次 亜 塩素 酸 空気 清浄 機 危険。 次亜塩素酸ナトリウムの危険性と有効性

空間除菌装置「ジアイーノ」は体によくない?口コミと効果を紹介!

次 亜 塩素 酸 空気 清浄 機 危険

Contents• 次亜塩素酸ナトリウムの影響や安全策 次亜塩素酸ナトリウムの人体やペットへの影響について 確かに、 大気中のウイルスや細菌を除去 消臭効果、除菌効果という 利点はあるのですが やはり被害という影響はついてきます。 では、次亜塩素酸ナトリウムの 人体やペットへの影響を ここから掘り下げていきます。 大気中への被害や影響は? まず、大気中に含まれている 次亜塩素酸ナトリウムを 吸い込んだらどうなるのかです。 次亜塩素酸ナトリウムは エアロゾル(大気中に散りばめられた分子)でも 健康状態の被害を与えてしまいます。 この場合は 喉の痛みや咳きの原因となります。 喉がイガイガする、 咳きをしょっちゅうしている方は もしかすると大気中のこの成分を 吸い込んでいるという可能性も考えられます。 次に大気中だけでも 被害はあるのですがそれを飲み込んで しまったらどのような被害があるのかについてです。 液体を飲み込むことへの影響 ・胃痛 ・灼熱感 ・咳き ・下痢 ・喉の痛み ・嘔吐 などの症状が起きます。 飲むということは 基本的にしないとは思いますが ペットを飼われてるという場合 この成分が付着している 場所を舐めたりすることで もしかすると影響を 受けている可能性も考えられます。 ペットに対して 下痢の症状に悩まされるというのは この成分が知らず知らず吸い込んだり 誤って舐めていたりというのも 考えられるのではないでしょうか。 皮膚や眼に付着するとどうなるのか? まず、皮膚につくことで敏感になります。 眼につくことで 赤目や痛みの原因となります。 ですので 一番やってはいけないのは 眼をこするという行為です。 この場合は眼が充血するという 症状が起きるので 注意が必要となります。 人体の影響もペットの影響も 変わらず被害を与えますが どのような方法が最も安全なのかについて 徹底的に取り組んできました。 ですので その安全な方法を見ていきます。 安全な方法について やはり次亜塩素酸ナトリウムの利点は 外せないわけであり 除菌、消臭というのは この成分以外に考えられにくいものです。 そこで この成分の特徴を持ったまま 中和(安全な方法)を させることができるものはないのかを 徹底的に調査した結果 厚生労働省認定が 認定した安全なものがありました。 技術によって開発されたものであり 大衆が好むような安さを 考えられて作られたものではありません。

次の

次亜塩素酸ナトリウムの人体やペットの影響は?安全策も含めて解説!|ペットライフを充実するメディア

次 亜 塩素 酸 空気 清浄 機 危険

水道水に塩素が入っていることは、誰でも知っています。 そして塩素が発ガン性のトリハロメタンの元になっていることも大体の方がご存知でしょう。 しかし、塩素がどのくらいの濃度で入っているかを知っている方は少ないはずです。 塩素は水道水の殺菌を目的に水道法によって、今お使いの蛇口から0. 1ppm以上の濃度を保つように定められています。 ppm(ピーピーエム)とは100万分の1の単位です。 水道水1リットル中に1mgの塩素が入っていると1ppmとなります。 問題はこの0. 1ppm以上の「以上」というところです。 これは、0. 1ppm 以上であればいくら濃くてもよいことを意味しています。 実際私もあちこちで「残留塩素試験紙」を使って測定していますが、東京、大阪、福岡等の大都市では1. 0~1. 5ppm、他の地方都市においても0. 4 ~ 1. 0ppm の高濃度の塩素が測定されています。 一方、ヨーロッパ諸国では、地下水を水道水の原水にすることが多く、水が元々きれいなこともあり、塩素が注入されていないか、あっても0. 1ppm 以下と規定されています。 日本は川の水を原水にすることが多く、川の水がかなり汚れていること(これは水を汚した私達自身に問題があります)、さらには浄水場において 急速ろ過方式 といって大量の塩素と薬品によって水を浄化する方法が採られていることもあって、その結果、世界でも類を見ない高濃度の塩素が水道水に含まれており諸外国と比較しても5 ~ 15 倍程度多いと考えられます。 塩素量が多いということは発ガン性のトリハロメタンの発生量もおのずと増えている訳です。 塩素そのものは本当に安全なのか 塩素が発ガン性のトリハロメタンの元になっているから危険である。 というのはよく言われていますが、塩素そのものの危険性についてはあまり知られていません。 「塩素は無害な薬品で少量の使用なので問題ありません」というふれこみですが、わずか0. 1ppmで菌を完璧に殺すことができる薬品が諸外国の5 ~ 15 倍含まれている水道水が本当に安全なのでしょうか。 塩素は食塩から苛性(かせい)ソーダ(化学工業には必ず必要な物質)を造る際に、副産物として大量にできる薬品です。 低コストな上、殺菌力も強く、その消毒効果は絶大です。 我が国では、コレラや赤痢やチフスといった恐ろしい伝染病を防ぐ役割をはたしてきましたが、その弊害にも目を向けて研究する必要があると思います。 塩素(Cl2)は水と反応し次亜塩素酸(HClO)を生じ、続いて塩酸(HCl)と活性酸素(O)に分解します。 この活性酸素は他の物質に対して強い酸化作用を及ぼし、殺菌あるいは漂白等の有益な作用を示すと同時に、組胞を破壌し人体に悪影響を及ぼすとの研究結果があります。 特にアメリカでは塩素の害の研究が進んでいます。 アメリカでの研究では、 塩素に触れたり、吸ったりした場合、皮膚やのどの粘膜から水分を奪い、例えば、塩素のきついプールで泳ぐと、髪の毛や皮膚がかさかさしドライスキンになりますし、小じわの原因にもなると報告されています。 さらにアレルギーで肌トラブルに悩む方には塩素は大敵です。 塩素はまた呼吸器の粘膜を傷つけ、喘息等の呼吸器疾患をさらに悪化させることになります。 その他塩素は血管障害を引き起こし、心臓病や脳卒中の原因になるとも言われていますし、アレルギー疾患そのものとの関連も取りざたされているのです。 シャワーやお風呂の危険性 1986 年の米国化学学会では、シヤワーを浴びたりお風呂に入ると呼吸ならぴに皮膚吸収により塩素が体内に取り込まれ、その摂取量は水道水を飲んだ場合のそれと比較すると、6 ~ 100倍と高く、人体への影響は無視できないと報告されました。 つまり、飲み水だけ「ペットボトル水」や「浄水器の水」に変えてもシャワーやお風呂に入ればその危険性からは逃れられないということになります。 水道水は飲むよりシャワーやお風呂が100倍危険! 日本の水道事情を考えた時、塩素を除去する何らかの対策を講じる必要があると思われます。 飲料用浄水器やシャワー浄水器だけでは片手落ち 飲み水には浄水器を、シャワーにはシャワー浄水器を付けるのが当たり前の時代になってきました。 ペットボトル入りの水を購入する方も急激に増えています。 しかしこれだけでは塩素の危険性から逃れるには不十分なのは前述の通りです。 キッチンに飲料用の高性能浄水器を設置したり、ペットボトル入りの水を購入しても、洗い物は塩素たっぷりの水道水とお湯でお皿を洗いますよね。 お米だって、浄水器の効果を発揮する正しい使用量ではお米を研げませんし、まして「ペットボトル入りの水」でお米は研がないですよね。 そこで最初は水道水で洗って、最後だけ浄水や「ペットボトル入りの水」を使う方が多いのですが、お米は最初に触れた水を吸収するので、その瞬間塩素がお米のビタミンを破壊します。 野菜も同様です。 浴室のシャワーヘッドにシャワーヘッド型浄水器を取り付けるのが流行っていますが、お風呂はどうするのでしょう。 湯船にシャワーのお湯を貯めたらあっという間に浄水効果は無くなります。 そもそもシャワーヘッドのような狭い空間にフィルターを詰め込むこと自体無理があります。 (頻繁に交換が必要なのですが、ほとんどの場合は交換時期が遅れます。 ) 洗顔はどうでしょう。 最近は朝シャンも当たり前ですが、こちらも塩素たっぷりの水とお湯で洗ったらどんないい化粧水もムダになりそうです。 歯磨きはどうですか?いちいち浄水器の水で歯磨きする人は少ないはずです。 歯磨きは粘膜に直接塩素が取り込まれるので危険性が高まります。 粘膜と言えば「ウォシュレット」のようなシャワートイレも塩素たっぷりの温水が直接体内に入ってくる危険な場所です。 シャワートイレの普及は大腸ガンの増加の一因ではないかと疑われています。 つまり家中のすべての蛇口から浄水を得られるようにしない限り「片手落ち」と言えるでしょう。 そこでこの問題を解決するために生まれたのが家中まるごと浄水器「ピュアセントラル」なのです。 「ピュアセントラル」を設置すれば、家中全ての蛇口から塩素のない浄水が得られます。 飲み水はもちろん、シャワーもお風呂もあのいやな臭いが無く快適そのもの。 一度使うと手放せません。

次の

インフルエンザ対策? 保育園で次亜塩素酸ナトリウム溶液を加湿器噴霧:日経メディカル

次 亜 塩素 酸 空気 清浄 機 危険

スポンサーリンク 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いとは? 加湿器の除菌剤として販売されている商品は、『次亜塩素酸水』。 ハイターなどの塩素系漂白剤の主成分は『次亜塩素酸ナトリウム』。 どちらも『次亜塩素酸』という文字が含まれているので、 混同しやすいようですね。 でもこの二つの何が違うのか? 『次亜塩素酸ナトリウム』と『弱酸性次亜塩素酸水』の違いはpHです。 たったそれだけ?と思うかもしれませんが、この違いが使用時の 安全性の違いなのです。 次亜塩素酸ナトリウムは、強いアルカリ性です。 一般的な塩素系漂白剤 ハイターなど には 『まぜるな危険』という表記がありますよね。 何が危険かというと、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を『塩酸』や『酢』、『クエン酸』などの酸性の強い物質と一緒に使用すると、 有毒な塩素ガスが大量に発生するからです。 これは最悪の場合死に至る危険もあり、過去に死亡事故もたくさん起こっています。 また、強いアルカリ性であるため、肌に付着すると表面のタンパク質を分解してしまいます。 塩素系漂白剤が手に着くとぬるぬるしますよね。 肌表面を溶かしてしまっているからです。 結果、肌荒れなどのトラブルが起こってしまったり、ひどい時にはやけどのような症状がでることもあるそうです。 直に触るだけで危険なものを加湿器に入れて噴霧すればどうなるか? いくら希釈してあるとはいえ、噴霧したものを直接吸い込めば、喉や鼻の粘膜、呼吸器にその成分が付着してしまうということですよね。 害がないはずがありません。 せき込んだり、 呼吸器に異常をきたしたり、目に入ると 失明のおそれもあります! 水道水の塩素濃度だったら害はありませんが、その代わり空間除菌の効果もありません。 対して『次亜塩素酸水』は、電気分解することでpHを調整しています。 主に微酸性~弱酸性のものが『次亜塩素酸水』の商品として販売されています。 肌と同じ弱酸性なので、肌に直接ついてもハイターのようにぬるぬるすることもなく、安全です。 まぜるな危険の表記もありません。 漂白作用もなく、口に入っても安全なので、取り扱いがとても楽です。 それなのに殺菌効果は次亜塩素酸ナトリウムの80倍と言われています。 加湿器に入れていいのは、この『次亜塩素酸水』です。 決して漂白剤を入れないでください!! 加湿器で使える次亜塩素酸水をいくつかあげておきますね。 色々なメーカーから出ていますが、わが家で実際使用しているものと使用したことがある製品のみあげておきます。 現在コロナ対策で品薄状態ですが、タイミングが良ければ予約購入できるようです。 濃度50ppmが目安です より除菌したいから・・・と濃い濃度で使用してしまうと、人体に影響が出たり加湿器の故障の原因になったりする場合があります。 次亜塩素酸水はわずかながらもパッキンや金属部分を劣化させる作用があります。 次亜塩素酸水対応の噴霧器は、それらに対応しています。 わが家では噴霧器として販売されているものと同型の加湿器を使用しています。 スチーム式や加熱式の加湿器では空間除菌の効果はなくなるとされていますので、対応の超音波加湿器または専用の噴霧器を使用しましょう。 次亜塩素酸水対応の噴霧器も品薄のようです。 購入可能なものを探してみたので貼っておきますね。 加湿器病のこと。 近年『加湿器病』という言葉をよく聞くようになりました。 主に、 超音波加湿器のお手入れを怠ったために加湿器内に『レジオネラ菌』が繁殖し、それを空気中に噴霧することで感染する病気のことを指すようです。 これは『毎日のお手入れ』で防ぐことができますし、次亜塩素酸水は『レジオネラ菌』への殺菌も有効ですので、加湿器の水に次亜塩素酸水を使用していれば、加湿器病の心配はないと思われます。 しかし、ここで注意しなければいけないことが。 加湿器に次亜塩素酸水を入れているからといって、 お手入れ不要なわけではありません! 次亜塩素酸水の殺菌効力は長くは持続しません。 次亜塩素酸水は紫外線に当たると分解され水に戻る作用があります。 希釈することや、空気や有機物に触れることでも分解が進みます。 「中身が次亜塩素酸水だから」と何日もお手入れせずに使用していると、殺菌効果はなくなり加湿器内に雑菌が繁殖する可能性があります。 できれば毎日、最低でも2,3日に一回は必ずお手入れするようにしてください。 ・加湿器のお手入れを怠らない。 ・除菌能力を過信せず、手洗いや咳エチケットを徹底する。 一日も早く穏やかな日々がもどりますように。。。

次の