自転車 1km 時間。 自転車通勤可能な距離と時間の限界について

自転車通勤で10kmを走るとどれくらい時間がかかる?消費されるカロリーは?│しろくろらいど

自転車 1km 時間

あの人が痩せている、あの人が太っている。 それらには全て理由がある。 一つ目の理由は食事によるエネルギー摂取。 どれだけ普段食べているかが体型に影響するのは間違いない。 そして2つ目。 これが今回話したい 日常的な動作によるエネルギー消費だ。 どんなに食べても太れない人はそもそものエネルギー消費量が多すぎるから普通の量を食べても太れないし、食べる量を減らしていてもなかなか痩せられない人は日常的な動作が少ないからエネルギー消費ができていないのかもしれない。 このページでは、普段我々が日常的にしている、 歩行、ランニング、自転車などの動作が時間あたりどれぐらいのエネルギーを消費するのか、それを一覧にして公開する。 歩行の消費カロリーは1時間で約80〜100kcal 私たちはただ 歩いているだけでもエネルギーを消費している。 もちろんその量は本格的なスポーツと比べたら小さいものの、意外とエネルギー消費をするものだ。 下の表は時速3キロ(普通の散歩速度)で歩行した時の体重別消費カロリー目安だ。 時速3キロで歩いた時の体重別消費カロリー 運動時間 体重50kg 体重55kg 体重60kg 体重65kg 体重70kg 30分(1. 5km) 78. 75kcal 86. 625kcal 94. 5kcal 102. 375kcal 110. 25kcal 1時間(3. 0km) 157. 5kcal 173. 25kcal 189. 0kcal 204. 75kcal 220. 5kcal 1時間半(4. 5km) 236. 25kcal 259. 875kcal 283. 5kcal 307. 125kcal 330. 75kcal 2時間(6. 0km) 315. 0kcal 346. 5kcal 378. 0kcal 409. 5kcal 441. 0kcal 4時間(12. 0km) 630. 0kcal 693. 0kcal 756. 0kcal 819. 0kcal 882. 0kcal 8時間(24. 0km) 1260. 0kcal 1386. 0kcal 1512. 0kcal 1638. 0kcal 1764. 0kcal 消費カロリーはその人の体重と運動時間で変わってくる。 例えば上の表で一番軽い 体重50kgの人が30分歩いただけでは消費できるカロリーは78kcalだけだが、同じ時間でも 体重70kgの人が歩けば110kcalも消費できる。 歩く時間が長いほど消費カロリーは増える そして、歩く時間が長ければ長いほど消費できるカロリーは増えていく。 1時間歩いて200kcal消費できる人なら、 8時間歩けば1600kcalもエネルギーを消費する。 日中は外回り営業で歩き回っている人や、休日に長時間外を散歩する人は歩くだけでもかなりのカロリー消費になっていることが分かっただろうか。 ディズニーランドに行った時、 夕方ぐらいから疲れてくるのはアトラクション待ちで立っている時間と歩いている時間が長いのも一つの原因だ。 痩せ型の人が体重増量したいのになかなかウエイトアップできないなら、それは 歩きすぎも一つの原因として可能性がある。 逆に太り過ぎの人はただ歩いているだけでもこれだけエネルギー消費ができるのだから、 歩かないのは損しかない。 痩せたいなら歩かないと何も始まらないのだ。 早歩き(速歩)ならエネルギー消費が1. 4〜1. 7倍に ちなみに同じ歩行でも、歩くペースが速ければそれだけ体に負荷がかかりエネルギー消費はアップする。 早歩きの消費カロリー(体重60kg) 歩行時間 普通歩き やや早歩き 早歩き 30分 94. 5kcal 135. 135kcal 156. 87kcal 1時間 189. kcal 270. 27kcal 313. 74kcal 1時間半 283. 5kcal 405. 405kcal 470. 61kcal 2時間 378. kcal 540. 54kcal 627. 48kcal 4時間 756. kcal 1081. 08kcal 1254. 96kcal 8時間 1512. kcal 2162. 16kcal 2509. 92kcal この表は体重60kgの人が時速3km、時速5. 5km、時速6kmでそれぞれ歩いた時の消費カロリー比較だ。 同じ歩行でも早歩きの方が4割り増し〜7割り増しのペースでカロリーを消費できることが分かる。 ランニングの消費カロリー 続いてランニングをした際に消費できるカロリーの量を見る。 普通の歩行よりも早歩きの方がカロリー消費が多かったことからも想像できるように、ランニングは歩行よりもかなり大きなカロリーを消費できる。 時速6. 4キロのランニングの体重別消費カロリー 運動時間 体重50kg 体重55kg 体重60kg 体重65kg 体重70kg 30分 168. 0kcal 184. 8kcal 201. 6kcal 218. 4kcal 235. 2kcal 1時間 336. 0kcal 369. 6kcal 403. 2kcal 436. 8kcal 470. 4kcal 2時間 672. 0kcal 739. 2kcal 806. 4kcal 873. 6kcal 940. 8kcal ゆっくりペースの時速6. 4キロでランニングすると、 体重60キロの人は30分で200kcal、1時間で400kcal近くを消費できる。 普通の人は一般的に男性なら2500kcal、女性なら2000kcal1日に消費することを考えると、走ることが結構な量のカロリー消費となっていることがよく分かる。 時速8. 0キロのランニングの体重別消費カロリー 運動時間 体重50kg 体重55kg 体重60kg 体重65kg 体重70kg 30分 217. 875kcal 239. 6625kcal 261. 45kcal 283. 2375kcal 305. 025kcal 1時間 435. 75kcal 479. 325kcal 522. 9kcal 566. 475kcal 610. 05kcal 2時間 871. 5kcal 958. 65kcal 1045. 8kcal 1132. 95kcal 1220. 1kcal 時速8キロの場合はさらに消費量が増える。 4キロの時よりも3割りほどカロリー消費が増す。 時速9. 7キロのランニングの体重別消費カロリー 運動時間 体重50kg 体重55kg 体重60kg 体重65kg 体重70kg 30分 257. 25kcal 282. 975kcal 308. 7kcal 334. 425kcal 360. 15kcal 1時間 514. 5kcal 565. 95kcal 617. 4kcal 668. 85kcal 720. 3kcal 2時間 1029kcal 1131. 9kcal 1234. 8kcal 1337. 7kcal 1440. 6kcal 少し早めの時速9. 7キロだと30分での消費カロリーは約300kcal(体重60kgの場合)。 このスピードだと長時間の運動は持たないかもしれないが、30分だけでも集中すれば300キロカロリーの消費ができるのだ。 自転車の消費カロリー 最後に見るのが自転車の消費カロリー。 今回は普通の速度(時速8. 9km)とやや速めの速度(時速15. 1km)の2つを見ていく。 時速8. 9キロの自転車の体重別消費カロリー 運動時間 体重50kg 体重55kg 体重60kg 体重65kg 体重70kg 30分 91. 875kcal 101. 0625kcal 110. 25kcal 119. 4375kcal 128. 625kcal 1時間 183. 75kcal 202. 125kcal 220. 5kcal 238. 875kcal 257. 25kcal 2時間 367. 5kcal 404. 25kcal 441. kcal 477. 75kcal 514. 5kcal ゆっくり目のペースで自転車を漕いで消費できるカロリーはこの通り。 ランニングと比べると時間あたりのエネルギー消費量が少ないのが分かる。 例:体重60kgの人が1時間ランニング(時速6. 1キロの自転車の体重別消費カロリー 運動時間 体重50kg 体重55kg 体重60kg 体重65kg 体重70kg 30分 152. 25kcal 167. 475kcal 182. 7kcal 197. 925kcal 213. 15kcal 1時間 304. 5kcal 334. 95kcal 365. 4kcal 395. 85kcal 426. 3kcal 2時間 609kcal 669. 9kcal 730. 8kcal 791. 7kcal 852. 6kcal 自転車の時速を約15キロまで上げると、消費カロリーは先ほどの1. 6倍ほどに増える。 もちろん公道を走る場合は信号があるのでこの通りにはいかないが、自転車でもそれなりにカロリーが消費できることが分かった。 自転車のカロリー消費をまとめると、速度こそランニングよりスピードが出るものの、消費カロリーの面ではランニングには及ばない。 やはり、カロリーを消費するには身体的な負荷が必要となるのだ。 消費カロリーの計算式 ここまで見てきた歩行・ランニング・自転車の体重別消費カロリー。 上の表に掲載していたのは50キロ、55キロのように5キロ刻みの大まかな体重だったが、自分自身の体重ぴったりで計算したい時に便利なのが次の数式だ。

次の

いつもの通勤を自転車通勤!10km通うのにかかる所要時間は?

自転車 1km 時間

つまらない質問でスミマセン。 自宅から約2kmくらい離れた場所でのバイト募集を見つけて、どうしようか検討中なのですが、 バスや電車で行くよりも、自転車の方が近そうな感じです。 近くにバス停はないし(バスのルートからは少し外れた場所)、最寄駅としてA駅・B駅の2つがあるのですが ・A駅は自宅最寄駅から1駅、でもそこから徒歩25分(送迎なし) ・B駅は自宅最寄駅から乗り換え2回(3つの路線を1駅ずつ乗ることになる)、そこから徒歩12~3分 という状況です。 (バイトの場所は自宅最寄駅とは反対方向) 極端な坂道がなく、普通の道で約2kmだと、自転車で普通に漕いで何分くらいかかるでしょうか? でも、自転車だと雨の日が困っちゃいますよね^^; ちなみにカテ違いの質問で申し訳ありませんが、通勤がこの条件だったら皆さんは応募しますか? (交通費ナシですが時給・勤務日数の条件は悪くないです。 仕事的には同様の仕事は探せば他にもありそうですが・・・迷ってます^^;) 5です。 女性とは知らず失礼しました。 でも、bakuinは2キロ位(失礼ご容赦ヲ)歩いていただきたい。 その方が体に絶対良いし…と思うんですが。 小生62才ですが毎週2回程度10キロをランニングマシーンで走っています。 その他にプールを500メートルぐらい。 自慢しているんでは無いですよ。 年寄りの冷や水的にお感じになるかも知れませんが、小生は超運動音痴な筋肉の持ち主で左足のアキレス腱を切っています。 でも、2キロなら、15分掛かりませんネエ。 昭和19年生まれは、最悪の栄養状態で育っているので筋肉が本当に弱いんです。 そんなおジンに負けないでください。 申し上げたいのは、2キロは小生の子供の頃は学校にも行き着かない距離です。 お気を悪くなさらないでください。 やめようと思いましたが貴女の健康のためにm -- m。 No6のaoi35です。 >通勤がこの条件だったら皆さんは応募しますか? コレに答えるのを忘れていましたので戻って着ました! 私は2駅先の会社に勤めてますが 天気の良い日は自転車で天気が悪い日やシンドイ日は 電車です、電車と言っても定期を買うと自転車通勤の 時にムダになりますので回数券を買っています、 >仕事的には同様の仕事は探せば他にもありそうです、 私の事で恐縮ですが、仕事場の側に住むのも良いですが でも私はあえてしません、仕事先が自宅と近所だと そのエリア内での日常生活になってしまい退屈です 仕事帰りに何処かによったりブラブラしたり、 わざと遠回りしてみたりしています。 でも徒歩25分はキツイよね。 毎日だと、、 焦らずにゆっくりと考えてみてね。 片道6. 5kmですか!スゴイですね。 それに比べれば確かに2kmは近所ですね^^ 坂道などは無さそうなのですが、自宅を出てしばらくは人通りの多い道を人の流れに逆行して走ることになる(駅と反対方向に向かうので)と思うので、 朝はちょっとストレス溜まるかもしれません^^; 加えて自転車の運転にあまり自信がない(ほとんど乗ったことなくて・・・でも一応普通には乗れますけど)ので、 ゆっくり走って10~12、3分といった感じでしょうか。 自転車で10分ちょっとなら遠く感じないのですが、徒歩で25~30分となるとものすごく遠く感じてしまうのは私だけでしょうか^^; ところで雨の日も自転車で通勤なさっているのですか?.

次の

徒歩20分って、自転車で何分くらい?時間換算したいならコレ!

自転車 1km 時間

クロスバイクやロードバイクに乗る前は、自転車に乗って移動する距離と言えばせいぜい片道10km以内くらいの感覚でした。 ところが、クロスバイクやロードバイクが普通の自転車とは全く違う乗り物であることに気が付くと、片道30km〜50kmくらい(人によっては100km以上も!)の場所であれば「自転車で行こうかなぁ」と思うようになります。 そんなわけで、どこかへ出かける用事があったりすると、Googleマップなんかを見て、自転車で行ける場所かどうかを調べたりするのが当たり前になったりします。 今まで電車でしか行ったことがなかった場所も、調べてみると自転車の方が遥かに早く辿り着けるなんてことを発見をしてしまうと、ますます自転車が楽しくなり、いろいろな場所へと行ってみたくなるのです。 さて「自転車でいろんな場所へ行ってみよう」と思った時に、気になるのが所要時間です。 地図を見る限り行けそうなのは判るけど、一体どれくらいの時間が掛かるかが判らない・・・。 ってことで、僕自身の経験や、身の回りの自転車愛好家達の話などを参考に、 自転車で出かける際の距離と所要時間の目安についてまとめてみます。 Contents• 平均速度からは所要時間は計算できない さて、僕の自宅から職場までの距離がザックリで26kmくらいです。 僕の場合、電車を使って通勤すると約1時間なので、自転車でもう一踏ん張り速く走ることができれば電車通勤をするよりも速くなる!とついつい期待してしまいます。 電車通勤をやめて自転車通勤に切り替えられるかどうかは、電車通勤よりも早く辿り付けることが条件だったりするので、僕にとって1時間を切るか切らないかというのは非常に大きなポイントなのです。 ところがどっこい、現実はそんなに甘くはありません。 26kmの距離を走るのに実際に掛かる時間は約1時間50分で、1時間を切るどころか、あわや2時間台に突入してしまいそうな感じです。 実際の所要時間は平均時速から計算した所要時間とは大きく異る結果になってしまうのです。 要するにノンストップで26km走れば1時間ちょっとで到着できますが、途中で信号待ちなどで時間をロスしてしまうため2時間近く掛かるというわけです。 例えば僕の場合、自宅から職場までの間に交差点は50箇所ほど、信号機はもっと沢山あります。 仮に半分の信号に引っ掛かり、それぞれ1分待つ必要があれば、それだけで30分程度はロスしてしまうことになります。 なので、平均速度からは所要時間を算出するのが難しく、 走行する場所の道路事情に大きく左右されてしまうというのが実際のところです。 自転車で出かける際の距離と所要時間の目安 クロスバイクやロードバイクなどの自転車で出かける際の距離と所要時間の目安は交通環境や個々人の速さでも変わると思いますが、概ね以下のような感じになります。 市街地を走る場合の1つの目安として 1kmで4分と思っておくと大きなズレは無いと思います。 また速く走れない理由のほとんどは信号が理由なので、もの凄く速い人でも、貪脚の人でも市街地の場合は所要時間にほとんど差が出なくなります。 実際に走る速さよりも、信号に引っ掛かるか引っ掛からないかの方が時間に大きく影響するというわけです。 信号の間隔も市街地ほど短くなく、上手く行けば数キロくらいはノンストップで走れるイメージです。 市街地に比べてスムーズに走り続けられるので、平均時速から計算した所要時間の差も小さくなります。 速い人だと100kmを4時間を切るようなスピードで走ってしまうようですが、普通の人が無理の無い速さで走ったとするなら 100kmで6時間くらいが1つの目安になるんじゃないかと思います。 自転車で出かける際の距離と所要時間の目安まとめ 乗り物と速度は切っても切り離せない話題で、誰しもが興味のあるところだと思います。 クロスバイクやロードバイクなどの自転車の場合は、1つの目安として、 1kmで3分、15kmで1時間、100kmで6時間あたりが頭に入っていると、どこかへ自転車で出かける際の、平均的な所要時間の目安として使えるのではと思います。

次の