あんた の 番 です。 千昌夫 あんた 歌詞&動画視聴

あんたがたどこさの遊び方!ボールの使い方や歌詞の意味も紹介

あんた の 番 です

あんたがたどこさは ボールを使って1人で遊べるゲームです。 基本1人で遊ぶゲームとなりますが、2人や3人で友達と一緒に遊ぶこともできます。 正式な題名は 肥後手まり唄と言います。 他の遊びと違ってひとりでも遊べるのが特徴で、遊べば遊ぶほど毬つきが上達します。 小学生に上がりたてかその前後くらいの子供向きの遊びとなります。 ボールがつけるところならどこでも構いませんが室内だと物を壊してしまうかもしれないので基本的には外で遊びましょう。 今回はこの、あんたがたどこさの遊び方や楽しく遊ぶためのコツや、ひらがなと漢字の歌詞を2番まで紹介しますのでぜひ参考にしてください。 タイトル あんたがたどこさ カテゴリ 使う道具 利用目的 必要人数 難易度 所要時間• 集まった人数で一緒にボールをつく• 「さ」の部分で別の人にパスをする• 「さ」の部分で別の人にバウンドさせながらパスをする など複数人で遊ぶと盛り上がります。 また誰が一番続けられるか競い合ってもいいですね。 では次に、あんたがたどこさの歌詞について紹介します。 1番は歌えるけど、2番は知らないという人も多いのではないでしょうか。 今回は1番と2番の歌詞を、ひらがなと漢字でそれぞれ紹介します。 次にこちらの歌詞が作られた時代や意味についてみてみましょう。 意味 昔の童歌は、徳川埋蔵金や別の文章が隠されているなどの暗号もあると未だに研究がされています。 そんな中、「あんたがたどこさ」は歌詞に熊本が出てきますが、関東地方の童歌とする資料が残されています。 さらに歌詞は熊本弁ではなく関東方言になっているため歌で熊本のこと、熊本市船場地区を舞台として触れているだけとも言われています。 しかし、船場の部分は埼玉県川越市の仙波山のことを指していたり、狸は「徳川家康」のことを指しているかもしれないという噂もあります。 歌詞をそのまま解釈するならば、熊本の船場、もしくは埼玉県の仙波付近の子供たちがどこから来たのか訪ねている様子を表しています。 まとめ 今回は、 あんたがたどこさのルールや遊び方を紹介しました。 他にもお手玉やリズムに合わせてジャンプする遊び方もありますね。 私が小さい頃、友達がよく公園や家の前で遊んでいたのを覚えています。 男の子というより遊んでいたのは女の子の方が多かったです。 小学校から帰るとあんたがたどこさでボールをついて遊び、練習し、次の日に学校で友達とどっちが上手が勝負する。 そんな日を繰り返していました。 いい思い出です。 しかし、ひとりでも遊べるあんたがたどこさには 注意点があります。 ボールをついて遊ぶので室内はおすすめしませんが、外でも場所をきちんと選びましょう。 道路に面したところではボールが飛んでいき危険が及ぶので必ず公園や広い敷地で遊ぶようにしてください。 小さい頃に、友達が道路に飛び出して危険な目に遭っているのを何度も見ているので、遊ぶときは本当に気を付けてほしいです。 ぜひ、今回紹介した遊び方と楽しく遊ぶコツを混ぜて遊んでみてくださいね。

次の

あんたがたどこさの遊び方!ボールの使い方や歌詞の意味も紹介

あんた の 番 です

エビをかたどった船場橋の橋柱燈 あんたがたどこさ さ 肥後どこさ(もしくは「さ」) さ 熊本どこさ 船場(せんば)さ 船場山 にはがおってさ それをがで撃ってさ 煮てさ 焼いてさ 食ってさ それを木の葉でちょいと隠(かぶ)せ あまり知られていないが、もう一つある。 あんたがたどこさ 肥後さ 肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ 船場さ 船場にはえびさがおってさ それを漁師が網さで捕ってさ 煮てさ 焼いてさ 食ってさ また、九州では「それを木の葉でちょいと隠(かぶ)せ」ではなく、「うまさのさっさっさー」になっている場合が多々あり、実際、歌の舞台となっている船場橋(の停留場名としては「」の表記となっている)一帯でも「うまさのさっさっさー」の歌詞で広く伝わっているため、こちらが原型であるという説もある。 この歌詞でまりつきをする時は、歌詞の「さ」でまりをついた手とまりの間に足を通す。 また、最後の「隠せ」ではまりを袴で覆ってしゃがむ。 まりが袴から転がり出してしまったら失敗となる。 和服を着ていなければスカートで代えることができる。 ただしズボンではこれが出来ない。 異説 [ ] 「あんたがたどこさ」をのとする資料・研究が多方面からなされている。 実際、唄われている歌詞はではなく完全なである、と古くから研究者の指摘が多い。 熊本のことが触れられているだけで、熊本で生まれた童歌ではない、とする熊本の研究家も少なからずいる。 この童歌の発祥地は、()とする説である。 「あんたがたどこさ」のような「問答歌」は、から初期に生まれた手鞠歌の形式である。 史実として時に、軍が東征軍としての残党である振武隊を追ってに進駐し、城に隣接する仙波山に駐屯していた。 仙波山とは仙波古墳群のある周辺一帯の別名である(熊本には船場川はあっても船場山や仙波山という地はない)。 仙波山付近の子供たちが兵士にどこからきたのか尋ね、出身の兵士が答える様子が歌詞に描かれているという。 「肥後どこさ 熊本さ」という問答は肥後(熊本)に不案内な関東だからあり得る会話で、官軍に帰順した川越藩の子供たちが立派な銃を所持している官軍兵士のご機嫌を取っている場面が唄われている、などの説である。 川越の仙波山は、「古狸」と呼ばれた開祖のを祀る「日本三大東照宮」のひとつ、がある。 また川越城内には「」の発祥の地とされている(異説あり)もある。 これに対し、放送の『』で熊本市が取り上げられたときは、熊本市新町付近は堀が作られ、その堀を作ったときの土を盛り上げた土塁を「せんば山」と呼んでおり、そこに狸がいたことが示されている。 なお、この異説の元となっている太田信一郎『童謡を訪ねて』には、この説について「地元川越市の郷土史研究家によって明らかにされています」とのみ説明している が、その出典は明らかにされていない。 一方、川越郷土史研究家で川越市史の編纂に当たった岡村一郎は、川越でなく「熊本城下の洗馬山のほうが正しい」としている。 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]• のの上にあるの事• 岡村一郎『川越歴史新書5-川越歴史小話』川越地方史研究所刊、1973年改版、1ページより引用 関連項目 [ ] ウィキソースに の原文があります。 - 歌の舞台となったといわれる船場町の近くにある。 また、電車接近時にこの曲のインストが流れる。 - 「電線音頭」に「それを猟師が〜」以下のフレーズが使われている。 - の。 「あんたがたどこさ」のメロディが使用されている。 - 作曲の。 によるの(第29回受賞作品)。 「あんたがたどこさ」の旋律を用いて様々に変容する風のである。 この項目は、に関連した です。

次の

海援隊 あんたが大将 歌詞

あんた の 番 です

古くは女の子の手まり唄(まりつき唄)として歌われた。 遊び方は、4拍子のリズムでボールをついて、「さ」の所で足にくぐらせる。 最後の「ちょいとかぶせ」でスカート(昔は着物)でボールを隠す。 熊本市船場地区の市電船場橋駅には、親子やハガキたぬきなど様々なタヌキ像が建てられている。 親子たぬきの誕生日の2月16日には、近くの幼稚園児らを集めて毎年誕生祭も開催されているという。 挿絵:講談社「童謡画集(3)」(1958年)より 【歌詞】 あんたがたどこさ 肥後さ 肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ 船場 せんば さ 船場山には狸がおってさ それを猟師が鉄砲で撃ってさ 煮てさ 焼いてさ 食ってさ それを木の葉でちょいとかぶせ 童謡の謎:船場?仙波?狸は徳川家康? 『あんたがたどこさ』の「せんば(船場)」とは、熊本の船場地区ではなく、埼玉県川越市の仙波山を指しているのではないのか?こんな有力説が存在する。 江戸時代後期の幕末に、薩長連合軍が倒幕運動のために川越の仙波山に進行していたときのこと。 付近の子供たちがどこからきたのか尋ねる様子が歌詞に描かれているという。 川越市には「仙波山」があり、仙波山には徳川家康公を祀った仙波東照宮(せんばとうしょうぐう)が存在する。 徳川家康は「狸」の俗称で知られている。 こう考えると、「船場山には狸がおってさ」の部分は「仙波山」と歌詞を書き変えても話の筋が通ることになる。 ややこじつけ気味だが、説得力のある面白い解釈だ。 かごめ かごめ かごの中のとりは…。 懐かしく、想い出にあふれた童謡の数々。 花いちもんめ、赤い靴、赤鼻のトナカイ、ロンドン橋など、幼い頃、誰もが歌った、あの童謡に隠されていた物語を紹介。 関連ページ ゴムまり遊びで歌われる定番の手毬唄・まりつき歌まとめ 「あんたがたどこさ」、「はないちもんめ」、「おちゃらかほい」、「ずいずいずっころばし」など、日本の古いわらべうたの歌詞の意味・解釈 『あんたがたどこさ』、『げんこつやまのたぬきさん』、『こだぬきポンポ』など、タヌキに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ 動物が歌詞に登場する世界の民謡・童謡、日本の唱歌、動物に関連する歌、動物をテーマとした曲・クラシック音楽など動物別まとめ 『赤い靴』、『いぬのおまわりさん』、『サッちゃん』、『シャボン玉』など、有名な日本の民謡・童謡一覧 『炭坑節』、『黒田節』、『おてもやん』など、九州地方7県に関連する有名な民謡・童謡・祭りの歌まとめ.

次の