまでの時間は だいたい2時間くらいとなります。 なので、給水タンクに水を入れてセットして、 氷が出来るまで2時間くらいかかるということなんですね。 まとめ 今回は、冷蔵庫の自動製氷機能の 氷が出来ない原因や、 自動製氷で氷が出来るまでの時間の目安について ご紹介しましたがいかがだったでしょうか? 自動製氷機能の氷が出来ない場合には いろいろな原因が考えられるので、 自分では原因が分からないという事もあるかもしれません。 そういった場合は、 一度メーカーの方に連絡して点検してもらった方が良いでしょう。 また、冷蔵庫に自動製氷機能の テストスイッチがある場合は、 活用してみると氷が出来ない原因が 分かる場合があるので、 テストスイッチを活用してみてください。 ということで、 この記事が何かの参考になれば幸いです^^.

次の

【冷蔵庫】氷が出来ない5つの原因!自動製氷で氷が出来る時間の目安

日立 冷蔵庫 氷 が 出来 ない

給水タンクに水を入れておくだけで、 自動的に氷を作ってくれる、 自動製氷機能って冷蔵庫には なくてはならない便利な機能ですが… 先日、我が家の冷蔵庫の自動製氷機能でも 氷が出来なくなってしまう事があったので、 氷が出来ない原因について調べてみました。 で、この事について調べてみると、 私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、 今回は、冷蔵庫の自動製氷機能で 氷が出来ない原因や、 氷が出来る時間はどのくらいなのか?について、 みなさんにシェアしていきたいと思います^^ 【冷蔵庫】自動製氷機能の氷が出来ない5つの原因 冷蔵庫の自動製氷機で氷ができない場合には、 一体どのような原因が考えられるのでしょうか? 早速この事についてご紹介していきたいと思います^^ 原因1・給水不良 自動製氷機能で氷が出来ない時に 考えられる1つ目の原因は、 給水不良が起こっているという事になります。 例えば、• 給水タンクの浄水フィルターが目詰まりしている• 給水モーターが故障してしまった などの原因で、 製氷皿に給水が出来なくなってしまうと、 氷が出来なくなってしまいます。 なので、自動製氷で氷が出来ない場合は、 一度給水タンクを取り外して、 浄水フィルターをやさしく水洗いする事で 目詰まりが解消され氷が出来るようになる 可能性があります。 原因2・製氷皿の不具合 自動製氷機能で氷が出来ない時に 考えられる2つ目の原因は 製氷皿の不具合になります。 これはどういったことかというと、 例えば、製氷皿の周辺に霜が発生していた場合、 製氷皿が出来上がった氷を落とす動作を妨害して、 氷を貯氷ケースに落とす事が出来なくなってしまう という事があったりします。 また、製氷皿を動かすモーターや、 製氷皿が取り付けられている部分の故障によって、 氷を落とす事が出来なくなっている という可能性も考えられます。 原因3・製氷室の温度センサーの故障 自動製氷機能で氷が出来ない時に、 考えられる3つ目の原因は、 製氷室の温度センサーが故障している ということになります。 また、冷蔵庫を設置したばかりで 製氷室が冷えていない場合は、 氷が出来るまで1日かかってしまったり、 また、冷凍室を長時間開けっ放しにしてしまうなどで、 庫内の温度が温まってしまった場合にも 氷が出来るまでの時間が長くなってしまう可能性があります。 原因4・製氷停止ボタンを押している 自動製氷機能で氷が出来ない時に 考えられる4つ目の原因は、 製氷停止ボタンを押してしまっている ということになります。 冷蔵庫内にある製氷停止ボタンを、 押してしまうと製氷が停止され 氷が出来なくなってしまうので、 一度製氷停止ボタンが押されていないかどうか 確認してみると良いでしょう。 自分で押したつもりがなくとも、 何らかの拍子に製氷停止ボタンが押されてしまっている なんて事もあるかもしれません。 もし、製氷停止ボタンが押されていた場合は、 製氷停止ボタンを押し直す事で 再び製氷が再開されるようになるでしょう。 原因5・貯氷ケースの検知レバーの誤作動 自動製氷機能の氷が出来ない時に、 考えられる5つ目の原因は、 貯氷ケースの検知レバーの誤作動になります。 貯氷ケースには氷がたくさんできると、 製氷が停止できるように、 氷の量を検知するレバーがありますが、 例えば、アイスシャベルなどが氷の上に 乗っていると検知レバーが誤作動して、 製氷が止まってしまう原因になります。 ですから、貯氷ケースの中の氷は平にならし、 アイスシャベルは手前の仕切りの中に しまうようにすると良いでしょう。 自動製氷機能で氷ができるまでの時間の目安 ここまでは、 自動製氷機能で氷ができない場合に 考えられる原因についてご紹介しましたが、 ここからは、自動製氷機能で氷が できるまでの時間の目安について 気になっている方も多いようだったので、 この事についてご紹介していきたいと思います。 で、結論から言ってしまうと、 自動製氷機能で氷が出来上がるまでの時間は だいたい2時間くらいとなります。 なので、給水タンクに水を入れてセットして、 氷が出来るまで2時間くらいかかるということなんですね。 まとめ 今回は、冷蔵庫の自動製氷機能の 氷が出来ない原因や、 自動製氷で氷が出来るまでの時間の目安について ご紹介しましたがいかがだったでしょうか? 自動製氷機能の氷が出来ない場合には いろいろな原因が考えられるので、 自分では原因が分からないという事もあるかもしれません。 そういった場合は、 一度メーカーの方に連絡して点検してもらった方が良いでしょう。 また、冷蔵庫に自動製氷機能の テストスイッチがある場合は、 活用してみると氷が出来ない原因が 分かる場合があるので、 テストスイッチを活用してみてください。 ということで、 この記事が何かの参考になれば幸いです^^.

次の