今年の漢字 2019 発表。 今年の漢字2019発表日はいつ?生中継の時間や歴代一覧の理由も!

今年の漢字 2019『令』 意味は?清水寺奥の院で発表はなぜ?|ズボラお嬢KAOの旬ブログ

今年の漢字 2019 発表

今年入社の1年生たちは... 「今年の漢字」は、公益財団法人・日本漢字能力検定協会が「その年の世相を表す『漢字一字』」を募集したことに端を発する。 1995年より開催され、2019年で25回目。 もはや「年末の風物詩」と言っても過言ではない。 ところで、漢字と言えば我々、ネットニュース記者も毎日のように扱っている。 そこで、今年ジェイ・キャストに入社した1年生編集部記者を中心に「今年の漢字」を予想してもらった。 まず20代のS記者(男性)は、「一」を選んだ。 理由としては、 「令和1年(元年)であること。 東京五輪の1年前であること。 ラグビー代表が『ONE TEAM』となって活躍したこと。 『一律』ではない消費税率が生活に混乱をきしたこと」 これは、いきなり大本命かもしれない。 確かに新元号になったこと、ラグビー日本代表の「ONE TEAM」は流行語大賞にも選ばれている。 続いて、20代のI記者(男性)は「疲」を推した。 「個人的ですが、あれだけ遊んで暮らせた大学を卒業し、社会の荒波に揉まれ現在進行形で疲労がたまっています...。 1年を振り返ってみると、各地で地震や豪雨などによる災害が相次ぎ、気『疲』れしたイメージが... 」 確かに、今年も台風の被害が各地で発生した。 被災者の皆さまには、心よりお見舞いを申し上げたい。 しかし理由が、ちょっと個人的すぎやしないか? 3人目は中国出身20代のT記者(女性)。 日本語もペラペラで、嵐の櫻井翔さんが大好き。 記者も一緒に取材に行ったこともあるが、そんなT記者が選んだのは、そのまんま「嵐」だった。 「今年日本は台風15号や台風19号、何回も台風に直撃され、大きな被害に遭いました。 また、アイドルグループ『嵐』の活動休止も発表され、色んな意味で『嵐』にまつわる出来事が多い1年という感じです」 また20代女性のM記者も、同じく「嵐」だと追随する。 「『嵐』が活動休止を発表したことは、今年1番の芸能ニュースではないかと思います。 SNSを解禁したり、二宮さんが結婚したり、1年を通して何かと話題だったな、と」 なるほど...。 「合わせ技一本」といった感じかもしれない。 あの「ノーベル賞受賞者」は... 社内のみならず、外にも目を向けてみよう。 2019年ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰氏は、各メディアの取材に「賞」という字を選んだ。 「ノーベル賞に加え、6月に欧州特許庁が技術進歩に貢献した発明家に贈る『欧州発明家賞』も受賞したため」 う~ん...。 ここまで来ると、レベルが違い過ぎて何も言えない。 かく言う45歳のオッサン記者は... というと「桜」を推したい。 理由としては、 「『桜の戦士』と呼ばれるラグビー日本代表選手たちが、列島中に大きな勇気と感動を与えてくれたこと。 また政治では『桜を見る会』で国会に混乱をきたしたこと」 ちなみに、過去において複数回選ばれたのは「金」が3回で最多である。 一方で東京都知事(当時)の政治資金問題、築地市場の豊洲移転問題など、政治と金の問題が次々と浮上 忘年会シーズン、皆さんも考えてみては? (J-CASTニュース編集部 山田大介).

次の

2019年「今年の漢字(R)」第1位は「令」(公益財団法人 日本漢字能力検定協会 プレスリリース)

今年の漢字 2019 発表

今年入社の1年生たちは... 「今年の漢字」は、公益財団法人・日本漢字能力検定協会が「その年の世相を表す『漢字一字』」を募集したことに端を発する。 1995年より開催され、2019年で25回目。 もはや「年末の風物詩」と言っても過言ではない。 ところで、漢字と言えば我々、ネットニュース記者も毎日のように扱っている。 そこで、今年ジェイ・キャストに入社した1年生編集部記者を中心に「今年の漢字」を予想してもらった。 まず20代のS記者(男性)は、「一」を選んだ。 理由としては、 「令和1年(元年)であること。 東京五輪の1年前であること。 ラグビー代表が『ONE TEAM』となって活躍したこと。 『一律』ではない消費税率が生活に混乱をきしたこと」 これは、いきなり大本命かもしれない。 確かに新元号になったこと、ラグビー日本代表の「ONE TEAM」は流行語大賞にも選ばれている。 続いて、20代のI記者(男性)は「疲」を推した。 「個人的ですが、あれだけ遊んで暮らせた大学を卒業し、社会の荒波に揉まれ現在進行形で疲労がたまっています...。 1年を振り返ってみると、各地で地震や豪雨などによる災害が相次ぎ、気『疲』れしたイメージが... 」 確かに、今年も台風の被害が各地で発生した。 被災者の皆さまには、心よりお見舞いを申し上げたい。 しかし理由が、ちょっと個人的すぎやしないか? 3人目は中国出身20代のT記者(女性)。 日本語もペラペラで、嵐の櫻井翔さんが大好き。 記者も一緒に取材に行ったこともあるが、そんなT記者が選んだのは、そのまんま「嵐」だった。 「今年日本は台風15号や台風19号、何回も台風に直撃され、大きな被害に遭いました。 また、アイドルグループ『嵐』の活動休止も発表され、色んな意味で『嵐』にまつわる出来事が多い1年という感じです」 また20代女性のM記者も、同じく「嵐」だと追随する。 「『嵐』が活動休止を発表したことは、今年1番の芸能ニュースではないかと思います。 SNSを解禁したり、二宮さんが結婚したり、1年を通して何かと話題だったな、と」 なるほど...。 「合わせ技一本」といった感じかもしれない。 あの「ノーベル賞受賞者」は... 社内のみならず、外にも目を向けてみよう。 2019年ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰氏は、各メディアの取材に「賞」という字を選んだ。 「ノーベル賞に加え、6月に欧州特許庁が技術進歩に貢献した発明家に贈る『欧州発明家賞』も受賞したため」 う~ん...。 ここまで来ると、レベルが違い過ぎて何も言えない。 かく言う45歳のオッサン記者は... というと「桜」を推したい。 理由としては、 「『桜の戦士』と呼ばれるラグビー日本代表選手たちが、列島中に大きな勇気と感動を与えてくれたこと。 また政治では『桜を見る会』で国会に混乱をきたしたこと」 ちなみに、過去において複数回選ばれたのは「金」が3回で最多である。 一方で東京都知事(当時)の政治資金問題、築地市場の豊洲移転問題など、政治と金の問題が次々と浮上 忘年会シーズン、皆さんも考えてみては? (J-CASTニュース編集部 山田大介).

次の

2019年「今年の漢字」発表!これまでの歴史も振り返る!|エンタメビッグ

今年の漢字 2019 発表

「今年の漢字」2019年の予想候補は? 2019年の出来事はかなり幅広くあったので振り返ってみてもなかなか予想するのは難しいですね。 思いついたものを挙げてみると、まずは「新」という字でしょうか。 今年はなんといっても令和という新元号がはじまりまったとしでしたよね。 今年の漢字予想 「新」か「令」 — しゅーへー komachi1412 他にネット上で噂されている文字としては、公文書改ざんやデータ改ざんから「改」などがありますね。 個人的にはせっかくなら良いイメージの漢字がいいのですが、今年の出来事を振り返ってみると、あまり良いイメージの漢字は選ばれない気がします。 「今年の漢字」過去の歴代結果一覧とその理由は? 今年の漢字は1995年に始まって以来、毎年清水寺で発表が行われる年末の風物詩となっています。 20年以上に渡って続いているというのもすごいですね。 過去の「今年の漢字」のここ数年の歴代結果とその理由をまとめてみました。 2018年 「災」• 地震や台風など自然 災害が多かったことから。 2017年 「北」• 北朝鮮による核実験やミサイル発射などから。 2016年 「金」• リオ・オリンピックでの 金メダルラッシュや、舛添要一元東京都知事の 金の問題での辞職などから。 2015年 「安」• 安全保障関連法の成立や、とにかく明るい 安村のギャグ「 安心してください、穿いてますよ」などから。 2014年 「税」• 17年ぶりの消費 税増税から。 2013年 「輪」• 2020年の東京五 輪招致決定など。 2012年 「金」• ロンドン五輪での 金メダルラッシュ、 金環日食など。 2011年 「絆」• 東日本大震災などの自然災害で感じた家族や友人との 絆や、なでしこジャパンのチームの 絆などから。 2010年 「暑」• 夏の猛 暑や厳しい残 暑から。 今年の漢字に何が選ばれるのか、楽しみに待ちたいと思います。 京都なう。 漢字ミュージアムの横を通りかかったら今年の漢字の応募boxがあった。 あれって漢検側が勝手に決めていると思ってた。 — 細井直樹 奈良の熱男ナオ naohosoi 2018年の今年の漢字は? 2018年の今年の漢字が「災」と発表されました。 「災」の字は新潟県中越地震などのあった2004年に引き続いて同じ字がえらばれましたね。 確かに予想通りでひねりがないとも言えますが、逆にヤラセ無しで本当に投票が反映されているんだなと思いました。 2018年、今年の漢字は「災」でした😃 — ひがくぼきみお higakubo まとめ 今回は2019年の「今年の漢字」の発表日・時間はいつなのかや、今年の予想候補や歴代一覧とその理由についてみてきました。 実は今年の漢字は一般公募の中から一番数が多い物が選ばれるというのは今回初めて知りました。

次の