ダクション 360s。 GUIDE|SUPPORT|d'Action 360

PRODUCT|d'Action 360 S

ダクション 360s

株式会社カーメイト代表取締役社長 徳田 勝さん 専門は画像処理によるスイカ果実の選別 万が一の事故やトラブルに備えて、運転中や駐車中の映像を記録しておけるドライブレコーダー。 ここ数年、悪質なあおり運転などが話題になるたびに、ドライバーへの認知度がアップ。 販売も好調に推移している。 そのドライブレコーダーで、昨今、注目を集めているのが、クルマの前方や側方、後方まで360度撮影が可能なモデル。 中でも人気なのが、カーメイトから発売されている「 ダクション360」シリーズだ。 「ダクション360シリーズの特徴は、一台で360度の映像を記録できるドライブレコーダーと駐車監視カメラ、さらにはアクションカメラの3役をこなせること。 無線LAN搭載により、スマホアプリから映像の確認などが行えます。 2017年2月に、業界に先駆けて全天周撮影対応の『ダクション360』を発売。 その後、2018年11月には、全天球撮影が可能な『ダクション360 S』を発売しました」 こう話すのは、同社代表取締役社長の徳田勝さん。 芳香剤やタイヤチェーンなどのカー用品が主力商品だったカーメイトでドライブレコーダーの開発に取り組み、ダクション360シリーズへとつなげた人物だ。 スマホアプリでの表示モードは4種類。 クルマの前方はもちろん、側方、後方のドライブ映像を自由に確認することができる。 農学博士の肩書きを持つ徳田さんは、京都大学などで「画像処理によるスイカ果実の識別」というテーマを研究していた。 そのため、2003年にカーメイトに入社した当初から、専門分野である画像処理を生かせる商品の開発を構想。 2008年に、その機会を得た。 「前方衝突検知・警告機能と、車線逸脱検知機能を備えたドライブレコーダーを開発したのです。 それがiPhone向けの燃費管理アプリ「 DriveMate Fuel」。 このアプリは多くのユーザーに支持され、有料にもかかわらずヒットを記録した。 「アプリ開発の経験と実績が、ダクション360シリーズ開発のベースになっています。 アプリを内製できる体制が整いましたし、使い勝手の部分などでノウハウも蓄積できました。 また、実車でテストする環境も構築できました」 その後、同社は2011年の東京モーターショーでスマホ連係機器を出展。 2013年の同ショーでは、スマホアプリとカメラ機器の連係をコンセプトで示した。 それを発展させて、ダクション 360シリーズにつなげたというわけだ。 アプリ開発と、実車でのテストをすぐ行えるのが我が社の強みです。 ナンバープレートもしっかり読み取れる こうして2017年2月に発売されたダクション 360だが、メディアから好意的に取り上げられるなど反響は大きかったものの、当初の販売はあまり順調ではなかった。 しかし、悪質なあおり運転の事件が報じられて社会問題化すると、売り上げは急激に伸びていった。 「クルマの前方だけでなく、後方や側方も記録することの重要性が理解されたのかなと思います。 また、車内の様子を撮影することへの抵抗感も徐々に払拭されていきました。 ダクション360は他社商品の数倍の価格ですが、その価値があると認識されたのは大きかったです」 2018年11月には、後継となるダクション360 Sが発売された。 レンズが2基に増えて、画角が全天球(水平垂直360度)に進化。 「全天球の映像は画素数が多いため、記録する際に小さくリサイズします。 すると、前方のクルマのナンバープレート部分などを拡大した際、画像が粗く、読み取りが難しくなってしまいます。 デュアルレック機能では、リサイズ前の映像から前方の一部を切り出すので、高解像度で記録することができるのです」 「デュアルレック機能」は、全天球録画と同時に、前方の映像を高解像度で記録。 クルマのナンバープレートもしっかり読み取れるので安心だ。 これが実現できたのは、高性能なプロセッサーを搭載しているからだが、このことは別の問題も生んでしまった。 それは、本体内で発生する 熱の問題だ。 「熱を多く発生する部品には、プロセッサーのほか、カメラのCMOSセンサーなどがあります。 ダクション 360Sは、高性能なプロセッサーと2基のCMOSセンサーを搭載しているので、かなりの熱が発生します。 加えて、夏の車内は相当な高温です。 熱で故障したり、動作が止まってしまったりするのは、ドライブレコーダーとしては致命的ですので、本体の設計に当たっては熱対策を最優先しました」 開発チームは当初、ダクション360 Sを球形のデザインにすることで進めていた。 ダクション360の半球型のデザインを踏襲し、シリーズの統一感を出すためだったが、球形だとどうやっても熱問題を解決できないということで断念。 結果として、現在のデザインに落ち着いたのだという。 シビアな条件でも安定して動くことがドラレコとしての必須条件です。 安全運転支援機能の搭載も構想している さて、ダクション360シリーズの特徴としては、 アクションカメラとしても使用できることが挙げられる。 「万が一の事故に備えるのがドライブレコーダーの役割ですが、それ以外でも使えるようにと考え出したのがアクションカメラ機能です。 ドライブの目的地でのアクティビティの様子や景色などを、360度撮影できます」 筆者は別の360度カメラを所有しているが、旅先ではとても重宝している。 オプションのバッテリーは必要だが、ドライブレコーダーをそのまま車外に持ち出すことで全天球/全天周撮影が可能になるのは、確かに魅力的だといえる。 最後に、ダクション360シリーズの今後を訊いてみた。 「一度は断念した前方衝突検知や車線逸脱検知などの機能は、今後の構想には入っています。 また、プライバシーに配慮しつつ、カメラからの映像を社会で共有して役立てることも考えていきたいですね。 アイデアはいろいろとあるので、ダクション360シリーズをもっと進化させていきたいと思っています」.

次の

【設置例】ドラレコ ダクション360を便利に使う工作と使ってみた感想【移動可能】

ダクション 360s

タグ 4K 4Kテレビ 4Kブルーレイ 4K対応テレビ 8K 8Kテレビ Acer aiwa AMAZON Amazonプライム Android TV Apple TV DIGA DisplayPort1. 厳密には、ウェラブルカメラやアクションカメラも含めたら何とも言えないところですが、 ドライブレコーダとして販売しているものはなく、今回の発売モデルは4K相当モデルとのことで、やはり初めてのモデルといえそうです。 私の車に3年ほど付けたドライブレコーダは、トンネル内や夜の映像は真っ黒で、まったく意味をなしていませんでした。 今回乗り換えた際、ドライブレコーダを探してみて3年前により明るく映り、HDR対応というだけでも進化を感じました。 幸いにも事故を起こさなかったので良かったのですが、明るい映像が記録できるというのは良いですよね。 しかし、車にはすでにドライブレコーダを取り付けちゃったんですよね。 4Kだから・・・絶対に良いとは言い切れませんが、暗い場所でも綺麗に映れば、当て逃げされても綺麗にナンバーが映るでしょうし、商品を選ぶ基準にはなります。 公式Youtube 大きく分けると3つのモード 1. ドライブモード ・景色を撮りたい( 4K・フルHD) ・楽しい車内を残したい( 4K・フルHD) ・事故状況を残したい(フルHD) ・記念写真を静止画で撮りたい(フルHD) ・常に録画しておきたい(フルHD) 特に気になる 事故についてですが、衝撃を検知すると、前後各10秒間(計20秒間)を録画します。 フォルダ容量が一杯になると、古いデータから順に上書きされます。 このあたりは、他のドライブレコーダと変わりませんが、4Kではなく、フルHDとのことで少し残念ですね。 アクションモード ・アクティブシーンを撮りたい( 4K・フルHD) ・記念写真を静止画で撮りたい( 4K・フルHD) どちらも、車から持ち出したシーンを考えたモードです。 バッテリーがあると便利です。 駐車監視モード ・当て逃げなどを記録したい( 4K・フルHD) 衝撃を検知すると、前10秒間(フルHD相当撮影時)または前7秒間(4K相当撮影時)と、後30秒間(計40秒間または37秒間)を録画します。 駐車場での当て逃げを考えたモードで、最近のドライブレコーダの一部には搭載されています。 が、もちろん4Kで撮影できるので、ほぼ犯人は見つかるでしょう。 心強いですね。 前方だけでなく側方なども記録できます。 また車での常時使用を実現する耐熱性も魅力です。 業界初の、ドライブレコーダー機能付360度カメラ。 前方だけでなく側方なども記録• 車での常時使用を実現する耐熱性• 無線LANにより、撮影や映像の確認・公開はスマホアプリから• 360度の映像が「オリジナル」として保管され、専用PCソフトで「ツインカット」「パノラマカット」「アングルカット」に編集ができる• バッテリーオプションに付け替えれば、アクションカメラとして使用できる• 駐車監視オプションに接続すると、駐車中のマイカーを360度監視• 3型 フレームレート:最大27. 楽天もAmazonもタイミングが合えば最安値になるかもしれないお店なので、購入前に見比べて購入すべきでしょう。 関連記事はこちらも•

次の

カーメイトの360度全部撮影できるドライブレコーダー「ダクション360」が楽しすぎる!

ダクション 360s

カメラ 2018. 23 2018. 前しか映さないドラレコなら悩むことは無いのでしょうけど360度撮れるので撮影後のアングルを変えて見るとルームミラーが死角になってたりとかどこが一番良いのかなかなかわからず悩んでました。 マジックテープの受け側をガラス上部に帯状に貼りどこでもくっ付けられるようにするというのも考えましたが実用的では有りませんし他に良い方法は無いものかと思いそこでいつもいろんな工作でお世話になっているRMSおじさんに相談。 簡単に設置場所を変えられて角度調整可能なドラレコ取り付け工作 さらにRMSおじさんから製作中の画像と解説を送ってもらったのでそれらを交えて紹介します。 RMSおじさんの作戦は車純正のサンバイザーに追加で挟み込んで使うバイザーの取り付け部分だけを利用して使うというものでした。 色々買って何が良いか試してくれたようです。 その中でこれが一番適しているという判断だったようです。 確かこれって一時期深夜の通販番組で売られていたバイザーが2枚になっていて昼間も夜も使えるというダブルバイザーのものですね。 取り付け部がしっかりしていてしかも半透明というのが決め手だったようです。 他の物は取り付け部が黒とか紺です。 分解開始。 まずはバイザーを台座から外したところ。 バイザーの板を抑えている部分を分解。 ネジで分解できるのはここまでです。 上の出っ張り部分は一体形成の為、分解は不可。 分かりやすいように段ボールを挟んで説明。 出っ張りが無いほうはこの位置に穴が開いてます。 ここにダクション360を両面テープで付けようとすると穴の位置が最適な場所となるのでしっかり貼り付けることが出来ません。 なので反対側に取り付けます。 しかし出っ張りが邪魔で両面テープで貼り付けることが出来ません。 色々工具を持っているRMSおじさんはこの部分を切り落として平らに削ってくれました。 こんなかんじ 横から見るとまっ平らになりました。 車のサンバイザーに挿すだけで固定が出来ます。 角度も自由に変更出来て良い感じです! これでもう位置を悩まず左右に微調整出来ますし何と言ってもどの車にも簡単に載せ替えが出来るので友達の車でドライブに行くときやレンタカーを使う時など違う車に乗る時も常にドラレコをお供させられて凄く便利。 自分が車乗らない時は友達がドライブに行く際にドラレコだけ貸してあげる事も簡単です。 電源はシガーライターに挿すだけですから。 位置が気に入らなければ左右に自由に調整できます。 360度全方位カメラですが向きを変えることにより中心が変わるので見やすい方向というか目的に合わせて調整すると良いです。 この向きなら4人とかでドライブに行くときに楽しい車内の様子を中心に撮影出来ます。 あまり車内側に寝かせると前のほうが映らなくてドラレコとしての役目を果たさなくなってしまいますのでここまで曲げないほうが良いですしここまでしなくても充分車内全部映せます。 こんな風にすると自分の顔が映らず肩から下と前方がかなり上のほうまで広く映せます。 更にサンバイザーを少し浮かせるとダクション360は直角なります。 こうして撮れば並木道とか紅葉などをドライブで楽しむ時に壮大なスケールで大自然が撮影が出来ると思います。 でもこのままだとダクション360が揺れますので対策が必要です。 こんな風にタオルを挟んだらどうかなと思ったりもしますがまだ実際に走って見てないので揺れが抑えられるかどうか未確認です。 ガラスに直接取り付けるとdaction360をここまで立てる事は出来ませんのでコレが出来るのはありがたい。 左右の位置調整や簡単な積み替えだけでなく上下の振り幅も多く取れるので撮影のバリエーションが広がります。 この位置はRMSおじさん曰く 「パンティセンターポジション取り付け」 だそうです。 助手席のシートの真ん中に来る位置なのでミニスカートの子を乗せると股間が一番撮りやすいだろうとの事です。 一番左に着けることにより助手席側のドアの下のほうが撮りやすくなり更にはカメラを左に振って付けることにより信号待ちで隣にミニスカートの自転車の人が片足ついて車の横で待っている人の股間の三角のてっぺんが写せるモードだとか・・・ RMSおじさんをセクハラで訴えましょう。 MeToo 次は違う車に設置した例です。 ・サンバイザーから外す ・違う車のサンバイザーに挿す ・シガープラグから電源を取る たったこれだけですのでどんな車に乗る時も簡単に持っていけるようになり超便利ですよ。 この車はかなりガラスの斜頸が強くてガラスまで20センチ位軽くありそうです。 という事はガラスに貼るのに比べてサンバイザーに着けると助手席に乗る人の目の前に20センチ近くなるわけでもしかしたらちょっと同乗者には目障りに感じられる場合も有るかもしれません。 その反面ガラスがかなり傾斜している車の場合はフロントガラスの支柱というかピラーも当然長くて斜めになるので360度カメラでも死角が多く出来てしまうんですけどサンバイザー取り付けをする事により死角が極端に減らせるというメリットも有ります。 サンバイザーに挿すだけで簡単に取り付けられるという事はこのように逆側にも付けられるわけです。 ドライブ中に彼女が寝たらこのモードが・・ あ私には関係ない話だ。 一般的なドラレコの場合は液晶モニターが有るので映像を撮影するものだというのが常に意識されますがモニターが無いダクション360は常に設置されているのが当たり前で慣れてしまうと撮られているという意識を段々しなくなるような気もします。 そもそも最初に聞かれた時にドラレコだと言っても車内側まで全部撮れるものだとは思わないかも知れないので車の中でエッチする時は全く撮影されているのを意識せず乱れてくれるかもしれません。 (なんの解説だよおじさん) 数ヶ月ダクション360を使って感じたことと煽り抑止ダミーカメラ 危険運転が相変わらず問題になっていますが、ダクション360なら後ろから必要に煽られて横から抜いて前に割り込まれてブレーキ踏まれたりしても一連の出来事が全て記録できるので凄く有用だと思います。 しかしです。 後ろが撮れても 後ろから煽られる事を抑止する効果は感じられません。 そこで考えました。 後ろの車の運転手に録画しているんだぞという事を意識させる方法です。 ダミーに安いドラレコを買いました。 ダミー用と言っても本当に録画できるドラレコでAmazonで2千円台で購入です。 電源は投入せずリヤガラスに貼り付けているだけで伊達カメラとして使ってます。 プライバシーガラス越しでも目立つように青いボディを選びました。 2.4インチモニター付きでしっかり撮れますしGセンサーや移動体監視付きです。 まだ電源は入れていませんがこれをリヤガラスに付けた事により明らかに車間距離を詰めて来る車が減ったように感じます。 駆動させようと思えばこのドラレコも横のUSB端子から電源を入れてやるだけで良いのでモバイルバッテリーを繋げば電源を引き回したりしなくても使えます。 しかしリアカメラに使う場合は左右反転機能が無いと右左が逆に映るので注意です。 リアにこのように取り付けました。 色が黒だと目立たなかったと思うので青にして場所も目立つようにハイマウントストップランプの近くにしました。 ブレーキを踏めばここが光るので後ろの運転手は視線がこの辺に来るでしょうからリアのドラレコも気づかれやすいと思います。 ダクション360の肝心の画質ですが少し離れた車のナンバーを読むということはちょっと難しいです。 これがしたい場合はやはり前方だけ撮影するそれなりのグレードの物のほうが良いと思います。 でもダクション 360はなんといっても起こった出来事を全て撮るのにもってこいのドラレコです。 あと不満点としてはアクションカメラにも使えるのですがスマホで映像確認しようとするととても画質が悪いです。 遅延を少なくしリアルタイムで画角が確認出来るように画質を落としているのかと思いますがちょっとこの部分は不満です。 でも本体に入れてあるmicroSDカードにはちゃんと撮れているのであとで見るなら十分楽しめます。 ダクション360 ドラレコを机や棚に設置 RMSおじさんから 「サンバイザーに手軽に挟めるようにしたのだから色んな所に取り付けて遊びなさい」 と指令が来ました。 テーブルやカラーボックスやパソコンディスクなどあらゆる所に簡単に付けられて簡単に撤去も出来るので確かに活用の幅は大きく広がると思います。 設置例のアイディア画像を送ってもらっているのでこちらも紹介します。 テーブル設置の例です。 置いておくだけだと安定しませんがこのようにテーブルに挟めばしっかりと固定出来て全方位撮れるので仲間で集まって鍋パーティなど盛り上がりそうです。 こんな風に角度を付けて設置すると自分だけが映らず他の人だけを映すことが出来ます。 こんな感じです こんな風に角度を付ければ自分の足が映らずに他の人のテーブルの下の下半身だけが映ります Me Too 壁の高いところに棚を作って部屋を見下ろして撮れるようにしなさいという画像も来ました。 こんな風にして設置すれば部屋全体が撮れちゃいますね。 まとめ 今回はRMSおじさんにドラレコの設置が簡単に出来るようにならないかと相談してこれを作ってもらいました。 おかげで色んな所に簡単に設置できるようになりましたしダクション360の使い道が大きく開けました。 いや簡単に違う車に取り替えられるのはすごい便利ですよこれ。 アクションカムとして使う時も板を用意して持っていけば地面に板を置いてこれで挟めばスタンドになりしかも向きも自由に変えられるのでミニ三脚等の不安定なもので撮るより便利なような気もします。 RMSおじさんは今年は掲示板に出まくったり貢献度の高い人には技術、資金、物資をどんどん無償で提供していくと宣言されていて今回の相談して作ってもらったこれもなんと無償で製作してもらえたんです。 相変わらず太っ腹です。 頼んでもないミニスカ撮影wまで考えてくるんだからこういうのをやるのが好きなんでしょうね。 この装置はウエラブルカメラを色々な所に取り付けるのも便利だから会員さんにプレゼントや販売などもしていくと言っておられたのでメンバーの皆さんは掲示板でおねだりしてみると良いと思います。 本当に色々もらえそうです。

次の