スローネ フィーア。 ヨハンだがこんな状況を覆す

バンダイ HG 1/144 ガンダムスローネアイン

スローネ フィーア

概要 [ ] が開発させたの。 「ガンダムスローネ」シリーズの3号機で、動力として()が搭載されている。 また、スローネシリーズは素体が全機共通であり、それを基にして役割に合わせた装備がそれぞれ施されている。 本機はやの戦闘支援を想定して開発されており、機体各部には大容量のGNコンデンサーが内蔵されている。 その主な運用法は電子情報戦や通信・レーダーのかく乱、そしてスローネアインのGNランチャーのエネルギーパック的役割等である。 その為、戦闘能力は他の2機に比べると劣っているが非GNドライヴ搭載機を相手には十分な戦闘能力を持つ。 またコクピットにはと同様、が同乗する為の台座が用意されている。 登場作品と操縦者 [ ] (1stシーズン) はの末妹であるで、HAROが同乗している。 タクラマカン砂漠で行われた三大国家群による合同軍事演習に武力介入を行った所属のガンダム達の救援に現れ、ガンダム鹵獲作戦を失敗に終わらせている。 しかし、刹那らプトレマイオスのマイスター達と相容れなかった為に衝突し、敵対する事に。 その後、アレハンドロの依頼を受けたによって撃墜されそうになるが、のによって助けられる。 (2ndシーズン) の元でに偽装して使用されている。 後にネーナが留美に反旗を翻した際に偽装を排除して本機の姿となり、留美の乗る小型艇を撃墜。 その直後に本機ものによって撃破された。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] GNステルスフィールド バックパックとシールドに内蔵されているGNコンデンサーからGN粒子を広域に最大散布し、レーダーなどを無効化する巨大なジャミングフィールドを形成する。 なお、この機能はあくまで広範囲に通信やレーダーを阻害するための装備であり、本来ならば攻撃用としては使用できないが、PS2のゲーム「機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ」では全方位型の近接戦用武器としても使用可能であった。 合体 GNメガランチャー、あるいはGNメガランチャーを発射する為、スローネアインとドッキングする。 換装 リィアンに換装可能。 武装・必殺攻撃 [ ] GNハンドガン 右腕に1門装備されている小型の粒子ビーム兵器でと同一の装備だが、ステルスフィールドの使用を考慮して出力は抑えられている。 とのドッキング時にはエネルギー供給用のケーブルになる。 GNビームサーベル 両肩に1本ずつマウントされている近接戦用の武装。 構造は等の物とほぼ同じだが、より高出力のビーム刃を形成できる。 またGNコンデンサーを内蔵しており、本体からのGN粒子供給無しでも短時間ならばビーム刃を形成・維持する事が可能。 GNシールド 左肩に装備されている防御兵装。 GNコンデンサーを内蔵している。 GNシールドポッド 右肩に装備されている防御兵装。 ウェポンコンテナとしての役割も兼ねており、ミサイルやビームサーベルを搭載可能。 GNミサイル GNシールドポッドに搭載される実弾兵器。 GNロングライフル リィアンに装備されているビーム砲を、分離後にGNハンドガンとドッキングさせる事で使用可能。 設定のみの武装であり、本編では未使用。 対決・名場面 [ ] 結婚式場襲撃 名場面というより、悪夢に近い場面。 ミッションから帰還中にたまたま近辺で行われていた結婚式を発見したネーナは、マイスターとしての任務に振り回されるストレスをその結婚式場へと向けた。 のちには両親、親戚、自身の左腕を失ってしまう。 そして…。 対 対(サーシェス) 1stシーズンの終盤でミハエルとヨハンを殺害したサーシェスが搭乗したスローネツヴァイに撃墜されそうになるも、そこに現れた刹那のエクシアによって助けられる。 対 2ndシーズンの終盤でリボンズの手引きにより襲撃してきたレグナントと交戦。 しかし、既に旧式化しているスローネドライでは全く歯が立たず、圧倒的な機体性能の差によって瞬く間に無力化させられた後、復讐心に駆られたルイスによってコクピットを破壊され、ネーナの断末魔の叫びと共に爆発・四散する。 関連機体 [ ] 輸送機型の外装で本機を秘匿した姿。 スローネドライの発展機。 スローネシリーズの1号機。 スローネシリーズの2号機。 予備パーツから開発された4号機。 スローネシリーズをベースに開発された量産試作機。 GNステルスフィールドの前身となったGNフェザーを搭載している機体。 商品情報 [ ] [ ] フィギュア [ ] 資料リンク [ ]• リンク [ ]•

次の

舞台「機動戦士ガンダム00」ネタバレ感想!スローネフィーアのパイロットは…

スローネ フィーア

概要 [ ] の「監視者」の一人であるが、同じ監視者であると結託して独自開発したガンダムスローネシリーズの2号機。 の次男がパイロットを務める。 狙撃・砲撃戦仕様となっていた1号機のとは逆のコンセプトを持つ格闘戦用機体で、主武装である大型の実体両手剣「GNバスターソード」からも、高機動性を生かした連撃による格闘戦を得意とする第3世代機のと異なり、パワーを生かした一撃必殺の格闘戦を得意としている。 また、GNハンドガンや遠隔誘導兵器「GNファング」によって中距離戦の対応も可能としている。 攻撃的なミハエルのも相まって、荒々しい武力介入を展開し、の搭乗するもGNファングで串刺しにする形で撃墜している。 しかし、後にアレハンドロに雇われたがチームトリニティと接触した際、ミハエルを銃殺して本機を鹵獲。 がを介してバイオメトリクスをサーシェスの物と書き換えたことで、彼が新たなパイロットになる。 サーシェスの初起動時は軍との戦いの後だった為、粒子残量が残り少ない上にまともな戦闘を行える状態でなく、サーシェスからも「慣れないと扱いづらい」と発言してもいたが、サーシェスはスローネツヴァイの武装・特性をすぐさま把握。 のガンダムスローネアインを難無く撃破した後、のも撃墜しようとしたが、そこへのガンダムエクシアが乱入。 それでもパイロットの技量差によって圧倒するが、を発動させたエクシアの常識外れの機動力に翻弄され、撤退を余儀なくされた。 その後、合流した国連軍の手で修復され、万全の状態でソレスタルビーイングとの最終決戦を展開。 サーシェスに因縁のあるのを大破させるも、損壊したGNアーマーの一部を手動操作で用いたロックオンの捨て身の攻撃で撃破された。 ただ、機体は破壊されたが、パイロットであるサーシェスは辛うじて生き永らえている。 後に、本機のデータをベースとする形で、によってサーシェスの搭乗を前提としたの・が開発される事になる。 登場作品と操縦者 [ ] [ ] 初登場作品。 最初はだが、後に敵ユニットとして登場する。 原作通りが乗り、後にが乗る。 ミハエル搭乗時は他の同様さほど大した敵ではない。 ところが、サーシェスが搭乗した途端に強敵と化す。 彼がを施したのか、も大幅にアップする。 サーシェスの状態によっては、下手に攻撃するとでも大ダメージを食らい、最悪の場合だと一撃で撃墜される危険性もあるので要注意である。 上記のとおり、パイロットの変化による強弱の落差が激しいため 「サーシェスが搭乗してからが本番」などと言われている。 唯一の弱点はの機体なので、がを習得していれば大幅に倒しやすくなること。 単独作品 [ ] 既にサーシェスの手に渡っている状態で敵ユニットとして登場する。 なお、リニューアル前の解説によると、本作におけるガンダムスローネツヴァイは 「によって建造され、の味方になった5機目の」という設定。 装備・機能 [ ] 武装・ [ ] GNハンドガン 左腕下部に装備されたビーム砲。 のGNメガランチャー/GNハイメガランチャー使用の際のエネルギー供給コードとしても用いられる。 GNビームサーベル 両肩に各1本装備しているGN粒子で形成された。 GNバスターソード スローネツヴァイの特徴的な武装の一つである巨大な実体剣。 刀身からを放出することで、のように扱う事もできる。 GNファング 遠隔操作が可能な誘導式ビーム砲。 先端部にビーム刃を発生させ「ファング」の名の通り敵機を貫くこともできる。 両腰バインダーに8基を搭載(通常は6基使用し、残りの2基は緊急用)。 その外見や使用方法はシリーズの誘導兵器「」を連想させるが、GN粒子の効果によりファンネルと違ってでの使用も可能。 [ ] 剣装備 を発動。 (小) の恩恵により回復する。 移動タイプ [ ] ・ 可能。 [ ] M 対決・名場面 [ ] スローネツヴァイ登場 1st第16話より。 人革連に捕らえられたのを救うべく参戦した、ミハエル・トリニティとガンダムスローネツヴァイは、とのをGNファングで蹴散らす。 対 1st第17話より。 のを終えて撤収しようとするだったが、ミハエルは自分の出番が無かった鬱憤を晴らすかのように、率いるオーバーフラッグスと交戦。 の差からオーバーフラッグスが優位に立っていたが、接近戦を挑んできたのオーバーフラッグをフェイントからのGNファングで撃破した。 対& 1st第22話より。 ミハエルを銃殺し、スローネツヴァイを強奪したは、初めての搭乗と機体自体が消耗している状態にも関わらず、持ち前の高いによって、スローネアインとスローネドライを圧倒する。 そして、スローネアインはスローネツヴァイからの集中攻撃を受けて大破。 は戦死する。 なお、スローネドライは乱入してきたによって助けられ、戦場を離脱した。 対 当初は技量の勝るサーシェスが刹那を押していく。 ついに、エクシアにを刺そうとした、その瞬間、エクシアのが発動。 たちまちのうちに形勢が逆転し、武器を失ったサーシェスは撤退を余儀なくされた。 対 1st第23話より。 初めはスローネツヴァイとデュナメスの両機は互角の戦いをしていたが、戦闘の途中でサーシェスはの弱点(右眼の負傷)を見抜き、デュナメスを戦闘不能に追い込んだ。 だが、ロックオンはなおも諦めず、GNアームズの残骸を利用してスローネツヴァイへのを目論む。 その結果、両者相討ちに終わり、ロックオンは戦死。 サーシェスもまた、スローネツヴァイと共にの塵と化したと思われたが…。 関連機体 [ ] スローネシリーズ1号機。 長距離専用の機体。 スローネシリーズ3号機。 支援型の機体。 ガンダムスローネフィーア 舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』(SRW未参戦)に登場するスローネシリーズ4号機。 スローネヴァラヌス 公式外伝『機動戦士ガンダム00V』(SRW未参戦)に登場するスローネシリーズの流れを汲む。 この機体を元にして下記のGN-Xが開発された。 ガンダムスローネシリーズのデータを反映したのモビルスーツ。 ガンダムスローネツヴァイのデータを元にによって開発された専用機。 スローネツヴァイと比較して武装が強化されており、4つの眼と長い腕を持つ禍々しい外見になっている。 余談 [ ]• 機体名の一部である「ツヴァイ」はで「2」を意味する。 機体名の由来は、と同じく、「座天使"Thrones"」と思われる。 商品情報 [ ] 資料リンク [ ]•

次の

【画像】スローネフィーアのデザインが判明!舞台00に登場するガンダムスローネ4号機

スローネ フィーア

「イアンさん、フィーアはどうですか?」 「……治せるのは治せるんだが、何か違和感があるんだよな」 スローネフィーアの腕となるパーツの設計は順調に進んでいるようだが、何か違うということだ。 俺にはよく分からなかった。 設計図を見ても博士が見せてくれたものと変わらない気がするのは俺だけだろうか……。 ……やはりフィーアの修復には時間がかかるようで、GN-X相手に片腕なしでの戦闘になるだろう。 敵は俺たちを待ってくれない。 だからこそ足を引っ張るような真似だけはしてはならない。 ファングのような武装があれば片腕だけでも戦えると思うのだが……。 「……無い物ねだりはよくないな。 俺に出来ることで戦わなくちゃ」 あのフラッグもパイロットの腕と合わさることでフィーアを倒せるほどの実力を発揮したんだ。 モビルスーツの性能差が勝敗を決するんじゃない。 実際、ファングがあってもグラハムの乗るフラッグは全て回避していた。 俺が使っても結果は同じだ。 ……でも、ステルスフィールドやファング、スローネライフルに比べると機動力だけが取り柄のフィーアもなにかこれといったものがあればなと思ってしまう。 無い物ねだりというやつだ。 「はぁ……」 『ゼルエ、近くに皆はいるか?』 「おわぁ!?」 突然の博士からの連絡に一瞬驚くが、表情を見る限りあまり良い話ではなさそうだ。 このタイミングでということは……。 「……来ますか」 『数時間後には戦いが始まるだろう。 おそらくクジョウも行動を始めていると思う』 敵は30機のGN-X。 その中には確実にグラハムの姿はあるはずだ。 さらに、戦争となればアリー・アル・サーシェスの姿だって……。 『……ゼルエ。 困った時は全てを捨てなさい』 「……え?」 言っている意味が分からなかった。 博士の言うことならば何か重要な意味があるには違いないと思うのだが、それが何を意味しているのか、何を捨てろと言っているのかが分からなかった。 そして、その意味を知ることはなく、先に奴等は来た。 予定よりも早くGN-Xが現れたのだ。 「……あれも、ガンダム……」 「これも、イオリアの計画の一部なのか……?」 博士の言っていた通り武装は簡単なものしかない。 簡単だからこそ、これほどの数を量産出来たのだろう。 「……状況はこちらが圧倒的不利です。 ですが、いつも通りにすれば倒せない敵ではありません」 「倒せない敵か。 言ってくれるじゃねえか……!」 もし、俺たちの滅びが計画だというのなら……抗ってやる。 抗ってみせる! ソレスタルビーイングがこんなところで終わっていいはずがない!! 「ゼルエ・トリニティ! ガンダムスローネ4号機、スローネフィーア、出る!!」 片腕だけのスローネは、俺の意思に応えるかのように力強い瞳を宿し、敵をいる方向に飛び立った。 「ば、バカな……!? GN-Xが……!!」 「機体性能に頼るから負けるんだよ!」 少しでもこちら側の勢いを上げるために真っ先にGN-Xを1機破壊する。 いくら敵が精鋭部隊とはいえ、その中にはガンダムの性能に酔い、頼りっきりになってしまう連中もいるようだ。 「あまり前に出すぎるなよ? 無闇に突っ込めば敵の思うつぼだ」 「ロックオンさんこそ、しっかりと援護射撃頼みますよ! 達人とはいえ、1度だけ狙いを外したんですから」 「……全く、痛いところをついてきやがるな……!」 やはり飛行形態でなら失った片腕のことを敵に知られず、不自由なく戦える! そして、時間はかかっても1機ずつ確実に落としていけば必ず勝機は……!! 「……あの時の新型か……!!」 「っ! あの動き……グラハム・エーカーか!?」 やはり彼も今回の作戦に……! ……いや、違う。 グラハムのように思えるがあれは声や動き方がグラハムではない……。 「アリー・アル・サーシェスでもないなら誰が……?」 「……飛行形態でいるのは斬られた腕を隠すためか?」 グラハム・エーカーを隊長と呼ぶということは、どうやら彼は最初の襲撃作戦の時にフラッグに乗っていた1人ということになる。 「グラハム・エーカーはどうした? 彼の腕なら今回の作戦に出ていてもおかしくはないと思うが」 「……隊長なら今回の作戦には出ない。 あの戦いでの傷が深すぎた」 「万全ではない状態では戦えないということか」 あれほどの動きをフラッグで行ったのだ。 普通なら死んでいてもおかしくはない。 ……しかし、万全ではないとはいえ、五体満足でいるとは……やはり凄い男だ。 「……フラッグを降りてまでこの戦いに参加したのだ。 負けるわけにはいかない!!」 その言葉と共に、数機のフラッグが目の前に現れる。 おそらくあの時に倒した残りのフラッグのパイロットたちだろう。 あのとんでもない男の部隊だ、こいつらを1人で相手するとなるととてつもなく厄介だ。 ……まあ、しかし。 「生憎、世界の為に死んでやる道理もないんだよ……!!」 こんなところで死ぬもんか! 何度も言うが、俺は滅びる為に生まれてきたわけじゃない!! 「来な、GN-X共が! 俺たちと同じ土俵に立てたぐらいで勝てるなんて思うなよ!」.

次の