ハウス ダスト アレルギー。 ハウスダストの原因とアレルギー症状 日常生活でできる対策

ハウスダスト・ダニアレルギーを治すには?

ハウス ダスト アレルギー

花粉、カビ、家具や布団から出るホコリ、ペットや人間の毛やフケ、ダニやダニの死骸、それに細菌などが混じったものを言います。 アレルギーを引き起こすいくつかのアレルゲンが混合したものです。 ハウスダストアレルギーとは? ハウスダストアレルギーと言うのは、上記のハウスダストによって引き起こされるアレルギー症状の事です。 多くはダニの死骸や糞などのアレルギーである場合が多いので、ダニアレルギーとほぼ同義とされています。 ダニが大量発生するのは初夏、そしてダニが死滅するのは秋頃なので、そのどちらもハウスダストアレルギーが発症しやすい時期とされています。 特に初夏はカビについても注意が必要です。 ハウスダストアレルギーの症状は? ハウスダストは、くっつく場所によって引き起こされる症状が違います。 結膜にくっつくと結膜炎• 鼻の粘膜にくっつくと鼻炎• 吸い込むと気管支喘息 といったぐあいです。 外から家に入った時、急に咳やくしゃみ、喉の痛み、目のかゆみなどが生じる場合は、ほぼ確実にハウスダストアレルギーと言っていいでしょう。 就寝時に急に咳やくしゃみが止まらなくなる場合も、布団に付着しているダニの死骸や綿ぼこりからハウスダストアレルギーの症状が出ている事も考えられます。 ハウスダストでなぜ咳がでるの?その原因は? ハウスダストで咳が出るのは、アレルゲンを吸い込む事により、気管支が詰まってしまうためです。 特に、喘息を元々持っている場合は、激しい咳から呼吸困難を起こす場合もあるので、特にハウスダストに対する対策が必要になります。 咳が出て止まらなくなった場合は、体を起こして前かがみに座ると発作がやや治まりますが、就寝時には辛いので、やはりちゃんとした対策と治療が必要になります。 ハウスダストが原因の咳の対策方法とは? ハウスダストアレルギーによる咳の対策としては、一番には、ハウスダスト自体を減らす事です。 方法としては、 空気清浄機を導入する ハウスダスト対策に効果があるのはやはり空気清浄機ですね。 ハウスダストはもちろん、ペットの毛やフケ、ダニのフンや花粉まで素早く吸い取ってくれます。 常に室内の空気を綺麗に保つことができます。 布団乾燥機を使う ハウスダストアレルギーの一番大きな要因であるダニとカビに対する対策です。 ハウスダストアレルギーは花粉によって引き起こされる事もあるので、外に干すより週に1~2度布団乾燥機を使うほうが良いです。 布製の家具を特に念入りに掃除する 布団は勿論ですが、絨毯やソファもダニをはじめとしたハウスダストの温床になります。 フローリングに切り替えるのも1つの手段ですが、それが難しい場合は、こまめに掃除機をかけるようにしましょう。 布に除菌消臭スプレーをかける ソファやカーテン、布団に除菌消臭スプレーをかけるのもとても有効です。 掃除をする時は拭き掃除から 掃除をする時はどうしてもほこりが舞い上がってしまい、中途半端な掃除だと逆効果になってしまう事もあるので、棚の上などのほこりをあらかじめ拭いて取り除いた後に掃除機をかけるようにしましょう。 掃除などの対策以外では、勿論耳鼻科で、適切な診療を受ける事も重要です。 まとめ たかがハウスダスト、と言っても、咳や喘息が悪化した場合、命に関わる事態になります。 症状が出ていなくても、アレルギーは体に溜まった毒素が限界値を超えた時に発症するものなので、油断できません。 常日頃からこまめに掃除をする習慣をつけて、ご自分や家族の健康を守りましょう。

次の

ダニやハウスダストアレルギーは治る?対策や効果的な掃除方法は?

ハウス ダスト アレルギー

アレルギーの原因にあるのは 1つがカビです。 家に中で 隠れたところで育つカビは危険です。 それは、カビがアレルギーや病気の原因になるやっかいなものだからです。 症状としては 鼻炎や 皮膚炎などさまざまです。 気密性が高い現在の住宅では、カビが生えるとその胞子が家の中を漂い続けることになるので、まずはカビを発生させないようにするのが大切です。 ダニは 高温多湿を好みます。 室温と湿度を上げ過ぎないようにしなくてはいけませんね。 湿度が高くなりがちな押入れやタンスなどには除湿剤などを入れて湿度が高くならないようにするといいようです。 よく使い、よく目につく浴室やキッチンはしっかり対策をしている方も多いかと思いますが、問題なのが見えないところで育っているカビなのです。 ハウスダストアレルギーって? 住宅関係のアレルギーでよく聞くのはハウスダストですよね。 ハウスダストとは、室内のチリやほこりが原因でなるアレルギーと思われがちですが、それだけが原因ではありません。 カビ・細菌・ダニの死骸・花粉・衣類の繊維くず、ペットの毛などさまざまなものがあります。 肉眼で見えにくい細かなホコリをハウスダストといい、空気中に舞い上がりやすく、体内に入るとアレルギー症状やぜんそく等を引き起こす原因となります。 掃除を怠り、ごみが溜まると発生するアレルギーといってもいいかもしれませんね。 ハウスダストは大人より子どもの方が発症例が多いので、特に小さなお子様がいるご家庭は注意が必要です。 ハウスダイトアレルギーの症状 ハウスダストアレルギーは、 鼻・喉・皮膚・目と全身のあらゆる場所で発症します。 どんな症状があるか代表的な症状をまとめてみました。 ・激しい咳きこみ ・息苦しい ・息をするたびに喉や胸から「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」という呼吸音 成人の場合は、風邪が長引いたと思っていたものが喘息である場合があります。 ハウスダストを疑った時 ハウスダストアレルギーかなっと思った、大人の場合は耳鼻科、子どもの場合はアレルギー科など症状に合わせて病院を選び受診して検査をしてもらいましょう。 検査をすればすぐにハウスダストかどうかわかります。 もしハウスダストと診断されたとしたら投薬治療とは別に、掃除や換気、布団のダニ対策などをこまめに行うことも重要です。 できるだけ早く病院に相談して、原因を突き止めて原因物質を取り除くことようにしましょう。 他にも原因がある?! ただ、ハウスダストだけが原因でない場合もあるのです。 家の建材に使用している化学物質がアレルギー症状を引き起こしていたり、アレルギー症状を悪化させることがわかってきました。 合板や集成材に使用されている接着剤などがアレルギーの原因にある場合があるようです。 最後に 家には沢山のアレルギー原因が潜んでいますね。 そして色々な症状で苦しんでいる人もいるということです。 ハウスダストアレルギーの症状が出ないように、または悪化させないためには、日頃から丁寧な掃除をすることはとても大切ですね。 @あなたにおすすめ• , , ,.

次の

アレルギーによる発熱はハウスダストが原因!?

ハウス ダスト アレルギー

つらい目や鼻のかゆみなど、症状は人それぞれです。 原因は?ハウスダストとは?考えられる主な3つ 1. ホコリ、ごみ、ちり ハウスダストとは室内にたまるホコリ、ごみ、ちりのことです。 カーペットやクッション、ラグや布団、衣類やエアコンなどに潜んでいます。 布製品についたダニやノミなどの害虫とその死骸 布製品についたダニやノミや、それらが死んだ死骸やフンも、ハウスダストアレルギーの原因になります。 防虫剤を使用すると軽減できます。 人や動物の毛 人の毛だけでなく、動物の毛もハウスダストアレルギーを引き起こします。 ペットとして飼われている方は犬や猫の抜け毛やブラッシング後、こまめに掃除をするようにしてください。 ハウスダストアレルギーかも?注意すべき症状4つ! 1. くしゃみ、目のかゆみ アレルギー症状として、くしゃみや目のかゆみなどが挙げられます。 鼻がムズムズする際には点鼻薬、目がかゆい時には点眼薬を使用するとよいでしょう。 咳が出る、喉が痛い 咳が出たり喉が痛い場合は、うがい薬などでうがいをしましょう。 病院に行くと抗ヒスタミン薬を出されることが多いようです。 日中に鼻が詰まる、寝ている間のいびきが急にひどくなった 鼻詰まりを起こしている時には、鼻うがいが効果的です。 鼻詰まりが治れば、口呼吸が原因で起きるいびきも治まることが期待できます。 皮膚のかゆみや違和感 皮膚のかゆみや違和感が起きた時は、皮膚科を受診しましょう。 かゆみが我慢できない場合は、保冷剤などで冷やすと効果的です。 ハウスダストアレルギーが悪化すると出てくる症状4つ 1. アレルギー性鼻炎 アレルギーが慢性化すると、アレルギー性鼻炎になることもあります。 鼻詰まり・水っぽい鼻水・発作的で連発するくしゃみの3つの症状を主とするアレルギー疾患です。 アレルギー性結膜炎 アレルギー性結膜炎とは、目の表面にハウスダストなどの物質が付着して結膜に炎症を起こす疾患です。 こまめに点眼を行うようにしてください。 気管支喘息 気管支喘息とは、気管支が慢性の炎症により過敏状態となり、呼吸困難や咳やたんを引き起こす病気です。 治療法は、気管支拡張薬の使用や抗炎症療法などがあります。 アトピー性皮膚炎などの皮膚の炎症 アトピー性皮膚炎の主な症状はかゆみと湿疹です。 良くなったり悪くなったりを繰り返して、なかなか治らない疾患です。 一般的には半年以上続くと慢性と判断されます。 ハウスダストアレルギー以外のアレルギー アレルギーには様々なものがあります。 ハウスダストが原因のアレルギーだけではありません。 そのほかにも黄砂、花粉、タバコの煙、排気ガスなどもアレルギーの原因になるのです。 もしそれらのアレルギーを持ち症状が出ているようであれば、部屋の中のハウスダストも掃除したほうが安心です。 ハウスダストアレルギーへの対策・対処法・注意点 1. 専門医の診察を受ける アレルギー検査を行い、アレルギーかどうかチェックしてもらうことができます。 アレルギー検査は、主に血液検査となります。 結果によって処置が異なりますが、軽いものだと治療薬の処方、重いものだと手術などもあり得ます。 部屋の掃除と換気 部屋にはハウスダストが滞留しているので、換気をしながら掃除を行いましょう。 掃除の仕方は、ハウスダストが舞い上がらないように雑巾掛けをしてから掃除機をかけるようにしてください。 家具のホコリも拭き取りましょう。 布製品の掃除洗濯やお手入れ 布製品にもハウスダストは潜んでいるので、掃除洗濯をしましょう。 ですが、花粉の時期は外には干さないことがポイントです。 部屋干しにすれば、花粉が布製品に付着するのを防ぐことができます。 布製品を天然繊維から化学繊維に変更する 天然繊維(羊毛・羽毛など)の布製品は、臭いを発することでダニが寄って来やすいのでお勧めできません。 化学繊維なら頻繁に丸洗いができてホコリ・ごみ・ちりを排除できるためアレルギーの方向けと言えるでしょう。 空気清浄機を使う 空中に舞っているハウスダストを除去するには、空気清浄機が便利です。 最近ではハウスダスト対策のモードを搭載した空気清浄機などもあり、アレルギーの方の強い味方となっています。 エアコンや空気清浄機の定期清掃 エアコンや空気清浄機の中にもハウスダストは潜んでいます。 ですので、こまめに掃除をしましょう。 掃除を怠っていると、夏は冷房、冬は暖房を使う度に部屋にハウスダストを撒き散らすことになってしまいます。 日常的にホコリやちりが舞いやすい環境での滞在時間が長い方はマスクなどをする 例えばアパレルのお店や百貨店など、衣類や布製品に囲まれているとホコリやちりが舞いやすいです。 環境に応じてマスクなどをつけるようにしましょう。 外出を控える 屋外にはアレルギーの原因物質がたくさん浮遊しています。 できれば外出を控えたいですが、どうしても外出する必要がある時には、マスクとメガネを着用するなど対策をしてください。 最後に ハウスダストなどが原因のアレルギーについて、おわかりいただけましたでしょうか?ハウスダストの多い環境にいる方も既にアレルギー症状でお困りの方も、今回紹介した対策法を実践して快適な生活を送ってくださいね。

次の