ウェブナー。 ウェビナー(Webセミナー)とは?オンラインセミナーのメリットと豊富なツールの事例 |LiveOn Cafe

ウェブナー

ウェブナー

ウェブとセミナーで「ウェビナー」ですね。 (これを聞いて、ウェブとログで「ウェブログ」という単語を思い出した方は、私と同じブログ第一世代の方ですね。 ) そんなZoomウェビナーを、現在noteではZoomさんにご協力いただいてトライアル利用させて頂いてまして、3月からリアルイベントを全てオンラインのみのライブ中継イベントに切り替えました。 今回は、いきなりオンライン中継でZoomの説明聞いても、ついていけない、という方向けに、まずはZoomの基本的な使い方やポイントをこちらにまとめておこうと思います。 まず、そもそもネットでライブ中継をしたいだけの場合は、無理にZoomを使う必要はありません。 YouTubeでもTwitterでもFacebookでもライブ中継自体は可能です。 実際にnoteでもこれまでは主にYouTubeを配信の軸に使ってきました。 では、なぜライブ中継にわざわざZoomを使うのか。 それはZoomを使えば多地点をつないだライブ中継が簡単に実現できるからです。 Zoomを使えば多地点、双方向の配信ができる もちろん、普通のイベントであれば、配信元は会社にしても家にしても、一カ所から配信できれば十分でしょう。 ただ、そうするとどうしても配信側と見る側がパッキリ分かれてしまうんですよね。 コメントは可能ですから、双方向のコミュニケーションはできますが、リアルイベントのようなフラットな双方向感は、なかなか再現できないわけです。 一方、Zoomはビデオ会議システムなので、視聴者を画面に参加させることが可能。 質問する人にビデオで質問してもらうことも簡単にできますし、極端な例ですが、こんなこともできてしまうんです。 個人的に、配信主しか見えないライブ配信というのは、配信主と視聴者側が非対称になってしまい、どうしてもリアルイベントのようなフラット感が無いので苦手なんですが。 Zoomを使えば、リアルイベント並みとはいわないまでも、フラットにみんなでイベントをやってる感じが出るんじゃないかと、可能性を感じている次第です。 しかも、Zoomを使えば有料版だと、このビデオ会議の様子をYouTubeやTwitterに配信することができます。 なので、複数カメラのスイッチャーとか高価な機材を持っていなくても、Zoomを間に挟むことで、複数カメラを使ったライブ中継配信を簡単に実施することができるわけです。 ちなみに、そもそものZoomミーティングの基本的な使い方は。 Zoomウェビナーを使うメリット ちなみに、実は、ビデオ会議のライブ配信自体は、Zoomウェビナーをわざわざ契約しなくても、Zoomミーティングでも可能です。 ただ、おそらくちゃんとしたライブ中継イベントをやりたいならZoomウェビナーを使う方が良さそうというのが個人的な結論です。 比較表はここにありますが。 ちょっと項目が専門的でわかりにくいかもしれないのでポイントを書き出すと以下の3つになります。 画面に表示する人を主催者が選べる Zoomミーティングはあくまでビデオ会議システムなので、つながった人全員の権限は同等です。 ビデオで繋いだ人全員のビデオ画面が全員に表示されますし、接続している人は全員がマイクをオンにして会話をすることができます。 会議室に全員が集まってるイメージですね。 その様子をYouTube等に配信すれば、視聴したいだけの人も視聴ができますが、Zoomミーティング単体だと視聴者としては参加できません。 一方、Zoomウェビナーは、Zoom自体が、ホスト、パネリスト、視聴者という三段階構造。 視聴のみをする参加者もウェビナーに参加することができますし、ホストが視聴者の中から誰をパネリスト(ビデオで表示される人)にするかを選ぶことができるわけです。 ちなみにホストやパネリストには様々な権限があり、画面共有をしたり、画面にお絵かきをすることもできますし、チャットをパネリスト向け限定にしたり、ウェビナーならではの質問機能やアンケート機能を使うことも可能です。 登録フォームとリマインダー機能が使える Zoomミーティングは基本的に限られた人とのビデオ会議なので、リンク先を連絡してそのままビデオ会議に参加してもらう仕組みです。 一方、Zoomウェビナーは、文字通りセミナーなので、登録フォーム機能やフォームに登録した人への自動リマインドメール機能が使えます。 明日のZoomウェビナー勉強会用に作ってみましたが、こんな感じですね。 海外のサービスだけあって、姓名の順番がファーストネームが先になってたりとか、ツッコミどころはあるんですが。 イベレジやGoogle Formで別でフォームを作る必要はなくなるので、必要十分なフォームで済ませたいときは便利だと思います。 上記のフォームは、フォーム登録後自動承認にしてますが、承認制で自分で参加できる人を選ぶことも可能です。 有料の購入者限定セミナーが開催できそう これは、まだ実際にやったことはないので仮説になりますが。 noteでライブイベントを企画する上で、今後挑戦したいと考えているのが有料イベントです。 ZoomからのYouTubeやTwitterへの動画配信は、ウェビナーではなくZoomミーティングでも可能なんですが。 当然、YouTubeやTwitterの動画は誰でも見れることになります。 YouTubeはリンクを知ってる人だけに動画を公開する限定公開という機能もあり、あれで有料セミナーをやってる人をたまに見ますが。 実はYouTubeはYouTube上のコンテンツの販売を規約で禁止しているので、有料セミナーでYouTubeの限定公開機能を使うとアカウントが停止されるリスクがあるようです。 なので、YouTubeやTwitterの中継は、チケット購入者だけが参加できる有料セミナーの開催に向いてないんですよね。

次の

ウェブアートデザイナーを使う

ウェブナー

お知らせ News• 2020. 08 お知らせ• 2020. 26 お知らせ• 2020. 28 お知らせ• 2020. 26 お知らせ 半日で600名申込殺到!学校の先生向け「オンライン授業導入」セミナー5/29・30開催~オンライン模擬授業や有識者対談も実施!6月に緊急追加開催も~• 2020. 19 NHK 首都圏 NEWS WEB• 2020. 19 NHK「首都圏ニュース」 Find! アクティブラーナー主催「先生向けオンライン勉強会」の様子が紹介されました• 2020. 17 テレビ朝日「サンデーステーション」 Find! アクティブラーナー主催「先生向けオンライン勉強会」の様子が紹介されました• 2020. 12 お知らせ• 2020. 21 お知らせ• 2020. 06 お知らせ 【当社宛てのご連絡につきましてのお願い】 新型コロナウイルス感染拡大防止のため従業員の在宅勤務を実施しています。 恐れ入りますが、御用の方は当社ホームページからお問い合わせを頂くか、担当者の携帯電話にご連絡くださいませ。

次の

障害者の求人・雇用・就職サイトはウェブ・サーナ|転職・仕事情報が満載

ウェブナー

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国•

次の