リュープリン。 リュープリン副作用 :薬によるもの

リュープリンSRがない?出荷調整に感じる違和感

リュープリン

リュープリン(リュープロレリン)の作用機序:抗がん剤 ホルモンは体の調子を整える働きがあり、男性では男性ホルモンが、女性では女性ホルモンが重要になります。 ただ、中にはホルモンの作用によってがんを発症してしまうことがあります。 男性ホルモンによって前立腺がんが、女性ホルモンによって乳がんを発症しやすくなります。 そこで、これらホルモンの働きをコントロールして病気を治療する薬として リュープロレリン(商品名:リュープリン)があります。 リュープロレリンは LH-RH製剤と呼ばれる種類の薬になります。 リュープロレリン(商品名:リュープリン)の作用機序 男性ホルモンや女性ホルモンは病気と密接に関わっています。 これら性ホルモンが原因でがんになることもありますし、もう少し軽い病気であれば、例えば女性ホルモンの影響によって子宮内膜症や子宮筋腫に陥ることもあります。 ホルモンの作用によって病気を発症するため、これらの病気を治療する方法として「 性ホルモンの働きを抑えてしまえばいい」という発想が浮かびます。 男性ホルモンで有名なものにテストステロンがあり、女性ホルモンではエストロゲンが有名です。 テストステロンは精巣から、エストロゲンは卵巣から分泌されます。 これら性ホルモンが分泌されるには、視床下部から放出される LH-RH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)と呼ばれるホルモンが大きく関わっています。 LH-RHが合図となってテストステロンやエストロゲンの分泌が起こるのです。 そこでLH-RHと同じような作用をする物質を創出すれば、性ホルモンの分泌をコントロールできることが分かります。 このような考えによってLH-RHを元にした薬をLH-RH製剤と呼びます。 LH-RHによって先に挙げた前立腺がんや乳がんなどの病気を治療しようとするのですが、LH-RHを投与した時、男性ホルモンである「テストステロン」や女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量は増大します。 テストステロンやエストロゲンは前立腺がんや乳がんなどのリスクとなります。 そのため、普通に考えれば「男性ホルモンや女性ホルモンの分泌量を上げるとがん細胞が活性化してしまうのでは」と考えることができます。 ただ、実際にはそうではありません。 医薬品として使用されるLH-RH製剤は天然のLH-RH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)に比べて何十倍も受容体に強く結合する作用があります。 LH-RH受容体は強い力で刺激され続けると、その数が減ってしまうことが分かっています。 LH-RH製剤によって受容体を刺激し続けると、その受容体の数自体が減少してしまうのです。 このように、強い刺激を受け続けることにより、受容体の数が減ってしまう現象を ダウンレギュレーションと呼びます。 継続的にLH-RH製剤を投与することでLH-RH受容体のダウンレギュレーションが起こり、受容体の数が減ってしまうのです。 その結果として、精巣からのテストステロンや卵巣からのエストロゲンの分泌が抑制されます。 これら性ホルモンの分泌を減らすことができるため、乳がんや前立腺がんを抑制することができます。 このような考えにより、LH-RHと同じ作用を示すことで性ホルモンの分泌を抑え、病気を治療する薬がリュープロレリン(商品名:リュープリン)です。 リュープロレリン(商品名:リュープリン)の特徴 天然のLH-RHに比べて、リュープロレリン(商品名:リュープリン)の作用は約100倍です。 これによって強力に性ホルモンの分泌を抑えます。 LH-RH製剤自体は前立腺がんの治療薬として1980年に開発されていました。 しかし、当時のLH-RH製剤は連日投与しなければならず、とても不便でした。 そこで、 薬が体内で少しずつ放出される徐放性製剤とすることで、「4週間に1回の投与」や「12週間に1回の投与」にした薬としてリュープロレリン(商品名:リュープリン)が開発されました。 マイクロカプセルにリュープロレリンを結合させることにより、薬の放出を制御しています。 このような特徴により、性ホルモンの分泌を抑えることによって、ホルモンが関わる病気を治療する薬がリュープロレリン(商品名:リュープリン)です。

次の

医療用医薬品 : リュープリン

リュープリン

N-[1-[[1-[[1-[[1-[[1-[[1-[[5- diaminomethylideneamino -1- [2- ethylcarbamoyl pyrrolidin-1-yl]-1-oxo-pentan-2- yl]carbamoyl]-3-methyl-butyl]carbamoyl]-3-methyl- butyl]carbamoyl]-2- 4-hydroxyphenyl ethyl] carbamoyl]-2-hydroxy-ethyl]carbamoyl]-2- 1 H-indol-3- yl ethyl]carbamoyl]-2- 3 H-imidazol-4-yl ethyl]-5-oxo- pyrrolidine-2-carboxamide 臨床データ Lupron 目次• 作用機序 [ ] リュープロレリンはの受容体に対するである。 通常の脈動的刺激を阻害してGnRH受容体の感受性を弱め、間接的にである(LH)および(FSH)の分泌を抑え、に導く。 すなわち男女でのおよびを劇的に減少させる。 効能・効果 [ ] 1. 88mg製剤、3. 75mg製剤、11. 25mg製剤、22. 5mg製剤で異なる。 88mg 3. 75mg 11. 25mgSR PRO22. 88mg製剤と3. 75mg製剤で4週間毎、11. 25mg製剤で12週間毎、22. 5mg製剤で24週間毎である。 LH-RH(GnRH)アナログであるリュープロレリンはやといったホルモン感受性の癌の治療および依存性疾患( や等)の治療、ならびに ()の治療 に用いられる。 また(IVF)の際の卵巣刺激にも使用される。 また等のについて性的衝動の抑制に使用される事もある。 女性の軽度〜中等度のに対する有効性も示唆されている。 リュープロレリンと ()および ()の併用は、しばしば ()に対してを開始可能な年齢に達するまでを遅らせるために使われる. ()での抑制効果においてとの併用によるよりも優れているとされる。 獣医学領域での使用 [ ] フェレットの や の治療にも使われる。 副作用 [ ] 重大な副作用として、間質性肺炎(0. そのほか、注射部位反応、盗汗、倦怠感、胃部不快感、嘔気、下痢便秘、腹痛、乳房腫脹、筋痛、不眠、性欲減退、陰部不快感・乾燥・瘙痒・出血、夜間頻尿、脱力感、悪寒、皮膚湿潤、発赤、瘙痒感、皮膚落屑、睾丸痛、性的不能、記憶障害が起こり得る。 自閉症治療 [ ] 2005年、リュープロレリンでを治療できる可能性があるという論文が発表された。 これは自閉症はにより発生するとする ()に基づいたものであり、さらに水銀がと不可逆的に結合すると仮定し、従ってリュープロレリンでテストステロン濃度を低下させれば水銀濃度が低下すると推論したものであった。 しかし、投与された小児・青年には性的機能の発達に非可逆的なダメージが残り、自閉症治療効果については科学的に信頼に足る結果が何一つ得られないという悲惨な結末を迎えた。 これはリュープロンプロトコル(Lupron protocol)と命名され 、仮説の提唱者である ()はワクチンと自閉症との関連について意見を表明することを、その専門家ではなく医師免許をも剥奪された 事を理由として、幾度となく禁止された。 医療専門家はガイアーの主張を「ゴミクズ科学」と名付けた。 承認取得状況 [ ] 米国 [ ]• 1989年1月、進行前立腺癌のとして徐放性注射剤(デポ)(7. 5mg入りバイアル 月1回筋肉内注射)が、続いて3ヶ月毎投与の22. 5mg入りバイアルと4ヶ月毎投与の30mg入りバイアルが承認された。 またおよびの治療薬として毎月投与の3. 75mg入りバイアルと3ヶ月毎投与の11. 25mg入りバイアルが承認された。 75mg入りバイアル、11. 25mg入りバイアル、15mg入りバイアルが ()治療薬として承認された。 2000年3月、進行前立腺癌の姑息的治療薬として年1回投与の72mg皮下埋込製剤が承認された。 2002年1月、進行前立腺癌の姑息的治療薬として月1回投与の皮下デポ製剤が承認された。 続いて3ヶ月毎投与の22. 5mg製剤、4ヶ月毎投与の30mg製剤、6ヶ月毎投与の45mg製剤が承認された。 日本 [ ]• 1992年7月、「前立腺癌」治療薬として3. 75mg入り徐放性剤が承認された。 1994年7月、「子宮内膜症」および「中枢性思春期早発症」治療薬として追加承認された。 1996年10月、「過多月経、下腹痛、腰痛および貧血等を伴う子宮筋腫における筋腫核の縮小および症状の改善」および「閉経前乳癌」治療薬として追加承認された。 関連項目 [ ]• ()のリュープロレリンの項目 (英語) 注釈・出典 [ ] 注釈 [ ]• Crosignani PG, Luciano A, Ray A, Bergqvist A January 2006. Human reproduction Oxford, England 21 1 : 248—56. Badaru A, Wilson DM, Bachrach LK, et al. May 2006. The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism 91 5 : 1862—7. Saleh F, Niel T, Fishman M 2004. J Forensic Sci 49 6 : 1343—8. Schober JM, Byrne PM, Kuhn PJ. 2006. BJU international 97 4 : 684—6. Schober JM, Kuhn PJ, Kovacs PG, Earle JH, Byrne PM, Fries RA. 2005. Archives of Sexual Behavior 34 6 : 691—705. Doraiswamy PM, Xiong GL. 2006. Expert Opin Pharmacother 7 1 : 1—10. Bowen RL, Perry G, Xiong C, et al. 2015. J Alzheimers Dis. 44 2 : 549-60. David A. Wolfe; Eric J. Mash 9 October 2008. Guilford Press. 556—. 2012年3月24日閲覧。 Desmarchelier M, Lair S, Dunn M, Langlois I. Primary hyperaldosteronism in a domestic ferret with an adrenocortical adenoma. J Am Vet Med Assoc. 2008 Oct 15;233 8 :1297-301. PMID:19180717• Boari A, Papa V, Di Silverio F, Aste G, Olivero D, Rocconi F. Type 1 diabetes mellitus and hyperadrenocorticism in a ferret. Vet Res Commun. 2010 Jun;34 Suppl 1:S107-10. doi: 10. PMID:20446034. 2016年11月6日閲覧。 2016年11月6日閲覧。 2016年11月6日閲覧。 Geier M, Geier D 2005. Med Hypotheses 64 5 : 946—54. Allen A 2007年5月28日. Slate. 2008年1月30日閲覧。 Research Autism 2007年5月7日. 2015年4月9日閲覧。 2011年5月11日. 2015年9月9日閲覧。 " 2008年3月6日, at the. ", US District Court for the Middle District of North Carolina, July 6, 2006• "", Stephen Barrett, M. Mills S, Jones T 2009年5月21日. Chicago Tribune. 2009年5月21日閲覧。 , , May 21, 2009• 2016年6月27日閲覧。 外部リンク [ ]• package insert from abbott• journal article discussing use of Lupron as a form of reforming sex offender law• , website against use of this drug.

次の

「プログラフ」と「リュープリン」|薬事日報ウェブサイト

リュープリン

老健施設の事務員です。 ある利用者様が、病院でリュープリンの注射(=前立腺ガンの薬)を受けました。 その病院は、「通院」ではなく「日帰り入院」扱いにしてくれました。 リュープリンの費用は、通院だと老健施設の負担になるが、入院なら老健施設の負担にならないので、「日帰り入院」扱いにしてくれたのです。 さて、ここで質問です。 リュープリンの注射は1月25日に行いましたが、老健施設の今月の入所の利用料は「31日分」を請求し、今月は「退所なし」としてよいのでしょうか? それとも、今月は「退所1回、入所1回」として、入所の利用料を「32日分」請求することは可能でしょうか? もし、ご存じでしたら、ご回答いただければ幸いです。 それでは、よろしくお願いいたします。 32日分請求したら返戻になりますよね、単純に… No. masaさんのおっしゃるとおり、少なくとも当県では運営指導の対象です。 一日分の介護報酬の返還で済めば良いですが、悪徳の場合には更なる指導が入るようです。 皆さんおっしゃっているとおり、最近では高額な薬価の薬も増えているので悩みどころですが、どうしても老健が負担できないのであれば、本当に一日自宅へ帰ってもらい、医療保険を利用して処方していただくなら問題がないとの事でした。 (利用者や家族への負担という観点はおいておいて…ですが) ただ、退所日や入所日は介護報酬を算定することになるため、確実に指導を受けないように対応するのであれば丸一日不在にする必要があるかと。 つまり1月25日に注射であれば、24日に退所していただき、26日に再入所という形になります。 さらに入退所連絡票を保険者へ提出しなければならないので「なぜ?」と問い合わせがあった時には全てをお話しなければなりませんが。 正しいことをしておいて病院と仲が悪くなるのであれば、そういったところと親密な付き合いは避けた方が今後のためかと思われますが…。 また、今後老健が生き残っていくためには、いつまでも「薬代が高いため…」と入所を断ることは難しくなっていくような気がしますし、現実問題として空床が出てきている施設も多くあるようなので、今まで通例でとおっていたルールを変える必要があるかとも思います。

次の