世界 初 の 蚊取り線香。 海外「蚊取り線香はやっぱり日本製に限る!」 世界で売り切れ続出の大人気商品!

蚊取り線香の「うずまき」に歴史あり

世界 初 の 蚊取り線香

「金鳥の夏 日本の夏」「金鳥の渦巻」など、ユニークでインパクトのある広告でなじみ深い商品を世に送り出す金鳥だが、その会社名を知る人は多くないだろう。 創業から1世紀以上経た今なお売れ続ける蚊取り線香のルーツに迫る。 大日本除虫菊株式会社(大阪市西区)という社名ではピンとこなくても、「金鳥の夏、日本の夏…」のテレビコマーシャルを知る人は多いのではないだろうか。 元祖歌姫の美空ひばりさんを採用したホーロー看板は、昭和を代表する屋外広告のはしりの時代に、日本の各地で見ることができた。 世代によっては懐かしく感じる人も多いはずだ。 原点は、社名にも使われている「除虫菊」。 明治時代、除虫菊に殺虫効果があることはすでに知られており、乾燥した粉末は「ノミとり粉」として販売されていた。 金鳥創業者の上山英一郎氏は、おがくずにノミとり粉を混ぜて火鉢などで燃やし、煙を発生させて蚊を退治する方法を考案した。 しかし「暑い夏」に「火鉢で火を起こす」という組み合わせと煙のたき過ぎが実用化に向かず、除虫菊の粉を線香に練り込むことを思い付いた。 日本古来の仏壇線香の製造技術を生かし、1890(明治23)年に世界初の蚊取り線香を発明。 当時は渦巻型ではなく棒状だった。 だが長さ20cmの細い線香では約40分しか燃焼せず、朝まで持たない上に煙が少なく、効果を上げるためには2〜3本同時にたく必要があった。 そこで妻のゆきが「渦巻にしたらどうか」と提案。 1895年、木型などで試作していたが量産には向かず、その後編み出されたのが手巻きによる方法である。 そしてついに1902年、発売にこぎつけた。 これが現在の渦巻型蚊取り線香の原型で、1巻で約6時間燃焼したという。 当時はうどん状に切った長い線香を、木で作った芯を中心にして二本ずつまとめて手巻きで作っていた。 当時の蚊取り線香は、モスキートキラー(Mosquito killer:蚊殺し)の英語名で世界中に輸出された。 現在はモスキートコイル(Mosquito coil)として販売され、蚊が媒介するマラリアなどの疾病予防に貢献し今でも広く用いられている。 ちなみに、正式商品名は「蚊取り線香」ではなく「金鳥の渦巻」である。 バルカン半島原産であり、現地では日本のタンポポのように親しまれている一般的な草花である。 かつては瀬戸内海の農家などで栽培され、開花時期には島の斜面が美しい白い花で埋まったという。 14〜15世紀にユーゴスラビア(現セルビア共和国)で除虫菊の効用が発見されて以来、その殺虫効果が研究されるようになった。 上山氏は原料輸出だけでなく、効率のよい除虫菊の栽培方法を考案して生産量を拡大し、除虫菊の用途を広げようと努めた。 発明当時は、乾燥させた除虫菊を粉にして殺虫成分として使用した。 あの香りは除虫菊によるものである。 近年はその成分を分析し、化学合成した殺虫成分を使用している。 そのおかげで除虫菊を練り込む必要はなくなったが、代わりに燃えるベースとなる木くずや植物の香りになってしまったという。 これでは「金鳥の渦巻」とはいえない。 そのため、現在でも手間を惜しまず、香り付けのためだけに除虫菊を練り込み、昔から変わらない香りを守り続けている。 しかし創業から130年を経た今でも、「金鳥の渦巻」は同社の基幹商品であり、販売シェアナンバーワンの売り上げを誇っている。 また、「ローズの香り」「森の香り」「ラベンダーの香り」と、時代のニーズをキャッチした多彩なラインアップで新規顧客にアピールしている。 製品のみならず、「吊るだけでイヤな虫を寄せ付けない、虫コナーズプレートタイプ」「ハエ・カ退治にキンチョール」などユニークでインパクトのある広告宣伝でもなじみ深い。 除虫菊に含まれる天然殺虫成分「ピレトリン」の立体構造を解明した同社は、フラメトリン、プラレトリンなど数多くの「ピレスロイド系殺虫成分」の発明を行ってきた。 近年では、ピレスロイドをはるかにしのぐ殺虫成分「シラフルオフェン」を発明し、実用化に成功。 殺虫剤の分野で培った研究成果は、家庭用品分野から医薬品まで、新たな分野への研究開発に着手し始めている。 (産学官連携ジャーナル 2017年7月15日発行号).

次の

海外「蚊取り線香はやっぱり日本製に限る!」 世界で売り切れ続出の大人気商品!

世界 初 の 蚊取り線香

ところで、「蚊取り線香」1巻きは 何時間もつか、あなたは知っていますか? レギュラーサイズで、 だいたい7時間です。 レギュラーサイズとは、 私たちが普通思い浮かべる、 あの昔からある大きさの 「蚊取り線香」のことです。 長さは約75cmあります。 蚊取り線香は寝ている時に使う人も 多いと思います。 1巻きが7時間というのは 寝る前につけて、 朝起きる頃には消える長さに 考えられたのだそうです。 ただ、この燃焼時間は、 メーカーによって誤差はありますが、 約7時間もちます。 広告 「蚊取り線香」のミニサイズの時間は? 金鳥の比較画像 ライオンケミカル(プチかとり) 金鳥とライオンケミカルは、 短い(小さい)「蚊取り線香」を発売しています。 商品名は次の通りです。 金鳥(ミニサイズ) ライオンケミカル(プチかとり) 両方とも燃焼時間は約3時間です。 ミニサイズは 野外で身にぶら下げる携帯用のケースも コンパクトですから便利です。 また、「蚊取り線香」には、 大型サイズ(ジャンボサイズ)があります。 大型サイズは金鳥、アース、 フマキラー、ライオン各社が 発売しています。 大型サイズは約12時間もちます。 18時くらいに仕事から家に帰って、 すぐつけたら翌朝起きる頃には 消える長さに 考えられているのでしょうか。 そんな生活パターンに合わせた 燃焼時間の感じがします。 資料画像引用:大日本除虫菊(金鳥)より 「蚊取り線香」はミニサイズ、 大型サイズは あなたの生活パターンや、 場面に合わせて 利用すると便利です。 蚊取り線香の時間調整(消し方)の簡単方法 蚊取り線香1巻を1回ですべて使い切ることはあまりなく、 途中で火を消すことが多いと思います。 そこで、蚊取り線香が時間になったら 自然に(自動で)消す方法があるのです。 蚊取り線香は10㎝で1時間燃焼しています。 もしあなたが、 3時間後に自然に消したい場合は、 渦巻きをたどって30㎝のところで 自然に消える仕掛けをします。 でも、30㎝がどのくらいなのか、 渦巻きなので正確にはわからないので、 あくまでもアバウトな時間設定です。 何回かやっていると感覚で 長さと時間がわかってきます。 今すぐに消したいときも、 クリップをはさむか、 ホッチキスの針をかぶせれば 簡単に消すことができます。 あなたのウチの蚊取り線香にも 1つ用意しておくと便利です。

次の

世界に羽ばたくラムネと蚊取り線香 WEDGE Infinity(ウェッジ)

世界 初 の 蚊取り線香

大日本除虫菊株式会社(大阪市西区)という社名ではピンとこなくても、「金鳥の夏、日本の夏…」のテレビコマーシャルを知る人は多いのではないだろうか。 元祖歌姫の美空ひばりさんを採用したホーロー看板は、昭和を代表する屋外広告のはしりの時代に、日本の各地で見ることができた。 世代によっては懐かしく感じる人も多いはずだ。 原点は、社名にも使われている「除虫菊」。 明治時代、除虫菊に殺虫効果があることはすでに知られており、乾燥した粉末は「ノミとり粉」として販売されていた。 金鳥創業者の上山英一郎氏は、おがくずにノミとり粉を混ぜて火鉢などで燃やし、煙を発生させて蚊を退治する方法を考案した。 しかし「暑い夏」に「火鉢で火を起こす」という組み合わせと煙のたき過ぎが実用化に向かず、除虫菊の粉を線香に練り込むことを思い付いた。 日本古来の仏壇線香の製造技術を生かし、1890(明治23)年に世界初の蚊取り線香を発明。 当時は渦巻型ではなく棒状だった。 だが長さ20cmの細い線香では約40分しか燃焼せず、朝まで持たない上に煙が少なく、効果を上げるためには2~3本同時にたく必要があった。 そこで妻のゆきが「渦巻にしたらどうか」と提案。 1895年、木型などで試作していたが量産には向かず、その後編み出されたのが手巻きによる方法である。 そしてついに1902年、発売にこぎつけた。 これが現在の渦巻型蚊取り線香の原型で、1巻で約6時間燃焼したという。 当時はうどん状に切った長い線香を、木で作った芯を中心にして二本ずつまとめて手巻きで作っていた。 当時の蚊取り線香は、モスキートキラー(Mosquito killer:蚊殺し)の英語名で世界中に輸出された。 現在はモスキートコイル(Mosquito coil)として販売され、蚊が媒介するマラリアなどの疾病予防に貢献し今でも広く用いられている。 ちなみに、正式商品名は「蚊取り線香」ではなく「金鳥の渦巻」である( 写真1)。 写真2 除虫菊 14~15世紀にユーゴスラビア(現セルビア共和国)で除虫菊の効用が発見されて以来、その殺虫効果が研究されるようになった。 上山氏は原料輸出だけでなく、効率のよい除虫菊の栽培方法を考案して生産量を拡大し、除虫菊の用途を広げようと努めた。 発明当時は、乾燥させた除虫菊を粉にして殺虫成分として使用した。 あの香りは除虫菊によるものである。 近年はその成分を分析し、化学合成した殺虫成分を使用している。 そのおかげで除虫菊を練り込む必要はなくなったが、代わりに燃えるベースとなる木くずや植物の香りになってしまったという。 これでは「金鳥の渦巻」とはいえない。 そのため、現在でも手間を惜しまず、香り付けのためだけに除虫菊を練り込み、昔から変わらない香りを守り続けている。 しかし創業から130年を経た今でも、「金鳥の渦巻」は同社の基幹商品であり、販売シェアナンバーワンの売り上げを誇っている。 また、「ローズの香り」「森の香り」「ラベンダーの香り」と、時代のニーズをキャッチした多彩なラインアップで新規顧客にアピールしている。 製品のみならず、「吊るだけでイヤな虫を寄せ付けない、虫コナーズプレートタイプ」「ハエ・カ退治にキンチョール」などユニークでインパクトのある広告宣伝でもなじみ深い。 除虫菊に含まれる天然殺虫成分「ピレトリン」の立体構造を解明した同社は、フラメトリン、プラレトリンなど数多くの「ピレスロイド系殺虫成分」の発明を行ってきた。 近年では、ピレスロイドをはるかにしのぐ殺虫成分「シラフルオフェン」を発明し、実用化に成功。 殺虫剤の分野で培った研究成果は、家庭用品分野から医薬品まで、新たな分野への研究開発に着手し始めている。 (取材・構成:本誌編集長 山口泰博) : 重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産) 国立科学博物館では、「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ科学技術史資料」および「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えた科学技術史資料」の保存を図るとともに、科学技術を担ってきた先人たちの経験を次世代に継承していくことを目的として、重要科学技術史資料の登録制度を2008年度より実施している。 登録番号 第00135号 金鳥の登録内容:世界初の除虫菊を含む蚊取り線香 1 棒状蚊取線香「金鳥香」、 2 渦巻型蚊取線香「金鳥の渦巻」、 3 渦巻型蚊取線香 試作木型、 4 機械式 手巻き用線香押し出し機、 5 蚊取線香戦前の海外向けポスター群、 6 「除虫菊栽培書」「日本の除虫菊」、 7 木製線香突き.

次の