少女革命ウテナ トラウマ。 「少女革命ウテナ」「ユリ熊嵐」少女が敬語を捨てるとき

少女革命ウテナ

少女革命ウテナ トラウマ

「 絶 対 運 命 黙 示 録 」 概要 テレビアニメ『』は、1997年4月2日から同年12月24日まで系で放送された。 全39話。 略称は「」。 、と並び、スターチャイルドレコードがプロデュースした1990年代を代表するアニメである。 Blu-rayは「」が発売中。 漫画版は少女漫画誌「」にて1996年9月号~1998年3月号まで連載され、現在は、20年後を描いた「」が発売中。 ただし漫画版の20年後ではなく、アニメ、映画、漫画の世界線が混ぜられた世界線となっている。 1999年夏には完全新作の劇場版『少女革命ウテナ』が公開された。 舞台化も数回されており、2018年には約18年ぶりの舞台化である「」が上映された、2019年は「」Netflixを筆頭に、各種動画サイトでも配信中。 監督はでおなじみ、シリーズ構成を。 キャラクターデザインはが担当。 彼ら三人に、キャラクター原案及び漫画版を担当した、プランニングを加えた製作チームが Bepapas)である。 アニメーション制作は。 製作スタッフには、、、、、、、、、といった、ウテナ以降に大活躍する若手が一同に会するほか、といった大御所も参加した。 シュールで難解な展開、奇抜なデザイン、比喩や影絵を多用したアバンギャルドな演出、音楽にはアングラ劇団の合唱と、非常に独特な雰囲気と世界観をもった作品。 哲学的な言辞と象徴や図式を大小に首尾一貫してちりばめている。 小高い丘に建つ寮制の学校・鳳学園を舞台とし、「薔薇の花嫁」「エンゲージ」「王子様」「決闘」「革命」「世界の果て」など独自の抽象的なキーワードを軸に話が展開されていく。 最後まで具体的にそれらが何を指すのか明示しておらず、視聴者によって解釈がかなり異なる。 登場人物はそれぞれコンプレックスを抱いており、女同士、友人同士、兄弟間の愛憎を生々しく描いている。 、 など直接的ではないにしろ大胆に描いており、性描写も多い。 癖の強さゆえ人を選ぶが、熱狂的なファンを未だ多く持ち、海外での人気も高い。 シリーズの常連であるが、それがウテナの個性であり魅力。 アクが強いのが苦手な方は、少女漫画のセオリー通りに進む漫画版から読み始めることを勧める。 ストーリー 幼い頃に助けてくれた王子様に憧れ、王子様になりたいと願うようになった少女 は、入学した鳳学園で「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女 と出会う。 エンゲージした者に永遠に至る 「世界を革命する力」を与えるという 「薔薇の花嫁」をかけて戦い続けるデュエリストたちは、ウテナがかつて王子様から貰った指輪と同じ 「薔薇の刻印」と呼ばれる指輪を持っていた、ウテナもまたこの決闘ゲームに巻き込まれ、その背後にある 「世界の果て」へと迫っていく…。 登場人物 (CV:) 黒薔薇編 (CV:) (CV:) 鳳暁生編 (CV:) ゲーム『いつか革命される物語』 cv: (CV:) その他 cv: (CV:) (CV:、、) (CV:) cv: cv: cv: cv: cv: (CV:) (CV:) (CV:) (CV:) 各話リスト 話数 サブタイトル 第1話 薔薇の花嫁 第2話 誰がために薔薇は微笑む 第3話 舞踏会の夜に 第4話 光さす庭・プレリュード 第5話 光さす庭・フィナーレ 第6話 七実様御用心! シーザー 関連イラスト.

次の

先ほど少女革命ウテナというアニメのトラウマシーンとかいうのをみまし...

少女革命ウテナ トラウマ

「」6話で、針島薫がベッドに腰かけて何者かと会話をするシーンがある。 針島は赤いシーツを裸の身にまとわせている。 明らかに事後っぽいけだるげな雰囲気だ。 相手(顔は映らない)も裸にシーツをまとっただけの姿。 「助かったわ。 百合城銀子、百合ヶ咲るる。 2人の正体がクマだってこと、あなたが教えてくれてたから、あらかじめ罠をしかけておけた」 「でも、例の計画は滞りなく。 泉乃純花の死は予定外だったけど、それを利用するなんて……。 さすがね! いよいよ明日は椿輝紅羽の誕生日。 存分に楽しみましょう」 このシーン、小説版ではこのように書かれている。 針島はカーテンの向こうの誰かに「かしずき」報告する。 「百合城銀子、百合ヶ咲るる。 両名が熊だということを教えていただき、あらかじめ罠をしかけておいて正解でした」 「はい、例の計画は滞りなく進んでいます。 泉乃純花の死は予定外でしたが、それを利用されるとは、さすがです。 いよいよ、椿輝紅羽の誕生日。 存分にお楽しみください」 小説版と、基本的には細かい演出も含めてアニメ版に忠実に書かれている(一部、絵コンテを見て書いているような部分もあるようにも思える)。 シナリオ段階ではおそらく小説版のような形だったのだろう。 では、どうしてこの部分が変更になったのか? 明確な上下関係(まるで大人と子どものような)が示されることで、箱仲ユリーカが怪しく見えすぎるのを避けるためかもしれない。 でも、このシーンのあとにユリーカが登場するため、別に針島がタメ口だろうが敬語だろうが怪しさに(多少の濃淡はあれど)変わりない。 この変更は、むしろ針島のキャラクター描写になっている。 このシーンの彼女は完全に相手に心を許している。 ふだんは(おそらく)敬語を使って接しているであろう相手と、ほんの束の間だけ対等になったと感じている。 それがある種の甘えであり、相手との心の距離は体の距離ほどは近づいていないと気づくことができない程度には幼い。 顔も台詞もない「年上の相手」は、彼女に本心を見せていない。 この描写は、いやでも「」33話を思い出す。 「」を見ていない人は以後かなりのネタバレなので目を細めて見てください。 場所はどこかの旅館の一室のよう。 固定カメラで、こちらに向かって話しかけてくるを映している。 その感じはどこかの画面のようでもある。 「今日はめちゃめちゃ楽しかったなあ……こんなに遊んだのは、どれくらいぶりだろう。 乗りたいものにも、全部乗ったってかんじ。 ……姫宮も、来ればよかったのに。 一人じゃ、こんなに楽しくないんだろうな……言ったことあったっけ?ボクが、一人っ子だったってこと……」 「ったくもう、うるさいったらありゃしない。 あの先生、ってあだ名ついてるんだよ……なんでなのかよく分からんけど。 その前は、茶碗ってあだ名だったみたい。 でその前は……あ、何だっけ? ……何だっけ……?」 「あ、いっけない! 朝のパン出しっぱなしにしてきちゃった!……姫宮、ちゃんと冷蔵庫に入れといてくれるかなあ。 ビニール袋に入れないと、におい移っちゃうんだよね」 「(オセロをやりながら)分量を間違えるってのは、よくあるよ。 こないだなんて、マカロニの分量を間違えて、大きな鍋一杯になっちゃったことあったなあ。 あと、味付けを間違えると悲惨なんだよね。 調節していくと、量がどんどん増えていっちゃって、もう大変。 3人分でいいのに10人分になっちゃったりして……取り返し、つかないっつうの? ……まあ作り置きだと思えばいいんだけどさ。 ハンバーグとか、お弁当用に。 でもシチュー系は無理だな。 あれってさ、よく本に書いてあるとおりにやるじゃん? で、その通りやってんのに、どう考えても味が違う! ってことあるよね。 あれって、何なんだろう? ……あれ? 逆転だ」 「(布団に横になるの背中。 沈黙のあとに、こちらを気にしてくる)」 「あのさ……今日は……こんなに遅くまで遊んじゃって……帰ったら、すぐに、明日のお弁当の用意しなくちゃ。 ……えっと……何がいいかな……鮭が残ってたから、鮭と……それから、アスパラゆでて……卵焼きは、さあっとやっちゃうとして……いつもはほら、夕飯の残りでチャッチャッとやっちゃうからいいんだけど、姫宮と二人分あるし……困ったな。 ……どうしよう……何も思い浮かばないや……。 鮭とアスパラと、あと卵焼きと……あと、どうしよう? どうすればいいかな? ……ねえ、何がいいかな? サンドイッチとか……アスパラと鮭をマヨネーズであえて、ゆで卵をつぶして、……わからないな、どうしよう?. 困ったな……他に、何かなかったかな? 思い出せないや……。 本編ではウテナは暁生に対して敬語を使っているが、このシーンでは最後の言葉以外はタメ口を使っている。 話している内容も異常にとりとめがない(幾原監督いわく「そういうもんでしょ(笑)」らしい)(つらい)。 このタメ口は針島のものとおそらく同じ種類のものだ(ちなみに劇場版の高槻枝織も同じような言動をしているのだが、劇枝織ちゃんは樹璃以外にはタメ口をかます女のような気がしている)。 「」でも「」でも、少女が敬語を捨てるのは、相手に心をさらけだしているとき。 しかしその相手は、少女が想定もしない「ずるい大人」の考えを持っている。 ao8l22.

次の

少女革命ウテナの登場人物

少女革命ウテナ トラウマ

最後は棺の中のアンシーに手を差し伸べて救い出そうとしたけれど、棺の中から救い出すことができませんでした。 それでもウテナは王子様になったのだと私は思っています。 そう思えたシーンを挙げていきます。 気高さを忘れなかった ウテナは鳳暁生への恋心から、王子様ではなくお姫様(薔薇の花嫁)になりそうになりました。 しかし、それを振り切って暁生からアンシーを守ろうとします。 もうこれは立派に王子様でしょう。 暁生の甘い罠に引っ掛からなかった事は、「気高さを忘れない」という王子様の条件を見事にクリアーしたなと思いました。 薔薇の扉を開けている ボロボロになりながら、薔薇の扉を開けたと思われるウテナ。 扉を開けた描写はありませんでしたが、その奥だと思われるアンシーが入った棺にたどり着いています。 王子様である(だった)暁生でさえ開けられなかった薔薇の扉の奥へ進んだという事は、ウテナが王子様であるといっても良いのではないでしょうか? 剣がなくなった事=王子様でない ということではない 暁生がディオスの剣の代わりにしようとしていたウテナの剣は折れてしまいましたが、剣がなくなったからといって王子様ではないとは限りません。 だってディオスの剣が消えてしまっているけどディオスは一応王子様です。 剣なんて王子様の象徴、その思いの結晶のようなもので本体ではないんだし。 ディオスがいそいそと暁生の元を離れた ボロボロのウテナが薔薇の扉をあけようとする所をジュースを飲んで見物していた暁生とディオス。 しかも寝っ転がりながら…。 ディオスの態度はウテナに期待はないと言わんばかり。 暁生と一緒にくつろいでいるディオスは暁生(世界の果て)に同化され、王子様の部分が失われつつあることをあらわしていたのだと思います。 しかし、ウテナがアンシーの棺を開ける所までいくと急に暁生と距離を取りました。 これは、ウテナに王子様として力が生まれたことの現れなんだと思います。 関連記事: アンシーのその後から考えると… ウテナは最後にはお姫様(アンシー)を助け出すことができました。 それが王子様である証なんだと思います。 決闘場の薔薇の棺桶からは救い出すことができませんでした。 しかし、このことがお姫様(アンシー)を救えなかったという事ではありません。 それはアンシーのその後を見ればわかります。 アンシーはウテナが消えたあと、ウテナを探すために(それだけではないでしょうけど)薔薇の花嫁を自ら辞めています。 このことを見ても薔薇の花嫁を辞めるキッカケとなったのは明らかにウテナです。 つまり、ウテナがアンシーを救ったという事なのです。 おわりに ウテナは最後には見事に王子さまになることができたんだなと思います。 なのに、アンシーとのハッピーエンドの最後が見られなかったのは残念ですね…。 アニメ少女革命ウテナはFODで見られます。 1か月は無料で使えます。 1か月あれば全39話みられますよね。

次の