ヒロシのひとりキャンプのすすめ。 ヒロシのひとりキャンプのすすめ

【おすすめ道具】ソロキャンプに鉄板ってどうよ?ってやめる人、損やわ~!ねっヒロシさん

ヒロシのひとりキャンプのすすめ

芸人ヒロシが「ひとりキャンプ」に夢中らしい 哀愁漂う自虐ネタでブレイクした芸人のヒロシさん。 最近テレビであまり見かけないなと思っていたら、YouTubeの「ヒロシちゃんねる」で、ソロキャンプの様子を発信するユーチューバーとして活躍しておりました。 こちらがYouTube動画のヒロシさん。 自然の中でひとりキャンプやキャンプメシを満喫する様子は、癒し効果抜群でつい見入ってしまうけれど、 「……え? ひとりでキャンプ?」 ヒロシさんのイメージにマッチしなくもないけど、ひとり森の中で過ごすなんて、そもそも怖くないのでしょうか。 っていうかヒロシさん、芸人活動は辞めてしまったのでしょうか。 と、さまざまな疑問が湧いてきたので、本人に直接うかがってみることにしました。 きっかけは「焼きそばないんっすか?」が癇(かん)に障って ヒロシさんに会いに訪れたのは、メトロ丸の内線中野坂上駅から徒歩3分ほどのところにある「 FOREST COFFEE」。 ヒロシさんの事務所を兼任するカフェです(普段はヒロシさん不在です)。 キャンプグッズやギターといったヒロシさんの趣味と思われるもので彩られたナチュラルな雰囲気は、たしかに落ち着きます。 さっそくですが、一般的には複数の人数で楽しむイメージが強いキャンプを、なぜおひとりでしようと思われたのですか? ヒロシさん:僕も初めは、キャンプは複数人で楽しむものだと思っていたんですよ。 でも、みんなで行くとたしかに楽しいけど、日程が合わなくて実行できなかったり、食べたくもない時間に「ごはんにしよう」ってなったり、火起こしも野菜切るのも、すぐ担当決めとかするでしょ? そういうのに不自由さや面倒くささを感じることも多かったんです。 ヒロシさん:そんななか、あるとき後輩の連れてきた僕の知らない人が「 焼きそばないんっスか?」とか好き勝手に振る舞うのが癇に障って(笑)。 ああ、やっぱり大人数はイヤだなって。 そのとき、ひとりで行けばいいんじゃない? って気づいたんです。 でも、キャンプとなると、ひとりはちょっと怖くなかったですか? ヒロシさん:初めてひとりで行ったときは音にビビってましたね(笑)。 動物の鳴き声が女性の悲鳴に聞こえたり、テントは外が見えないので、夜にガサガサ音がするとナイフを握って寝たりしてましたもん。 それで結局、複数人で行くことが多かったのですが、4,5年ほど前、キャンプに対して同じ思いを抱く芸人さんと知り合って、ソロキャンプを2人でやればいいんだ! って話になりまして。 3日後には一緒にキャンプへ行ってました。 そのスタイルで慣らしていくうちに、ひとりで行くのも平気になりましたね。 ちなみに、今では8人ほどのメンバーが集まっていますよ。 ヒロシさん:「ソロキャンプ」なのに「8人グループ」って矛盾していますけど(笑)、何人で行こうが、行く時間も帰る時間も、テントもたき火台も、食事も過ごし方も、準備から片付けまですべて各自で完結。 でも、ごはんがおいしくできたらあげたりとか、ほかの人が使っている道具を見て「それどう?」とか、適度に交流もあって、ほどよい関係性が保てるんです。 新規加入メンバーも、みんなで相談して、気をつかう人やイヤな人はメンバーに入れないし(笑)。 ヒロシさん:ひとりのソロキャンプも、みんなで行くソロキャンプも、それぞれの良さがあってどっちも楽しいですよ。 ただ、動画で使いたいシーンにほかの人たちの下ネタトークとかが紛れ込んじゃうと使えなくなるし、やっぱりまわりにも気を使わすので、撮影のときはひとりがいいですね。 よりソロ感のある動画も撮れるんでね。 でも、「意外と楽しかった」とか知らない人からコメントをもらえてうれしかったし、フォロワーが増え始めたら「広告収入が入るらしいぞ」って欲も出てきて(笑)、だんだんと見られることを意識して撮影するようになりました。 そしたらそれがまた楽しくて、続けています。 ヒロシさん:趣味でやっていたことが、仕事にもつながったという感じですね。 初めの頃は誰かに見られることなんてまったく意識してないから、テントを張っているシーンが延々と続いたり、夜の撮影は画面が真っ暗だったり、結婚式のエピソード動画じゃないけど、内輪ノリでほかの人が見てもなんも面白くない! っていう感じのものばかりでしたよ(笑)。 だって、キャンプも仕事になると「芸人のヒロシがキャンプをする」要素が求められますからね。 最近は、コメンテーターとか出版とか、趣味や特技をいかしている芸人さんも多いじゃないですか。 僕はそれがたまたまソロキャンプだっただけのことだと思っています。 でも、世間的には消えたと思われていて、今どんなにメディアに出ていても、 「ヒロシは相変わらず仕事がない」とか「面白くない」とかいう人がいるんです。 ヒロシさん:「ユーチューバーに転身」っていうのもそうですよね。 今すごく忙しいのに、それでもそんな風に言われたら、どうしていいかわからないですよ。 一度イメージがつくと終わり。 だから、もうそういう声は気にしないで、そのときそのときで自分のやりたいことをやっていこうと思っています。 例えばソロキャンプのブームが去って、動画を今ほど見てもらえなくなっても、僕は続けていきたいです。 本当に好きな人は、ずっと見てくれるでしょうから。 ヒロシさん: 着いてすぐ寝ようが、一日ボーっとしてようが、誰にも文句言われませんからね! あとね、キャンプに行くと不思議と具合が良くなるんですよ。 少し熱っぽいかなと思うときでも、そこに着くと忘れるし、肩こりも治ってしまうんです。 ヒロシさん的に「これだけは持って行くべき!」というおすすめの道具ってありますか? 3つほど教えてください。 ヒロシさん:道具も基本は自由なんで、いま僕が使っているなかでいいと思うものや面白いものをご紹介しますね。 光が柔らかくて趣きがあるので、ソロでもランタンがあれば絵になるし、明かりを見つめているだけでも楽しいですよ。 少し荷物になりますが、僕は必ず持って行く道具のひとつです。 まぁ、マットを敷けばいい話だけど(笑)、宙に浮いている感じってワクワクするじゃないですか。 それに、常に周囲が見えるのも安心。 ガサガサ音がしても、テントと違って目で確認できるので、音への恐怖心はなくなりました。 あと、設営、撤収が圧倒的に速いし、思いのほかぐっすり眠れて、一度やったら手放せなくなりましたね。 ライターがあれば一瞬で着けられるけど、 火を育てる感覚が楽しいし、かんたんにできることにあえて手間暇をかけらえるのも、ソロキャンプの楽しみかなって。 複数人のキャンプだと、誰かに「まだ着かないの?」って文句言われたり、お調子者がやりたがったりして、じっくりこんなことできませんから(笑)。 ちなみにヒロシさんが火打石から火種をとり、たき火をつけるところまでを撮影した動画がこちら。 淡々とした作業しているところを映しているだけなのに、思わず見入ってしまいます。 ちなみに、忘れて困った物などはありましたか? ヒロシさん:不便を楽しむのがキャンプ。 忘れ物をしても、「何かで代用できないか?」とか考えるのもまた楽しいですよ。 まぁ車で行っているので、最悪の場合は買いに行けば済む話だし。 ヒロシさん:あ、でも、1度だけ忘れ物で困ったことがありました。 グループで無人島に行ったときです。 ザックに新品のたばこを4箱入れたはずなのに、最終チェックのときに戻し忘れたらしく、現地に着いたら入ってなかったんですよ。 手元には2,3本しかないし、迎えの船は2日後まで来ない。 余分に持ってきているメンバーはいるけど、無人島では値段がついて、1本500円とかになるんです。 経済原則ですね。 仕方がないから買いましたけど、落ちてないかって探し始めたりもして、「あ! たばこだ!」って喜んで拾ったらサンゴだったり。 まぁ、そういうのを楽しめるのもキャンプだということで……。 怖くて寂しそうに思えたソロキャンプも、ヒロシさんのお話を聞いていたら「ソロキャンプこそキャンプの神髄なのでは?」とさえ思えてきます。 YouTubeの素朴なキャンプ映像が魅力的に見えるのも、「 自分のペースで好きなことをする」というスタンスを感じられるからなのかも。 ヒロシさんの話を聞いていたら、皆さんもソロキャンプをやってみたくなりませんか? そこで、メシ通らしく「ヒロシさんオススメのキャンプメシ」についてもお聞きしてみました。 その様子は次回、お届けします! お店情報 FOREST COFFEE 住所:都中野区中央2丁目8-5 B1 電話番号:03-3365-0777(11:00~15:00) 営業時間:12:00~15:00 定休日:不定休 ウェブサイト: 撮影:渡邊浩行.

次の

ヒロシのソロキャンプ-~自分で見つけるキャンプの流儀~

ヒロシのひとりキャンプのすすめ

ソロキャンプ料理の魅力1つ目は、好きなものを好きなだけ選べることです。 一人で楽しむソロキャンプでは、すべてを自分の好きなようにすることができます。 そのため、食べるものも、調理の仕方も、すべて好きなように選ぶことができます。 大勢のキャンプとは違った楽しみです。 ソロキャンプは、自分のためだけにすべてを使うことができますので、事前に食材を準備して行ってもいいですし、乾麺や缶詰、自然解凍して食べることのできる冷凍食品などを上手に組み合わせて、その時の気分に合わせて、好きなものを食べても良いでしょう。 一人ならではの時間を楽しむことができます。 大勢で行うキャンプでは、食材もたくさん必要になりますので、そのぶん費用がかかります。 ソロキャンプでは、一人分の料理で良いので量を減らすことができ、その分の費用で、いつもよりちょっとよい食材を用意しても良いでしょう。 ソロキャンプの際は、いつものキャンプとは違った楽しみとして、自分だけのために、いつもより少し良いお肉やお酒、調味料などを用意してもよいかもしれません。 一人だからこそ、シンプルにも贅沢にも、楽しむことができます。 ソロキャンプは、すべての準備などを一人でする必要があるため、大変な部分もありますが、逆に、細部までこだわってキャンプをすることもできます。 食材にこだわったり、時間をかけてじっくり調理をしたりと、値段だけでなく、ワンランク上の食事を楽しんでも良いでしょう。 一人分の食事を作るソロキャンプ料理では、バーナーがあれば、様々なものが作れます。 バーナーには、たくさんの種類があるので、使いやすいものを探すと良いでしょう。 ソロキャンプで使いやすいバーナーは、ガス缶の違いや、燃料、サイズや重さ、持ち運びのしやすさなど使い方が変わってきますので、お好みのものを選んでください。 ソロキャンプの場合は、簡易的な料理をする場合には、OD缶のシングルバーナーが持ち運びしやすく、がおすすめです。 ソロキャンプでも、しっかりとした料理をしたい場合には、大きな鍋を乗せられるようなCB缶のシングルバーナーを用意しても良いでしょう。 また、ツーバーナーなどを用意しておくと、さらに料理の幅が広がります。 作りたい料理などに合わせて選びましょう。 キャンプ料理を作り始める前に、まずはテントの準備をしておきましょう。 また、日中は忘れてしまいがちですが、明るいうちにライトなどの光源も準備しておき、いつでも使えるようにしておきましょう。 さらに、寝床や机と椅子なども準備しておきます。 ソロキャンプでは、暗くなってからは、思った以上に移動や設営が難しいので、明るいうちに準備しておきましょう。 また、トイレの確保や、水の確保も忘れないようにしておきましょう。 ソロキャンプは、自分一人の時間を楽しむことができる反面、すべてのことを自分一人で行う必要もあります。 特に慣れないうちは、テントや寝床の準備などは、予定よりも時間がかかってしまう場合がありますので、余裕を持って、早いうちに行っておくと良いでしょう。 ソロキャンプの場合、簡単な料理をする場合は、バーナーのみで作ることも可能ですが、しっかりとした調理をしたい場合は、火を起こしておくと良いでしょう。 火を起こしておくことで、光源になり、暖をとることもでき、さらに調理もできますので、ソロキャンプの場合も、焚き火は作っておくと良いでしょう。 焚き火を作ることで、強火の調理も、煮込み料理も可能になります。 複数の料理を同時にすることもできるようになります。 ソロキャンプの際に使える焚き火台は、シンプルな焚き火台、軽くコンパクトに持ち運べるもの、グリルなどの調理の際も使えるもの、ソロストーブ型のもなど、たくさんの種類があります。 荷物の量や使い道などを考えて、自分に合うものを探してみましょう。 ポトフは、お好みの野菜とお肉やソーセージなどを飯ごうに入れ、火にかけておくだけで作ることができるソロキャンプにぴったりの簡単料理です。 暖かいスープとたっぷりの野菜の食べられるポトフは、冬のソロキャンプにも美味しい料理です。 ポトフに使う野菜は、事前に自宅で切っていくなど下準備をしていってもいいですが、丸ごと鍋に入れ、柔らかくなるまでじっくり煮ても良いよいでしょう。 なるべく手がかからないように工夫するのもソロキャンプの楽しみの一つになります。 ポトフの作り方• じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キャベツなどお好みの野菜を適当な大きさに切り、鍋に入れます。 ベーコンまたはソーセージなどを適当な大きさに切り、鍋に入れます。 鍋に水とコンソメスープの素を入れ、鍋を火にかけます。 そのまま野菜が柔らかくなるまで煮込みます。 器に盛り、お好みでブラックペッパーをかけたらできあがりです。 大きなお肉を、豪快に焼くだけのシンプルなステーキは、簡単であり豪華なので、ソロキャンプにぴったりの料理です。 キャンプでは、火の加減をすることがあまりできませんので、火の通しすぎには注意をして焼きましょう。 また、買った肉は、保冷剤などを一緒に入れて運び、傷まないように注意しておきましょう。 火が通る前に包丁を使うのはやめておき、しっかりと火が通ってから切ると良いでしょう。 火を通す前に包丁を使った場合は、使った後にしっかりと消毒等するようにしておきましょう。 ステーキの作り方• 肉の両面に、塩胡椒をたっぷりとします。 フライパンを火にかけ、油をひいてしっかりと熱します。 フライパンに肉を乗せ、片面を1分間焼きます。 肉を裏返して、1分間焼きます。 フライパンを火から外し、フライパンごとアルミホイルで包んでさらに、毛布などで包み、5分ほど置いておきます。 余熱で火を通したら、できあがりです。 ご飯と具材を一緒に入れて炊き込んで作る炊き込みご飯は、缶詰を上手に使うことで、非常においく作ることができます。 飯ごう、コッヘルなど、お好きな調理器具で作りましょう。 炊き込みご飯には、お好きな野菜や具材をなんでも使うことができます。 缶詰や傷みにくい野菜や食材を用意しておいたり、残っている食材を合わせて上手に活用することで、ソロキャンプの2日目、3日目にも美味しいぴったりの食事を作ることができます。 炊き込みご飯の作り方• お米は洗って、吸水しておきます。 しめじは石づきを取ってほぐし、にんじんは細切りにしておきます。 飯ごうに、お米、水、しめじ、にんじん、缶のホタテ、缶の焼き鳥をそのまま入れます。 さらに、すき焼きのタレ、めんつゆを入れて、よく混ぜます。 飯ごうを火にかけ、炊きます。 飯ごうの中から、チリチリと音が聞こえてきたら火からおろします。 保温できるバッグなどに入れて、しばらく蒸らします。 よく混ぜて、器に盛ったらできあがりです。 ソロキャンプでは、ちゃんと美味しいお食事を取りたい人におすすめの、ちょっとリッチなソロキャンプでのすき焼きです。 作り方自体は簡単なので、食材をいつもよりちょっと良いものを使うなどしても良いでしょう。 すき焼きにつきものの生卵は、キャンプの際に使うのは、注意が必要です。 卵が割れてしまわないように、タオルなどに包んでコッヘルなどに入れる、専用の容器などを用意するなどして、注意しておきましょう。 また、生肉と同様に、食中毒には注意しましょう。 バーナーで作れるすき焼き• バーナーにコッヘルをセットし、火にかけます。 コッヘルに牛脂を入れて溶かします。 ネギを入れて軽く炒め脇に寄せておきます。 牛肉を入れて、軽く炒め、脇に寄せておきます。 白菜、えのき、豆腐、しらたくなどの具材を少し入れます。 割り下を加え、具材に火が通るまで煮ます。 具材に火が通ったら食べ始めます。 具材が減ってきたら、具材を追加して煮込みます。 *いっぺんに作ってしまわずに、食べながら作っていくと良いでしょう。 ソロキャンプでは、簡単な料理も作ることができますが、ちょっと凝った料理を作ることも可能です。 ピザは、ダッチオーブンなどを使うと、本格的に焼き上げることができます。 ピザの具材には、サラミやベーコン、ウインナーなどの加工した肉類、玉ねぎやピーマン、パプリカなどの野菜、チーズなどをたくさん使いますが、これらの食材は、他の料理とも共用しやすいものですので、夜の食事で余った食材を翌朝のピザの材料にするなどすると、食材を効率よく使うことができるでしょう。 ダッチオーブンで作るピザ• 深めの器に、ぬるま湯、砂糖、イーストを入れて混ぜます。 強力粉の中央をくぼませ、ぬるま湯、砂糖、イーストを混ぜたもの、塩、オリーブオイルを入れます。 よく混ぜて、耳たぶぐらいの硬さになるまでしっかりとこねます。 しっかりと混ざったら、ラップに包んで30分ほど寝かせます。 生地を薄めに伸ばして、上にお好みの具材を乗せます。 *野菜やキノコ、缶詰などを上手に利用すると良いでしょう。 ダッチオーブンで、焼き上げます。 途中で焼け具合を確認しながら、生地と具材に火が通ったら、できあがりです。 また、ホットケーキミックスを使っても良いでしょう。 パンケーキの作り方• 薄力粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩を混ぜます。 牛乳と卵を加えて、ダマにならないように混ぜ合わせます。 フライパンに薄くバターを塗ります。 フライパンを強火で温め、一旦濡れ布巾の上で冷まします。 タネをフライパンに乗せ、弱火で3分ほど焼きます。 裏返してフタをし、2分ほど焼いたら、火の通りを確認します。 中心まで火が通ったら、できあがりです。 フライパンの中に、材料を全て入れてしばらく焼くだけでできる簡単デザートです。 食事の後に楽しみたい一品です。 洋梨以外には、リンゴやバナナなどを使っても美味しく作ることができます。 洋梨のカラメル焼きの作り方• 洋梨とバターをフライパンに入れ、火にかけます。 洋梨が柔らかくなってきたら、きび糖、はちみつを入れます。 焦げないように注意しながら、きび糖を溶かして、洋梨にからめます。 あれば、ラム酒またはブランデーを少し加えて混ぜたら、できあがりです。 「絶対作ってみたくなるみんなのキャンプ飯」は、カリスマキャンパーや野外料理番長たちなど、実際のキャンプ料理の達人たちが、実際に作っているキャンプご飯を紹介したレシピ本です。 食材や機材、調理器具にこだわったキャンプご飯から、簡単な材料、手軽に手に入れられる機材などを使って作るお手軽キャンプご飯まで、多数が紹介されています。 コンビニの食材、スーパーなどのお惣菜、さらには缶詰などを活用していますので、ソロキャンプやキャンプでの調理を始めたばかりの人にもおすすめの1冊です。 美味しい食事でソロキャンプをますます楽しみましょう ソロキャンプでは、お湯を沸かすだけのインスタントの料理から、手の込んだ煮込み料理まで、好きなものを好きなように作り、好きなタイミングで食べることができます。 自分だけの時間を、思う存分楽しみましょう。 ソロキャンプを思いっきり楽しむために、バーナーやクッカー・コッヘルなどの存在も欠かせませんので、自分のキャンプスタイルにぴったりの道具も見つけておきましょう。 少ない道具を上手に使い、美味しい食事で、ソロキャンプの時間をますます楽しい時間にしましょう。 キャンプよりさらに自然の中でサバイバルを楽しみたい方には、ブッシュクラフトもおすすめです。 ブッシュクラフトは、キャンプよりさらに道具を減らして、道具を作るところから楽しむキャンプです。 キャンプよりももっと自然を楽しむことのできるブッシュクラフトについては、こちらの記事もチェックしてみてください。

次の

ヒロシのひとりキャンプのすすめ

ヒロシのひとりキャンプのすすめ

ヒロシ 『ひとりで生きていく』 【著者】ヒロシ 【出版社】廣済堂出版 「ヒロシです」のネタで有名な芸人さん、ヒロシさんは現在47歳の中年男性 結婚もしていなし、彼女もいない。 子どももいない。 親友はおろか、友達もいない。 所属プロダクションもヒロシさん個人で作った小さな会社 「ひとりぼっち」といいます。 小さなころから「人間関係のめんどくさ」さをしっているヒロシさんが、等身大の中年男として、ひとりで生きるとは「旅をするように日々いきるということ」という心境にいたる本心を記しています。 ヒロシさんは、この本は、ひとりで生きるのがつらい世の中を憂い、ひとりで生きることから脱出する術を教えてくれている本ではないと言い切っていますが。 ひとりで生きることに悩んでいる、自信がないと思ったら、速攻手にとって読むことをおすすめします。 まるで自己啓発本のような本 とにかく主張もしっかりしているし、一人で生きていくことを真剣にとらえて、リアルに生き方を模索し私たち読者にも提案・アドバイスをしてくれています。 あのモゴモゴしゃべるヒロシさんとは思えない! 「ひとり」専門家を名乗ってもいいのではと思えるような本の内容は充実しています。 ただ、自分の好きなように、自分らしく生きてみるのも悪くないよと教えてくれます。 読みやすいわかりやすい内容 章タイトルだけみると、ほぼ専門書ぽい内容です(笑) 芸人さんが書いたとは思えない! 第一章 人間関係は流動的なものと考える 第二章 ひとりで生きられる場所に逃げる 第三章 ひとりで死ぬためのお金の話 第四章 人生がときめく、ひとりぼっちの暇つぶし 文章は押し付け的な感じはまったくありません。 読みやすいですよ。 体験をたくさん絡めてヒロシさんらしい意見を述べています。 ひとりで生きていくことにまだまだ躊躇してしまう人に対して、「こんな風に考えてみたら」、「こんな風に俺はしてみたよ」と具体例も挙げてくれます。 ヒロシさんの「ひとりで生きていく」気持ちが、ほどよく伝わってきますよ。 ひとりで生きていくという強烈なタイトルなわりに、その心意気が強く伝わってこないことが、なんだか心地よいんですよね~(笑)。 どの年代の人でも共感できる 年齢・性別は関係なく、ひとりが怖い感じるのはだれも持っている感情だと思います。 でも私自身の体験を考えてみると、一番怖かったのは学生時代。 学校という逃れられない共同生活。 普通に友達もいたし、いじめられたこともない私ですら、授業中はまだしも、休憩時間とかランチタイムとかが、なんだか息苦しいことが多くありました。 特に思春期には、男子から見られている自分が友達がいないさみしい子にみられたくないという自意識過剰状態もあり。 つらかったな~。 あの時の自分がこのヒロシさんの『ひとりで生きていく』を読んでいたら。 かなり気持ちが軽くなったと思います。 ひとり好き この本に私が心をぎゅっとつかまれたのは私も一人が好きだから。 結婚はしているし、友達もふつうにはいるけれど。 基本は一人が大好き。 特に仕事関係の人や、習い事関係など、あれこれと人間関係を作る必要性をまったく感じない人だからだと思う でも私はヒロシさんのようにそんな自分をオープンにできていないのが、とってもつらい。 だって世の中は友達が多い人ほどスゴイ、いい人、良いことのような雰囲気が蔓延しているから。 その雰囲気に立ち向かえるほど強くはない自分なんです。 なので、ヒロシさんの『ひとりで生きていく』はリスペクトできるくらい心にしみこみましたよ(笑) まとめ 自虐ネタ芸人のヒロシさんが書いた『ひとりで生きていく』は、まるで「ひとり」の意識を学んだ専門家が書いた本かと驚くほど、充実した内容の本でした。 とても読みやすいので若い学生さんでも簡単に読み切れます。 あなたの意識が一気に変わるかもしれませんよ。

次の