ハウスクリーニング フランチャイズ。 ハウスクリーニングは資格が必要?ハウスクリーニングは資格がなくてもいい!?

ハウスクリーニングで独立したい!集客のために知っておくべきこと | みんなのハウスクリーニング

ハウスクリーニング フランチャイズ

「フランチャイズに加盟してるけど、最近仕事が回ってこなくなった…」 「集客に使う費用に対して、手元に残る利益が少ない…」 「独立したいけど営業や集客はニガテ。 どうしたらよいか分からない…」 このページを見ているあなたは今、こんな思いを抱えているのではないでしょうか。 開業してから数年、クリーニングの技術も向上して仕事も軌道にのってくるかと思いきや、 なかなか受注が入らない。 どんどん仕事を受けたいのに、ライバル店に取られてしまう。 …だからといって自分の技術を安売りしたくはないから、値段を下げるのもイヤ。 フランチャイズに加盟してる方でも、 仕事の有無に関わらずとられる毎月の高いロイヤリティに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか? 「最初の数年は仕事が回ってきたのに、最近仕事がこなすぎて自分でチラシをまいている。 正直コストがキツい」 このような悲痛の声もよくお聞きします…。 どうも、こんにちは! みんなのハウスクリーニングのクリーニング屋、あらのすけと申します。 ハウスクリーニングで独立するための基礎知識 まずは、ハウスクリーニングで独立するにあたって基礎的な知識をおさらいしましょう。 ハウスクリーニング業界の現状 ハウスクリーニングは比較的少ない資金で始めることができるため、 業界に参入しやすいことで知られていますよね。 最近だと「業者があふれかえって飽和状態」とも言われていますが、まだまだ参入可能な業界です。 なんといっても、日々生活していく上で「汚れ」とは切っても切れない関係。 一般家庭や店舗、会社のオフィスに関わらずハウスクリーニングの需要は尽きません。 今日も日本全国いたるところで、エアコンなどの汚れにお悩みのお客様がたくさんいらっしゃいます。 参入障壁が低い。 しかも、一度身につければ一生ものの技術。 こういったことから、手に職をつけたい方の開業が後をたたないんですね。 しかし、上手く軌道に乗せることができている事業主は一握り。 人によって収入に差があり、決して安定した職業とはいえないのが現実です…。 「食べていけるのが精一杯ぐらいの収入」の方もいれば「年収が1,000万にものぼる」方もいます。 開業のサポートしてくれるから…とフランチャイズに加盟する方もいますが、大手は加盟店を抱え込みすぎて全国の事業主を潤すことが難しくなっている状況です。 フランチャイズ本部は加盟店を増やせば増やすほど、毎月のロイヤリティをたくさん受け取ることができます。 逆に、 毎月ロイヤリティを支払わなければいけない加盟店は、仕事が少ないとかなり厳しいことに…。 これが、ハウスクリーニング業界は 「参入はしやすく」ても、「儲けるのが難しい」業界といわれるワケです。 フランチャイズを頼るか、頼らないか ハウスクリーニングで独立する方法として、• フランチャイズを頼る方法• フランチャイズを頼らない方法 の2種類があります。 ハウスクリーニング未経験であれば、開業支援を受けるために「とりあえずフランチャイズなら安心なんじゃないか?」という気持ちで加盟する方が多いと思います。 しかし実際に開業された方の中は、 「フランチャイズに入っても入らなくてもなにも変わらない」 さらには、 「フランチャイズに加盟したことが失敗だった。 ただムダにお金がかかるだけ」 とおっしゃる方もいます。 フランチャイズの体制に嫌気がさして脱却した方も…。 大手ハウスクリーニングの会社を名乗ることができ、開業したてであってもお客様の信頼を得られます。 本部が広告を出すため、自分で集客する必要がありません。 また、フランチャイズ本部のノウハウ・技術・商品を活用することができます。 フランチャイズで独立といってもあくまで加盟店は「本部の支店」のような存在。 サービスの価格設定もすべて本部に縛られてしまいます。 また、加盟の際に加盟金や研修費、システム使用料などを支払う必要があるので、開業するだけでも300万円近く必要です。 さらに、こちらが必要としていない清掃道具の購入を強いられたりもします。 自分で集客・営業をするスキルがあり、定期的に受注を受けられる体制を整えることができれば、フランチャイズ本部に縛られることなく自分のペースで仕事ができます。 また、加盟する際の初期費用が必要ないので、開業資金が最小限に抑えられます。 そのため、万が一事業に失敗した場合の損失が小さいのが特徴です。 上手く仕事が取れなければ集客費用だけがかかってしまうことに。 また、フランチャイズ加盟と異なり大手の名を使用することができないため、自分の力でお客様からの信用を獲得していかなければなりません。 一定以上の知名度がないと「聞いたことがない会社だから安心できない」と怪しまれてしまう可能性があります。 仕事を安定して受けるためには「集客」がとても大事 ハウスクリーニングの技術がどれだけ高い方でも、仕事の依頼が入ってこないのであればお金を稼ぐことはできないですよね。 もしかしたら、あなたに仕事の依頼がなかなか入ってこないのは 「集客」がうまくできていないのが原因かもしれません。 例えばそう。 せっかく美味しいパスタを作れるシェフがレストランにいるのに、「美味しいものを食べたい!」というお客様に全く知られていない。 だから誰もお店に食べに来てくれない。 別な店舗、ライバル店に行ってしまう。 …業界は違いますが、状況が全く同じです。 日本全国いたるところに「代わりに清掃してほしい…誰かに頼みたい」という見込み客がいるのに、なぜこんなにも依頼が来ないのでしょうか? 集客に困るのは「お客様の取り合い」がおきるから 「なかなか依頼が入って来ない…」 このような状況が起きてしまう理由は1つです。 それは、 見込み客1人を複数の業者で取り合っているから。 お客様は、価格やサービス、スタッフの対応、技術、知名度…様々な角度から業者を比較しています。 お金を支払ってサービスを受けるのですから、「失敗はしたくない」という思いで探すのは当然のことだと思います。 同じ金額であれば 「より作業が丁寧で技術が高いところに頼みたい」し、 「できれば安くすませたい」。 そのため口コミなどの評判を参考にしたりします。 見込み客1人が検討するハウスクリーニング業者は膨大です。 そのライバル達の中で戦うためには、 「あなたに頼むメリット」つまり差別化が必要になってきます。 サービスや価格がライバルと大差ないのに「ウチにおまかせください!間違いないよ!」と営業されたところでお客様は逆に怪しむだけなのです。 ですからどうしても、 価格を安く設定していたり知名度が高い業者に負けてしまうのも仕方がない部分といえます。 ハウスクリーニングで独立する方必見!主な集客方法をチェック 「お客様の取り合い」がおこっている状況であなたが勝つためには、あなたの行うサービスをより魅力的にみせる必要があります。 そのためには、集客に工夫がいります。 以下に主な集客方法をまとめていますので、実行できそうかどうか1つ1つイメージしてみてください。 【方法1】法人や賃貸の大家さんに営業をかける 法人や賃貸の大家さんに直接営業をかけるという方法です。 元営業マンだった人など、「飛び込み営業には慣れている!」という方にとってはそれほど苦ではないかと思います。 しかし、営業経験のない人には体力的にも精神的にもとてもキツイのではないでしょうか。 それなりの営業トークを準備しなければなりませんし「他の業者と何が違うの?」などの質問に対して答えを用意しなければなりません。 実際のところ、営業をかけたちょうどいいタイミングで「待ってました!依頼させてください!」と 快く承諾してくれる人は正直ほとんどいません。 法人や賃貸ですと掃除箇所が一般家庭よりも多いので、運良く上手くいけば、継続的にお仕事を受けられる可能性はあります。 【方法2】チラシを作成してポスティングを行う 作成したチラシを見込み客の自宅のポストに入れていく方法です。 法人への直接営業よりもだいぶ敷居は低いかと思います。 手描きだと無料で作成できますし、外注でも1,000部印刷する場合3,000円くらいの費用ですみます。 しかし残念なことに、 チラシへの反応率はとても低いです。 1,000部配って1件注文入るか入らないかくらいだと考えて良いでしょう。 お客様を自分に置き換えて考えていただくと想像できると思うのですが、忙しい日々の中でポストに入っているものをイチイチ確認する人はあまりいないのです…。 1,000部のチラシを1人で配る場合、まるまる半日使うと考えてもらった方が良いでしょう。 チラシをデザインする労力や1件1件個人宅を回っていく労力を考えると割りに合わないかもしれません。 【方法3】自分でウェブサイトやブログを作成する 自分でウェブサイトやブログを作成して情報を発信する方法です。 受付フォームを設けるなどサイト上で依頼を受けられる仕組みを作れば、あなたが眠っている間にもサイトが営業し続けてくれます。 この方法は上手くいけばかなりの集客効果を得られます。 ウェブページは紙と違ってお客様に捨てられることはありませんし、 「クリーニングを頼みたい!」と思っているお客様にみていただければかなりの反応率があります。 たとえば、ネット上で「エアコンクリーニング」と検索される回数は1ヶ月平均で49,500回です。 そのような見込み客に対して自分のサイトやブログを検索上位に表示させてあげれば、たくさんの方が訪れて興味を持ってくれます。 デメリットを挙げるとすれば、検索上位に表示されるような 質の高いサイトを作ろうとすれば数十万の費用が必要になってくる点です。 WEB制作業者によっては100万以上かかる場合も。 また、WEBサイトを見てくれているお客様に「文章や画像を使って営業」することになるので、飛び込み営業と同じく「自分に依頼するメリット」をしっかり伝える必要があります。 【方法4】無料のマッチングサイトを利用する 無料で登録もしくは加盟できる集客サイトを利用し、お金をかけないでネット集客をする方法になります。 自分ではウェブサイトを作れないしブログを開設するのも面倒だという方や、外注だと費用がかかるので手を出しにくいという方にオススメです。 大抵のマッチングサイトの利用イメージとしては、 サイト内の1つのスペースを借りて店を出店するようなかたちになります。 広告出稿など集客全般はすべてサイト運営者がまるっと行うので、とても楽に仕事を受けることができます。 また、加盟費用やシステム利用料が無料の代わりに「予約手数料」がかかるところがほとんどです。 そのため、クリーニングの注文1件につき自分がいくらもらえるのかしっかり確認する必要があります。 安定した集客・営業ならおまかせください。 みんなのハウスクリーニングに出店しませんか? 集客をすべてやってくれるならと「無料のマッチングサイト」の利用を考えても、どこを利用したら良いのか迷ってしまいますよね。 サイトによっては、• システム利用料や月額固定費(ロイヤリティ)が毎月ある• 自分で出店ページの文章を考える必要がある• 自分でお客様と日程調整をする必要がある• 仕事が入るまでの操作が多くめんどくさい• サイト内での競合が多く「お客様の取り合い」がおこる ということもありますので、しっかりと見極めて登録したいところ…。 私たちも、「クリーニングをお願いしたい!」という全国のお客様と「クリーニングサービスを提供したい!」という全国のハウスクリーニング店を繋げるマッチングサイトです。 他のマッチングサイトと何が違うの?と思われるでしょう。 それは、 「あなたの手間・負担をできる限り省いて」いるところです。 システム利用料や月額固定費(ロイヤリティ)が毎月あるんじゃないの? いいえ、ありません。 初期費用・固定費は0円で、出店開始のリスクは一切ありません。 マッチングし仕事が入った時点で手数料がかかるわけではないので、たとえキャンセルがおきたとしても安心です。 自分で出店ページの文章を考える必要があるんじゃないの? いいえ、ありません。 WEB制作のプロがサイトを運営していますので、あなたの行うサービスを魅力的に伝えることが可能です。 ページでの集客面・広告出稿についてはすべておまかせください。 さらに、集客ページを作成したらそれで終わりではなく、「どうしたらお客様を呼ぶことができるか、使いやすくできるか」日々考えながらページを改善し続けています。 自分でお客様と日程調整をする必要があるんじゃないの? いいえ、ありません。 日程調整は専用のシステムとお客様窓口を使って行っています。 あなたは、「仕事ができる時間帯を管理画面で設定」してあとは「仕事が入ってくるのを待つだけ」で良いです。 仕事が入るまでの操作が多くめんどくさいんじゃないの? いいえ、とても簡単です。 管理画面はスマホでも簡単に操作できるので、仕事の片手間で時間帯の設定が行えます。 受注まですべてスマホで完結。 できる限りあなたの負担を減らすよう、管理画面の使いやすさに力を入れております。 パソコンが苦手でも何の心配もいりません。 サイト内での競合が多く「お客様の取り合い」がおこるんじゃないの? いいえ、そんなことはありません。 みんなのハウスクリーニングではサイト内で競合と比較されることはありません。 また、1エリアにつき最大でも5社の出店者のみで運営しておりますので、安定して仕事を受注していくことが可能です。 ライバルがたくさんいて、結局料金の叩き合いになるなんてことはございません。 私たちが行うのは「集客」「受注対応」「日程調整」 あくまでも、 私たちが行うのはあなたの負担となる「集客」「受注対応」「日程調整」のみです。 登録後に値下げを要求することもありませんし、経営に口出しをすることもありません。 そのためあなたは、 クリーニングの技術向上に専念することが可能です。 その結果、質の良いサービスを提供できてお客様にも満足していただけます。 このようなことを実現するためにも、手続きの際にしっかりと「対応エリア、お仕事の内容、クリーニング暦」など詳細なヒアリングを行い審査を行います! クリーニング技術はあるけど、仕事を受けるところまでをやってほしい…という方にピッタリなんです。 全国のお客様があなたのサービスを待っています。 私たちと共に、最高のサービスを提供していきませんか? まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、ハウスクリーニングで独立したくても上手い集客の仕方が分からずお悩みの方のために、 「ハウスクリーニングで絶対に知っておくべき集客方法」についてご紹介しました。 主な集客方法には「直接営業」「ポスティング」「HP・ブログ制作」「無料マッチングサイト利用」がありますが、どれもメリットデメリットがあります。 クリーニングの技術があるのに、仕事がなかなか入らなくて困っている…• 営業のノウハウがないので、集客方法に困っている…• FCに加盟、もしくは集客サイトに登録しているが、なかなか稼げなくて悩んでいる… このような方は、ぜひへの出店を考えてみてくださいね。 ご連絡、ご相談、いつでもお待ちしております!.

次の

市場規模が3年で160%拡大!成長をつづけるハウスクリーニング(お掃除)市場の今後|おそうじ革命がなぜ伸びているか|おそうじ革命にフランチャイズ加盟するメリットとは|ハウスクリーニングのことならおそうじ革命

ハウスクリーニング フランチャイズ

daiohs. 一人で開業できる、店舗不要(土地代、建設費)といった参入のしやすさも魅力のひとつです。 また、ビル・オフィス内清掃が仕事現場なので、一般家庭の年末大掃除のような汚れの溜まったお掃除はないため、同業他社の業務よりもラクに作業が行なえます。 ダイオーズカバーオールの募集要項 開業資金 加盟金:430万円 ロイヤリティ• 本部経費:27. ロイヤリティ:18. 保険料(賠償責任保険):0. osoujitai501. 清潔な環境づくりが売り上げに直結する商業施設にとって、クリーニングは必要不可欠なため、便利屋業(一般家庭)と、ビルメンテナンス業(大型施設)の隙間にある膨大な市場を対象にできることが、大きな魅力です。 また、基本的には人手仕事であるため、設備・機材の投資が少なく、低資金での開業が可能なのも嬉しいポイント。 本人のやる気、努力次第では 高い利益を上げることができるでしょう。 おそうじ隊501の募集要項 開業資金• 250万円• 加盟金:70万円• 教育費:30万円• 資機材費:150万円• 自己手配費用(目安)• 車輌費:約 80万円• 必要備品(パソコン、FAXなど):約 50万円• 経営利益:81万円• 月間粗利益:142. 5万円(月間売上150万円、材料原価7. 5万円)• 月間経費合計:61. osoujitai501. 最近では自宅の掃除を専門業者に委託するケースが増えており、ハウスクリーニングの業界は順調に成長している業種と言えるでしょう。 今後も、より付加価値の高いクリーニングサービスがでてくる可能性が期待できます。 ハウスクリーニングのフランチャイズのメリット・デメリット メリット• 比較的誰でも簡単にできる• 低資金で独立が可能• 年齢に関係なく、夫婦で開業できる• 自宅で開業できる デメリット• 競合他社との差別化の難しさ• 繁忙期が集中している• 加盟店オーナー自身が業務を行なう場合、体力的・肉体的・年齢的に限界がある ハウスクリーニングの将来性 低資金で開業でき、年齢に関係なく比較的誰でもできるのがハウスクリーニングのメリットです。 おそらくハウスクリーニング事業で成功している個人の方も多いことでしょう。 もちろん需要もありますし、 2020年に向けて需要が見込めます。 ただ、大手企業も参入している業界ですし、独立する方も多く競合性が徐々に高くなってきています。 また集客が難しいジャンルで、コネや人脈がないとなかなか安定した収入が見込めません。 繁忙期は限られてしまうため、年間通しての安定収入も難しいです。 そして定年後などに始める方もいますが、自身も業務を行うのなら何十年も続けられるものでもないでしょう。 安定した需要のある事業ではあるものの、大手も参入し競合性も高くなっている事業ですから、個人では難しい面はあります。

次の

市場規模が3年で160%拡大!成長をつづけるハウスクリーニング(お掃除)市場の今後|おそうじ革命がなぜ伸びているか|おそうじ革命にフランチャイズ加盟するメリットとは|ハウスクリーニングのことならおそうじ革命

ハウスクリーニング フランチャイズ

daiohs. 一人で開業できる、店舗不要(土地代、建設費)といった参入のしやすさも魅力のひとつです。 また、ビル・オフィス内清掃が仕事現場なので、一般家庭の年末大掃除のような汚れの溜まったお掃除はないため、同業他社の業務よりもラクに作業が行なえます。 ダイオーズカバーオールの募集要項 開業資金 加盟金:430万円 ロイヤリティ• 本部経費:27. ロイヤリティ:18. 保険料(賠償責任保険):0. osoujitai501. 清潔な環境づくりが売り上げに直結する商業施設にとって、クリーニングは必要不可欠なため、便利屋業(一般家庭)と、ビルメンテナンス業(大型施設)の隙間にある膨大な市場を対象にできることが、大きな魅力です。 また、基本的には人手仕事であるため、設備・機材の投資が少なく、低資金での開業が可能なのも嬉しいポイント。 本人のやる気、努力次第では 高い利益を上げることができるでしょう。 おそうじ隊501の募集要項 開業資金• 250万円• 加盟金:70万円• 教育費:30万円• 資機材費:150万円• 自己手配費用(目安)• 車輌費:約 80万円• 必要備品(パソコン、FAXなど):約 50万円• 経営利益:81万円• 月間粗利益:142. 5万円(月間売上150万円、材料原価7. 5万円)• 月間経費合計:61. osoujitai501. 最近では自宅の掃除を専門業者に委託するケースが増えており、ハウスクリーニングの業界は順調に成長している業種と言えるでしょう。 今後も、より付加価値の高いクリーニングサービスがでてくる可能性が期待できます。 ハウスクリーニングのフランチャイズのメリット・デメリット メリット• 比較的誰でも簡単にできる• 低資金で独立が可能• 年齢に関係なく、夫婦で開業できる• 自宅で開業できる デメリット• 競合他社との差別化の難しさ• 繁忙期が集中している• 加盟店オーナー自身が業務を行なう場合、体力的・肉体的・年齢的に限界がある ハウスクリーニングの将来性 低資金で開業でき、年齢に関係なく比較的誰でもできるのがハウスクリーニングのメリットです。 おそらくハウスクリーニング事業で成功している個人の方も多いことでしょう。 もちろん需要もありますし、 2020年に向けて需要が見込めます。 ただ、大手企業も参入している業界ですし、独立する方も多く競合性が徐々に高くなってきています。 また集客が難しいジャンルで、コネや人脈がないとなかなか安定した収入が見込めません。 繁忙期は限られてしまうため、年間通しての安定収入も難しいです。 そして定年後などに始める方もいますが、自身も業務を行うのなら何十年も続けられるものでもないでしょう。 安定した需要のある事業ではあるものの、大手も参入し競合性も高くなっている事業ですから、個人では難しい面はあります。

次の