商社 仕事 内容。 【アパレル業界研究】商社の役割・仕事内容を分かりやすく解説!

商社営業の仕事内容・平均年収・向いている人|メーカー営業との違い

商社 仕事 内容

そもそも「インターン」ってどんなもの? 日本では「インターン」は「学生が在学中に自らの選考、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」と定義されています。 現在、企業は6月-翌年2月にかけてインターンを実施し、多くの学生は大学3年生のときにインターンに参加して研修的な体験をするのが一般的です。 学生はインターンに参加することで志望の仕事の内容、就職したい企業の社風などを知ることができます。 また、インターンに参加すれば以降の就職活動の際にプラスになると考える人も多く、現在はインターンに参加する学生の割合が高くなっています。 また一人で複数の企業のインターンに参加する学生もめずらしくなく、期間も1日で終わる1dayインターンから1年など短期インターンから長期インターンまであります。 商社系のインターンはどんな内容? 一般に「商社」と呼ばれる業種は二つあります。 一つはさまざまな分野の商品・サービスを扱う「総合商社」、もう一つは特定分野を専門的に扱う「専門商社」です。 今回は後者の「専門商社」でのインターンを中心にご紹介します。 専門商社のインターンの内容 インターンのプログラムは企業が独自に考えており、内容も企業によって異なります。 インターンの期間もさまざまですが、現在は1日~1週間程度の日程で実施する企業が多くなっています。 商社に限れば、総合大手は1週間未満の短期間で実施する場合がほとんどです。 インターンの内容としては、主に以下のようなものがあります。 専門商社インターンの内容:「商社」というビジネスについての座学 「商社」がどのようなビジネスなのか、最初に時間を取って講義を行うケースが多いようです。 エントリーする時点である程度は調べるものですが、実際に商社で働く人の講義を聞くのは大きな学びになりますね。 専門商社インターンの内容:グループワーク テーマは企業によって変わりますが、商社のビジネスに即した「ワーク」を行わせることが多いようです。 新規事業の立案、業績を上げるためにどうするかなど、グループで話し合い、最後にまとめとして発表するのが一般的です。 専門商社インターンの内容:現場体験 インターンで実際にオフィスや現場を見学するプログラムです。 企業によっては現場で実務に参加することもあります。 社員が実際に働く姿を見られるため、有意義なプログラムといえるでしょう。 専門商社インターンの内容:社員との交流 食事会など、社員と交流する機会を設ける企業もあります。 また、インターンのプログラムの最後にパーティーや懇親会を行う企業もあり、社員や他のインターン生とのつながりをつくることができます。 ビジネスのこと、その企業のことなど、わからないことは積極的に質問するといいでしょう。 商社系のインターンに参加するメリット インターンの目的は「その職業での就業体験をすること」です。 業界・企業を研究できるので、後の就職活動に役立ちます。 また、インターンに参加することで、就職活動の際の「志望動機」を明確に持てるようになります。 面接時に「インターンで〇〇を経験し、〇〇と考えるようになりました」と言えば、志望動機が具体的で説得力を持つものになります。 インターンに選ばれるための準備 多くの企業では、書類選考と面接によってインターンに参加する学生を決定します。 出題される設問は企業によってさまざまですが、「その企業がどのようなビジネスを行っているか」「その企業が求める人材」などは調べておきましょう。 その上で、自分がその企業でどんな活躍をしたいかなどを考えておくといいでしょう。 しかし、人気の業種であるが故にインターンに参加するための競争率は高く、なかなか思うように参加できないのが実情です。 目当ての企業をじっくり研究し、アプローチの方向性を決めてエントリーしましょう。 藤野晶@dcp.

次の

商社業界とは?仕事・業界研究

商社 仕事 内容

Contents• 総合商社の仕事内容はトレードと事業投資 伊藤忠商事や三井物産などの大手総合商社の事業モデルを見ると、どの商社も「トレードと事業投資」または「トレードと事業経営」をビジネスモデルとして掲げています。 具体的な仕事内容の上流となる、それぞれのビジネスモデルを見ていきましょう。 トレード 商社はもともと世界を股にかけた卸売業が始まりです。 海外で仕入れた商材を国内の二次卸売業または小売業へと卸して利益を得るビジネスモデルです。 そのような貿易業としての業態は現在の総合商社のビジネスの基盤であり、現在の中心事業のひとつでもあります。 経済的に国境を超えた取引が日常的に行われるようになった現在では、取引相手は国内外多数に上り、実際に商品を仕入れて売るといった卸売ではなく、祖業で培われたネットワークを活かした仲介業者としても国際取引の重要な位置を占めています。 また、 仲介の過程で商社ならではのネットワークとノウハウを活用し、 生産から消費までの一連の流れに価値を付与していく というバリューチェーンの考え方が、商社のビジネスモデルでは重要 になります。 事業投資 商社のもうひとつのビジネスの手段は事業投資です。 短期的な商品売買で収益を出すのではなく、将来収益化が見込める市場へ投資してマーケットそのものを開拓していくダイナミックな仕事と言えます。 事業投資の手法は様々で、現地企業への経営参画や買収による子会社化など多種多様な方法があります。 世界各国で投資されたことによる経営ノウハウやネットワークは別の地域や事業へ転用することで、さらなる大きな利益を生み出す源泉となります。 このようにトレード、事業投資、トレードと相互に利益を生み出す好循環を回していく ことが商社の重要なビジネスモデルです。 総合商社と専門商社の仕事内容の違いは商材の幅 商社というと一般的に総合商社がイメージされますが、厳密には総合商社以外にも専門商社と呼ばれる企業があります。 総合商社 総合商社は、資源から自動車、食品、半導体など多種多様な形あるものすべてを商材として取り扱う一大企業体です。 日本では 7大総合商社商社と呼ばれる特定の企業が一般的に総合商社と言われています。 以下が日本における7大総合商社です。 三菱商事• 三井物産• 住友商事• 伊藤忠商事• 豊田通商 とくに三菱商事、三井物産、住友商事は旧財閥系総合商社と呼ばれており、戦前に日本の経済・財界に大きな力を持っていた一族経営の企業体が母体の総合商社です。 戦後に解散された財閥ですが、現在でも金融をはじめとした商社に限らない多くの業界で財閥系企業は力を維持しています。 専門商社 一方、 専門商社とは 特定の狭い商材を専門に扱う商社 です。 仕事の内容は総合商社とあまり変わりません。 一例を挙げると、大阪と東京に本社を置く東証一部上場企業である長瀬産業は樹脂原料やポリマー、プラスチック製品などを扱う化学系専門商社です。 化学系の資源製造・加工の他にも、研究開発や関連する健康食品販売なども行っています。 いずれにしろ、総合商社であれ専門商社であれビジネスモデルは対個人のBtoCではなく対法人のBtoBなので、非常に規模の大きな仕事をすることになります。 総合商社の仕事内容に必要な能力 ここまでご説明してきたように、総合商社の仕事内容は非常にグローバルで規模の大きなものになります。 そのような仕事ではどういった能力が必要になるのでしょうか。 一部をご紹介します。 1語学力 総合商社であれ専門商社であれ、活躍の場が国内に限られることはないため語学力は必須の能力になります。 第一言語として英語の能力はとくに求められますが、東南アジアや中東など、場合によっては英語以外の言語の習得が必要になることもあります。 大きなビジネスであれば通訳などが付くこともありますが、最低限の語学力は求められます。 総合商社を志望する学生は、ガクチカやじこPRで自身の英語力を十分にアピールする必要があるでしょう。 などした学生はそのことをガクチカに盛り込むと良いです。 とはいえ、語学力があっても端的に物事を表現して伝えられるコミュニケーション能力がなければせっかくの語学力も活かせません。 語学力は働きながらでも修得できるので、 総合商社を目指す新卒学生は、 語学力だけがあれば良いというものではないと考えて総合的な能力を伸ばす ことを考えたほうが良いでしょう。 2国際感覚 世界各国をマーケットとする以上、その国の歴史的背景や文化的特徴などを理解しなければ円滑な取引ができません。 現在の国際関係はもちろん、 歴史的な部分も含めて国の文化を理解したコミュニケーションができる国際感覚が必要とされます。 とくに商習慣などは欧米とアジア諸国で大きく異なります。 取り引きの相手方のやり方にすべて迎合する必要もありませんが、その国のやり方に精通することは交渉のうえでも重要になります。 そのため、総合商社では中央アジアなどの文化的に複雑な背景があり、かつ資源なども豊富な地域出身者の従業員なども数多く在籍しています。 3体力とストレス耐性 長距離移動や慣れない土地での長期滞在など、 体力がと強いストレスへの耐性が要求される環境にさらされることが多いのも商社の仕事内容の特徴 です。 したがって、ハードワークに耐えられる体力と環境の変化によるストレスへの耐性は必須と言えます。 ストレス解消という点でも体力の維持という点でも、運動が習慣化されている体育会系が商社業界で活躍しやすいというのもこの理由からです。 健康な体とストレス耐性は商社に限らず必要な能力です。 鍛えておいて損はないでしょう。 総合商社の仕事内容は体育会系向き? 地味な仕事もある 一般的に商社の企業風土は体育会系と言われています。 世界を股にかけて精力的に働く必要のある商社の仕事内容は、たしかに体力のある体育会系に向いています。 しかし、 体育会系の企業風土は以前に比べると薄れてきています。 また、商社と言えども地道な作業や丁寧な調査が必要になる 職種もあります。 商社の仕事内容に魅力を感じているが、企業風土が肌に合わないと感じているからといって敬遠するのは得策ではないでしょう。 体育会系が有利は事実 しかし、実際に体力やストレス耐性などの面で体育会系は有利です。 様々な文化の人々とコミュニケーションをとって仕事を進めていくには、多少の失敗であってもそれを糧として成長していく打たれ強さも必要になります。 結局は、語学力や国際感覚など体育会系とは関連のない能力も含めた総合力がものを言う仕事 です。 また、それぞれの強みを活かして協力してくのが組織というものです。 体育会系が有利な仕事であるとしても、それだけではないと心得ておきましょう。 まとめ 総合商社はトレードと事業投資を軸として世界を相手に大きな仕事をします。 非常にハードな仕事のため体力、ストレス耐性などが必要とされます。 体育会系の企業風土が形成されるのもそのような理由によるからと思われます。 しかし、体力だけがあれば良いというわけではなく、その他にも国際感覚や語学力など幅広い分野での総合力が求められます。 仕事の規模も責任も大きく大変な仕事ですが、やりがいという部分では他の仕事に負けることはない でしょう。 就活メンターズとは、 ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。 長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への 推薦をもらうことができるサービスです。 全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。 相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。 就活真っ最中の 3・ 4年生だけでなく、 1・ 2年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。 「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中! ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

次の

日本一わかりやすい総合商社のビジネスモデル【図解付き】

商社 仕事 内容

・ 商社:食品や医療品、繊維、鉄鋼、石油、自動車など様々なものを取引する会社• ・ 商社マン:商社内で事務職ではなく、総合職として営業などに携わる人のこと 商社とは、「カップラーメンからロケットまで」という有名な言葉の通り、世の中のありとあらゆるものを取引する会社です。 扱っている商材が多いことが、商社の仕事内容をイメージしにくくしている一つの要因です。 商社の仕事内容を図にすると以下のようになります。 世界中には星の数ほどの生産業者があり、さまざまな商品を、さまざまな価格・条件で販売しています。 一方、メーカーや小売業者などは、できる限りよい品物を、できる限り安く調達したいというニーズを抱えています。 商社マンは、世界中を飛び回ってそれらの情報を集め、業者と取引条件を交渉し、売り手と買い手をつなぐ「パイプ役」となることがおもな仕事です。 私たちがさまざまな商品を手軽に購入したり、サービスを利用したりできるのは、その影に商社マンの働きがあるからであり、商社は私たちの暮らしにとって必要不可欠な存在といえるでしょう。 商社の仕事内容は大きく分けると3種類 商社の仕事内容が「パイプ役」であることは上述の通りです。 この仕事内容を大きく3つに分けることができます。 【商社が行う金融事業の例】• ・外国為替取引• ・先物取引やデリバティブ• ・保険代理業務• ・子会社や取引先への保証付与 このような金融事業は、一般の人がイメージする商社の仕事内容と異なるかもしれませんが、金融事業から得られる手数料収入や保険料収入は、商社を支える収益の柱のひとつとなっています。 商社の仕事内容3.投資業務 近年の総合商社は、資源開発や新エネルギー開発など、投資事業にもきわめて積極的です。 成長が見込める産業に対しては、ただ単純に資金を投下するだけでなく、自社の人材を出向させるなどして管理運営に主体的に参画し、事業拡大を図っています。 典型的な事例は、総合商社によるコンビニ業界への出資です。 商社マンの仕事内容と役割 商社マンの役割は、生産業者と製造業者・販売業者をつなげ、商取引をサポートすることです。 ただし、近年は総合商社を中心として業務は多様化・複雑化しており、それに伴って商社マンに求められる役割も、単なる仲介役に留まらなくなっています。 上述したように、事業投資に注力する商社もあれば、自社で製品開発から製造、販売まで一貫して手掛ける「SPA事業」を行う商社、IT事業を手掛ける商社もあります。 商社マンは、ときと場合に応じて、卸売業者ではなく、投資家になったりメーカーになったりIT業者になったりと、その役割がさまざまに変化する点に大きな特徴があります。 世間でいわれるように、商社マンの役割は「何でも屋」なのかもしれません。 現在の商社マンには、ひとつの商品・サービスに対して、複数のツールを用いてさまざまな角度からアプローチし、今までになかった新しいビジネスを創出していくことが求められています。 商社マンの勤務先・有名な企業 商社マンの勤務先は大きく分けると3種類あります。 【有名な専門商社】• 医療業界:メディセオパルタック• 食品業界:三菱食品• 鉄鋼業界:日鉄住金物産• エネルギー業界:伊藤忠エネクス 業務範囲という点では総合商社に劣りますが、それでもトップ企業となると売上高は数兆円規模に達し、各業界のスペシャリストとしてダイナミックに働くことができるでしょう。 専門商社のなかには、メーカーなどの系列会社として親会社の事業に関連した取引を中心に行うところもあり、トヨタ傘下の豊田通商がその代表格です。 商社マンの勤務先3.商社の子会社・出資先企業 商社マンは、商社本体ではなく、その子会社や出資先の企業に出向するケースもあり、とくに近年は事業が多角化している影響もあって、出向者は増加傾向にあります。 出向期間は数か月~3年程度が一般的ですが、より長期に及ぶ場合もあり、なかにはそのまま出向先の企業に転籍するという人もいます。 出向というと、テレビドラマなどでは左遷のように扱われることもあって、ネガティブなイメージを抱く人が多いかもしれません。 しかし、実際には、さまざまな経験を積んでビジネスマンとしてキャリアアップするために命じられるケースが大半です。 また、本社とつながりのある人材を送り込むことで、子会社や関連企業との連携を強化するといった狙いもあります。 出向から戻ってきて後、昇給したり役職が付いたりということも頻繁にありますので、たとえ出向となっても、自分を成長させるチャンスと捉えて、前向きに業務に励むことが大切です。 商社マンの仕事の流れ 商社マンの仕事は、取引先企業から「こんな商品・資材・原料が欲しい」というオファーを受けるところから始まります。 既存の仕入先から希望の品をスムーズに調達できるケースもあれば、情報を集めて、扱っている生産業者を訪問したり、国内に取り扱い業者がなければ、海外にまで探しに行くケースもあります。 仕入先がみつかれば、取引量や希望金額などの条件を交渉しますが、相手に合わせて外国語でコミュニケーションを取らないといけないケースも多く、高いコミュニケーション能力が求められます。 また、商品を調達するだけでなく、市場環境や競合状況などの情報を提供したり、新しい物流方法を提案したり、リスクヘッジするための金融商品を売り込んだりと、付帯サービスの提供にも努めます。 なお、上記の流れとは逆に、生産業者からオファーを受けて、販売先企業を探したり、資材の新しい利用方法を提案したりするケースもあります。 商社マンの仕事内容と関連した職業 商社マンの仕事内容と関連のある3つの職業を紹介します。

次の