季節 の 挨拶 11 月 下旬。 季節の挨拶11月

時候の挨拶で11月下旬に使える言葉は?秋から冬に変わる季節!

季節 の 挨拶 11 月 下旬

「時候の挨拶」「季節の挨拶」とは? 「時候・季節の挨拶」は季節の移り変わりを表現する礼儀文 「時候の挨拶」「季節の挨拶」とは、季節感を大切にしてきた日本における、手紙の冒頭に用いる礼儀文のことをいいます。 「時候・季節の挨拶」には「漢語調」と「口語調」の2通りがある 「時候・季節の挨拶」には「漢語調」と「口語調」の2通りがあります。 「漢語調」は例えば春であれば「陽春の候(ようしゅんのこう)」というように季節を表す言葉に「の候」をつけます。 「候」とは暑さ寒さなどからみた季節を表す言葉です。 「口語調」は例えば夏であれば「毎日暑い日が続いておりますが」というように話し言葉で季節感を表します。 漢語調の挨拶は格調高く文書を作成したい時に使い、ビジネス文書でよく使われます。 口語調の挨拶は一般的には個人間の手紙に使われますが、ビジネスでも例えば顧客に対してソフトで親しみやすい文書を送りたい時などに使うこともできます。 ここでは漢語調の時候・季節の挨拶を使う場合について説明します。 口語調の時候・季節の挨拶については月別の記事で紹介していますので、あとで紹介するリンク記事を参考にしてください。 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの書き方 「拝啓」から始まり「敬具」で終わるのが一般的 プライベートな手紙では「時候・季節の挨拶」から手紙を書きだすことが多いようですが、ビジネスの手紙や公的な手紙の場合は「拝啓」から始めて次に「時候・季節の挨拶」を入れ、「主文」のあとに「結びの言葉」を入れ、「敬具」で終わるのが一般的です。 手紙は「前文」「主文」「末文」の大きく3つで構成されます。 「時候・季節の挨拶」のあとに「繁栄を喜ぶ言葉」と「感謝の言葉」を入れる ビジネスレターの場合は、「拝啓」「時候・季節の挨拶」を書いたら、そのあとに「繁栄を喜ぶ言葉」と「感謝の言葉」を入れるのが一般的です。 ここまでが「前文」です。 「繁栄を喜ぶ言葉」は「貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」などで、「感謝の言葉」は「平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。 」などがよく使われています。 「前文」のあと「本文」に入ります。 本文は「さて、」「つきましては、」という言葉から始めるのが一般的です。 結びの言葉は「指導を願う言葉」または「繁栄を祈る言葉」+「締めくくりの言葉」 本文を書き終えたら、結びの挨拶の「末文」に入ります。 末文では「指導・愛顧を願う言葉」または「繁栄を祈る言葉」を書き、そのあとに「締めくくりの言葉」を書きます。 「指導・愛顧を願う言葉」は「今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 」などで、「繁栄を祈る言葉」は「末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 」などがよく使われています。 「締めくくりの言葉」は「まずは書中にてお知らせいたします。 」などが一般的です。 またこの時、前文と末文で同じ言葉が重ならないように注意します。 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの型(例文) 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの型の例文を紹介します。 〇〇で示した季節ごとの挨拶は次に紹介するリンクの記事で月ごとに紹介しています。 「新緑の候」「歳末の候」などのように季節に応じた言葉を書きます。 拝啓 〇〇の候、貴社ますますご清栄のことと心からお喜び申し上げます。 平素は格別のご厚情を賜り、厚く感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 まずは書中にてお知らせいたします。 「繁栄を喜ぶ言葉」の慣用表現• 貴社にはますますご繁栄のことと心よりお喜び申し上げます。 貴社にはご清栄の段、何よりと存じます。 〇〇様にはいよいよご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 「感謝の言葉」の慣用表現• 平素はご支援を賜り厚くお礼申し上げます。 平素は格別のご高配をいただき心から感謝申し上げます。 平素はご愛顧を賜り心からお礼申し上げます。 「指導・愛顧を願う言葉」の慣用表現• 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 これからも一層のお引き立てをくださいますよう、伏してお願い申し上げます。 今後におきましても変わらぬご高配を賜りたく、心からお願い申し上げます。 「繁栄を祈る言葉」の慣用表現• 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 末筆ながら貴社のますますのご活躍を心からお祈り申し上げます。 末筆ながら貴社の一層のご繁栄を心より祈念いたします。 「締めくくりの言葉」の慣用表現• まずは書中にてお知らせいたします。 まずは取り急ぎご案内申し上げます。 まずは取り急ぎご挨拶申し上げます。 「時候・季節の挨拶」月ごとの例文 1月から12月までの月ごとの「時候・季節の挨拶」を使った例文は次の記事を参考にしてください。 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 まとめ 「拝啓」から始めて「敬具」で終わり、さらに「時候・季節の挨拶」も入れたビジネス文書は、格調が高く相手に丁寧な印象を与えることができます。 また「前文」「本文」「末文」と構成を考えて作成することで、必要な要件を簡潔にまとめることができます。 ビジネス文書にも季節を取り入れる日本文化の「型」が生きていますので、ぜひ取り入れてみてください。

次の

7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

季節 の 挨拶 11 月 下旬

日本は住んでいる地域によって季節感の違いは大きいです。 北海道や北国では紅葉のピークは10月中旬。 11月上旬ともなれば、すでに初雪を迎えているところも珍しくありません。 薄曇りの空が続き、「小春日和」と聞いても今ひとつピンとこないことも。 一方、九州では11月下旬が紅葉のピーク。 相手の地域に合わせた言葉を選ぶか、自分の地域で感じている季節感を伝えられると、相手も違和感なく受け取ることができますね。 ビジネス・改まった言い方 また、手紙は相手によっても書き方は異なります。 ビジネスの場面や、公式の場などあらたまった表現で用いるには、「〇〇の候(こう)」という表現が一般的です。 「〇〇の候」は「このように季節が変わってまいりましたが」という意味です。 ただ、候だとやや堅苦しい印象を与えてしまいます。 同様の表現で「みぎり」という言葉を使うと柔らかい表現になります。 ただし「みぎり」は「女性言葉」ですので男性は使うことはできません。 女性が手紙を書く場合だけに用いましょう。 男女両方に使えるのが「〇〇の折」です。 候よりも若干ソフトな印象になり、若い男性でも使いやすい言葉です。 友人や、保育園・学校などのおたより 気心の知れた友人、あるいは保育園や学校などのおたよりは、かしこまりすぎない親しみを表現したいですね。 そこで以下は時期別・相手別の11月の手紙の書き出しについてまとめました。 時候の挨拶 11月 上旬 11月上旬の手紙の書き出し(時候の挨拶・季節の挨拶)を見てみましょう。 霜降(10月24日ごろ)~立冬(11月8日ごろ)までの期間です。 ビジネス・改まった言い方 霜降 そうこう 10月23・24日ごろ、朝夕の気温が下がり、霜の降り始める頃。 秋の終わり。 霜秋(そうしゅう) 秋が深まった頃の霜の降りる様子 錦秋 きんしゅう 紅葉が錦のように鮮やかで美しい秋 晩秋 ばんしゅう ・暮秋 ぼしゅう 秋の終わり頃 冷雨 (れいう) 一雨ごとに寒くなり秋が深まるさま 深秋 しんしゅう 秋が深まったころ。 もの悲しさを伝える表現です。 菊花菊の花が咲く季節 立冬までは秋なので、錦秋や晩秋、深秋といった言葉がつかえます。 深秋の候、深秋のみぎり、などと 〇〇の候・〇〇のみぎりという使い方をします。 親しみのある手紙の書き出し例 続いて、親しい相手やおたよりなどに使える手紙の書き出しの例です。 11月の時候の挨拶での注意点 秋~冬にかけて寒さが増してくる時期。 「落ち葉」や「枯れ葉」、「木が葉を落とす」などの表現は、人によっては「縁起が悪い」と嫌がる場合も。 「木枯らし」もそれ自体は自然現象ですが「枯れる」の字を目にするのも嫌う方もいるかもしれません。 特に相手がご年配の場合などはあえて使う必要はないでしょう。 「錦秋の候」など美しいものを持ってくるのはとても無難な書き方です。 一方、たとえば保育園や幼稚園のお便りや、お子様がいるご家庭で 「こどもが落ち葉を鳴らして喜んでいます」 「落ち葉で工作を作っています」 などの表現に用いればプラスの印象に。 まとめ 11月の手紙の書き出しについて、上旬・中旬・下旬の時期別・相手別の例についてまとめました。 時期に関しては、旧暦と現在の太陽暦では時期のずれがあるため、現在の感覚とは異なるものもあります。 「この時期以外はNG! 」というものではありません。 挨拶は人と人との関係を円滑に保つためのツールです。 気遣いが感じられることが一番です。 お役に立てれば幸いです。

次の

【例文有】ビジネス文書 11月の上旬・中旬・下旬時候の挨拶!使う時期・使い方を解説!

季節 の 挨拶 11 月 下旬

ビジネスで使える11月の時候の挨拶(上旬・中旬・下旬) ビジネスの場面で使用に向いている11月の時候の挨拶をまとめてみました。 使われている季語や使う時期も(上旬・中旬・下旬・全般)で分類しています。 季節感にあった時候の挨拶を見つけましょう。 ビジネスで使える11月の時候の挨拶 【上旬・中旬・下旬】 時期 挨拶例文 上旬 初霜の知らせが届くこの頃 いかがお過ごしでいらっしゃいますか? 「初霜」とありますので、上旬から中旬がふさわしい 中旬 暦の上では冬となり、 夜寒を感じる頃となりました。 「歴の上では冬」とありますので、中旬から下旬がふさわしい 冬が駆け足で近づいてくるこの頃 めっきり日脚も短くなって参りました。 日脚…ひあしと読む。 昼間の時間の長さのことで日脚が長い・短いと使う。 「冬が駆け足で…」とありますので、中旬から下旬がふさわしい 小春日和が続く、暮秋のみぎり お変わりなくお過ごしですか? 「暮秋」とありますので、中旬から下旬がふさわしい 下旬 北国では初雪が舞う季節 いよいよ冬将軍の到来ですね。 「初雪」の言葉がありますので、下旬がふさわしい ビジネスで使える11月の時候の挨拶【全般】 11月全般 暮秋の侯、ますます ご健勝にお過ごしのことと存じます。 時雨の季節となりました。 山あれからお変わりございませんか? 向寒のみぎり、 お健やかにお過ごしのことと存じます。 向寒の折り、 お身体を大事になさってください。 時雨の頃を過ぎると 寒さも一段と厳しくなります。 ご自愛専一に。 夜寒ひとしおのこの頃 ご壮健にお過ごしになられますよう 心よりお祈り申し上げます。 朝夕の冷え込みが厳しくなって参りました。 くれぐれもお身体はお大事に。 結婚式で使える11月の時候の挨拶(全般) 11月に結婚式の案内状を出す場合や、結婚式が行われる際のご挨拶などで使える時候の挨拶をあつめてみました。 季節感にあった季語があるものをえらびましょう。 結婚式で使える11月の時候の挨拶【全般】 11月全般 暮秋の侯、ますます ご健勝にお過ごしのことと存じます。 向寒のみぎり、 お健やかにお過ごしのことと存じます。 夜寒ひとしおのこの頃 ご壮健にお過ごしになられますよう 心よりお祈り申し上げます。 11月の時候の挨拶 季節感を感じさせる内容で親近感が生まれるだけでなく、後々読み返したときに手紙をもらった時期を思い起こさせるような盛り込み方が出来ると心地よいものです。 11月の時候の挨拶であれば、深まり行く秋と少しずつ感じる冬の気配を印象づけるような内容が一般的です。 11月の花である菊を用いた例として 「菊花薫る季節。 」などが挙げられます。 鮮やかだった紅葉も終わりを迎える季節でもあるため「落ち葉散りしく時節」などもよく使用されます。 親しい人への手紙であれば、もう少しくだけた書き方でも構いません。 「朝夕の寒さが身にしみる季節となりました。 」「今年ももう霜月となりました。 」などとして、お変わりありませんかと安否の挨拶と合わせて書くとより親しみがわきます。 時候の挨拶が手紙の冒頭に来るものであるのに対し、季語は文中に折り込みながら使用するものです。 季語は旧暦に従うというルールがありますが、気負うことなく気軽に利用することがおすすめです。 11月の季語には 「晩秋」「七五三」「初霜」などがあります。 11月の異名である「霜月」や「雪待月」などを盛り込むのもひと味違った季節の呼び名を感じられておすすめです。 11月の寒さの厳しい地域もあるので暖かい言葉でお手紙を送ってみたいものですね。 さらに秋の最後の月である11月の時候の挨拶には、収穫の喜びを惜しみまた年末年始の忙しさが始まる事を告げる時でもあります。 11月の時候の挨拶の基本 11月の別名は、霜降月、神楽月、雪見月、雪待月など。 立冬を迎え、寒さも身にしみる季節だからこそ、冬の訪れを楽しむような手紙を書きたいものです。 改まった漢語調の挨拶 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 その後には「ご清栄のこととお慶び申し上げます」などの言葉が続きます。 晩秋 暮秋 深秋 霜秋 初霜 初雁 初雪 行く秋 夜寒 冷雨 木枯 落ち葉 お手紙や季節の挨拶で使える11月の時候の挨拶(上旬・中旬・下旬) 上旬 時期:上旬 節気・季語:初霜 例文: 初霜の知らせが届くこの頃 いかがお過ごしでいらっしゃいますか? 解説 11月全般に使える時候の挨拶 暮秋の侯、ますます ご健勝にお過ごしのことと存じます。 時雨の季節となりました。 降ったり止んだりを繰り巡すこの季節に多い通り雨。 向寒のみぎり、 お健やかにお過ごしのことと存じます。 時雨がちの日々に 行く秋の寂しさを感じながら ベンをとっています。 秋冷の侯、 さくさくと落ち葉を踏むたびに 一歩ずつ冬に近づく毎日です。 夜寒に震える日もあるこの頃 お変わりございませんか? 朝夕の冷たい風が身に染みる季節。 本格的な冬は、すぐそこまで来ています。 小春日和の午後、 りんごをかじりながら この手紙を書いています。 向寒のみぎり、お元気でお過ごしですか? そちらはもう初雪ですか? 秋深く、 おでんと熱燗のおいしい季節の到来です。 暦の上では冬だというの 私の心は夏真っ盛り。 新しい恋の炎で燃えています 笑)。 11月の黄昏の頃は なぜか人恋しくなって つらつらと手紙を書きたくなりました。 秋晴れの大安吉日にご結婚とのこと。 心からお祝い申し上げます。 おめでとう! コツコツコツと冬の足音が ジャズのリズムを刻んでいるような 秋の夜更けです。 11月は雪待月 吐く息が白い雲天の日には 思わず空を見上げてしまいます。 落ち葉を集めて 焚き火に手をかざしたくなる そんな毎日が続いています。 秋深まる季節 何かとお忙しいとは思いますが お元気でお過ごしのことでしょう。 向寒の折り、 お身体を大事になさってください。 時雨の頃を過ぎると 寒さも一段と厳しくなります。 ご自愛専一に。 夜寒ひとしおのこの頃 ご壮健にお過ごしになられますよう 心よりお祈り申し上げます。 朝夕の冷え込みが厳しくなって参りました。 くれぐれもお身体はお大事に。 今年も娩すところあと1カ月余り。 充実した日々をお過ごしくださいね。 秋から冬へ、寒さも厳しくなります。 あたたかくお渦ごしください。 初雪、木枯らし、時雨を肴に 近々、熱燗で一杯やりましょう。 競馬に勝ったら、かき鍋ごちそうします。 大勝を祈っててください。 風が冷たく感じるこの頃 冬支度は早めにね。 風邪にも負けないようにね。 丁寧な挨拶 定番 の11月の時候の挨拶の例文 暮秋の侯、ますます ご健勝にお過ごしのことと存じます。 暦の上では冬となり、 夜寒を感じる頃となりました。 冬が駆け足で近づいてくるこの頃 めっきり日脚も短くなって参りました。 日脚…ひあしと読む。 昼間の時間の長さのことで日脚が長い・短いと使う。 時雨の季節となりました。 降ったり止んだりを繰り巡すこの季節に多い通り雨。 時候の挨拶11月例文 恩師への手紙 拝普 木枯らしの候、ますますご活躍のことと存じます。 突然ではございますが、私、10月1日で会社を辞め、この11月末よりアメリカに留学することに致しました。 当面は語学力を磨き、いずれ大学に編入する予定です 中略。 末筆となりましたが、日毎寒さが加わります時節、何とぞご壮健にお過ごしください。 敬具 時候の挨拶11月例文 知人への手紙 晩秋の侯、いかがお過ごしですか? 気づけば紅葉の頃を過ぎ、時の流れの早さに驚くばかりです。 先日は七五三の写真をありがとうございました。 お着物もとてもよく似会って、お人形さんのような可愛らしさに見とれてしまいました〈中略。 最後になりましたが、お風邪など、お召しになりませぬよう。 草々 少し改まった時候の挨拶 向寒のみぎり、 お健やかにお過ごしのことと存じます。 初霜の知らせが届くこの頃 いかがお過ごしでいらっしゃいますか? 落ち葉散りゆく今日この頃 冬支度に忙しくされていることと存じます。 暦の上では立冬ですが、 穏やかな秋晴れの日が続いております。 小春日和が続く、暮秋のみぎり お変わりなくお過ごしですか? 北国では初雪が舞う季節 いよいよ冬将軍の到来ですね。 立冬を迎えたというのに ここ数日は暖かな日が続きます。 紅葉の頃ももう過ぎて そろそろ初霜の頃ですね。 色とりどりの綿の秋も過ぎ、 裸になった木々の梢に、 冬の訪れを感じています。 日毎に寒さがつのり ストーブの恋しい季節となりましたが お風邪など召されていませんか? 時雨がちの日々に 行く秋の寂しさを感じながら ベンをとっています。 秋冷の侯、 さくさくと落ち葉を踏むたびに 一歩ずつ冬に近づく毎日です。 夜寒に震える日もあるこの頃 お変わりございませんか? 今年最後の台風が 通り過ぎてゆきました。 いよいよ冬支度の季節です。 親しい人への時候の挨拶 朝夕の冷たい風が身に染みる季節。 本格的な冬は、すぐそこまで来ています。 小春日和の午後、 りんごをかじりながら この手紙を書いています。 向寒のみぎり、お元気でお過ごしですか? そちらはもう初雪ですか? 秋深く、 おでんと熱燗のおいしい季節の到来です。 めっきり冬めいてきましたが 今年のボジョレー・ヌーボー 一緒に味わいませんか? 手編みのセーターの温もりが ほっと嬉しい季節ですね。 今年も新しいデザインに挑戦ですか? 暦の上では冬だというの 私の心は夏真っ盛り。 新しい恋の炎で燃えています 笑)。 11月の黄昏の頃は なぜか人恋しくなって つらつらと手紙を書きたくなりました。 秋晴れの大安吉日にご結婚とのこと。 心からお祝い申し上げます。 おめでとう! 今朝、初霜を踏みました。 あっと言う間に冬がそこまで。 月日の立つのは早いですね。 コツコツコツと冬の足音が ジャズのリズムを刻んでいるような 秋の夜更けです。 11月は雪待月 吐く息が白い雲天の日には 思わず空を見上げてしまいます。 落ち葉を集めて 焚き火に手をかざしたくなる そんな毎日が続いています。 御無沙汰しています。 文化の日に母校の学園祭に 顔を出して来ました。 あの頃を懐かしく思い出しました。 早いもので季節はもう冬。 我が家では12月を待たずに 今日、おこたを出しました。 七五三の子ども達の 笑顔まぶしいこの季節 あなたも笑顔で頑張ってますか。 11月も半ばを過ぎたというのに 不思議と暖かな日が続き、 嬉しさ半分、不安半分な日々です。 秋深まる季節 何かとお忙しいとは思いますが お元気でお過ごしのことでしょう。 11月の時候の挨拶の結びの言葉 寒さが厳しくなる頃なので、相手の健康を気遣う気持ちで結びましょう。 また、冬の到来の喜びを綴り、11月は寒さも厳しくなり始める頃なので、寒さを吹き飛ばすような元気な言葉で結んでみるのも効果的です。 丁寧な11月の時候の挨拶の結びの言葉 向寒の折り、 お身体を大事になさってください。 時雨の頃を過ぎると 寒さも一段と厳しくなります。 ご自愛専一に。 夜寒ひとしおのこの頃 ご壮健にお過ごしになられますよう 心よりお祈り申し上げます。 朝夕の冷え込みが厳しくなって参りました。 くれぐれもお身体はお大事に。 親しい方へ11月の時候の挨拶の結びの言葉 今年も娩すところあと1カ月余り。 充実した日々をお過ごしくださいね。 秋から冬へ、寒さも厳しくなります。 あたたかくお渦ごしください。 初雪、木枯らし、時雨を肴に 近々、熱燗で一杯やりましょう。 競馬に勝ったら、かき鍋ごちそうします。 大勝を祈っててください。 風が冷たく感じるこの頃 冬支度は早めにね。 風邪にも負けないようにね。 11月の歳時記 文化の日 11月3日は、かつて明治天皇の誕生日を祝うものでした。 1948年から文化の日となり、代表的な行事として、皇居で文化勲章授与式、が行なわれます。 ちなみに、勲章には様々な種類があり、菊花賞〈競馬ではない が勲章のトップ、宝冠賞は女性のみに与えられるもの(勲一等から八等まで。 勲等がないのは文化勲章で、これは文化の発展に功績を残した人に与えられるものです。 七五三 子どもの健やかな成長を祝う武家社会の儀式が受け継がれ、現代の七五三になりました。 男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の11月15日に、晴れ着を着て神社に参拝します。 満の年齢でやるか、数え年でやるかは、地方や家庭によっても異なります。 千歳飴を持って、着物や袴で正装した子ども達の姿は、微笑ましいものですね。 酉の市 鷲神社の祭日に、商売繁盛などを願って、熊手などの縁起物を売る市。 一の酉、二の酉、三の酉と祭礼が続きますが、三の酉まである年は、火事が多いといういい伝えも。 露底もたくさん並ぶ東京浅草の酉の市は、全国的にも有名です。 勤労感謝の日 勤労を尊ぶ日として、11月23日を国民の祝日に戦後定められました。 産業PR的ですが、勤労感謝の日を意識して設定された「外食の日」「手袋の日」などもあります。

次の