いらすとや 大人数。 『我々だ』メンバーは何人?!小学生に話題のグループとは|旅大好きアラフォー主婦Happy lifeの道

お絵かき伝言ゲーム お題やルールは?盛り上がるイラストネタはコレ!

いらすとや 大人数

チームビルディングのためのアクティビティとして人気の運動会。 会社組織のメンバーの結束力を高める効果を期待して導入する企業が増えています。 今回は、運動会におすすめのユニークな種目から定番系の種目のアレンジ方法まで幅広く紹介します。 【番外編】 コロナ禍でも 3密を避けた運動会ができる! 非接触対応可能の『脱 3密運動会』 は 運動会の面白い・ユニークな種目 10選 詰め放題競走 単純ですが白熱します。 つかみ取りや詰め放題などのイベントでは、みんながひとつでも多く取ろうと必死になりますよね。 あの要領で、非常に盛り上がります。 袋や詰めるものの選択肢は様々ですが、難易度を考慮して選んでください。 たとえば大きくて硬いものは詰める難易度が高く、場合によっては盛り上がりに欠ける恐れがあり、他者との差がつきにくくなってしまいます。 かといって小さすぎると数えるのが大変に……。 おすすめはピンポン玉ほどのサイズのものをビニールに詰め込むスタイルか、頭を使って袋の中でテトリスをするように詰めていくスタイルです。 リレー形式にするのもありです。 【対象人数】 2~ 20人程度 【所要時間】数分 【費用】 500~ 5,000円程度 会社 PR競走 定点を決め、走者はそこで会社を PRします。 判定員を用意しておいて合否を決めるか、 PRの出来に得点をつけて走破タイムと合算して順位を決める形がよいでしょう。 会社の運動会では、メンバーの仲だけでなく会社愛も育みたいところですよね。 この種目により、運動会の参加者が会社のことを想う機会をつくれます。 リレー形式でも。 【対象人数】 5~ 20人程度 【所要時間】 5~ 15分程度 【費用】 0~ 1,000円程度 歌って踊って競走 子どもの頃に参加した運動会では音楽に合わせて踊る種目があったかと思いますが、会社の運動会ではそのための準備に時間を割くのが難しいと思います。 そんなときにおすすめの『歌って踊って競走』。 各自が好きな曲を選び、振り付けを覚えてきてもらいます。 人前で歌って踊ることは恥ずかしいと思う人が多いかと思いますが、そういった経験が社会人としての殻を破るきっかけになることも。 リレー形式が望ましいです。 チーム対抗戦にすれば、同時に他チームのメンバーが歌って踊っているので参加者はやりやすいと思います。 赤組と白組、懐かしいですね。 【対象人数】 10~ 20人程度 【所要時間】 5~ 15分程度 【費用】特になし 3歩進んで 2歩下がる競走 3歩進んで 2歩下がる、人生はそれで上出来だと言われます。 しかし、会社としてはなるべく大きな 3歩と、なるべく小さな 2歩で成長していってもらいたいですよね。 なので『 3歩進んで 2歩下がる競走』では、各々が進む歩幅と後退する歩幅を決めて競走します。 チーム戦にしても盛り上がるでしょう。 下がるときの判定をする審判の存在は必須です。 【対象人数】 10~ 20人程度 【所要時間】 10~ 20分程度 【費用】特になし 得意球技ドリブル競走 ドリブルがある球技というと、「サッカー」「バスケットボール」「ラグビー」等が一般的でしょうか。 その他「卓球」や「バレーボール」等の球技も加えて、各チームのメンバーの中で割り振り、リレー形式で競走を行います。 単純な足の速さだけが勝敗を決めないので、抜きつ抜かれつ白熱した勝負になりやすいです。 参加者が得意なことを選んで頑張れるので、モチベーションも上がりやすくなります。 【対象人数】 15~ 30人程度 【所要時間】 15~ 30分程度 【費用】 10,000~ 50,000円程度 成長ムカデ競走 トラックを周回する毎に一人ずつ増えていくムカデ競走です。 ムカデ競走は参加者の足と足をひも状のもので縛りつけ、みんなが同じ側の足を前に出して進んでいきます。 人数が増えるほど足並みをそろえることが難しくなるので、周回を重ねる毎に難易度が上がります。 メンバーの足並みをそろえるという意味で、チームビルディングの効果も期待できます。 【対象人数】 15~ 30人程度 【所要時間】 20~ 30分程度 【費用】 10,000~ 30,000円程度 バブルボール相撲 バブルボールは、空気の入った球体型の浮き輪のような素材の物体の中に体を入れる商品です。 バブルサッカーが流行したことをきっかけに、広く知られるようになりました。 バブルボールの良いところは、足以外が露出していないので転んでもケガをしない点です。 その特徴から、相撲に適しています。 大将戦のようなチーム戦がおすすめです。 『仲良しキャタピラ競走』では、 2人同時にキャタピラの中に入ってハイハイをします。 二人三脚とはまた違う呼吸の合わせ方が必要になり、やってみるととても面白いです。 参加者に照れがでるのもいいですね。 【対象人数】 10~ 20人程度 【所要時間】 20~ 30分程度 【費用】 5,000~ 30,000円程度 芸術的組体操 組体操で芸術性を競います。 組体操は運動会の定番種目のひとつですが、大人になるとやらなくなると思います。 人をレゴブロックのように組み合わせ、参加者にはなんらかの芸術性を表現してもらいます。 「創造性」「出来栄え」「安定性」といった採点項目を事前に作っておき、チーム対抗戦にすることをおすすめします。 色を表現するために衣装を用意してもらうとより華やかになります。 【対象人数】 20~ 30人程度 【所要時間】 20~ 30分程度 【費用】特になし チャンバラ合戦 年々人気が高まっており、組織力を高める(チームビルディングの)効果も期待できるアクティビティです。 頭と体をフルに使い、仲間とのコミュニケーションを通して戦略を練る。 大人の運動会種目に、また会社の運動会種目に最適です。 そして『チャンバラ合戦』はスポーツとしても非常に楽しめるアクティビティなので、主体的に参加できる運動会にするための一助にもなると思います。 【対象人数】 10~ 50人程度 【所要時間】 30~ 120分程度 【費用】要相談 運動会の定番種目 10選(アレンジ有) 玉入れ 運動会の定番種目の玉入れですが、大人がやっても結構楽しいです。 後ろ向きに投げたり、リレー形式で順番に入れていかなければならない等のルールを加えることにより、難易度が上がってさらに盛り上がります。 【対象人数】 10~ 20人程度 【所要時間】 5~ 15分程度 【費用】 10,000~ 30,000円程度 綱引き 綱引きと言えば完全に体だけを使う競技種目ですが、そこに「クイズ」や「陣取り」、「おたすけ機能」等を加えることにより力と呼吸を合わせることだけでは勝負が決まらなくなります。 【対象人数】 10~ 20人程度 【所要時間】 10~ 20分程度 【費用】 3,000~ 10,000円程度 競走 いわゆる「かけっこ」です。 短距離走やリレーが一般的ですが、「球技の要素」を取り入れたり、「仮装」をしたり、「人を担ぐ」等を加えることにより、種目としての幅が出てきます。 足が速いだけで勝てるのは子どもまで。 大人が競うなら、もっと様々な要素を絡めたいところです。 個人戦よりリレー形式のほうが盛り上がると思います。 【対象人数】 5~ 20人程度 【所要時間】 10~ 20分程度 【費用】 0~ 10,000円程度 障害物競走 障害物競走は運動会の定番種目ですが、用具のすべてを用意するのは大変です。 そこで、運動会の企画や用具レンタルを提供している会社を利用することをおすすめします。 物理的な障害物だけでなく、クイズ等のセクションを用意してもいいと思います。 【対象人数】 5~ 30人程度 【所要時間】 15~ 30分程度 【費用】 50,000~ 100,000円程度 二人三脚 二人三脚に挑戦した経験のある人は多いと思いますので、 30人 31脚のように高難易度の種目に発展させてもいいと思います。 みんなで気持ちのいい汗を流すのも運動会の醍醐味ですが、チャレンジ精神を養うことや達成感を得ることもまた大切です。 【対象人数】 10~ 30人程度 【所要時間】 15~ 30分程度 【費用】 5,000~ 10,000円程度 パン食い競走 パン食い競争にチャレンジしたことのある方はイメージしやすいと思いますが、口だけで高いところにあるパンを咥えるのはなかなか難しいですよね。 なので、制限時間を決めて、その間に咥えられた分だけポイントを加算してあげるシステムにしても面白いです。 走ることよりパンを取ることに重点を置くと、より楽しくなると思います。 【対象人数】 6~ 20人程度 【所要時間】 20~ 30分程度 【費用】 10,000~ 30,000円程度 借り物・借り者競走 『借り物・借り者競走』は、ちょっとした恋の予感がする、どことなく青春の香りのする種目です。 ただ、会社ではすでに関係性のできている人が多い上に、社交性も身に着けた大人世代ばかりですので、普通におこなっても面白くなりません。 人を借りる場合には「相手の好きなところ(尊敬しているところ・良いと思うところ等)を言う」等の要素を加えて、「照れ」が出るようにしてみてください。 きっともっと仲良くなれます。 【対象人数】 10~ 30人程度 【所要時間】 20~ 30分程度 【費用】 0~ 10,000円程度 大縄跳び 運動会の種目としては定番の大縄跳びですが、大人がやるには少々シンプルすぎます。 ちょっと工夫して、人数の多さや時間の長さをポイント化したり、音楽のテンポを変えてそれに合わせるようにしたり、クイズを同時に行う等をしてみることをおすすめします。 チーム戦になるので、賞品等を用意してもいいと思います。 【対象人数】 10~ 30人程度 【所要時間】 20~ 30分程度 【費用】 5,000~ 10,000円程度 バケツリレー チームの連携を高めるために、運動会の種目として『バケツリレー』を取り入れる企業もあるようです。 昔ながらの、日本人らしい協力体制なので、連携を高める効果が高いのでしょう。 バケツリレーをするときの掛け声をポイント化したりといった工夫もできます。 様々な工夫を取り入れられます。 たとえばいくつかの騎馬隊を同じチームにして戦略性を高めたり、陣取り(国取り)の要素を入れたり、大将戦にしたり等、様々な形式にできます。 人数が多い場合には、青軍赤軍に分けると盛り上がると思います。 大人のアクティビティでは、頭を使うことが非常に大切です。 考える機会が多いほど目に見えることも肌で感じることも多くなるからです。 企画の段階からしっかりと練れば、より盛り上がり、より意義深い種目になると思います。 【対象人数】 20~ 30人 【所要時間】 30~ 60分 【費用】 10,000~ 50,000円程度 戦国運動会 『戦国運動会』は、企業向け運動会を総合的にプロデュースします。 「戦国時代」をコンセプトにしたユニークな種目で、参加者の皆さんに「非日常的な楽しさ」を提供します。 運動会だけでなく、チームビルディングを目的としたアクティビティとしても人気です。 また、大人の週末の趣味にも最適です。 企業の運動会に再度着目し、取り組んでいる企業は増加してきていますが、それに比例して「つまらない」、「面倒くさい」という参加者の声も多く挙がっているようです。 せっかく開催するなら、楽しい運動会にしたい。 そう思いますよね。 参加者全員が笑顔になる、素晴らしい運動会にしましょう!•

次の

大人の運動会でおすすめの種目20選【面白い・ユニーク~簡単・定番】

いらすとや 大人数

幼稚園や保育園の水遊び、小学校のプールで遊べるゲームをまとめました。 プール遊び一覧 手ですくったプールの水を相手にかけ合う遊びです。 水に潜って息を止めたまま、じゃんけんをして遊びます。 水に潜り息を止めて、にらめっこをして遊びます。 相手を笑わせた子の勝ちです。 じゃんけんに負けた子は、相手の肩につかまり、マントのように引っ張られるプール遊びです。 じゃんけんに負けた子は列になって後を付いていく遊びです。 プールの底に沈んだ碁石(ごいし)を潜って集める遊びです。 プールの中で鬼ごっこをして遊びます。 水の抵抗で動きづらくなりす。 漁師役が手を繋いで網をつくります。 魚役の子を網で囲って捕まえます。 手を広げた鬼の間を通り抜けて、ゴールを目指すプール遊びです。 四角いプールをみんなで同じ方向に回り、水の流れを作って遊びます。 四角いプールを右や左に動いて波を起こして遊びます。 プールの中で手を繋ぎ、繋いだ手の間にボールを挟んで運ぶゲームです。 プールの水の中を歩いて(走って)ゴールを目指します。 泳いではいけません。 プールの時にバスタオルなしでも海水パンツに着替える方法です。 プールに入る前の冷たいシャワーを修行に見立てて遊びます。 背中にもみじのような手の跡をつけるイタズラ遊びです。 ペットボトルのフタと牛乳パックで作った亀をすくうゲームです。 水面に浮かべた浮き輪に飛び込んで輪の中に入る遊びです。 人を的にして浮き輪を投げて遊びます。 水に関連する遊び.

次の

ボール遊び 40種類まとめ

いらすとや 大人数

チームのベスト人数は3〜10人 あなたが所属する「チーム」はどんなチームですか? チームのスタイルは千差万別です。 メンバーがそれぞれ独立して仕事するチームもあれば、全員の作業状態を共有しているチームもあります。 良いチーム運営をするために、スクラムのプラクティスは有効です。 スクラムの核心は、 「コミュニケーションコストをなるべく上げず、有機的なチームを作ること」にあるからです。 チームミーティングの「人大杉」問題 毎週のチームミーティングで話す「内容」を思い出してください。 今週行ったことの報告• 問題の共有• 同僚からアドバイスをもらう 多少の差はあれ、だいたいこのようなことを話しているかと思います。 「時間」はどうでしょうか? 参加人数が多いミーティングでは、全員の話を聞くだけで相当の時間がかかります。 時間を圧縮するために、チームリーダーは工夫をこらすでしょう。 表者だけが発言するケース、ひどい場合だと「一方的な伝達事項のみ」……なんてこともあります。 マネージャがどれだけミーティングを効率的に運営しても、「人大杉」問題は解決されません。 適切なチームは3〜10名で回る スクラムでは、 「適切なチームの人数は、3〜10人」という認識です(長く4〜10人でしたが、2011年に最低人数が3人と改められました(詳細は参照)。 これはルールというより、世界中の人たちの経験則に基づいたベストプラクティスです。 10名を超える場合は、チームを分割して適切な人数を保つ方が効率的だといわれています。 例えば5名なら、で、1人につき2分ずつ報告しても、10分で終わります。 他のメンバーが行っていることを知り、問題になっていることを確認し、チームの置かれた状況を把握するために、人数は少ない方がやりやすいのです。 参考: 当事者意識を刺激する チームの人数は、メンバーの当事者意識に大きく作用します。 人が多いと、「課題を自分から解決しなくても、誰かがきっと解決してくれる」と考える確率が高くなります。 すべてのメンバーが「次に解決するのは自分かもしれない」という意識を持たなければ、他のメンバーの問題解決から学び取ろうという意識が生まれません。 小さなチームではいつ自分の番が回ってくるか分かりませんから、常に準備が必要になります。 その結果、チームの知識は常に「同期された状態」を保つようになります。 人数が少なすぎても問題が起こる 反対に、チームの人数が少なすぎても問題を抱えます。 最大の問題は 、チームの課題を解決するアイデアの多様性が欠如することです。 多様性を確保する 解決すべき課題に対して、開発者、デザイナー、インフラ、さまざまな知見を総動員してアイデアを出すことになりますが、この時に最も影響を与えるのは「スキルや経験の多様性」です。 チームに多少なりともその解決策を知っている人がいれば、Webで調べたり、知っていそうな人に聞きに行けます。 しかし、知らないことは調べることすらできません。 チームは多様性を持っている方が、効率的なのです。 また、人が入れ替わる際のコストも、人数が少ない方が高くつきます。 4人のチームから1人交代する場合、十分に成熟したチームであれば、残りの3人が1人分の仕事をバックアップしながら、新しいメンバーに徐々に知識共有しけるでしょう。 チームの文化が急に崩壊することもありません。 しかし、2人のチームで1人が抜けることは、即座にチームの崩壊を意味します。 新しいやり方で結果を出したチームがあると、経営者はそれを社内全体に波及させたいと望むでしょう。 例えば、チームのメンバーを1人1人別のチームに入れ、一度に多くのチームを教育させようとするかもしれません。 しかし、これではチームの状況が違うため、成功したチームでの経験を生かしきれません。 それよりは、チームを維持し、新しい課題をチームに与えていく方が効率的です。

次の