リンクされている google アカウントの重大なセキュリティ通知。 質問!ITmedia

googleから不正アクセス疑いの通知、間違いでは?

リンクされている google アカウントの重大なセキュリティ通知

Googleから送信された「リンクされている Google アカウントのセキュリティ通知」に、どのような対応をして良いか分からず困っています。 以下に詳細を記しますので、どなたかアドバイスをください。 なお、私、パソコンやインターネット等の知識は乏しいため、なるべく私のような初心者にも分かりやすく教えていただけますと幸いです。 以前、XXXXX gmail. com(仮)というメールアドレスで、Googleアカウントを作成しました。 その後、ほとんどそのアカウントを使用せず、なぜそうしたかは忘れましたが、そのまま別のYYYYY gmail. com(仮)を作成し、そちらはたまに使用しております。 何かあった場合の連絡先メールアドレスとして、全く別の普段頻繁に使用しているメールアドレスを双方のアカウントに登録しておきました。 昨日、その普段使用しているメールアドレスにGoogleから「リンクされている Google アカウントのセキュリティ通知」という連絡が2件入りました。 最初のメールでは「パスワードが変更されました」という内容で、使用していない古い方のアカウント「XXXXX gmail. com」のパスワードが最近変更されました、とあり、「このアクティビティに心当たりがありますか?」とありましたが、私も家族も含め、そのようなアクティビティに心当たりはありません。 その連絡から50分後くらいに、今度は「「Firefox」(Windows)からの新しいログイン」という連絡で、内容に「お使いの Google アカウントXXXXX gmail. com が Windows で Firefox からのログインに使用されました。 」と記されていました。 しかし、こちらも私も家族も含め、身に覚えのない内容でした。 これは、第三者が私のアカウントのパスワードを勝手に変更し、さらにそれでFirefoxというブラウザからログインしなのではないかと、とても不安になり、とりあえずGoogleから送信された「リンクされている Google アカウントのセキュリティ通知」にあった「XXXXX gmail. com がお使いの Google アカウントでない場合は、こちらをクリックしてアカウントへの接続を解除し、メールの受信を停止してください。 」の中の青字の「こちらをクリック」をクリックして、「XXXXX gmail. com」への接続を解除しました。 教えていただきたいのは、上記で私がとった処置だけで十分なのか、それとも、他にも何か手を打たないとマズいのか、ということです。 第三者が「XXXXX gmail. com」を使用して何か良からぬことをして私が濡れ衣を着せられるとか、第三者が私の個人情報を盗み出す、私のプラーベートを覗き見ている、などの可能性を考えると、不安で仕方ありません。 長い説明で申し訳ありません。 どなたか、私はこの件に関してどう対処すればよいのか、アドバイスをお願いいたします。 Q googleではgmailだけをたまに利用していますが、昨日、メインアドレス(他社)の方に、1週間前の日付で警告メッセージが来ていたことに気づきました。 「お使いの Google アカウント(xxx gmail. com)が Windows の Internet Explorer からのログインに使用されました。 このアクティビティに心当たりがありますか? 」というものです。 gmailは長い間使っていなかったのですが、「お気に入り」を整理するときに開いたかもしれなくて、情けないことに、日時的に思い当たるかどうか、はっきりしません。 ただ、私は千葉県在住なのに、ロケーションが「静岡県」となっているのが気味悪くて、パスワードを変更、結局、アカウントも削除しました。 そして、前から作成してあった予備のgoogleアカウントを使うことにしました。 その際、パスワードを変更、念のため、「最近のセキュリティイベント」のページで確認したところ、 ずっと同じパソコン、同じ接続業者なのに、 「新しいデバイス(Windows にログインしました」とあり、 私がパスワードを変更した時刻の記録上のロケーションが「静岡県」なのです。 しつこく更に2回も変更してみましたが、「静岡県」となります。 gmailのページから「アカウントアクティビティの詳細」でIPアドレスを確認すると、 1度目の変更時は静岡、2度目と3度目の変更時は千葉のIPアドレスとなっています。 ただでさえ機械には弱いのに、ワケが分かりません。 長くなりましたが、教えていただきたいのは3点です。 一応、毎日、MS Security Essentials でフルスキャンはしているのですが・・・ どうしたらいいのか、不安で、途方に暮れています。 お詳しい方がいらっしゃいましたら、どうぞ教えてください。 googleではgmailだけをたまに利用していますが、昨日、メインアドレス(他社)の方に、1週間前の日付で警告メッセージが来ていたことに気づきました。 「お使いの Google アカウント(xxx gmail. com)が Windows の Internet Explorer からのログインに使用されました。 このアクティビティに心当たりがありますか? 」というものです。 gmailは長い間使っていなかったのですが、「お気に入り」を整理するときに開いたかもしれなくて、情けないことに、日時的に思い当たるかどうか、はっきりしません。 ただ、私...

次の

googleからの「重大なセキュリティ通知」メールの対処方法について

リンクされている google アカウントの重大なセキュリティ通知

「googleからのメール」に見えても【必ず疑うこと】 googleの「セキュリティ通知」機能で、メールが届くことがあります。 例えば、 ・重大なセキュリティ通知 ・新しい端末でのログイン ・不正なログインのブロック などです。 googleのアカウントに関連した情報が入り次第、以下のようなメールが届きます。 (事例1) (事例2) このgoogleからのメールの特徴としては、 ・お知らせする内容が明記されている ・すぐに解決・確認するためのページへのリンクボタン が共通して送られてきます。 上記のメールは、実際にgoogleから送られてきていたのが分かりました。 しかし、悪意のある方の googleを装った詐欺メールがいつ出回るか分かりません。 かならず、もしかすると「 詐欺かもしれない・・」と、疑いの目を持ってメールと向き合ってください。 基本姿勢【身に覚えのないメールは全て疑うこと】 googleから メールが届くと 「何か問題があったのか?」 「すぐ解決しないと・・」 と、信用してしまう方もいらっしゃると思います。 上記のように、本当にgoogleからメールが届くこともありますが、 基本姿勢は、身に覚えのないメールは全て「 疑う」こと。 詐欺のメールは、よくありそうなメールアドレス、URLへリンクするように作られていますので、安易にクリックしないようにしましょう。 googleからメールが届いた場合、メールに添付されているボタンからではなく、自分で「 手動ログイン」をして確認をするようにしましょう。 手動でログインしてセキュリティ状況を確認する方法をご紹介させていただきます。 メールは、現在ログインしているアカウントと、メールが届いたアカウントが異なることがありますので、ご確認ください。 手動でログインする方法「Googleセキュリティ診断の実行手順!」 手動でログインする方法について解説します。 まずは、グーグルにログインします。 グーグルクロームなどのブラウザで、グーグルと検索していただくと、ログインページへのバナーが右上に表示されます。 グーグルにログイしている状態で、ホーム画面にアクセスします。 右上に、設定した画像やお名前入りのアイコンが表示されていることがわかります。 アイコンをクリックしますと、「 Googleアカウント」というバナーが表示されますので、クリックします。 次に、「アカウント管理、保護、安全対策を1箇所で行えます。 」というタイトルの画面に遷移します。 この画面の中の、左列の「セキュリティ診断」という項目をクリックします。 セキュリティ診断のページに遷移します。 ・お使いの端末 ・最近のセキュリティ イベント ・ログインと再設定 ・サードパーティによるアクセス という各項目がございます。 万が一、問題がある時は、この画面で確認することができます。 黄色の「!」マークがついているものは、googleが問題が発生していると判断している項目です。 クリックして詳細を確認してください。 手順に沿って操作していただくと、どのように問題を解決できるか分かります。 もう一つの判断基準として、メールの送信元で「本当にgoogleからのメールか?」を、判断をすることも可能です。 送信元のメールアドレスが、「 」なら、それはgoogleからのメールです。 詐欺メールは、似たようなメールアドレスを使う可能性がありますのでご注意ください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 googleからのセキュリティ通知メールの対処法について解説させていただきました。 ご自身で判断が難しい場合、ITサポートをご利用いただくと プロから的確なアドバイスが受けられます。 社内全体の取り組みとしての方針が決まっていないという経営者・管理職の方は、IT セキュリティの専門家のティースリー株式会社までお気軽にご相談ください。

次の

Googleから重大なセキュリティ通知が!?

リンクされている google アカウントの重大なセキュリティ通知

対象サービス:Googleアカウント Googleアカウントに限らず、オンラインサービスのアカウントには重要かつプライベートな情報が保存されることがよくある。 それにこっそり何者かが不正にアクセスして情報を抜き出している、という事態は誰しも避けたいところだ。 本TIPSではGoogleが提供しているセキュリティ対策機能を利用して、何者かが不正に自分のGoogleアカウントにアクセスしていないか、 ユーザーレベルでその痕跡を洗い出せる方法を紹介する。 絶対確実とはいえないが、調べないで放置しておくよりはるかに安全だろう。 小まめにチェックしていれば、不正アクセスの「前兆」に気付く対策としても役立つはずだ。 アクセスのあったスマートフォンの情報 モバイル端末の場合、iPhoneなのかそれともAndroid OS搭載機なのか、というレベルまでは分かるものの、機種名は不明なことが多い(以前は、ユーザーが端末に設定した名称が表示されることもあったのだが)。 そのため、もし使用中の「正しい」端末と同じ機種で不正アクセスが行われると、上記画面に記載の情報のうち正規のアクセスと区別するための材料は残念ながらアクセス時刻ぐらいしかない。 そこで、[この端末を紛失した場合]をタップまたはクリックして、Google Mapで現在の端末の在りかを探すことで判別する、という方法も。 その他、対象の端末に電話をかけたりログアウトさせたりすることも可能だ。 [削除]ボタンが表示された場合、タップまたはクリックすると端末からGoogleアカウントなどへのアクセス権を削除して、強制的にログアウトできる。 ただし、このボタンは表示されないこともある。 もし身に覚えのない端末やWebブラウザ、場所からのアクセスが見つかったら、以後の不正アクセスを防ぐために、Googleアカウントのパスワードを変更する()。 モバイル端末であれば、前述の[削除]ボタンを押す。 セキュリティ設定が勝手に変更されていないか確認する Googleアカウントへの侵入に成功した攻撃者は、活動しやすくするために、そのセキュリティを緩める恐れがある。 こうしたセキュリティ設定の意図せぬ変更が過去になかったか、次のページで確認しよう。 Googleアカウントへのアクセスが許可されているWebアプリの詳細情報の例 全く覚えのないアプリであれば、削除することを検討した方がよい。 ただ、以前に許可したことを忘れていたり、アプリの名称から実体を連想しにくかったりすることもあるので注意しよう。 また、このアプリに許可されている各種操作(情報の表示や追加、削除など)も確認した方がよい。 もし、そのアプリの機能とは明らかに合致しないアクセス許可が与えられていたら、不正アクセスを疑ってみるとよいだろう。 上記画面の[削除]ボタンをタップまたはクリックすると、以後のアクセスを禁止できる。 安全のため、しておこう。 メールの転送設定を確認する 不正アクセスの目的がメールの盗み見であれば、その犯人所有のメールアドレスに 新着メールが転送される設定が仕込まれている危険性がある。 そこでメール転送の設定も確認しておいた方がよいだろう。 それにはまず、Gmailのトップ画面右上にある歯車のアイコンをクリックし、メニューから[ 設定]をクリックする。 スマートフォン/タブレットから設定する場合は、TIPS「」のようにしてPC版Gmailのサイトを開いてから作業を進める。

次の