法務 仕事。 法務教官の仕事内容・なり方・給料・資格など

【法務教官について】仕事内容ややりがい、向いている人などをご紹介

法務 仕事

法務とは、「法律」に関係する全てを対応する仕事であるため、実際の業務も多岐に渡ります。 また、企業によっては 法務部など部署として独立しているケースと、 総務部の中に含まれるケースがあります。 また、特許契約など技術分野の専門性が求められる契約を扱う場合は、その分野のみ知的財産部にて扱う企業もあります。 また、法務の仕事の中で大きなウエイトを占めるのが、 契約法務です。 企業と企業、企業と個人など、契約が発生する際の契約書の作成、レビュー(審査)、改定などを行うのは法務の主な仕事。 企業によっては、大きな新規契約が締結される際に法務担当も同行し、契約内容が法的に問題ないかその場で確認しながら進めるケースも増えています。 契約法務のほかには、訴訟対応、法律が変わった際に行う社員向けの教育研修、コンプライアンス対応などの業務があり、 社内外と接点を持ちながら幅広い仕事に携われるのも、法務職の魅力です。 コンプライアンス対応に関しては、金融業界では特に重視されており、法務部とは別にコンプライアンス部が設置されている企業もあります。 「法律」に関するさまざまな業務を行う法務職。 一体、どのような知識・経験を持った人であればなることができるのでしょうか。 法務職には通常、大学時代に法学部で法律を学んだ方や、法科大学院で司法試験を目指して勉強していた方など、何らか法律の知識を持っている方が就かれることが多いです。 しかし、企業によっては新卒で全くの未経験から法務職に配属になるというケースもあります。 その場合は実務経験を積みながら法律を学び、キャリアを積まれている方がほとんどです。 法律の知識が求められる法務の仕事ですが、持っていると仕事に生かせる、または転職の際に有利と言われる資格があります。 今回は、その中でも特に注目度の高い資格を3つご紹介します。 したがって、弁護士資格を有していると、企業の法務部に転職する際には大変有利です。 また、弁護士登録の費用や、継続した学びの費用を会社が負担してくれるケースもあり、入社後も研鑽を重ねながらスキルを積んでいくことが可能です。 実務に即した検定内容のため、法律や法務の業務に関する知識やスキル、自身の即戦力性をアピールするのに有効な資格となっています。 不動産業界では特に重宝される傾向にあります。 この3つは、あなたが法律の専門性を有している証明となりますので、持っている場合はぜひ履歴書や職務経歴書、面接の自己PRなどでアピールしましょう。 持っていない方は、キャリアの幅を広げる1つのきっかけとなりますので、ぜひチャレンジしてみてください。 グローバル化が進み、英語力を必須として求める企業が増えてきている中、法務の仕事における英語の必要性についてお話します。 最近では、外資系企業のみならず、日系企業でも海外進出や海外企業との契約が増えてきているため、法務の仕事においても英語力を求められるケースは増えてきています。 求められる英語の語学力は、法務の場合は読み書きがメインとなりますが、契約の場に同行する機会や海外企業との契約が多い企業の場合は、会話力を含めビジネス会話レベルの高い英語力が求められることもあります。 外資系企業では、社内に外国人が多く在籍し、業務の中で日常的に英語を使用する場合もあります。 日系企業では、海外企業との契約が生じた際など、業務上英語でやり取りする機会は限られていますが、国際社会・企業のグローバル化といった時代の流れに乗り遅れないようにするためには、英語ができるに越したことはありません。 どちらの企業で働くにしても、英語力があった方が仕事の幅が広がり、国内契約のみならず国際契約、国際法務などに携わるチャンスも得やすくなります。 また、転職活動において英語力をアピールする場合は、TOEICや英検など、公的な試験でビジネスレベルと言われる点数・級をクリアしておくのもおすすめです。 これから試験を受ける方は、 TOEICの場合は700点を目安に、 英検の場合は準1級を目指して試験に臨むと良いでしょう。 既に上記のスコア・資格をお持ちの方は、TOEIC800点以上を獲得することで、国際法務や海外契約の実務レベルに値する英語力を裏付けることができます。 高みを目指すことで、ご自身のキャリアの幅をさらに広げられますので、キャリアアップしたい方にはおすすめです。 法務の仕事をしている方は、弁護士やビジネス実務法務検定の資格があるに越したことはありませんが、資格さえあれば転職が成功するというものでもありません。 ここからは、法務経験者が中途採用の転職活動を行う際に アピールすべきポイントをお伝えします。 まず書類選考を突破するために大切なことは、 職務経歴書をしっかりと作り込むこと。 応募する企業の求人票や募集要項などから職務内容を確認し、今までの仕事で積んできた経験と同じ、もしくは近しいものがあれば、同じキーワードを用いながら、自分の業務経験を詳しく書いていきましょう。 同じキーワードを使うことで、書類選考を行う採用担当者の目を引きやすく、即戦力性をアピールできます。 また、法務部の場合、契約書などの書類を正確に作成する能力も大切ですが、それと同程度求められているのが コミュニケーション能力です。 社内外問わず、人と折衝して仕事を進めるような業務を行っていた方はその内容と、課題に対してどのようにアプローチし、どのようにコミュニケーションを取ることで解決に導いたのか、具体例を自己PRなどに盛り込んでいただくと、評価につながりやすくなります。 面接においても書類同様、応募している企業に近い経験や求められる法律の専門性を有していることを伝え、 即戦力人材であることをアピールしましょう。 それに加え、今後チャレンジしたい仕事や取り組んでみたい業務があれば、挑戦したい旨や前向きな意欲を伝えることも大切です。 「できること」と「やりたいこと」の両方があって、初めて熱意のある志望理由となりますので、応募書類を作成する際には、その2点が入っているかどうかをぜひチェックし、抜け漏れがないようにしましょう。 法務の仕事は、経験者採用の場合、法律の知識があることが前提となるため、資格を取ることもキャリアアップの方法のひとつです。 しかし、知識以上に 実務経験を積み、できる仕事の幅を広げていくことも必要とされています。 会社の状況も法律も、常に変化していくものですので、変化に柔軟に対応し、現場のニーズに即した実務経験を積み続けることは、次へのキャリアにつながります。 法務は、他の職種と比較してステップアップの仕方が明確ですので、例えば、「契約書作成の経験を生かして、対応できる契約書の範囲や種類を広げたい」と転職を実現される方や、「より現場に近い場所で、契約分野だけでなく訴訟など幅広い経験を積みたい」という方、「英語力を生かして国際法務に携わりたい」という方など、キャリアアップの方向性は人それぞれです。 また、転職先で積むことのできる実務経験は、企業の現在のフェーズや業界内での立ち位置、今後着手する予定の新規事業などによっても変わってきますので、 企業情報をしっかりと集めた上で転職活動を行う必要があります。 パソナキャリアでは、転職を希望される方々のキャリアを個別に紐解き、今後のキャリアプランを一緒に考えた上で、求人案件をご紹介することが可能です。 企業から直接求人をいただいており、個人では調べられないような詳細な企業情報も豊富に有しています。 応募企業を検討したり志望動機を考えたりする際には、参考となる情報も提供可能です。 応募書類の添削や模擬面接も個別に実施しておりますので、法務職で転職を希望されるあなたにとってプラスとなるよう、最大限に活用していただければと思います。

次の

法務部の仕事はきついのか?ワーク・ライフ・バランスをとることは可能?

法務 仕事

近年、コンプライアンスの重要性の高まりや急速に進む企業のグローバル化を受けて、法務部門を強化する企業が増えています。 社内外のあらゆる法律に関わる問題・課題について対処していくのが法務部門の役割です。 そんな法務部門での仕事内容や必要な能力・スキル、キャリアパスについて探っていきます。 企業の法務部ってどんなところ? 法務部は企業の事務・管理部門のひとつ。 「企業法務」と言うと、「お堅いイメージ」「なんだか難しいことをしていそう」などの印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。 では、法務部とはどんなところなのか、探っていきましょう。 最近の法務部の動向について把握しておこう 法務部とは、すべての企業の活動にまつわる法律関係について適切に把握した上で様々な処理を行う部門のことを言います。 法務部では、トラブルを未然に防止し、実際に起こってしまった問題に対しては関係する法律を駆使しながら適切に法的処理をしています。 法務部を設置する会社が増えている! 法務部門を設置する会社の数は全体的に増加傾向にあります。 商事法務研究会が会員企業に対して行った調査では、法務部の設置数は2000年には部レベルが27. 法務担当者も増員させる傾向 また、すべての業種で、専門部署を置くだけではなく法務担当者自体を増員させる動きも見られます。 同会による調査では、2005年は法務担当者が6,530名いたのに対し、2015年の調査では7,749名まで増加しました。 平均人員も2005年に6. 7名であったのが2015年には8. 8名まで増えています。 特に規模の大きな会社での部レベルでの増員が顕著です。 法務部門での採用傾向はどうなっている? 増加の一途をたどる法務部門ですが、法務部門が採用されるのはどんな人物なのでしょうか。 法務部門の採用傾向について探ってみましょう。 即戦力性が求められている 法務部で採用される人材は、教育コストがなるべくかからないような法務部門の実務経験者であることが特徴です。 求められる経験年数は最低3年以上で、他部署との交流経験もあるとよいでしょう。 優秀な人材が見つからなければ他部門から異動させる場合もあります。 法科大学院修了生も人気 企業規模や法務部門の規模が大きい会社では、弁護士や法科大学院修了生の採用も拡大傾向にあること。 商事法務研究会の調査によると、2015年の時点で211社の企業に法科大学院修了生合計350名が在籍していることがわかっています。 企業法務の仕事内容とは? 法律知識に精通したプロ集団である法務部では、どのような業務を行うのでしょうか?今度は法務部門での具体的な仕事内容について見ていくことにしましょう。 企業法務の仕事の種類 一口に「企業法務」と言っても、その仕事内容は次の5つに分かれます。 契約・取引法務• 組織法務• コンプライアンス法務• 紛争対応法務• 国際法務 契約・取引法務 取引先と結ぶ売買契約や秘密保持契約、業務委託契約などについて契約書を作成したりチェックしたりする業務のことを指します。 国内契約のみならず、海外の企業との契約内容についてもチェックを担当します。 商事法務 定期開催される株主総会や取締役会・監査役会などの運営、株式発行・分割、定款の変更、子会社の設立などを担います。 コンプライアンス法務 社内のガイドラインやマニュアルの作成、社員の法務教育研修や社内の法律相談窓口・社内通報窓口などの業務を行います。 紛争対応法務 企業同士も裁判になることが多々あります。 企業が何らかの法的責任を問われたり、逆に他者をなんらかの問題で訴える際、弁護士とともに訴訟や交渉に対応するします。 国際法務 海外での現地法人の設立、撤退、買収、国際交渉などをメインに担当します。 海外企業の買収では現地の法律事情についてリサーチを行うこともあります。 企業法務がたどってきた歴史を知る 企業法務を別の側面から見てみましょう。 法務部門が求められる役割が変わるにつれて、業務内容も変化してきました。 時代の移り変わりとともに変化していった法務部門の役割について変遷を辿ります。 年代 ステータス 解説 ~1990年 臨床法務 1990年以前は、不祥事を起こした後に顧問弁護士と協力して訴訟に向けた対応に関する業務が主流でした。 つまり、問題が起こった時にそれを解決しようとする「臨床法務(治療法務)」が法務部門の役割だったと言えます。 1990年台 予防法務 1990年代以降、銀行や証券会社の不祥事が相次ぎ、「コンプライアンス」という言葉が頻繁に登場するようになりました。 企業の経済活動が多様化する昨今では、法的問題や不祥事を未然に防ぐための「予防法務」の重要性がますます高まっています。 また、海外事業を拡大する企業も増加し、グローバル化がますます進んでいます。 そんな中、経営上の重要な意思決定に対して法務部門が積極的に関与する「戦略法務」の役割が重要視されるようになってきました。 企業法務部ではこんな人物を求めている! 企業のグローバル化が進み、国内業務・海外業務を問わずますます役割が大きくなる企業法務部ですが、そこで働くために必要な能力・スキルは何でしょうか。 企業法務の仕事で必要な能力とは 企業法務では、自分の部門だけにとどまらず、他部署と連携しながら、時には弁護士と協力しながら仕事を進める必要があります。 企業法務の仕事で求められるのは法律の知識だけではありません。 コミュニケーション能力• ビジネスを推進する能力• 英語力・文書作成能力 1. コミュニケーション能力 企業法務担当者には、社内外の人たちと折衝したり利害を調整したりする役割があります。 そのため、コミュニケーション能力やバランス感覚のある人が最も求められると言えるでしょう。 商事法務研究会の調査によると、「採用時に重視する能力」の内「コミュニケーション能力」が新卒・中途採用(経験者・未経験者含む)ともに第1位となっています。 ビジネスを推進する能力 業界の知識や商習慣などに精通していることや会社のビジネスを推進するための発想力やセンスが求められます。 法律の解釈ができるだけでなく、現実的な観点からその解釈を自社のビジネスに当てはめるとどうなるのかを考える能力が必要です。 英語力・文書作成能力 近年では国際取引が増加していることから、英文契約書を読み解くことができるだけの英語力が問われることが増えています。 その他、ウェブや文献でのリサーチ能力や文書作成能力も企業法務で求められる能力です。 企業の法務部でのキャリアパス 法務部員として企業に入社して経験を積むと、どのようにキャリアアップしていくのでしょうか。 法務部でのキャリアパスについて見てみましょう。 最初はスタッフとして 法務部に配属されて間もないうちは、契約書の雛形に基づいて契約書作成業務を行います。 法務部での仕事に慣れてきたら契約書の内容チェックや他部門からの法律相談、顧問弁護士との調整業務についても担当するようになります。 リーダークラスになると… 経験を積んでリーダークラスになると、事業部門とともに取引先に出向いて契約交渉などに参加し、契約内容の説明や法律に関する問い合わせ対応などを行います。 弁護士とともに訴訟業務・紛争処理にあたるのもリーダーの仕事です。 部長クラスになると さらに昇進して部長クラスになると、重要課題について経営部門にアドバイスを行ったり、弁護士の協力を得て会社を代表して紛争処理に関わります。 最近では、企業の不祥事が増加していることを受けて、法務担当者やコンプライアンス担当者を役員クラスに置く企業が増えています。 企業法務部の採用、未経験でもぜひチャレンジを! 今まであまりよく知られていなかった企業法務の実態が少しは見えてきたでしょうか。 法務部では経験者採用がメインとなっているものの、業界知識やコミュニケーション能力に長けていれば未経験者にも道は開かれています。 実務経験がなくても、企業法務に興味のある方は一度求人に応募してみてはいかがでしょうか。 こちらも読まれています.

次の

法務職ってどんな仕事をしているの?給料、関連資格など徹底解説!

法務 仕事

関連相談• 法務の仕事内容一覧 法務の仕事は多岐にわたり、また関係する相手方も官公庁、取引先、顧客、従業員など多様ですが、大きく次のように分けられます。 契約・取引法務 契約・取引法務の関係者は主に取引先になります。 企業活動においては、社外の取引先と売買契約など様々な取引が行われます。 その際、法務の担当者が、契約書を作成し法的に問題がないかチェックを行います。 また自社の特許や著作権を保全するとともに社外との取引で活用することもあります。 企業のグローバル化に伴い海外企業との取引も重要になってきています。 機関法務・組織法務 機関法務・組織法務は、株主総会や取締役会の運営、株式の発行や子会社の設立など、企業の運営にかかわる重要な仕事です。 株主や企業の経営陣が企業の運営方針を決定し実行する際に、必要な法的手続きを担当します。 コンプライアンス・社内規定 コンプライアンス・社内規定の関係者は主に従業員になります。 「法令・企業倫理の遵守」をいかに従業員に浸透させるかが、重要になります。 そのために社内ルールやマニュアルの作成、社内研修の実施、相談窓口の設置やコンプライアンス違反がないようにチェック・統括する部署を作る組織改正など、様々な取り組みを行うのも法務の仕事となります。 紛争対応法務 紛争対応法務の関係者は主に取引企業、ライバル企業や顧客なります。 取引企業との契約上のトラブルや特許や商標に関するライバル企業との紛争、顧客からのクレーム等に対する法的対応も法務の仕事です。 場合によっては、訴訟対応を行うこともあります。 関連相談• 法務の仕事に向いている人の特徴 ここからは、法務に向いている人の特徴と重要なスキルを説明していきたいと思います。 法律の知識と思考回路 当然のことながら、国内外の法律や相手方との契約合意に基づいて行われる必要がありますから、法務職種の人材は法律的な見地から営業部隊を支える役割を担っています。 事実、大手企業の法務部には弁護士が常駐していますし、法務部員の多くも大学・大学院で法務部に在籍し、法律の知識と法律的な思考回路を磨いてきた人材を多く配置しています。 また、法律や商慣習は時々刻々と変化するものですから、都度情報をアップデートできるよう、アンテナを高く張っておくことも求められます。 コミュニケーションスキル 企業の法務活動は、目的ではなく手段です。 すなわち、事業部があってこその法務部だということです。 事業部が推進したい事業の主旨・戦略を理解した上で、最も有効な契約内容を示唆し導く役割を期待されていますから、事業部との間で効率的なコミュニケーションを取ることが必要不可欠です。 事業部の意図、相手方との交渉状況を適切に理解し、法律的見地からフィードバックするためには、高いコミュニケーションスキルが必要になります。 事業部から高い評価を得る法務職種担当者は、法律に詳しい人ではなく、コミュニケーションを効果的にリードしてくれる人であることも珍しくありません。 論理的に物事を判断できる 法務の仕事では、様々な形式で書かれた契約書が法律に適っているかをいろいろな角度から分析し、総合的に判断することが求められます。 日頃から、知識や情報分析によって論理的な結論を導き出す習慣のある人は法務向きと言えます。 変化への対応力がある ITの進化、経済のグローバル化、働き方改革など、企業を取り巻く環境が様々な分野で変化し、変化に合わせて法令も改正されます。 法務の仕事でも、法令の改正に合わせて社内ルールや取引関係の見直し等の対応が必要となります。 情報に敏感で、環境の変化に対してスピード感をもって対応できる人材が求められています。 関連相談• 法務の仕事で活躍するために必要な能力 ここからは、法務の仕事で活躍するために必要な能力について解説します。 求められる課題解決能力 法務の仕事は、法律上の制約から企業活動をセーブする側面があります。 例えば、企業が新規出店で業容を拡大したいと望んでも、出店規制に抵触する恐れがあり法務がストップをかけるケースです。 このような場面で、出店規制を避ける方法を提案することができれば、企業利益に貢献することができます。 法務の担当者には、法律の専門家として課題解決に寄与することが求められています。 バランス感覚は必須 法令遵守と企業利益は相反する場合もあります。 企業利益のために法令違反を見逃すことは本末転倒で、最終的には企業に大きな被害を与えることになります。 法令の範囲内で企業利益の最大化を目指すバランス感覚を持つことが必須です。 関連相談• 法務の仕事で役立つ資格一覧 法務の仕事で役立つ資格は、司法試験、司法書士のように取得に何年もかかるものもあります。 しかし、数ヶ月から1年位の勉強で取得可能なものもありあす。 ビジネス実務法務検定2級 東京商工会議所が実施する検定試験で、1級から3級まであります。 検定内容は「企業活動に関連する法律についての知識」で、2級以上取得できれば一定の評価が得られます。 ビジネスコンプライアンス検定 サーティファイ・コンプライアンス検定委員会が実施する検定試験で、初級と上級があります。 上級の合格率は25%程度で、難易度はビジネス実務法務検定2級くらいです。 コンプライアンス担当者向けに、ビジネスにおけるコンプライアンスの価値判断基準や対応を問う試験です。 上記のような資格を取得しスキルアップアップすれば、仕事の幅が広がり大きな仕事にチャレンジできる可能性も高まります。 法務のキャリアプランとは 法務部署で管理職に昇進 企業内で、法務のプロフェッショナルとしてキャリアを積み、昇進していくキャリアパスです。 前述の通り、法務という職種は専門性が高い職種であるため、人事ローテーションを好む日本企業であっても、一貫して法務畑を歩むキャリアが珍しくありません。 営業部署に転出し昇進 前項とは対照的に、営業部、開発部などの社内の部署へ転出して、法務の知識・経験を現場で活かすキャリアパスです。 全ての事業活動は最終的には法律に関係してきますので、ここでしっかりとした結果を残すことは、昇進していくためには大切な局面です。 一方で、外国の企業の場合、その専門性の高さから、法務の職種はプロフェッショナルと認識されており、キャリアを通じて法務職種を全うする人材も少なくありません。

次の