脇 黒ずみ 治療。 【解消方法まとめ】脇の黒ずみの7つの治し方をおしえます!

脇の黒ずみ・黒いブツブツをタイプ別に早く治す方法を美容ナースが解説

脇 黒ずみ 治療

脇の黒ずみの原因は3つ! あなたはどれが当てはまる? 早速お聞きしたのは、脇の黒ずみの原因。 先生によると、その原因は 3つ考えられるそうです。 もっとも多い原因はこれ!「物理的な刺激」 1つ目に考えられるのは、 物理的な刺激。 日常生活において腕を動かすことで、 脇と服の間に 摩擦が起こります。 また、 カミソリで脇毛の処理を行っている人は、そこでも摩擦を始めとする刺激が起こります。 さらに、太陽に触れる機会が少ないと油断しがちな脇ですが、 紫外線によっても刺激を受けています。 これらの刺激を受けると メラニン生成が促されてしまい、 色素沈着の原因に。 脇の黒ずみのほとんどが、 これらの刺激による色素沈着によるものとされています。 本当に完璧に処理できてる?「脇毛の剃り残し」 2つ目に考えられるのは、 脇毛の処理が甘いこと。 根元が残っていたり、埋没毛があると黒ずんで見えてしまうことがあります。 「脇毛の処理は完璧!」と思っている方も、根元の部分が残っていないか、埋没毛が潜んでいないか、今一度確認してみた方が良いでしょう。 脇の下、きちんと洗えてる?「皮脂・汚れ」 3つ目に考えられるのは、 脇の下の皮脂・汚れ。 毛穴がつまり皮脂がたまってしまったり、脇が汚れていたりすると、黒ずんで見える原因となります。 脇の黒ずみ、改善するにはどうすれば良い? では、これらの原因に対し、どのような 対策を行えば良いのでしょうか。 それぞれの原因ごとに、 対策方法をお伺いしました。 とにかく刺激を抑えるために、「摩擦対策」と「UV対策」を行う 1つ目は、もっとも多い原因とされている 刺激に対しての対策方法。 日常生活における摩擦は防ぎようがありません。 しかし、脇毛をカミソリなどで自己処理する場合は、 クリームを使用して滑りを良くし、摩擦や刺激が起こりにくくしましょう。 また、処理後に 化粧水や乳液を使用して保湿を行うことにより、 脇にかかる負担を最小限に留めることができます。 さらに、紫外線を防ぐための UVケアもしっかり行いましょう。 顔や太陽に触れやすい肌だけに日焼け止めを塗るのではなく、 脇の下にも日焼け止めを塗ってください。 また、紫外線を受けた後のケアとして有効な 保湿も、こまめに行う習慣をつけると良いでしょう。 しかし、保湿を行う際に摩擦が起こってしまうと逆効果なので、 優しく肌に馴染ませるように行うのがポイントです。 カミソリや毛抜きによる脇毛の自己処理を控える カミソリによる脇毛処理は、 根元の部分が脇に残ってしまいがち。 また、毛抜きは 埋没毛の原因となってしまいます。 処理をしても残ってしまう脇毛が気になるという方は、医療機関などで脱毛を行い、根元から脇毛を処理するのが確実だと言えるでしょう。 また、医療機関などの脱毛に通う時間やお金が厳しいという方、脱毛に通っている期間の脇毛処理にお困りの方は、 電気シェーバーを使ったセルフケアがおすすめです。 電気シェーバーは、 カミソリに比べてなめらかな仕上がりにでき、傷を作りにくく肌に優しいのが特徴です。 自分では見えづらい脇毛も安全に処理をすることができます。 肌への刺激も軽減できるのも嬉しいポイント。 カミソリ負けや黒ずみにお悩みの方は肌に優しい電気シェーバーをを使ってみてはいかがででしょうか?今回は、肌への優しさと仕上がりのきれいさを両立した、テスコムの電気シェーバー をご紹介します。 は、 乾いた肌にそのまま使えるので、外出先やお部屋でのお手入れにもぴったり。 肌に触れる刃周りが、ゴムのように柔らかく弾力のある素材になっているので、肌当たりも優しくなっています。 また防水構造なので、 お風呂での石鹸剃りも可能です。 コードレスかつコンパクトで持ち運びもしやすく、海外でも充電可能なので、旅行にもおすすめです。 また刃の幅が40mmとワイドサイズなので、脇だけでなく腕や足など広範囲のムダ毛を短時間で処理できます。 レディシェーバーLD510には刃が2つ付いています。 ケアをする毛の長さによって使い分けましょう。 短い毛を剃る時は上下フロート刃を使いましょう。 付属の トリミングコームを刃にかぶせるだけで、ビキニラインの毛を均一な長さに整えることが可能です。 セルフケアが難しい部分でも、簡単かつきれいに処理できます。 レディシェーバーLD510を持っていれば、脇はもちろん、様々な部分のムダ毛を簡単にケアすることができるでしょう。 入浴時に、脇の下を優しく洗う 脇の下の 皮脂・汚れを軽減するために有効なのは、 入浴時の洗い方。 洗い忘れがちな脇の下ですが、肌が見えやすい他の部位と同様、 しっかりと洗うことが大切です。 しかし、ゴシゴシ洗ってしまうと摩擦が起きてしまうので、 こすらないように優しく洗うことを心がけましょう。 美容クリームは脇の黒ずみに本当に効くの?有効な成分は? インターネットで「脇 黒ずみ」と検索すると、たくさん出てくる 美容クリーム。 しかし、美容クリームは本当に黒ずみの改善に有効なのでしょうか。 また、たくさんの種類がある美容クリームですが、 どういった成分を含むものが良いのでしょうか。 最近ではハイドロキノンを含む市販のクリームが増えていますが、効果が高い反面正しく使用しないと 副作用などに繋がります。 使用する際は、 正しい使用方法をしっかりと守りましょう。 さらに、ハイドロキノン以外にも以下の 4つの成分は黒ずみの改善に有効なのだそう。 ・ケミカルピーリング ・イオン導入 ・レーザートーニング ・ハイドロキノン外用 ・内服(トラネキサム酸・ビタミンC・B2・B6) などを行うことが一般的なのだそうです。 プロにも使用されている、 先ほどの5つの成分が含まれる美容クリームは、効果が望める可能性が高いと言えるでしょう。 脇の黒ずみを改善し、自信を持って腕を上げられる日々を 脇毛が無くなり、黒ずみも改善できれば、もう怖いものはありません。 ノースリーブや水着、袖の開いた服を着ている時でも、安心して腕を上げることができます。 人に見えにくい部位であるからこそ、綺麗に保っておけば ふとした瞬間に恥ずかしい思いをすることがなくなります。

次の

【解消方法まとめ】脇の黒ずみの7つの治し方をおしえます!

脇 黒ずみ 治療

一口メモ:美容皮膚科とエステとの違いは? 美容皮膚科は、基本的にメスを使わない範囲で治療していきます。 エステサロンとの違いは、美容皮膚科では、ヒアルロン酸などの注射やレーザー、ケミカルピーリングなどの治療が行えますが、エステサロンは医療機関ではないので、こういった治療を行うことができません。 保険は適用される? 保険に関しては、皮膚疾患、病気であれば保険が適用されます。 しかし、病気ではない 黒ずみやシミ、しわ、たるみなどの肌悩み・トラブルは、 保険は適用されません。 自由診療になります。 自由診療なので、同じ治療であっても各クリニックによって費用が大きく異なります。 脇の黒ずみの診療を受けるなら? 脇の黒ずみは、一般の皮膚科でも診てくれるところはあります。 しかしその治療例は少ないようです。 一般の皮膚科の受診を考えられている方は、まずHPで確認し、それでもわからない場合は、電話で直接確認された方がいいと思います。 「脇の黒ずみに悩んでいるのですが、診ていただくことはできますか?」と聞けば教えてくれます。 一般の皮膚科での黒ずみ治療は塗り薬が中心。 また 黒ずみは病気・疾患ではないので、保険は適用されません。 初期の黒ずみであれば塗り薬で対応可能かもしれませんが、やはり美容皮膚科で診てもらうほうがいいと思います。 基本的に、脇の黒ずみは美容皮膚科の領域になります。 主な治療法 <脇の黒ずみ> 脇の黒ずみで行われる主な治療方法を紹介します。 塗り薬 脇の黒ずみを改善する成分が入った塗り薬を使って行う治療法。 市販薬や通販などで購入できるものと比べ、治療効果がより高い成分・濃度の塗り薬を使用することができるので、より早く改善することができます。 ハイドロキノン 「肌の漂白剤」とも呼ばれる成分。 黒ずみ、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑え、メラニン色素を作るメラノサイトそのものを減少させる力があります。 ハイドロキノン配合の商品が市販されていますが、皮膚科ではより濃度の高いものの使用が可能なため、より早く改善することができます。 【関連記事】 トレチノイン 肌表面の角質をはがし、肌のターンオーバーを促す働きがある成分。 肌代謝を促進する働きがあるビタミンAの約100~300倍の効果があるといわれています。 レーザー治療 特殊な装置で発生させて光を幹部に照射する治療法。 レーザートーニング レーザートーニングは、「肌にやさしいパワーでシャワーを浴びるようにレーザーを照射し、余計な刺激を加えずに徐々にメラニンを減らしていく治療法」。 【関連記事】 カーボンピーリング(レーザーピーリング) カーボンピーリングは、「薬剤+レーザー」による治療法。 医療用の黒いカーボンを肌に塗り、レーザーを当てることで、レーザーがカーボンの黒い色に反応し、熱エネルギーで古い角質や毛穴の汚れを取り除きます。 【関連記事】 ケミカルピーリング ピーリング剤と呼ばれる酸を皮膚に塗ることによって皮膚の角質をはがし、新しい皮膚の再生を促す治療法。 古い角質や汚れが取れ、毛穴の詰まりが解消されることで毛穴詰まりによる黒ずみが改善・解消されます。 また古い角質や皮脂汚れなどがなくなることで肌のターンオーバーが促され、色素沈着による黒ずみも改善・解消されます。 ピーリング剤は市販されていますが、皮膚科では市販品よりも強い酸を用いることができるため効果が高いです。 薬剤には様々な種類があり、肌の状態を見ながら、酸の種類や濃度などを調整し治療が行われます。 【関連記事】 イオン導入 ビタミンCなどの有効成分を肌に塗り、電極を当てて、皮膚に吸収させる治療法。 ただ肌につけるよりも、20~30倍程度、浸透がよくなります。 脇の黒ずみの治療においては、イオン導入だけで完治させるのは難しく、ケミカルピーリングやハイドロキノンによる治療と併用して行われることがほとんどです。 ピーリングで古い角質を取り除いた後に行うと、さらに吸収率が高まり、効果的です。 【関連記事】 内服薬 メラニンの生成を抑える働きを持つ成分「トラネキサム酸」を服用することによって、黒ずみを改善・解消する治療。 ただし、内服薬だけでの改善は難しく、ハイドロキノンやレーザー治療、ケミカルピーリングと併用することがほとんど。 併用することで、より早い効果が期待できます。 実際にどのような治療が行われるかは、黒ずみの度合いや肌の状態などによって異なります。 番外編:脱毛治療とは異なりますが、脱毛も脇の黒ずみ改善、予防におすすめです。 医療レーザーや光脱毛で使用される光線は黒いものに反応します。 毛が皮膚に埋もれている埋没毛に光線を当てることで、毛を作る組織を破壊。 しばらく時間がかかりますが、光線で焼かれた毛は自然に抜け落ち、埋没毛は解消されます。 また、脇に黒ずみができる大きな原因はムダ毛の自己処理にあります。 脱毛によって自己処理をしなくてよくなったり、また回数を少なくすることができれば、脇に黒ずみができるリスクを大幅に抑えることができます。 【関連記事】 美容皮膚科の選び方 保険診療とは異なり、技術や費用など、クリニックで差がある美容皮膚科を選ぶのは難しいです。 基準となる物差しがあればいいのですが、どうしても有名どころや大手のところを選んでしまいがち。 しかし実際はどうなのでしょうか? 疑問点を見てみたいと思います。 大手なら安心? 大手であっても、実際に治療に当たるのはその中に属している一人の医師です。 新人の医師の技量にもしっかり責任を持って管理、指導しているところもありますが、そうとはいえないところもあります。 またフランチャイズ制度によって、個人で開いたクリニックがチェーンに加盟しているというケースもあります。 単に大手だから安心だろう、安全だろうということはいえません。 実際に治療に当たる医師がどのような先生であるかが大事です。 有名なところは安心? 美容医療でトラブルが起きた時によく言われるのが、「有名なクリニックだから安心だと思った」という言葉です。 広告を出していれば知名度は上がりますし、テレビや雑誌などに出ている医師は、イメージで多くの医師の中でもとりわけ高い技術を持っている先生のように思えます。 しかし実際には、確かにそういった先生やしっかりとした技術をもち、責任を持って発言されている先生も多いですが、そうではない先生も中にはいます。 「テレビや雑誌に出ている有名な先生=必ず技術が高い」とは言えません。 またおしゃれで豪華、最新のレーザー治療器を揃えるクリニックは、それだけ費用がかかっています。 そのため、あの手この手で集客しようとしているところも多いです。 「治療実績ナンバーワン!」「一度の治療で抜群の効果!」などの言葉をそのまま受け取るのは危険です。 選ぶ時の注意ポイント クリニックを選ぶにあたって、まずHPなどで、 治療を科学的根拠に基づきしっかり説明しているクリニックを探しましょう。 そして、 診察にあたって、費用やリスク、ケアに関してなど、きちんと説明してくれるところを選びましょう。 質問すると怒り出したり、嫌な顔をする先生や、頼んでもいない治療をすすめてくるところはやめた方がいいです。 脇の黒ずみやしわ、たるみなどの肌悩み・トラブルの治療は、病気や疾患と違い、時間的に猶予があります。 しっかり説明を受け、納得できなければ、別のところを探し、本当に安心、納得して治療してもらえるところに通う方が、後々のトラブルが少なく、しっかり治すことができます。 広告や口コミ、言葉だけで選ぶのではなく、本当に安心・納得してしっかりと治療してもらえるところを選びましょう。 まとめ 敏感肌やアトピーなどの方、セルフケアで肌悩みが解決しない方などは、医師の下で行う美容医療も選択肢の一つです。 医師の診断のもと、肌の状態、肌にあった治療が行われ、使われる薬や機器も高度。 そのため、改善・解消が早く、安心です。 治療は皮膚科で行われますが、皮膚科にも様々な科があります。

次の

脇の黒ずみ・黒いブツブツをタイプ別に早く治す方法を美容ナースが解説

脇 黒ずみ 治療

脇にできる黒ずみや脇の下にできる黒ずみをとるための効果的な方法はないかとお探しではないでしょうか?もしくは、しっかりと洗ったりケアしているのに脇の黒ずみが解消しないとお悩みではないでしょうか?脇の黒ずみはすぐには解消しませんが、しっかりとコツコツとケアをすることで解消を目指すことができます。 今回は脇が黒ずんでしまう原因と解消するための方法の全手法をご紹介します。 ぜひ、参考にしてください。 脇の黒ずみの3種類の症状と原因 脇の黒ずみを美容外科や美容皮膚科で治療する方法はご理解いただけたかと思います。 ここからは、セルフケアの方法をご紹介しようと思うのですが、その前に脇の黒ずみの種類について知っておきましょう。 脇の黒ずみは3種類あり、この種類によってケア方法は異なります。 カサカサ型の黒ずみ• 埋没毛型の黒ずみ• 毛穴の汚れや皮脂の詰まりによる黒ずみ 大きく分けると上記の3つに分けることができます。 まずは、それぞれの症状の特徴をご説明します。 カサカサ型の黒ずみ 脇の黒ずみのほとんどがこの症状の黒ずみです。 カミソリや毛抜きで脇の毛の処理を行うと、肌に大きな刺激と負担を与えることとなります。 その結果、脇が乾燥をしてしまいます。 脇に限らず、肌は乾燥状態になると外部からの刺激に弱くなるため、肌を守ろうとしてバリア機能を持っているメラニンを生成します。 このメラニンが色素沈着をすることで 埋没毛型の黒ずみ 脇の毛の処理の際に無理に毛を抜くことで起こるのがこの埋没毛型の黒ずみです。 特徴としては脇の毛穴の見た目と触ったときの感触が、ぶつぶつしているというのが特徴です。 頻繁に毛抜きで毛を抜いているというような方で、黒ずみが気になっていると感じている方はこちらの埋没毛型の黒ずみだと思って良いでしょう。 毛穴の汚れや皮脂の詰まりによる黒ずみ 脇に制汗剤やパウダーをつけ、その汚れが毛穴に詰まってしまい、その後皮膚が酸化することで黒ずみとなってしまうのがこの毛穴の汚れの黒ずみタイプです。 制汗剤やボディクリームがしっかりと洗い流せていないため、慢性的に汚れが残っている状態となり、徐々に毛穴に汚れが詰まってしまいます。 特徴としては毛穴のぶつぶつ自体が黒ずんでいるという場合が、この毛穴の汚れによる黒ずみのタイプと言えます。 自分はどのタイプのくろずみだったか、ご理解いただけたでしょうか?次からは、実際に脇の黒ずみを解消するための方法をご紹介します。 脇の黒ずみをとる方法 脇の黒ずみを解消するための方法をご紹介します。 脇の黒ずみを解消するためには2つの方法があります。 美容外科や美容皮膚科での黒ずみ解消治療• セルフケア 上記の2つです。 簡単に言うと、病院で治療をしてもらうか、自分でコツコツとケアをしながら解消を目指すかの違いなだけです。 自分の目的や希望に合わせてケア方法を選択するようにしましょう。 それでは、まずは美容外科や美容皮膚科での黒ずみ解消のための治療をご紹介します。 美容外科や美容皮膚科での黒ずみ解消治療 まずは、美容外科や美容皮膚科での黒ずみ解消治療をご紹介します。 美容外科や美容皮膚科で行う黒ずみ治療は大きく分けて3つの方法があります。 レーザー治療(全ての黒ずみのタイプに効果的)• ケミカルピーリング(毛穴の汚れや詰まりによる黒ずみに効果的)• 塗り薬を使った治療(カサカサ型の黒ずみに効果的) 一つずつご説明をしていきます。 レーザー治療は短期的に脇の黒ずみを解消できる 美容外科や美容皮膚科で最も短期的に脇の黒ずみを解消するための方法はレーザー治療です。 レーザー治療は黒ずみ部分にのみ反応をしてメラニンを破壊してくれる働きがあります。 脇の黒ずみに多く使われるレーザー治療はレーザートーニングという治療法です。 肌への負担ができるだけ少ないタイプの治療法のため、肌が弱い方でも治療ができるものになっています。 痛みは個人差があるため、一概には言えないのですが、一般的には輪ゴムで弾かれた程度の痛みと言われています。 そのため、多くの方がそこまで痛みにストレスを感じずに治療ができていると言われています。 なお、通院頻度としては5〜10回程度のレーザー照射が必要となります。 黒ずみの度合いによって早く解消する方もいれば、しばらく通わないと解消しない方もいるということですね。 レーザー治療の流れは下記のようになっています。 肌の診察・カウンセリング• レーザー照射• 患部を冷却• 施術後のケア レーザー治療は多くのクリニックが事前に予約をしてカウンセリングや診察を受けないと治療が行えません。 そのため、事前に電話やメールで無料カウンセリングを受けたり、実際に訪問をして診察を受けるようにしましょう。 カウンセリングや診察を受けると、実際の治療の流れの説明と料金の説明がされて申し込みとなります。 その後、早ければ当日、クリニックによっては別日に改めて施術の予約を取りレーザー治療が開始します。 最初の数回は1〜2週間ごとに通い、その後は1か月に1度のペースで通院という形になります。 レーザー治療の注意点 レーザー治療を行った後は肌は非常にデリケートな状態になっています。 そのため、肌への負担を与えないことと、しっかりと保湿をすること、日焼けを防ぐということを徹底しましょう。 お風呂に入った後は化粧水や保湿クリームをしっかり塗って保湿を心がけ、外出する際は長袖の服を着用したり、日焼け止めクリームを塗るようにしてください。 このアフターケアがしっかりと行わなければ、黒ずみが悪化してしまうこともあります。 くれぐれも注意をしましょう。 脇の黒ずみのレーザー治療の相場 脇の黒ずみのレーザー治療は1回の照射で1万円前後というのが相場になっています。 とはいえ、黒ずみの範囲にもよりますので、レーザー照射の範囲が大きければ大きいほど金額も上がっていきます。 ちなみに、費用体系は各クリニックによって異なるのですが、多くのクリニックではセット料金というものを設けています。 各回で支払うよりも5回セット、10回セット、15回セットとというようなセットの方がお得になるケースがほとんどですので、自分の黒ずみの状態をお医者さんに診察してもらった後に、何回くらいの施術が必要かを確認して、できるだけお得なコースで申し込みを行うようにしましょう。 レーザー治療は脇の黒ずみのケア方法でも最も費用の高い治療法です。 そのため、事前に不安なところやわからないところはしっかりと聞いて、不安や悩みがない状態で治療を行うようにしましょう。 ケミカルピーリングによる脇の黒ずみ解消法 次にケミカルピーリングによる脇の黒ずみの解消法についてご紹介をいたします。 ケミカルピーリングは毛穴の汚れや皮脂の詰まりによって起こる黒ずみに非常に効果的な治療方法です。 美容外科よりは美容皮膚科で治療がされるケースがほとんどです。 ピーリングは古い角質を取り除いて、新しい肌に変えてくれる働きを持っています。 肌は、本来古いお肌を新しいお肌に変えるためのターンオーバーという働きがあります。 しかし、ターンオーバーは加齢とともに徐々に働きが悪くなっていきます。 ケミカルピーリングは、ターンオーバーの働きを整えて黒ずみ解消を目指していく治療法です。 ケミカルピーリングの治療は多くの場合、1クール単位 5〜6回の治療 で行うことがほとんどです。 1クールの施術を行って、経過を見ながら2クール、3クールと治療を続けることがほとんどです。 痛みはほぼ無いと言ってよいでしょう。 レーザー治療に比べると効果が実感できるまでの期間はかかると思っておいてください。 そのため、1クールで解消されたと思う方もいらっしゃいますが、多くの場合は2クール、3クールと治療を続ける方が多いです。 ケミカルピーリングの注意点 レーザー治療と同様に、ケミカルピーリングの治療を行った後は肌が非常に敏感な状態になっています。 そのため、日焼けや刺激は厳禁です。 外出するときは長袖の服を着用したり、日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。 また、脇を洗うときはゴシゴシと刺激を与えるようなことはせずに優しく洗うように心がけてください。 ケミカルピーリングの費用の相場 ケミカルピーリングの1回あたりの費用の相場は5,000〜10,000円程度です。 1回ずつの治療を行うこともできる美容皮膚科もありますが、多くの場合は1クール単位で価格を設定しており、1クールで申し込みをする方がお得に治療を受けることができます。 先ほどもご説明したように、ケミカルピーリングは黒ずみ解消に即効性がある治療法とは言いがたいものです。 そのため、少しでもお得に治療を受けるために1クール単位で申し込みを行うのがオススメです。 塗り薬を使った脇の黒ずみ解消法 塗り薬を使った脇の黒ずみ治療は多くの場合、2種類の薬で治療を行います。 ハイドロキノン• トレチノイン 上記の2種類が黒ずみ治療で処方される薬です。 ハイドロキノンは黒ずみの原因になっているメラニン色素を作る細胞を減らしてくれるため、黒ずみを薄くしてくれる効果があります。 トレチノインは、色素沈着をして黒ずんでしまっている古い角質を剥がして、新しいキレイな肌に生まれ変わるための手助けをしてくれます。 そのため、トレチノインでターンオーバーの働きを整えて、ハイドロキノンでメラニン色素の生成を抑えながら黒ずみを解消していくという治療法です。 塗り薬を使った脇の黒ずみ治療の注意点 ハイドロキノンもトレチノインも非常に肌に負担のかかる薬です。 そのため、妊娠中の方は利用できません。 なお、肌が弱い方は肌荒れを起こしてしまうこともありますので、必ず医師の診察もと使用するようにしましょう。 ハイドロキノンやトレイノインは個人でも輸入することはできるのですが、この2つの薬は扱いが非常に難しく、酸化しやすい薬のため必ず通院をして定期的に医師から処方をしてもらようにしてください。 参加した薬を塗布してしまうと、逆に黒ずみを悪化させてしまうこともあります。 くれぐれも注意をしましょう。 なお、ハイドロキノンやトレチノインを使った治療を行っているときは紫外線を浴びないように注意をしてください。 薬が強いということもあり、肌はデリケートな状態になっています。 そのため、常時日焼け止めクリームを塗るなどして紫外線対策は徹底するようにしましょう。 薬の費用相場 ハイドロキノンとトレチノインは保険適用外の薬です。 そのため、実費負担となります。 薬は美容皮膚科で処方してもらうこともできますし、一般の皮膚科でも処方をしてもらえます。 費用の相場は、ハイドロキノンが1,500円〜5,000円程度、トレチノインが2,000円〜8,000円程度です。 美容皮膚科も一般の皮膚科も、どちらに行っても診察内容や薬の値段に大きな違いはないのですが、カウンセリング料などの値段がかからないという点で言うと、一般の皮膚科の方が安上がりになることがほとんどです。 そのため、薬での黒ずみ解消を目指すのであれば、一般の皮膚科で診察を受けて薬を処方してもらうのがオススメと言えます。 セルフケアでの脇の黒ずみ解消法 それでは、次にセルフケアでの脇の黒ずみを解消するための方法をご紹介します。 セルフケアの方法はいくつもあるのですが、代表的な2つの方法をご紹介します。 豆乳ローション(カサカサ型や埋没毛型の黒ずみに効果的)• 重曹を使ったケア(毛穴の汚れや皮脂の詰まりによる黒ずみに効果的) 一つずつご説明をしていきますね。 脇の黒ずみを解消する豆乳ローション 豆乳ローションでケアをすると毛穴を引き締める効果があると言われているため、毛穴の汚れや詰まりを予防することができます。 なお、体毛を細くして抜けやすくしてくれる働きがあるとも言われています。 そのため、毛を剃るようなことも少なくなるため、脇に与える刺激を減らし黒ずみを起こりにくくしてくれる作用があります。 豆乳ローションを黒ずみの目立つ場所に塗ることで少しずつ解消を目指しましょう。 すぐに黒ずみが改善していくわけではありませんので、数年かけて解消させていくというイメージを持って毎日コツコツと「」を続けていきましょう。 セルフケアの中では肌に与える負担も少なく済むケア方法ですので、カサカサ型や埋没毛型の黒ずみの方はオススメのケア方法です。 毛穴の汚れや詰まりによる黒ずみ解消には重曹がオススメ 食用の重曹を使うことで黒ずみを解消する効果があります。 重曹は古くなって酸化して黒ずみになっている毛穴の汚れや角質を浮き上がらせて取れやすい状態にしてくれます。 結果として、黒ずみ解消を行ってくれるのです。 食用の重曹を水で溶かしてペースト状にして黒ずみが気になる部分に塗り込んでしばらく時間をおきましょう。 その後、ぬるま湯でキレイに洗い流してください。 これを週に1〜2回程度繰り返すようにしましょう。 なお、重曹入りの洗顔フォームもあり、それを使用するのもオススメです。 「 」などを使ってみましょう。 詳しい手順や注意点については「」の記事に解説を行っていますので、合わせてご参考にしてください。 脇の黒ずみ解消に効果的なオススメクリーム 脇の黒ずみを解消する方法にご理解いただけたかと思います。 次に、脇の黒ずみに効果的なオススメの専用クリームをご紹介します。 市販で売っているオススメの商品 脇の黒ずみ専用クリームは、黒ずみに効果的に効いてくれる効果や美白効果があるので、通常のケアよりははるかに効果が高いといえます。 市販でも販売されているものがあります。 「」はドラッグストアでも扱っているお店が多いですし、美白効果や美肌効果も高いといえますので使ってみても良いでしょう。 ネットで買えるオススメなクリームTop3 ドラッグストアで扱われていない商品で、ネットで買える商品としてオススメの商品をご紹介します。 オススメ第1位!アットベリージェル 脇の黒ずみの解消に最もオススメなのが「」です。 保湿成分がたっぷり入っているので黒ずみ解消が期待できるのはもちろんのこと、お肌にも優しいクリームです。 効果の高さに比べると比較的リーズナブルなのもオススメポイントです。 オススメ第2位!ピューレパール オススメ第2位は「」です。 ピューレパールは脇以外の黒ずみにも使用できます。 モンドセレクションで銀賞を受賞したり、良い評価の口コミも多いため一度見てみても良いでしょう。 オススメ第3位!シルフィーホワイト オススメ第3位は「」です。 モニターの方の91%が満足したというデータがある満足度の高い商品です。 保湿を行った上でターンオーバーの働きを整え、美白効果の高いクリームですので、脇の黒ずみに悩む方は一度使ってみても良いでしょう。 この3つは黒ずみ解消の効果が高いと言われておりますので、日々のケアとして使うのがオススメです。 できるだけ早く解消したいと思っている方は使ってみるのも良いでしょう。 美白効果がある美容クリームもオススメです。 は温泉特有のミネラルイオンがたっぷり含まれていて美白効果が期待出来ます。 脇の黒ずみを予防して起こさないようにする生活習慣 脇の黒ずみを解消するために色々とケアを行っていても、日々の生活習慣を改善しなければ黒ずみはいつまでたっても解消されません。 ここでは見直したい生活習慣についてご紹介します。 ぜひ、参考にしていただいてご自分の生活習慣と照らし合わせて改善を行ってみてください。 脱毛などは刺激を与えないように 脱毛や脇の毛を剃るときはできるだけ刺激を与えないように意識しましょう。 脇を剃るカミソリも安いものだと刃が荒いので、少し高くて良いカミソリを選ぶようにしてください。 なお、剃るときもシェービング剤を使うなどして剃りやすいようにしましょう。 なお、ピンセットなどで自分で脱毛するのはできるだけ避けるようにしましょう。 洋服や下着は刺激の少ないものを選ぶ 洋服や下着はできるだけ刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。 擦れる回数が多かったり、お肌にとって刺激となるような素材で作られている下着や洋服はメラニンの分泌を活発化させてしまうのでできるだけ肌に優しい素材を選んだり、肌に擦れないようなサイズの下着や洋服を選ぶように意識をしてみてください。 洗うときはゴシゴシとしないように 洗うときにゴシゴシと洗ってしまうのも黒ずみを作ってしまう原因となります。 体を洗うときにボディーソープをしっかりと泡立てて、脇をゴシゴシとせずに泡で洗うような感覚で脇を洗うように意識しましょう。 脇もしっかりと保湿を行う 脇を保湿するという感覚はほどんどの方にないでしょう。 そのため、脇は乾燥しやすい部分であるとも言えます。 肌が乾燥していると外部からの刺激を受けやすい状態になるので、黒ずみを起こしやすくなったり、肌荒れを起こしやすい状態になってしまいます。 保湿を行うために保湿ローションを使ったりクリームを使ってお風呂上がりなどは保湿をすることを意識しましょう。 脇は脱毛すると黒ずみが起こるというのは本当? 脇の脱毛は自分で行うか、美容外科などで行うかによっても異なります。 自分でピンセットや毛抜きなどを使って脱毛をすると脇に刺激を与えてしまうので、皮膚はその刺激から守ろうとしてメラニンの分泌を活発化させます。 そのメラニンが色素沈着を起こすことで黒ずみを起こしてしまいます。 美容外科などで行うレーザーなどの脱毛は、自分で毛抜きやピンセットを使って行う脱毛に比べたら格段に黒ずみは起こりにくいと言われています。 脇の黒ずみにニベアが効くって本当? 保湿クリームで有名なニベアですが、脇の黒ずみに効果的だという話は聞いたことがありませんか?もしくは、脇の黒ずみの解消法をネットで調べていたらニベアが効果的だという説明がされていたかもしれません。 しかし、ニベアは脇の黒ずみを解消する効果はありません。 では、なぜニベアは脇の黒ずみに効果的だと言われるようになったのでしょうか?それは、脇の黒ずみに悩む方がニベアでケアを行った時に保湿効果とニベアが作る膜のせいだと考えられます。 保湿をすることで脇に潤いが出て、ニベアが一時的に膜を作ってくれるので黒ずみが薄くなったように見えるのです。 しかし、そもそもニベアは黒ずみ解消のために作られた商品ではありません。 そのため、脇の黒ずみの解消を目指すのであれば専用のクリームや、豆乳ローション、重曹ローションを使うようにしましょう。 妊娠すると脇が黒ずみを起こしやすいって本当? 妊娠すると体の中が変わります。 妊娠するとホルモンバランスが変化します。 妊娠するとエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌が盛んになります。 この2つのホルモンはメラニン色素の分泌を活性化させる作用があるので、脇の黒ずみが起こりやすくなってしまうのです。 ただし、あまり気にしすぎる必要はありません。 出産後、ホルモンバランスが元に戻るとともに黒ずみも徐々に解消されていくようになります。 そのため、あくまで余裕があればケアする、という程度で大丈夫です。 脇の黒ずみを隠すときはどうすれば良い? 脇の黒ずみを隠すにはファンデーションがオススメです。 顔に塗るファンデーションではなく、脇に塗るファンデーションを選ぶようにしましょう。 中でも「」は、脇の黒ずみを隠す効果の高いファンデーションです。 デートなどで一時的に気になる脇の黒ずみを隠したいというときは使ってみても良いでしょう。 先ほども解説いたしましたが、脇の黒ずみは長い時間をかけてできるものです。 そのため、すぐに解消する方法はありません。 焦らず時間をかけてコツコツとケアを行って解消を目指しましょう。 なお、これから先に脇の黒ずみに悩まないためにも、脇に刺激を与えないようにして生活習慣も改善してくださいね。

次の