首 こり 自律 神経。 朝からだるい、疲れがとれない、などの症状は“自律神経バテ(首こり病)”が原因であると東京脳神経センターの松井 孝嘉医師が注意を促す|東京脳神経センターのプレスリリース

肩こり・首こりが引き起こす怖い症状まとめ!自律神経の乱れが危ない

首 こり 自律 神経

肩と同様に、こり固まっているとつい揉んでしまう首。 だが、その「ひと揉み」が体調不良はおろか、重大な病気を引き起こす可能性があるとしたら— —知っておきたい「首の新常識」を紹介する。 約30種の不調に関係する 「ちょっと首がこったな、頭が重いな、という時、あまり意識することなく自分の手で首を揉むのは誰でもやることでしょう。 しかし、それは今すぐやめたほうがいい。 なぜなら首を強く揉むという行為は、身体にとって百害あって一利なしであるばかりか、病気の原因にまでなるからです」 こう警告するのは、医学博士で東京脳神経センター理事長の松井孝嘉医師だ。 松井医師が書いた『! 』 講談社刊 が、大きな話題を呼んでいる。 脳神経外科医として、30年以上にわたり首の研究を続けてきた第一人者が、私たちが日常的にやっている「首揉み」がいかに危険なのかを、同書で明かしているのだ。 「自分で揉むのを避けるのはもちろん、マッサージ器も首には使わないほうが無難です。 ましてや、床屋や整体でマッサージを受けるときも、首のまわりはきっぱりと断ったほうがいい」 ここまで徹底して首を揉むことを避けなければいけないのは、なぜだろうか。 理由を松井医師が解説する。 「首は身体全体の調子を左右する『自律神経』と密接に関係しているのです。 外から力を加えられただけで全身に大きな影響を与えかねない、皆さんが思っているよりも、はるかに重要でデリケートな部位なのです」 自律神経は、主に昼間の活動的なときに働く交感神経と、就寝時などリラックスしているときに優位に働く副交感神経の2つの神経によってなりたっている。 この2つが「バランス」をとりあうことで、脈拍や血圧、呼吸、消化、体温の調整など、生命を維持するのに必要なあらゆる機能を調節している。 松井医師の独自の研究によれば、この自律神経のバランスを整える部位が、首の後ろから頭の付け根あたりに存在しているのだという。 「私はこの部分を『副交感神経センター』と名付けました。 この周囲の首の筋肉はか細く、とてもこりやすいので、揉めばほぐせるという考えで、安易に揉んだり、マッサージをしてもらったりしがちです。 しかし、それは大きな間違いで、異常を起こした筋肉に新たな外傷を与えることになるのです。

次の

首が痛い・首のこりと自律神経失調症

首 こり 自律 神経

胸鎖乳突筋とは まず、胸鎖乳突筋がどこにあるのかを見ておきましょう。 この解剖図を見て分かるように、胸鎖乳突筋は、耳の後ろにある「側頭骨乳用突起」という頭蓋骨の一部をスタート地点に、首の両サイドをななめに走って、鎖骨と胸骨につながっている太い筋肉です。 「 胸骨」「 鎖骨」と 「 側頭骨乳用突起=乳突」をつないでいるということで、 「 胸鎖乳突筋」という名前がつけられているんですね。 この筋肉は首を回したり曲げたりする時に、重要な役割を果たしています。 現代人の首には27kgの負担が 成人の頭の重さは4~5kgほどあると言われています。 これはつまり、11~13ポンドのボーリングの球を、首の上に乗せているような重さです。 しかし、これは首を理想的な形でまっすぐに立てているときにかかる最低限の荷重です。 スマホなどで姿勢が悪くなり、 首が前傾するほど荷重は大きくなり、 最大で27kgもの重さが首にのしかかることになります(下図)。 その結果、首を支えている胸鎖乳突筋には大きな負担がかかり、筋肉が固く疲労した状態になっていきます。 胸鎖乳突筋が固くなると 胸鎖乳突筋に過剰な負担がかかり固くなってしまうと、それと並行して走っている 「 頸動脈」が圧迫され、血流が悪くなります(下図)。 血流が悪くなると、 血中の疲労物質が滞留し、 「 首コリ」が起こります。 首に連動して 「 肩こり」や 「 緊張型頭痛」も引き起こされます。 は血管の収縮が原因で起こる頭痛で、締め付けられるような鈍い痛みが特徴の頭痛です。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 また、老廃物を排出させるはたらきをするリンパの流れも、胸鎖乳突筋と同じラインにあります(下図)。 胸鎖乳突筋が固くなると、 リンパの流れも滞ることなります。 また、胸鎖乳突筋の近くには 「 迷走神経」と呼ばれる脳神経のひとつが走っています(下図)。 迷走神経には、心身を緩めてリラックスさせるはたらきをもつ 「 副交感神経」が含まれています。 胸鎖乳突筋が凝り固まると、副交感神経が阻害され、 自律神経に悪影響が出ます。 その結果、 「 自律神経失調症」と呼ばれる、原因不明の様々な症状が起こることになります。 「 不定愁訴 」とも呼ばれます。 自律神経失調の症状は実に多岐にわたっていて、代表的なものだけでも以下のようなものがあります。 【自律神経失調症の症状】• めまい• しびれ• 発汗異常• 疲労感• ほてり• イライラ 胸鎖乳突筋をほぐすには 根本的な解決策としては、いい姿勢を保って、胸鎖乳突筋に負担がかからないようにすることが重要と言えます。 しかし、現代社会を生きる僕たちは、どうしても強いストレスにさらされ、前のめりにスマホをのぞき込む生活から逃れるのは困難です。 胸鎖乳突筋への負担が避けられない以上、現実的なケアは、 固くなってしまった胸鎖乳突筋を効果的にほぐすことです。 そのために、 3分でできる効果的なストレッチをお伝えします。 忘れてはいけないのは、 首の筋肉や骨格は繊細でデリケートなので、痛めやすいということです。 勢い任せに首をグルグル回すのは厳禁です。 下手をすると 「 ぎっくり首」のような状態になり、治療に長い時間がかかることになってしまいます。 次の順に、しっかり息を吐きながら、リラックスして、ゆったりと時間をかけてストレッチを進めてみてください。 【3分でできる胸鎖乳突筋ストレッチ】• 首を上に傾ける(首の前方を伸ばす)• 首を下に傾ける(首の後方を伸ばす)• 首を右に傾ける(首の左側を伸ばす)• 首を左に傾ける(首の右側を伸ばす)• 首を右にひねる• 首を左にひねる• 首を右上方に向けてキープ• 首を左上方に向けてキープ ポイントは、ひとつひとつの方向に丁寧にストレッチすることです。 とても単純ですが、胸鎖乳突筋がじんわりと伸ばされているのを感じながら、やってみてください。 僕はこの方法を体操の先生から教わり、ずっと実践してきました。 朝起きてすぐにやると、頭がすっきりして目覚めがよくなりますし、顔のむくみ解消にも役立ちます。 は、こちらの記事も参考になさってください。

次の

本当は怖い「首こり」~自律神経失調症と首の関係とは~

首 こり 自律 神経

近年、 原因不明の体調不良を抱える人が増えているといいます。 私も微熱やめまいに悩まされ、病院をたらい回しにされた経験をしたことがあります。 みなさんも、体調不良で何となく頭が重い感じがしたり、胃のあたりがムカムカしたり、足元がふらついたりすることもあるでしょう。 そういうとき、疲れや寝不足など不調の理由を頭であれこれと考えたことはないでしょうか? 思い当たる理由があるならいいのですが、何もないのに体調不良が続くと非常に厄介です。 食事に気を遣っても、適度な運動をしても、規則正しい生活リズムにしても、一向に体調が戻らない。 不安と不調をひきずりながら生活しているうちに、症状がどんどん悪化していくこともあります。 首のこりを抱えている人が多い こうした原因がわからない心身の不調を訴える人は 首のこりの症状を抱えている人が多いとのこと。 私も慢性的な首のこりや痛みに悩まされています。• 肩こり• 疲れがとれない• めまいや耳鳴り• 気分が落ちこみやすい• 風邪をひきやすい• 吐き気• 下痢 などの症状が続いているにもかかわらず、病院へ行っても「 原因がわからない」と言われて片付けられてしまう…。 もし首のこりがあれば、それを原因と疑ってみてもいいかもしれません。 首の筋肉のこりが引き金になって、 自律神経失調症が発生している可能性があります。 では、 どうして首がこるとさまざまな症状が現れるのでしょうか? 首は神経の密集地帯 首の後ろは、筋肉繊維が何層にもわたって連なり、そのひとつひとつの筋肉と絡み合うようにたくさんの神経が行き交っています。 筋疲労を起こしやすいのは首の後ろ側の筋肉。 肩こりに大きく影響するのは• 僧帽筋(そうぼうきん)• 頭板状筋(とうばんじょうきん)• 頭半棘筋(とうはんきょくきん) の3つの筋肉です。 これらの筋肉には、脳や脊髄を出た末梢神経の一部に自律神経があって、その末端が縦横に張り巡らされています。 頭板状筋の近くには、大後頭神経という頭部へ向かう神経が走っています。 頭半棘筋にこりが生じると、大後頭神経がしめ上げられて、 緊張性頭痛などの症状が現れるのです。 体調不良は自律神経の圧迫 とくに、 首の後ろの上半分には、自律神経が集中しているので、ここの筋肉のこりは、体調不良や病気に結びつきやすいです。 自律神経は• 心拍数• 内蔵の動き など、人間の重要な機能をコントロールしています。 心臓が脈を打っているのも、汗をかくのも、胃や腸が動くのも、自律神経が正常に働いているからです。 この自律神経の起点は脳。 ゆえに、 脳から体をつなぐ首に自律神経は密集しています。 その自律神経を守るように囲んでいるのが首の筋肉です。 本来ならしなやかな弾力で筋肉が神経を守る働きをしています。 でも、 首の筋肉がガチガチに凝り固まってしまうと、自律神経が圧迫されてしまいます。 自律神経が圧迫されてしまうことで、体中のコントロールができなくなり、あちこちに不調が生じてしまうのです。 したがって、さまざまな体調不良は、 首のこりによる自律神経の圧迫が原因と考えられるわけです。 最後に 原因不明の体調不良は、首の筋肉のこりを解消すれば治るかもしれません! 私も慢性的な首の痛みやこりを抱えています。 とくに、首の痛みやこりがひどいとき、偏頭痛や吐き気、お腹の不快感などの症状が現れます。 首のこりはひどくなると治るまでに時間がかかるので早期の治療が大事です。 パソコンやスマホを使って、首を酷使している人は原因不明の体調不良に注意してください。

次の