センシティブ な 内容 が 含ま れ て いる twitter。 Twitter 「センシティブな内容」ってなに!?

【Twitter】「このモーメントはセンシティブ(不適切)な内容が含まれている可能性が…」

センシティブ な 内容 が 含ま れ て いる twitter

センシティブの基準は何か では何がセンシティブで何がセンシティブではないのか、確認していきましょう。 Twitterによるとセンシティブな内容とは• 写実的な暴力表現• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 と明言されています。 上記いずれかに該当し、センシティブ認定された画像については、 画像が表示される前に警告メッセージが出ます。 ただ何がひっかかるかはTwitterのさじ加減的なところもあるので、開いてみたら普通じゃん、といったケースも多々あるようです。 しかし、実際にこれマズいんじゃないのというものもしっかりフィルターにかかっているので、うっかり開いてオーマイガー!!なんてことにならないよう注意しましょう。 センシティブな内容の画像・動画を非表示にしよう このセンシティブな画像は、お好みで表示にも非表示にもできます。 まずは非表示の仕方からみていきましょう。 非表示にする方法-ブラウザ版 こちらはログインしてから行いましょう。 歯車マークから設定画面を開き、プライバシーとセキュリティへ進みます。 その後、セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外しましょう。 これでTwitterがセンシティブ認定した画像・動画、それを含んだツイート、リツイートは表示されません。 非表示にする方法-スマホ版 次にスマホ版ですね。 アプリを開いて、• アイコンメニューの設定とプライバシーをタップ• プライバシーとセキュリティをタップ• セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外す これで設定は完了です。 ちなみに iPhoneの場合、なぜかアプリではセキュリティチェックはずしができないので、Safariなどのブラウザから行う必要があります。 お近くのノジマ店舗を検索いただけます 逆にセンシティブな画像・動画を表示してみる 逆にセンシティブな画像・動画を表示したいなら、設定を変える必要があります。 パソコンで表示させる パソコンで表示させる場合、警告メッセージが出たらそれを 無視して「表示する」をクリックすればOKです。 今後もセンシティブな画像を閲覧できるようにしたい場合は、警告メッセージにある「設定を変更」をクリックします。 これでセンシティブなものが閲覧できるようになります。 Androidで表示させる Android版の設定変更は基本的にはパソコン版と同じです。 ただ、 最新のバージョンにアップデートしておく必要があります。 iPhoneで表示させる iPhoneも基本的にはAndroidと同じです。 ただ例によってアプリでは設定までできませんので、 Safariなどのブラウザを使って設定を変えなくてはなりません。 ブラウザ版でのログインが必要なので、若干メンドクサイですかね。 センシティブ認定以上にセンシティブなものが表示されたら 仕方ないことではありますが、Twitterが考える「センシティブ」を超えた画像や動画が表示されるケースがたまにあります。 もちろん見たくはないので、非表示にしたいところですが、なにせセンシティブに引っかかってこないため、非表示にすらできないケースもあります。 そんなときの 対処法として、「通報」があります。 この通報は、いわゆるTwitterの運営側がユーザーから集めた情報で、センシティブな投稿を見つけ出すようなものです。 ユーザーが直接モノ申すことができるわけですね。 通報は、通報したいツイートの右上のあるVのマークをタップし、「ツイートの報告」を開きます。 そこから「センシティブな画像を表示している」をタップすればOKです。 また通報した後、そのツイートをしたアカウントをブロックかまたはミュートする設定が行えます。 ミュートとはフォロー解除やブロックを行わずに、特定のアカウントのツイートがタイムラインに表示されないようできる機能です。 ミュートしたことは相手にはわからないので安心です。 またミュートはいつでも解除できます。 ミュート設定について詳しく 先ほども言いましたが、ミュートというのはフォローの解除やブロックではなく、特定アカウントのツイートがタイムラインに出ないようにするための、第三の方法です。 ミュートされたことは相手にはわからない上に、いつでも解除できるのでラクちん。 ミュート済みのリストを表示することもできます。 ミュートの詳細について ミュートにはいくつか覚えておくべきポイントがありますので紹介します。 まず、ミュートしているアカウントでも自分をフォローできる上、自分もミュートしているアカウントをフォローできます。 なんとも奇妙ですが、できるらしいです。 そしてここポイントかも。 ミュートしているアカウントからもダイレクトメッセージが届きますが、プッシュ通知やショートメール通知は届きません。 いちいち通知が届かないので、ウザくなくてよいかも!? フォロー中のアカウントをミュートするとどうなる? フォロー中のアカウントをミュートした場合、そのアカウントからの返信、 ツイートは [通知] タブに表示されます。 それと、ミュートする以前にミュートしたアカウントから送信されたツイートは、ホームタイムラインには表示されなくなります。 そして会話をクリックかタップしたときには、ミュートしているアカウントの返信は表示されます。 フォローしていないアカウントをミュートするとどうなる? フォロー中のアカウントをミュートした場合とは違い、• そのアカウントからの返信や ツイートは [通知] タブに表示されない• 会話をタップしてもミュートしているアカウントの返信は表示されない• ミュートしていないアカウントが、ミュートしているアカウントのコメントをリツイートしたとき、そのツイートは表示されない。 という仕様になっています。 ミュートする方法 <ツイートからミュート>• ツイートの アイコンをクリック• [ミュート] をクリック <プロフィールからミュート>• ミュートするアカウントのプロフィールページに移動• メニューのアイコン…をクリック• オプションのリストから [ミュート] を選ぶ ミュート解除の方法 まず、ミュートしているアカウントのプロフィールに移動します。 ブラウザページの場合は、ミュートアイコンをクリックしてミュートを解除します。 アプリの場合は、[このアカウントのツイートをミュートしています] の隣にある [ミュートを解除] をタップします。 ブロックの機能もおさらい ブロックはミュートとは違い、別のアカウントとのやり取りをコントロールする機能です。 その意味ではミュートよりも厚い盾のようなもので、特定アカウントから連絡が来る、ツイートが見られる、フォローされるのを文字通り、「ブロック」してくれます。 ブロックの詳細 公式サイトからかいつまんでまとめてみましょう。 ブロックしたアカウントはあなたをフォローできない、あなたもそのアカウントをフォローできない• フォロー中のアカウントをブロックすると、フォローが解除される。 相手が自分をフォローしていた場合、相手もフォローが解除される• ブロックした通知は相手に行かないが、相手があなたのプロフィールを見るとブロックされていることがわかる• ブロックしたアカウントからの通知は届かない ちなみにこのブロックは、あなたがログインしているときだけ機能するので、ログインしていないことに気が付かず、嫌な相手のツイートを見てしまって「キィ----」とならないようにご注意ください。 ブロックされるとどうなる 逆にあなたがブロックされた側だとして、何ができなくなるか見ていきましょう。 相手(あなたがブロックされた人)をフォローできない• ログイン状態で相手のツイートを見られない• ダイレクトメッセージを送れない• ログイン状態で相手のフォローアカウント、フォロワー、いいね、リストを見られない• リストに追加できない• 写真にタグ付けできない などが起きます。 ブロックの方法 <ツイートからブロック>• ブロックするアカウントのツイート上部にあるvアイコンをクリック• [ブロック] をクリック• [ブロック] を選んで確定 <プロフィールからブロック>• ブロックするアカウントのプロフィールページに移動• プロフィールページでその他アイコン…をクリック• メニューから [ブロック] を選ぶ• [ブロック] をクリック まとめ 特定のキーワードが含まれるツイートや、特定のアカウントのツイートを見たくない場合、ミュート機能を使いましょう。 ミュート機能を使えば相手に気づかれずに非表示にできます。 嫌いな言葉、嫌いな人のツイートを、セルフセンシティブ判定でブロック! これでTwitterは、もっと、快適になる!.

次の

Twitterのセンシティブ解除ってどうやるの?2020年最新版|さよみみ部屋

センシティブ な 内容 が 含ま れ て いる twitter

センシティブな内容で表示されなくなった!! このメディアにはセンシティブな内容が含まれている可能性があります。 ある日突然、ツイッターで自分の投稿がこんなメッセージとともに表示されなくなったことはありますか? 携帯デバイスではこれが表示されて画像を含む投稿そのものが表示されなくなります。 PCでは文字は読めますが画像だけが表示されなくなります。 以下のようになるので、【表示】を押すことで個別に表示させることができます。 通常ではこの状態に自分で気づきにくい事象ですが、先日フォロワーの方からダイレクトメッセージで指摘を受けて初めて気が付きました。 時々フォロワーの方でもこの状態になっている投稿をお見掛けしますが、自分も突然その状態に…。 いったい何があった? センシティブな内容ってなんだ? うっかり行っていた誤った設定とは? Advertisement うんと要約して言えば「エロ・グロ・バイオレンス」ということでしょうね。 原則としてこうしたコンテンツをユーザがうっかり見てしまうことで不快な思いをしないことが大事な点です。 最近投稿を行った内容でそんな不適切な内容ってあっただろうか。 記事についてご指摘をいただくことはあれど、「エロ・グロ・バイオレンス」には合致していないはず。 そう思ってざっと見直してみましたが、やっぱり見当たりませんでした。 少しネットで調べてみたところ「どなたかの通報によるものかも」というご意見がありました。 うーん、、、 それだと、もし悪戯で通報されたらどうなるのでしょうか? 通報されたアカウントが上記のような内容を含まないにも関わらず全て制限を受けるとしたら、ツイッターはサービスとして終わっているでしょうね? 悪戯に限らず、ひとによって不適切かどうかの尺度なんて変わってくる主観そのものですから、画像という画像が表示されなくなる可能性があります。 ある程度のところまでは自動化していると思いますが、ここはチェックをしてくれていると信じたいサービスラインだと思います。 チェック者の主観が入るとしても、指針に沿って判断をするはずですから、さすがに上記のような「エロ・グロ・バイオレンス」な内容とは判断され無いと思えます。 それから落ち着いて、PCの環境で調べていたところとんでもない設定誤りに気付いてしまいました。 Advertisement これで運営側にセンシティブだと判定されると、センシティブな内容の投稿をするアカウントとしてマークされてしまうみたいです。 先にお伝えした通り、デフォルトでセンシティブな内容を表示しない設定がされているため、意図的にその設定を外していなければ、投稿がきちんと読めなくなってしまいます。 今回、僕の投稿はこれには合致しないと思われるため、他に理由があるはずです。 改めて設定を見直したところ、とんでもない箇所を設定してしまっていました。 ちょうどこの事象に気が付く前日に、フォロワーの方の「センシティブ」な状態で画像が見られなくなっている投稿をどうしてもスマートフォンで表示したくなって、以下の箇所にチェックを入れました。 ここにチェックを入れることで、センシティブで表示がされていないと思われる画像について、表示を容認することができます。 Advertisement ところがここでうっかり、下のチェックボックスにもチェックを入れてしまっていました。 このチェックは、 「自分の投稿にセンシティブな内容が含まれていますよ~」と自己申告するチェックなんですね。 なんでこんなチェックが、、、ダレトクなんだとも思いますが、 そういう投稿を自認して投稿しているひともいるということではないでしょうか。 ツイッターはそういう第三者の判断が難しい投稿について、自分で判断してねということなのでしょう。 原則では表示されない設定になっているので、 あえて「センシティブな内容を表示しない」のチェックを外しているひとにだけみせるという設定ですね。 ここをうっかりチェックしていたため、特に設定をいじっていないフォロワーさんには突然投稿の画像がきちんと表示されなくなっていたことが分かり、チェックを外してみたところ正常に表示がされるようになりました。 それで分かったことは、 チェックを外したことがシステムで反映された後に行った投稿から画像が表示されるということです。 この動作から、意図的にセンシティブだと自己申告する設定の意義がよく分かりました。

次の

【Twitter】センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートを表示する方法

センシティブ な 内容 が 含ま れ て いる twitter

アプリの使い方 2020. 28 スマホサポートライン編集部 Twitterのセンシティブな内容を表示できない!設定を解除する手順 Twitterの投稿を見ていると、「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」などと表示し、閲覧したいツイートを見られなかったという経験はないでしょうか? Twitterを利用する大半のユーザーが一度は見たことのある警告メッセージだと思います。 実はこれは設定を変更するだけで閲覧できるようになる場合が多いです。 これまで、見たかったけれど、やり方がわからなった方などは是非参考にしてみてください。 この記事では、センシティブな内容とは何か、表示するための設定手順、設定したが表示しない場合の対処方法などを解説していきます。 センシティブな内容とは? Twitterで定められているセンシティブの内容とは、暴力的なコンテンツ、アダルトコンテンツなどを言います。 簡単に言うと、目にしたくない利用者がいるような内容のものです。 Twitterのルールとポリシーによると、次のように定められています。 ・写実的な暴力描写 ・成人向けコンテンツ ・強姦及び性的暴行に関するコンテンツ ・グロテスクなコンテンツ ・ヘイト表現を伴う画像 引用: これらに該当しないはずなのに、ツイートが表示しないのはどうして?と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。 これらに該当しなくても、そう表示してしまうのは、Twitterの設定が関係している可能性があります。 設定などについて、詳しくは後ほどご紹介させて頂きますが、自分の設定を変えれば見られるようになりますし、投稿者の設定に問題がある可能性もあります。 センシティブな内容の可能性に関する警告メッセージ センシティブな内容の可能性があると判断されたツイートは、下記のようなメッセージが表示し、投稿を閲覧することができません。 表示パターンは、いくつかあります。 環境などで表示が異なるようです。 センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。 一つ目の画像は、投稿者のツイート一覧画面で表示していた時のものです。 そして、次の画像は、上記をタップして投稿内容の詳細内容を見ようとしたときに表示したものです。 下記の画像はPCから閲覧した時に表示したものです。 センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです。 センシティブな内容の表示制限を解除する Twitterの設定にあるセンシティブな内容を含む可能性のあるツイートを表示しないように設定しているために表示していない可能性があります。 その場合は、セキュリティ設定を解除することでセンシティブな内容を表示できるようになります。 <WEB版Twitterからの設定手順>• 【】にログインします。 ログインできたら、左上のプロフィールアイコンをタップします。 設定を間違えている• 設定が反映していない 単純な事ですが、意外と見落としがちな所です。 下記の手順を参考にもう一度確認して見て下さい。 もう一度、上記の手順に沿って、設定をよく見直してみてください。 特にiPhone版Twitterアプリを利用している方は、間違えやすいです。 iPhoneでTwittierアプリを利用している方は、WEB版Twitterにアクセスして設定を行うようにしましょう。 Android版はアプリから設定可能です(Android版Twitterアプリバージョン 8. 私の環境でもiPhone版のTwitterアプリで閲覧しようとしたときに起きました。 アプリ版だと設定がすぐに反映しない事があるようです。 そこで、SafariからWEB版のTwitterにログインして同じツイートを閲覧したところ、問題なく表示されました。 アプリ版で反映していない場合は、WEB版で表示するようになっているか確認して見て下さい。 自分の投稿がセンシティブな内容としてツイートする設定に注意 センシティブな内容に該当していなくても、センシティブの可能性があると投稿した画像や動画が表示しない場合があります。 Twitter内の簡単な設定で解決できる可能性が高いです。 この設定を有効にすると、画像や動画を含む、自分のツイートがセンシティブな内容を含む可能性がある投稿として表示します。 センシティブな内容としてツイートしたいのであれば、この設定を有効にしておけばいいのですが、間違って設定している場合は、自分のツイートが他のユーザーの画面ではセンシティブな内容を含むものとして表示し、投稿した画像などを表示していない可能性があります。 設定を間違えないように注意してください。 中には、特定のユーザーの投稿が常にセンシティブな内容の可能性がある表示している場合があります。 もしかすると、その相手のアカウントの設定が常にセンシティブな内容として表示するように設定しているのかもしれません。 投稿内容を見せたいにも関わらず、センシティブな内容として設定している場合は、そのユーザーが間違って設定している可能性もあります。

次の