目 を通して いただけれ ば 幸い です。 「ご一読」の読み方、意味、使い方!類語「お目通し」「ご査収」や英語も紹介

「いただければ幸いです」の意味は?ご連絡いただければ幸いですの使い方と英語も

目 を通して いただけれ ば 幸い です

「お時間空いた際にお目通しいただけたら嬉しいです。 」 と書こうとしていらっしゃるということは、その手紙自体を呼んでいただく、というのではなく、 手紙の他に何か書類とか原稿とかを同封して、それを読んでいただきたい、ということですよね。 それであれば、適切であると思われます。 先の回答者さんのおっしゃるように、その手紙自体を読んでもらうのでしたら、おかしいと思うのですが。 」などと書いたらおおげさでしょうか? 「恐悦」はちょっと大げさな表現のように思いますが、もし使うのであれば、「恐悦に存じます」と書くのがよいのではないでしょうか。 「恐悦です」という表現はあまり見たことがありません。 で、もし私が、読んでもらいたい書類を送る時に同封する手紙を書くとしたら、 「お時間のある時に目を通していただければ幸いです」 というふうに書くと思います。 A ベストアンサー はじめまして。 <そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?> 正しくないとは言えないと思います。 「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、 「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞 「に」:時を示す格助詞 という働きをしています。 このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。 例: 「にて」「とも」「ども」「ば」など ご質問文は述部が省略された口語表現です。 本来は 「ご参考までに(目を通して下さい)」 といった、動詞句が省略されています。 口語(話言葉)では、リズムやテンポ、語呂を整えるために、わかりきった動詞、長い述部を省略して明確に要件が伝わるようにすることがあります。 例: 「また明日(会いましょう)」 「それではまた(お会いしましょう)」 「お陰様で(元気です)」 また文語(書き言葉)でも、こうした省略が起こることはあります。 例: 「友情のしるしに」 「感謝の気持ちを込めて」 「に」「て」はそれぞれ格助詞・接続助詞ですが、この場合は、テンポというよりは、「粋」な締めくくりを意図しての省略用法になると思います。 以上のように、こうした省略用法は、素早く要件を伝えるため、粋な表現のために工夫された、言葉の便宜上の用途ですから、正しくないとは言えません。 「便利な語法」として、TPOや必要に応じて使い分ければいいと思います。 特に敬意を払う相手に対しては、口語での省略表現は失礼にあたることがあるので、語尾まで敬語で修辞した方がいいでしょう。 例: 「ご参考までにお目通し下さい」 「ご参考までにご拝読下さい」 ちなみに、私もこのサイトでの回答の末尾に「ご参考までに」「ご参考になれば」といった助詞止め表現をよく使います。 この省略には、一種の謙譲(献上?)の気持ちを込めて使っております。 この省略の背後には、「お役に立てるかわかりませんが、ご参考程度にしていただければ幸いです」という謙譲の意味が込められています。 ただこのような長い文章をだらだら書いて、余計な装飾文にするのを避けた、一種の配慮と思っております。 以上ご参考までに。 (笑) はじめまして。 <そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?> 正しくないとは言えないと思います。 「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、 「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞 「に」:時を示す格助詞 という働きをしています。 このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。 例: 「にて」「とも」「ども」「ば」など ご質問文は述部が省略された口語表現です。 本来は 「ご参考までに(目を通して下さい)」 といった、動詞句が... A ベストアンサー 「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。 「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。 そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。 例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。 食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。 スミマセン。 年寄りの愚痴でした。 A ベストアンサー 「お伺いいたします」は二重敬語です。 「ます」は丁寧語で、「行く」の敬語ではありません。 よって、これは数えません。 「行きます」の「行き」の部分を「お伺いいたし」と敬語にしているわけです。 もとの形「行きます」は別に重複表現ではありませんよね。 文化庁HPからのコピーです。 全文は参考URLでご覧ください。 「敬語の指針」では、二重敬語について、次のように定義しています。 >>「二重敬語」とその適否 一つの語について,同じ種類の敬語を二重に使ったものを「二重敬語」という。 例えば,「お読みになられる」は,「読む」を「お読みになる」と尊敬語にした上で,更に尊敬語の「……れる」を加えたもので,二重敬語である。 「二重敬語」は,一般に適切ではないとされている。 ただし,語によっては,習慣として定着しているものもある。 上の例でいえば、「読む」という一語に「お~になる」と「れる」という二つの尊敬語が用いられている(=「お読みになられる」は「聞く」一語に還元される)ので、二重敬語なのです。 (「~ますです。 」は、丁寧語の二重敬語ですが、さすがにこれを使う人はいない(少ない)でしょう。 ) また「敬語の指針」にはそういう記述がありませんが、二重敬語とは結果として(現象として)同じ敬語の種類において現れる、ということが敬語の研究書(「敬語」菊地康人 講談社学術文庫)に書かれています。 「お伺いいたし(ます)」で言えば「伺う」「お~する」という謙譲語が、「お読みになられる」であれば「お~になる」と「れる」という尊敬語が、それぞれ重複しているのです。 上に「結果的(現象的)」と書きましたが、それは、一語の敬語化において現れるのが二重敬語ですから、別種の敬語がそれにおいて現れるはずがない、ということです。 なお、別種の敬語の複数使用を「敬語の指針」は「敬語連結」と呼んでおり、それについては下記で少し触れます。 さらに、「敬語の指針」では、「お伺いいたし(ます)」を二重敬語であるが、習慣として定着している=使用が許容されている例(あくまで例外的な少数の例の一つ)、として上げています。 それがまあ、国の現在の見解、ということでしょう。 いきなり「習慣」といわれると、理屈っぽい私は文句を言いたくなりますが、敬語が数多くの慣習や例外的使用によって成り立っていることを思えば、また、それを拒否する明確な理論を私自身持っていないことでもあり、一応、国の言うことももっともであると首肯せざるをえないかな、と思います。 また「いたしております」は、「して」と「いる」の謙譲語化ですね。 これらは二重敬語ではありません。 このような使い方を、「敬語の指針」では「敬語連結」と呼んでいます。 以下をどうぞ。 >>「敬語連結」とその適否 二つ 以上 の語をそれぞれ敬語にして,接続助詞「て」でつなげたものは,上で言う「二重敬語」ではない。 このようなものを,ここでは「敬語連結」と呼ぶことにする。 例えば,「お読みになっていらっしゃる」は,「読んでいる」の「読む」を「お読みになる」に,「いる」を「いらっしゃる」にしてつなげたものである。 つまり,「読む」「いる」という二つの語をそれぞれ別々に敬語(この場合は尊敬語)にしてつなげたものなので,「二重敬語」には当たらず,「敬語連結」に当たる。 「敬語連結」は,多少の冗長感が生じる場合もあるが,個々の敬語の使い方が適切であり,かつ敬語同士の結び付きに意味的な不合理がない限りは,基本的に許容されるものである。 【許容される敬語連結の例】 ・お読みになっていらっしゃる (上述。 「読んでいる」の「読む」「いる」をそれぞれ別々に尊敬語にしたもの。 ) ・お読みになってくださる (「読んでくれる」の「読む」「くれる」をそれぞれ別々に尊敬語にしたもの。 ) ・お読みになっていただく (「読んでもらう」の「読む」を尊敬語に,「もらう」を謙譲語Iにしたもの。 尊敬語と謙譲語Iの連結であるが,立てる対象が一致しているので,意味的に不合理はなく,許容される。 「お伺いいたします」は二重敬語です。 「ます」は丁寧語で、「行く」の敬語ではありません。 よって、これは数えません。 「行きます」の「行き」の部分を「お伺いいたし」と敬語にしているわけです。 もとの形「行きます」は別に重複表現ではありませんよね。 文化庁HPからのコピーです。 全文は参考URLでご覧ください。 「敬語の指針」では、二重敬語について、次のように定義して...

次の

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

目 を通して いただけれ ば 幸い です

ご質問どうもありがとうございます。 一例をご紹介します。 {解説} 直訳は、 「~していただければありがたいです」 となります。 仮定法を使った控えめな表現です。 grateful は、 「感謝する、感謝している、ありがたく思う、恩を感じる、恩を知る、恐縮する」(英辞郎) という意味です。 {英訳例} I would be grateful if you would send me more information. もう少し情報をいただけるとありがたいです。 【出典:Check Your English Vocabulary for IELTS】 I would be most grateful if you could send me an invoice in due course. インボイスをお送りいただければ幸いです。 【出典:LDOCE】 I would be grateful if you could tell me what he said. 彼が何を話したか教えていただけませんか。 【出典:Unveiling Lady Clare】 I would be grateful if you could come and visit me. こちらにお越しいただけませんか。 どうもありがとうございました。 I would appreciate if you could teach me English. 「英語を教えていただけると嬉しいです」 また appreciate を be happy や be glad 、 be grateful などに置き換えることも可能です。 Could you teach me English? 「英語を私に教えていただけませんか?」 Kumaさん ご質問どうもありがとうございます。 様々な表現があると思いますが、ビジネスっぷく過ぎると、えらそうに聞こえる恐れの背景から、下記は、やさしくカンタンな英語の表現を紹介します。 特に最近は、シンプルな言葉がビジネスの世界でも、人気のある存在となっているようです。 事例: - Do you think you could let me know what time Mr. A will be arriving? Thank you so much. - Do you think you could kindly let me know if I should make more copies of that? Thank you. ご参考にしていただければ幸いです。 と言う柔らかい言い方もあります。 If you could kindly tell me her address that would be great. Thank you. 彼女の住所を教えて頂けると嬉しいです。 参考になれば幸いです。

次の

「助かります」は敬語?ビジネスメールで使える言い換え方を紹介

目 を通して いただけれ ば 幸い です

お目通しは、敬語とセットで使われることが多い言葉です。 なぜなら「お目通し」は、「目通し」という言葉に、丁寧語の「お」を付けることで、丁寧な気持ちや相手を尊敬する気持ちを表現する際に使われることが多い言葉だからです。 そのため、「お目通しください」や「お目通しいただけますでしょうか」、「お目通しいただければ幸いです」といった敬語とセットで使われる言葉であると言われています。 敬語表現は、伝える相手や状況によって適切な表現が求められるので、苦手意識を感じている人も少なくないと言われています。 中でも、相手に「問題がない」ということを伝える際の表現に迷う人が多いことから、以下の記事では適切な敬語表現などについて詳しくお伝えしていますので、ぜひ参考になさってください。 お目通しの類語の1番目は、「ご高覧」という言葉です。 ご高覧という言葉の意味は、「見ていただく」といった意味合いになります。 「お目通し」や「ご高覧」といった表現は、取引先や顧客などに対して使われるケースが多く、冊子やカタログなどを見てもらいたい時に使われることも多いと言われています。 「ご高覧」という言葉は、「ご高覧いただけますでしょうか」や「ご高覧いただければ幸いです」といった使い方をされることが多く、「全体的にざっと見てください」といったニュアンスを含むケースが多いことから、「お目通し」の類語であると言われており、顧客だけではなく、目上の人に使われることもあります。 目上の方への言葉遣いは、間違って使うと失礼な態度だと思われてしまったり、常識のない人と思われる恐れがあることから、基本的ではあるものの、とても大切なビジネスマナーであると言われています。 以下の記事では、目上の人に同意を求める表現について詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。 お目通しの使い方の1番目は、「明日の資料にお目通しください」といった使い方です。 この場合のお目通しには、「全体的に見て概要を把握していただきたい」といった意味合いで使われるケースが多いと言われています。 上司や取引先の相手が、会議や講演会などで、初めて見る資料に戸惑わないように、あらかじめ丁寧な表現で注意喚起をする際に使われる例文です。 ただ単に資料を渡すだけだと、上司や取引先の相手に「この資料は当日に見るだけでも十分に把握できる簡単な内容のもの」といった印象を与える可能性があります。 そのような印象を与えたにもかかわらず、難しい内容が記されてあり、会議などで不都合が生じた際に、「単に資料を渡すだけじゃなくて、相手のことを考えて仕事に取り組みなさい」などと叱責されるおそれがあることから、あらかじめそういったことを防ぐためにも有効な表現です。 こういった場合に使われる「お目通しいただければ幸いです」には、「一度見ていただき、興味があったら是非連絡してください」といった意味合いが含まれるケースが多いと言われています。 ちなみに、うまく営業に結びつけるためにはチラシを相手に渡すだけといった対応をするよりも、親切で明るいといった営業マンのイメージを相手に与えながら営業をする方が効果的だと言われています。 そのため、こういった「お目通しいただければ幸いです」という使い方は、営業の要素が含まれているケースが多いです。 ちなみに以下の記事では、営業電話の話し方の基本やコツなどについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 営業電話は対面での営業とは異なり、相手の表情や仕草が見えないことから苦手意識を抱いている人が多いですが、対応能力や説明能力などのスキルが向上するというメリットがあります。 お目通しの使い方の3番目は、「この書類にお目を通していただきますようお願いいたします」といった使い方です。 上司や取引先の人に書類を見てもらう際などに使われる「お目通し」は、「チェックをしてください」といった意味合いで使われるケースが多いと言われています。 社内や社外に送る書類を作る際には、その書類の重要度が高いほど、書類作成者以外の人のチェックが肝心であると言われています。 そのため、「この書類にお目通しいただきますようお願いいたします」という言葉には、「間違いあった場合には、指摘してください」といった意味合いで使われやすい傾向があります。 通常、お目通しをしてもらう人数が多くなるほど、重要度が高い書類であると言えます。 たくさんの上司や関係部署の人に書類を見てもらうことによって、書類の内容についての正確性を高めるという目的があったり、万一間違いがあった場合の責任の所在を明確にするといった意図が含まれると言われています。 相手にメールを送っただけでは、気づいてもらえなかったり、見落とされる恐れがあります。 そのため重要度が高いメールほど、相手に「お目通しください」ということを口頭でも合わせて伝えることが肝心です。 また、仕事をしていると、突然相手先にメールを送る必要が生じることも多々あります。 そういう時には、「早めに相手に見ていただきたい」といった緊急のケースであることが多いので、相手に対して「メールにお目通しをお願いいたします」と一言伝えておくと親切であり効果的ですし、社会人としての信頼にもつながります。 ちなみに以下の記事では、突然のメールを送る際のビジネスマナーについて詳しくお伝えしている記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。 ビジネスシーンで突然相手にメールを送らなければならなくなった時や、初めての相手に突然のメールを送る際のマナーなどを詳しくお伝えしています。 RELATED ARTICLE お目通しの意味や使い方を正しく把握してビジネスシーンに活用しましょう お目通しという言葉は、目上の人や取引先の人などに対して使うケースが多いことから、意味や使い方を間違ってしまうと、信頼性の低下や社会人としてのスキルが低く見られてしまうという恐れがあります。 こういった信頼性の低下や評価の悪さは、日々の仕事のやりやすさや出世にも影響を及ぼします。 その一方で、適切に使いこなすことができると「あの人の任せておけば安心だな」という信頼感を得るために役立ちます。 信頼感は日々の行いの積み重ねによって増していくものですので、この機会に「お目通し」の意味や敬語表現を正しく把握して、コツコツと信頼感を積み重ねていきましょう。 ビジネスシーンにおいては、上司や顧客、取引先の人から信頼されることはとても重要で、信頼の有無によって仕事の成否が大きく左右されるケースも少なくありません。 以下の記事では、信頼される人の特徴や信頼される人になる方法などを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

次の