エクセル 1行目 消えた。 [Shift]や[Ctrl]キーで行列の選択【Excel・エクセル】

Excel(エクセル)で一行ずつ飛ばして行を削除する方法

エクセル 1行目 消えた

「C列」をクリックする• 「C列」をクリックしたまま、消えた「A列」まで左クリックで選択する• 「C列」の上に戻って右クリックをして、「再表示」を左クリックする それでは1つ1つ見ていきましょう。 step 1「C列」をクリックする まずは、消えた列の右にあります、 「C列」の1番上の部分をクリックしましょう。 step 2「C列」をクリックしたまま、消えた「A列」まで左クリックで選択する 「C列」をクリックしたら、そのまま消えた 「A列」まで左クリックで選択しましょう。 step 3「C列」の上に戻って右クリックをして、「再表示」を左クリックする そして「A列」まで選択したら、 「C列」までマウスを戻して「右クリック」をして、「再表示」を左クリックしましょう。 すると、上記画像のように、 「A列」と「B列」が再表示されるようになるのです。 行を再表示する方法! 行も同じ手順で、• 「C列」と「1番左の列」の間にカーソルを移動する• 二重線の矢印を左クリックで右に移動する• 同じ要領で「A列」も右に引っ張る それでは1つ1つ見ていきましょう。 step 1「C列」と「1番左の列」の間にカーソルを移動する まずは、 「C列」と「1番左の列」の間に、マウスを動かしてカーソルを移動しましょう。 step 2二重線の矢印を左クリックで右に移動する すると、カーソルの矢印が二重線に変わりますので、その 二重線の矢印をクリックして、右に引っ張りましょう。 そうすると、消えた 「B列」が再表示されます。 step 3同じ要領で「A列」も右に引っ張る あとは、 同じ手順で「B列」と1番左にある二重線の矢印を右に引っ張りましょう。 すると、「A列・B列」が表示されるようになるのです。 行も再表示する方法! 行も同じ手順の、• 「名前ボックス」をクリックする• 「名前ボックス」に「A1」と入力する• 同じ手順で「B列」も表示する それでは1つ1つ見ていきましょう。 step 1「名前ボックス」をクリックする まずは、セルの左上にあります、選択したセル番号が記載される、 「名前ボックス」をクリックしましょう。 step 2「名前ボックス」に「A1」と入力する 「名前ボックス」に記載されていますセル番号を消して、 「A1」と入力してください。 「名前ボックス」をクリックする• 「名前ボックス」に「A1」と入力する• 同じ手順で「B列」も表示する 以上が、Excelで列が消えた時の対処法!【再表示する方法を解説します】についてでした。 是非、意識してチャレンジしてみてください。 【無料】毎月30万円を「自動」で稼ぐ方法を公開中! あなたは、個人が「自動で稼ぐ」方法はご存知ですか? それは、 ブログとメールを使って仕組みを作ることです。 ちなみにですが、 自動で稼げるようになると下記のようなメリットがあります。

次の

プロから学ぶ!エクセルで見やすい表を作成する方法

エクセル 1行目 消えた

結合されているセルがある 下の赤枠の場所は結合されています。 このような状態でフィルターをかけると、結合した部分の最上部のデータだけしか抽出されません。 下の画像は「東京本店」で抽出したものです。 「11行目」だけ抽出され、「12行目」は無視されているのが分かります。 このような時は、セルの結合を解除して、必要なデータを埋めてからフィルターを使用しましょう。 フィルターや並べ替えが必要な表の場合は、セル結合を使用するのは避けた方が無難です。 この機会に表全体の見直しをした方が良いかもしれません。 まとめ オートフィルターが正常に働かない場合の原因は、エクセルの表の自動範囲がこちらの思った範囲になっていないことが1番多いのではないでしょうか。 ここで紹介した2つが原因でない場合は、データの形式にも注意してみてください。 日付に見える場所が、実は文字列として入力されていることがあるかもしれません・・・。 そもそも、 最初の1文字目に空白を入れてしまっているような、データ入力ミスの可能性もありますよ。

次の

エクセルでヘッダーや先頭行の見出しを固定印刷する方法|Office Hack

エクセル 1行目 消えた

タイトル行を全てのページで印刷する 表のヘッダー部分を固定して印刷するには この記事で「タイトル行」「先頭行」あるいは「見出し行」と表現するのは、作表したときに各列項目のヘッダー行や表のタイトル部分のことです。 それには タイトル行の設定 が不可欠です。 タイトル行の設定 印刷タイトルの設定・解除 では、実際にタイトル行を固定する設定方法について説明します。 メニューの「ページレイアウト」にある「 印刷タイトル」をクリックします。 [タイトル行] の部分の右のボックスをクリックします。 これでタイトル行を指定できるモードになります。 サンプルでは、シートの1行目の表題と2行目のヘッダー行を「タイトル行」としたいので、1~2行目の行全体(セルではなく)を選択します。 選択すると 1行目と2行目全体が点線で囲まれる。 Enterキーをクリックして「ページ設定」のフォームに戻ったら [OK] をクリックして設定完了です。 正しく設定されていれば、下図のように2ページ目以降にも表のヘッダー部分が表示されているはずです。 タイトル行が設定できない方へ ページ設定フォームの表示方法をチェック 今回紹介した「ページ設定」のフォームは、メニューの「ページレイアウト」以外の場所からも表示させることが可能です。 そして、その方法によっては、 タイトル行の設定ができない場合 があります。 この画面から [シート] タブを選択しても「タイトル行」を設定することはできません。 タイトル行の設定ができないという方は、前述のとおりメニューの「ページレイアウト」から「印刷タイトル」をクリックして「ページ設定」のフォームを表示させてみてください。 以上で『 エクセルの先頭行(カラムヘッダー部分)を全ページ固定で印刷する方法』は終了です。 次回は、画面を下方向にスクロールしてもタイトル行が画面上部に固定される方法です。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 印刷・名前の管理 エクセルの印刷範囲を「可変型」に設定して印刷範囲の拡大・縮小を自動化する方法です。 データが入力されている行数分だけを印刷範囲に設定する方法をご存知ですか? ページ設定・印刷 エクセルのフッターでページ番号を任意の番号から開始する方法を解説します。 たとえば、エクセルで作成した資料を会議資料の6ページ目以降に差し込むのでページ番号は「6」から、といったケースです。 印刷・作業グループ エクセルで別シートを1枚の用紙に両面印刷できないときの対処法について解説します。 「作業グループ」を設定すれば、かんたんに複数シートの内容を両面印刷することができます。 コメント・印刷 エクセルのコメントを印刷する方法について解説。 デフォルトでは印刷されないコメントを印刷する手順です。 『コメントとは?』という方のために、コメントの基本的な使い方にも触れています。 印刷 「印刷範囲」の設定・解除・変更・表示などで、ユーザーが「できない」と悩みがちな点に着目。 印刷範囲を表す青線・点線を消せない、移動できない、など。 印刷・枠線 エクセルの 枠線を消す・枠線が表示されない・枠線を印刷したい、という場合の対処法を解説。 枠線の表示設定や印刷設定など、枠線に関するテクニックを図を入れながらわかりやすく解説します。 ウィンドウ枠の固定 ウィンドウ枠の固定で複数の行や列をロックして表示する方法を解説。 ヘッダー部分や左端の列をロックし画面をスクロールしても動かない様にします。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。 グループ化 行や列を折りたたむ「グループ化」の機能について解説。 たたむ・展開するの切替えはワンタッチで簡単!この グループ化 で見た目もすっきり、そして機能的な作表に挑戦しましょう。 条件付き書式・COUNTIF関数 エクセルで重複するデータに色を付ける方法を解説します。 Excelでダブりチェックをする方法はいくつかありますが簡単に設定できるのでぜひ挑戦してみましょう。 条件付き書式・MOD関数・ROW関数 Excelでセルを1行おきに色づけする方法について解説します。 条件付き書式とMOD関数・ROW関数をつかってデータの並べ替えに強い色付けを解説します。

次の