こく し ぼう 強 すぎ。 司波達也の正体をネタバレ!両親や感情に強さの秘密?魔法の能力が?

『冷、がつめたくない✖️!自分の好みよりもコシが強すぎ』by 真っ赤に燃えた太陽 : 善通寺しこく屋 有楽町店

こく し ぼう 強 すぎ

アンパンマン 最強キャラランキング【50位-21位】 最強キャラランキングの50位から20位までまとめてみました。 このあたりは、詳細に強さの比較ができないので「このキャラはだいたいこのあたりのランキング」という感じで見てもらえたらと思います。 第50位 しらたき姫 第49位 クリームパンダ 第48位 かんづめカンたろう 第47位 ザーマス・ボンド 第46位 もみじ王子 第45位 こむすびまん 第44位 メロンパンナ 第43位 さくらもちねえさん 第42位 カエルリュウ 第41位 きりふき仙人 第40位 ひのたまこぞう 第39位 アンコラ 第38位 ニガウリマン 第37位 バイコング 第36位 へどろまん 第35位 しょくぱんまん 第34位 カレーパンマン 第33位 やきそばパンマン 第32位 ハンバーガーキッド 第31位 かぜこんこん 第30位 おむすびまん 第29位 かつおぶしまん 第28位 なだれおに 第27位 バイキン黒騎士 第26位 おばけいか 第25位 たぬきおに 第24位 ヌラ 第23位 ゴミラ 第22位 怪傑ナガネギマン 第21位 鉄火のマキちゃん カレーパンマンとしょくぱんまんの強さランキングが意外に低いですよね。 ただ、それ以上に強いキャラクターが存在するということなんです。 ランキング20位からは、彼ら二人が完全にかませ犬的にしか扱われなくなってきます…。 スポンサーリンク アンパンマン最強キャラランキング【20位-1位】 アンパンマンの最強キャラランキング第20位から第1位まで紹介していきます。 中には不死身のキャラや、近づいただけで石化させるチート級の強さを持つキャラクターまでいました。 個人的に怖かったのは、ランキング第6位キャラクター。 アンパンマンを殺した数少ないキャラクターです…。 第20位|アンパンマンを圧倒 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第20位は、「ロールパンナ」。 メロンパンナの姉として作られたロールパンナ。 戦士として作られたため、戦闘力はかなり高め。 新体操で使うようなリボンを武器に戦います。 得意技は「ローリングハリケーン」。 その力は強大で、巨大な竜巻を起こすことができます。 正義の心と悪の心を二つ持っており、悪の心に支配されるとブラックロールパンナに変身することもありますね。 アンパンマンと対決することもあり、 元気100倍アンパンマンを圧倒することができます。 第19位|最強説もある 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第20位は、「あかちゃんまん」。 赤ちゃんの姿をしたキャラクター。 空腹になれば泣くし、チョウチョを追いかけたりと、精神的に未熟なところはあります。 ただ、戦闘力においては絶大な力を持っています。 巨大金槌を素手で受け止めたり、巨大メカを圧倒したりもします。 力自体はアンパンマンよりも強いのではないかと言われています。 また、やなせ氏の「赤ちゃんにはどんな人でも優しくなり、言う事を聞く事から一番強い」という発言から最強説も存在します。 現時点ではランキング19位に甘んじていますが、成長したら本当に最強となるのではないかと思っています。 第18位|暗闇では最強? 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第18位は、「やみの女王」。 闇の谷に住む巨大な女王。 手のひらから出す光線で、何でも黒く塗りつぶすことが出来ます。 黒く塗りつぶされた者は銅像のようになって 戦闘不能に陥ります。 地上の光を浴びることで元の姿に戻ることが出来ます。 劇中では暗雲の中でアンパンマンと戦っていました。 「暗闇の中」という条件が付くと、キャラランキングはもう少し上がりそうな強キャラです。 第17位|ガラス玉に封印されている 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第17位は、「黒バラ女王」。 強大な力を有するため、普段はガラス玉の中に閉じ込められています。 封印が解かれると、巨大な本来の姿に戻ります。 茨や黒バラを操って、攻撃をしかけます。 小さな黒いバラや茨の蔓は 植物を枯らす力を持っています。 バイキンマン城を乗っ取ろうとして、バイキンマンと争ったこともあります。 第16位|普段はのんびりキャラ 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第16位は、「ホラー大王」。 ホラーマンの強化版です。 バイキンマンとドキンちゃんと一緒に行動しているホラーマン。 いつもひょうひょうとしていて、全く強そうには見えませんよね。 そんなホラーマンが、 呪いによって強化された姿です。 「ホラーフラッシュ」「十字ホネブーメラン」によって、スーパーバイキンマンとアンパンマンをピンチに陥れました。 第15位|口から吹雪を起こす 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第15位は、「こおりおに」。 全身が氷でできた巨大な鬼。 その息で吹雪を起こして攻撃をしかけます。 吹雪にさらされた者は氷漬けになってしまいます。 また、再生能力も目を見張るものがあります。 熱が弱点であり、らーめんてんしなど炎タイプのキャラクターにあっさりやられることもあります。 第14位|最強の戦闘車両 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第20位は、「アンパンマン号」。 基本は、アンパンマンの新しい顔を用意するための車両。 ですが、戦闘面でもかなりの活躍をみせています。 アンパンマンの必殺技「アンパンマン」と同等の威力を持つとされる「ノーズパンチ」を繰り出すことができ、新兵器・かまど放射は、氷の女王を一瞬で溶かすほどの威力を持っています。 仲間だったユキダルマンも巻き添えで全滅にしてしまうという恐ろしい兵器でした。 全身が氷でできた女王。 巨大な体から吹雪を起こすことができ、敵を氷漬けにすることが出来ます。 さらに、氷の杖からは光線も出て、瞬間移動もできます。 アンパンマン・バイキンマンも氷の女王の恐怖を知っているため、無闇に近づくことは避けています。 氷の女王が最強キャラランキング上位にいる理由は、 不死身だから。 アンパンマン号のかまど放射で溶かされても、時間がたつと復活しています。 死なないキャラクター…ある意味で最強といえるかもしれません。 第12位|敵を倒せる年齢まで強制成長 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第12位は、「ニャニイ」。 映画「夢猫の国のニャニイ」で登場したメインキャラ。 登場時は赤ちゃん猫でしたが、 劇中最強の敵・ムーマと対峙した時に急成長。 アンパンマンをも撃退したムーマを翻弄していました。 第11位|すなおとこが恐れる魔王 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第11位は、「砂の魔王」。 竜巻状の砂嵐でできた巨大な魔王。 その強大な力は、すなおとこも恐れを抱くほどです。 通常は地中に埋もれた虹のピラミッドの棺の中に封印されています。 第10位|恐竜を使役 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第10位は、「化石の魔王」。 化石で出来た巨大な魔王。 口から吐く煙に包まれると化石にされてしまいます。 さらに、恐竜の化石を召喚して襲わせるなどの能力も有しています。 こおり鬼の吹雪も効かず、黒バラ女王の茨の蔓に絡まれても戦闘を続けることができるほど力が強いです。 アンパンマンたちが生まれるよりもはるか古代から存在しており、現在は 壺の中に封印されています。 第9位|ある意味で最強キャラ 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第9位は、「くらやみまん」。 シルクハットの中から現れる巨大な闇の怪人。 黒いマントで相手を包むと闇の世界に閉じ込めることができます。 闇の世界に閉じ込められた者は夢も希望も失うという精神攻撃を受けます。 アンパンマン・バイキンマンの両者にとって 共通の敵として存在します。 空間転移系のキャラクターは状況や使いどころによっては、最強キャラとなり得ます。 その点も踏まえて最強キャラランキング上位に入れました。 第10位|毒リンゴに強制変身させる 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第10位は、「マジョーラ」。 映画「りんごぼうやとみんなの願い」に登場したボスキャラ。 呪われた絵本「白雪姫」に登場する魔女です。 無数のコウモリに分身することもでき、相手を 毒リンゴに強制変身させる特殊能力も有しています。 劇中では、バイキンマンの操るペロリだだんだんとアンパンマンを圧倒しています。 最終的には討伐ではなく、封印することで決着をつけています。 第9位|バイキン族最強 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第9位は、「バイキン大魔王」。 バイキン族最強と伝えられるバイキン大魔王。 自らも最強と自負しています。 劇中ではにんじゃのハンジャ、 カレーパンマン、しょくぱんまんを瞬殺。 さらに、トリプルパンチすら効きません。 巨大な拳は岩山を砕き、口からは青い炎を吐くことが出来ます。 さらに、飛行能力もあるという万能ぶり。 最終的にはメロンパンナのメロメロパンチで隙だらけになったところを利用して、バイキン星に強制帰還させています。 これも討伐ではなくある意味封印という決着の付け方ですね。 アンパンマンの世界の強キャラは、倒すことが不可能な場合が多いんですね。 第8位|トラウマ級に怖い 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第8位は、「メタルグリンガ」。 ドクターヒヤリとバイキンマンのタッグによって生まれたグリンガ。 凶悪な蛾であるグリンガの最終形態。 敵を強制的に芋虫にするという能力を有するグリンガ。 そんなグリンガが攻撃を受けて、最終形態となった姿がメタルグリンがです。 大木を余裕で切り裂く翼。 アンパンマンの アンパンチも無効化するほどの強靭な肉体を有しています。 劇中ではアンパンマンのマントを切り裂いて、ピンチに陥れます。 第7位|だだんだんの最強型 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第7位は、「ジャイアントだだんだん」。 映画「だだんだんとふたごの星」に登場した改良型のだだんだん。 ドクターヒヤリの研究によって心が与えられ、自分で思考することができるようになります。 アームを高速回転させることで、 トリプルパンチを無効化。 右手の銃からは雷球、左手からは鎖付き鉄球、さらにアンテナからはホーミング光弾を発射して攻撃をしかけます。 劇中最強の敵キャラ(星?)と言われるデビルスター一角を切り崩すレーザーまで有しています。 第6位|アンパンマンを殺したキャラ 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第6位は、「スーパーカビダンダン」。 バイキンマンが開発したメカ・かびだんだんに、バイキン星の雷を当てて強化された姿。 見た目も戦闘力もかびだんだんとは比較にならないほどの変化を遂げています。 もちろんトリプルパンチは効きません。 キャラの強さが増してくるとトリプルパンチが噛ませ犬的な扱いになってきますね。 口から吐き出すカビの液体に触れると、カビツリーに体が絡めとられて身動きができなくなります。 さらに、暴走状態になると口から石化の煙を吐き出すようになります。 その煙によって、アンパンマンは死に追いやられます。 劇中でも アンパンマンを殺した数少ないキャラの一人です。 第5位|倒すことは不可能 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第5位は、「ゴロンゴラ」。 映画「恐竜ノッシーの大冒険」と「人魚姫のなみだ」の2作のボスキャラ。 巨大な岩の怪獣です。 驚異的なのは、その再生能力と状態異常にする攻撃。 基本的な攻撃では対処することができず、 封印するか、特殊なアイテムを使って対処するしか方法はありません。 「恐竜ノッシーの大冒険」に登場したゴロンゴラは、全身が砕けても再生。 さらに、口からは何でも化石にする化石光線を吐き出します。 化石の魔王の上位互換のようなキャラクターですよね。 「人魚姫のなみだ」に登場したゴロンゴラは、口から吐く光線を浴びるとヒトデになって戦闘不能にさせる能力を有します。 ゴロンゴラの怖いところは、「恐竜ノッシーの大冒険」と「人魚姫のなみだ」に登場したものが別個体だということ。 ゴロンゴラは固有の怪物の名前ではなく、生物の種類の名前だということです…。 今後も別個体のゴロンゴラが登場する可能性は十分あります。 第4位|劇場1作目の最強キャラ 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第4位は、「どろんこ魔王」。 映画1作目「キラキラ星の涙」に登場するキャラクター。 キラキラ星の涙を奪い、強力な大魔王となってアンパンマンたちに襲い掛かります。 高い再生能力を有しており、アンパンマン、おむすびまんの攻撃を受け付けません。 さらに、氷の女王を瞬殺したアンパンマン号のかまど放射器の火炎にも無傷。 そして、ドロドロンという手下を操っています。 どろんこ魔王が恐ろしいのは、高い知能を持ち合わせているという点。 初対面のアンパンマンとバイキンマンのことを何故か知っています。 元々アンパンマンワールドの住人ではなく、 異世界から来た雰囲気を漂わせているのも不気味なところ。 30周年突破記念の1376話「アンパンマンとどろんこ魔王」にも登場しますが、「キラキラ星の涙」と同一個体なのかどうかは不明です。 「それいけ!アンパンマン」にとって特別な敵キャラクターであることは間違いありません。 第3位|古代の住人? 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第3位は、「ブラックノーズ」。 映画「ブラックノーズと魔法の歌」のボスキャラ。 黒い鼻が特徴的な巨大な魔女。 例によって、トリプルパンチは効きません。 当たったものを強制的にヒヨコにして戦闘不能にさせる光線を有しています。 ブラックノーズは深い谷に封印されており、アンパンマンが存在するよりもはるか以前、古代の住人だと推測されます。 第2位|アンパンマン史上一の絶望感 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第2位は、「デビルスター」。 生物ではなく、星。 キャラクターとはいえないかもしれませんが、その悪魔的な能力をどうしても紹介したく、最強キャラランキング2位にいれさせてもらいました。 全ての世界を滅ぼす力を持つとされる悪魔の星。 星に近づくだけで、 星自体を石にさせる力を持っています。 過去の映画に登場したヤーダ星、クロワッサン星、鉄の星などを次々石化させています。 アンパンチではびくともせず、アンパンマンワールドの住人はなすすべなく蹂躙されていきました。 何をしても止まらない。 壊せない。 その描写は、アンパンマン史上一番の絶望感といっても過言ではありません。 スポンサーリンク 第1位|星をも砕く威力 引用元: アンパンマン最強キャラランキング第1位は、「アンパンマン」。 「それいけ!アンパンマン」の主人公であり、作中一番の最強キャラでもあります。 通常の元気100倍アンパンマンでは、ランキング20位のロールパンナにすら圧倒されてしまうアンパンマン。 ですが、特定の状況ではデススターをも砕く最強キャラになります。 アンパンマンには「元気100倍」のほかに、「勇気100倍」「元気300倍」「勇気3倍」などの形態があります。 その形態の中で最強と言えるのが、映画「だだんだんとふたごの星」で登場したスターライトアンパンマン。 星の輝きを受け取った状のアンパンマン。 その状態から放ったスターライトアンパンチは、 悪魔の星・デススターを一撃で砕きます。 物語の主人公のアンパンマンが、最強キャラランキング第1位で間違いないと思います。

次の

【鬼滅の刃】伝説級の強さ!作中最強『継国縁壱』と上弦の壱『黒死牟』の関係について解説する!【きめつのやいば】

こく し ぼう 強 すぎ

「継国巌勝」の「巌」と言う字は基本的に「いわ」「いわお」「けわしい」などと読むようです。 おそらく両親は、 どんな険しい困難も乗り越えられるように「巌勝」と言う名前をつけたのでしょう。 しかしそんな巌勝にも、乗り越えられないような困難があったようです。 鬼舞辻無惨に人間としての矜持を売りさばき「巌勝」と言う人の頃の名前を捨てて、鬼として生まれ変わり「黒死牟」と名乗るようになります。 黒死牟の「牟」の字には「むさぼる」とか「奪う」と言う意味があるようです。 「巌勝」の名前と比較するとネガティブな印象を受けますね。 このことからも、 黒死牟は人間の頃には持っていたであろう「誇り」や「諦めない心」を捨ててしまったことが予想できます。 黒死牟は無一郎の実力を認め、スカウトする• 自身にもある強者の証「痣」• すぐに冷静になる「精神力」• 練り上げられた「剣技」• 腕を失っても攻撃する「気概」 黒死牟は無一郎と戦闘することにより、彼が上記のような優れた才能を持つ人物だと判断します。 なのですぐに殺して食うのではなく、鬼にして鬼舞辻無惨の部下にする事を決めました。 無一郎を鬼にできたら鬼側の戦力が補強できるので、黒死牟にとっても鬼舞辻無惨にとってもプラスだと思います。 しかし無一郎は鬼殺隊の隊士としての矜持を持ち合わせているので、黒死牟の誘いに乗り鬼になるとは考えられません。 猗窩座の場合、一緒に鍛錬をして真の強者を目指す仲間が欲しかったと言う印象が強かったですよね。 しかし黒死牟は鬼舞辻無惨のことを第一に考えており、戦力補強のために無一郎をスカウトしたと読み取ることができます。 鬼は「自分が良ければOK」と考えることが多いです。 気分によって自分たちの命を脅かす鬼舞辻無惨は恐怖の対象でした。 そんな中黒死牟は鬼舞辻無惨のことを第一に考えており、どんな時でも彼に尽くそうと考えます。 また彼ほどの実力があれば、鬼殺隊と協力することにより鬼舞辻無惨に反旗を翻すことも可能だと思います。 黒死牟は鬼舞辻無惨の命を狙える立場にある中、なぜ彼に忠誠を誓ったのでしょうか? 黒死牟が鬼舞辻無惨に尽くす理由は謎。 黒死牟の使う「月の呼吸」について考察 速さ重視の性能なのでは? 黒死牟は抜刀して月の呼吸壱ノ型「闇月・宵の宮」を繰り出すことにより、無一郎の手を簡単に切断しました。 そんな彼でも黒死牟の攻撃の速さに対応できず、腕を切り落とされてしまったことからも、黒死牟の月の呼吸はスピード重視の剣術であることが読み取れますね。 また無一郎は「月の呼吸」という名称自体に驚いていました。 おそらく黒死牟以外の月の呼吸の使い手はいない、もしくは存命しておらず、現在は黒死牟の他に使い手がいないのかもしれませんね。 名前がヒノカミ神楽と対になっているのが良い 本作の主人公である炭治郎が使う全集中の呼吸の一種。 日の呼吸とも呼ばれることもあります。 「始まりの呼吸」とも呼ばれており、全ての呼吸は日の呼吸の派生とも言われていました。 ヒノカミ神楽を使う剣士は代々、耳飾りを着用しています。 過去には黒死牟と思われる人物が、ヒノカミ神楽の剣士の証である耳飾りをしていたのですが、何故なのでしょうか? 炭治郎の使うヒノカミ神楽は「日の呼吸」と呼ばれることもあります。 黒死牟の使うのは「月の呼吸」。 「日」と「月」になっており、対になっていますよね!• 翼が右のブラックアスタと、左のスピリットダイブのユノ• 文系・古橋文乃、理系・緒方理珠• クールな天才・うちはサスケ、努力家の落ちこぼれ・うずまきナルト 他の作品でも対になっているようなキャラクターが多くいますが、なんだか「2人一緒にいないといけない!」みたいなメッセージ性があって、その関係性がとても好きです。 スピード重視だと思われる月の呼吸• パワーのある日の呼吸(ヒノカミ神楽) 二つの呼吸は名称でも、性能は反対になっているのかもしれません。 どのように考えても「日の呼吸」と「月の呼吸」は対になっています。 ということは炭治郎と黒死牟は対決する運命にあるのではないでしょうか? 黒死牟は始まりの呼吸(=日の呼吸)の剣士ではない可能性もある。 彼の実力は高いのは容易に予想できたのですが、いざ実際にその実力を見せられると絶望感しか感じません。 おそらくは黒死牟と炭治郎は戦うことになるのですが、炭治郎が勝つビジョンが全く見えてこない。 おそらくはこれから鬼舞辻無惨も行動可能なると思われるので、鬼側の反撃が始まるはずです。 鬼殺隊は大ピンチです。 圧倒的な実力を持つ黒死牟と鬼舞辻無惨に対抗できるのでしょうか? まぁ。 なんとかなるっしょ! この記事、「分かりません」「なんとかなる」「〜だと思います」とか曖昧なことしか言っていなくて草。

次の

【鬼滅の刃】”黒死牟”が強すぎて、無一郎がボコボコにされた件について

こく し ぼう 強 すぎ

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】十二鬼月「上弦の壱」 上弦の壱とは鬼の中でも 圧倒的な強さを誇っています。 鬼の中にはランクが作られており「 十二鬼月」と呼ばれている12人の鬼たちが存在しています。 下弦の鬼達は短い間で何回も入れ替わることがありますが、上弦の鬼は100年以上の間ずっとメンバーが変わることがありませんでした。 鬼のランクには、下弦は陸から壱まで、上弦も陸から壱までのクラスがあります。 数字が小さくなるほど鬼の強さは強くなり、一番強いのは上弦の壱です。 その 上弦の壱である黒死牟はとてつもなく恐ろしい強さの鬼であると考えられます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】「日の呼吸」の使い手? 鬼滅の刃には 呼吸法という大切なものがあります。 『呼吸法』とは、 鬼殺隊の面々が鬼と戦う際に使用する操身術です。 鍛え抜かれた肺により、体の細胞の隅々にまで酸素を行き渡らせることで、身体能力を格段に引き上げることができます。 これを『 全集中の呼吸』と呼び、鬼殺隊士はこの『全集中の呼吸』を応用して、技を繰り出します。 剣士である『柱』は、『水柱』『炎柱』のように使用している呼吸によって呼称が変わります。 現在、鬼殺隊士たちが主に使用している呼吸が 『水の呼吸』『雷の呼吸』『炎の呼吸』『風の呼吸』『岩の呼吸』の5つである。 これらの呼吸から 『花の呼吸』『霞の呼吸』『蟲の呼吸』など、様々な呼吸が派生しています そんな呼吸の中には 「始まりの呼吸」と言われている「日の呼吸」があります。 日の呼吸は今現在の鬼殺隊の隊士たちの中で扱う人間は存在していません。 そのため 最強の呼吸法という事で伝説になっています。 主人公の炭治郎は、なぜか父親の踊っていた舞が日の呼吸の一つの型だった事を知り、技として使うことができるようになりました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】謎に包まれた黒死牟の過去とは? 黒死牟は鬼になる前になにをしていたのか、また黒死牟はどのような人間だったのか判明していません。 顔の痣はかつて鬼殺隊の隊士の証だとしても、 耳に太陽の紋章の耳飾りが黒死牟にはありません。 見た目は以前の日の呼吸の剣士たちと同じです。 しかし 顔の痣は日の呼吸の剣士が現れると、まわりの他の呼吸の使い手の剣士たちにも出ると言われています。 黒死牟は痣があるので日の呼吸の使い手である剣士がちかくにいたとも考えられます。 何らかの呼吸の使い手であったことは明らかで、鬼殺隊の隊士として戦っていたのかもしれません。 もしかすると今後の物語の中でだんだん過去について明らかになっていくのではないでしょうか。 黒死牟には、 何か鬼殺隊や炭治郎の家族たちと関わりがある事も予想されています。 スポンサーリンク まとめ 上弦の鬼たちの存在は前々から明かされていましたが、黒死牟の素顔や能力などは全く分かりませんでした。 しかし、上弦の鬼最強の 黒死牟とヒノカミ神楽の使い手がよく似ていた事がわかりました。 黒死牟は和服を着ていて、しかも刀を所持していたので、その姿からなんとなく鬼殺隊の隊士を想像してしまいますが、情報は謎に包まれていました。 それに 彼の後ろ姿がヒノカミ神楽の使い手である炭次郎の親父 とよく似ていたのです。 炭治郎の夢の中にもよく似た人物が現れていました。 そんなに強かった黒死牟がなぜ、鬼舞辻無惨に屈してしまい、鬼になってしまったのでしょう。 彼は鬼殺隊の隊士たちと同じように刀を所持していたため、 鬼になる前は鬼狩りをしていたのかもしれません。 今現在も上弦の鬼の中で一番強い鬼なので、鬼になる前の状態でも相当強かったのだと思われます。 黒死牟は、 日の呼吸の使い手で、始まりの呼吸の剣士と何らかの関係があるのではないかということも考えられます。 それから最初の鬼である鬼舞辻無惨をその昔、あと一歩の所まで追い詰めた「 耳飾りの剣士」と、黒死牟はとても良く似ています。 未だにこの「耳飾りの剣士」に怯えるほど、無惨の記憶に刷り込まれているようです。 実際、炭次郎の耳飾りを見た無惨は、態度を急変させて炭次郎に喰ってかかり、その後も異常な執着をみせました。 その後も無惨に「耳飾りの剣士」の記憶が蘇る事から、二人にはかなり深い因縁があるのがわかります。 つまり、最強の鬼狩りが鬼になったのですから、あり得ないほど強いことが想定できますね。 無惨よりも強い可能性があります。 それからもし黒死牟が耳飾りの剣士だとしたら、 耳飾りは「日の呼吸」を伝授された事により炭吉の耳飾りだけ残り、自分の耳飾りは抹消されてしまったのではないでしょうか。 無惨の血により鬼になったという事も考えられるけど、黒死牟が耳飾りの剣士とは同一人物ではない可能性もあるのではないでしょうか。 このように強さや過去、炭治郎との関係などわからないことが多い黒死牟です。 炭治郎や鬼殺隊とどうなっていくのでしょうか。

次の