トロイ の 木馬 削除。 トロイの木馬に感染?駆除方法は?

トロイの木馬に感染したかも?症状や駆除方法を解説

トロイ の 木馬 削除

アンインストール・ガイドは、PCからTrojan. Alphancのマルウェア、アドウェア、ウイルスを削除します。 Trojan. Alphancはトロイの木馬として分類されている非常に危険なマルウェアです。 バックドアを作成することで、対象システムに重大な被害を与えることができます。 これにより、トロイの木馬の背後にある開発者が通信チャネルを確立できるようになります。 これは、システムに有害な可能性がある特定の悪用を実行するようにトロイの木馬に指示するために使用できます。 セキュリティ研究者は、Trojan. Alphancがいくつかのリモートロケーションを使用してコマンドを受信できることを発見しました。 そのうちのいくつかは202. 137. 244. 198:443,190. 185. 124. 125:443,220. 132. 191. 110:443,58. 185. 197. 210:443,84. 96:443,203. 210. 247:443,184. 243. 67:443です。 これらのリモートコマンドおよびコントロールセンターでは、感染したシステムとそのユーザーのタブが定期的に保持されます。 したがって、トロイの木馬は、同じことに関してユーザーに脅迫を与えることなく、システムから情報を盗むために使用することさえできます。 トロイの木馬. Alphancは検出技術を簡単に回避することができ、したがって長い間システム内部に留まることができます。 悪意のあるコードをシステムに挿入して機能を更新し、ユーザーに関する新しい情報を送信し続けます。 このトロイの木馬は、システムのリソースを悪用して、暗号化のマイニングなどの不正な活動を実行するために使用されることが確認されています。 Trojan. Alphancは、許可なくユーザーを偵察するために使用できるハードウェア設定を変更するためにも使用できます。 Webカムデバイスを使用してユーザーのアクティビティをキャプチャし、これらの情報をハッカーに送信することができます。 サイバー犯罪者は、この情報を使用して、ユーザーを脅かすか、またはダークウェブでこれらの詳細を販売することによって、ユーザーを嫌うことができます。 トロイの木馬は、疑わしいアドオンや拡張機能など、他の悪質なマルウェアをシステムに感染させるために使用することができます。 このトロイの木馬は、ブラウザをハイジャックしてユーザに関連するオンラインデータを収集するために使用できます。 それを分析し、それを使ってトロイの木馬を更新することで、ユーザーからの情報をより効果的に取得できるようになります。 Trojan. Alphancの存在は、悪意のある目的のために貴重なリソースを使用するため、システムを突然停止させる可能性があります。 これは、単純なアプリケーションでさえもゆっくりと実行され、さらに厄介な問題を引き起こす原因となります。 ユーザーは、トロイの木馬が検出することは非常に困難であるが、ここで示した手順を実行することで削除できることを警告する必要があります。 Trojan. Alphancウイルスの手動削除のヒント あなたのPCが奇妙に動作していて、オンラインで作業することができないなら、確かにあなたのPCはコンピュータウィルスに感染します。 通常、このような種類のウイルスの侵入後、あなたのPCに気付くでしょう。 一般に、ウイルスはコンピュータの活動を中断する使命を持つサイバーハッカーによって設計されており、コンピュータに静かに侵入し、コンピュータの活動を中断した後に進化したトリックで開発されます。 知っている、誰にとってもひどい状況ですが、パニックにならずに簡単に取り除くことができます。 手動でTrojan. Alphancを削除するには、以下の手順を実行するだけです。 最初にセーフモードでPCを再起動し、F8キーを押し続けてセーフモードでシステムを再起動します。 この手順では、必要なファイルのみをロードしてシステムのパフォーマンスを向上させます。 Alphanc関連するプロセスを選択します。 OKをクリックします。 検索ボックスに「regedit」と入力すると、レジストリエディタが開き、そこからすべてのウイルス関連ファイルが削除されます。 今すぐレジストリエディタをクリーニングした後、タスクマネージャで、Windowsのコントロールパネルから感染したプログラムや悪いプログラムをアンインストールする必要があります。 最初にスタートボタンをクリックしてから、コントロールパネル• [プログラムの追加と削除]を選択します。 インストールされているプログラムからTrojan. Alphancを探し出すか、アンインストールしてアンインストールしてください。 今すぐ、コンピュータを再起動します。 Windows 8またはWindows 8. 1を使用している場合は、以下の手順に従うだけです。 WindowsとQキーを一緒に押してチャームボックスを開きます。 そこに「コントロールパネル」と入力してEnterキーを押します• さて、Trojan. Alphancを検索してからアンインストールしてください。 その後、もう一度PCを再起動してください。 Windowsのアップグレード版(Windows 10)を使用している場合は、以下の手順を実行してください。 スタートメニューをクリックし、設定をクリックします。 今、システムをダブルクリックしてください。 「アプリケーションと機能」をクリックし、ここからTrojan. Alphanc関連の有害プログラムを選択します。 ボタンが表示されたら、[アンインストール]をクリックします。 PCの後再起動します。 本当にTrojan. Alphancなどの悪質なコンピュータの脅威に感染するとPCを操作するのは難しくなりますが、この方法でPCからウイルスを取り除くことができます。 それが難しいと簡単な方法を探している場合は、フリースキャナに行く必要があります。 ブラウジングアプリケーションからTrojan. Alphancウイルスツールバーを削除する Trojan. Alphancは、すべてのブラウジングアプリケーションまたはWebブラウザにとって非常に感染性があります。 ツールバーや拡張機能の形でブラウザにアタッチされます。 その目的は、ブラウザを起動するたびにあなたをリダイレクトすることです。 一般に、Google Chrome、Mozilla Firefox、Internet Explorerなどの最も有名なWebブラウザは、このTrojan. Alphancの影響を受けています。 これは、アドオンやプラグインとしてブラウザに表示されることがあります。 安全なWebブラウジングを実行するには、ブラウジングアプリケーションからWebブラウザーを削除することが必須です。 ブラウジングアプリケーションからTrojan. Alphancウイルスツールバーを削除するために必要なすべてのステップを見てください Google Chromeの場合:• まず、ブラウザのメインメニューを開く必要があります。 ここでは、右上に3本の水平線が表示されます。 その行をクリックしてください。 ここでドロップダウンメニューが表示され、ツールオプションをクリックして内線番号に移動する必要があります。 拡張子からTrojan. Alphancを選択して完全に削除します。 Mozilla Firefoxの場合: Mozilla Firefoxブラウザを開き、ツールオプションに移動します。 アドオンオプションをクリックし、拡張機能に移動します。 拡張子やツールバーのリストが表示されます。 Trojan. Alphancを選択して削除します ためにInternet Explorer:• Internet Explorerを開き、ツールオプションをクリックします。 次に、アドオンの管理を選択します。 アドオンのリストからTrojan. Alphancを選択して削除します。 Trojan. Alphancウイルスによって作成されたクリーンショートカットファイル Trojan. Alphancは危険なコンピュータの脅威です。 サイバー犯罪チームは、利益を得るためにこの脅威を設計しました。 これによってWindowsコンピュータだけが攻撃を受けています。 一度コンピュータに入ると、非常に多くのショートカットファイルが作成されます。 デスクトップには、不要なアイコンが表示されることもあります。 Trojan. Alphancによってコンピュータに作成されるショートカットは、実際には非常に危険です。 あなたはそれらを避け、それをクリックしようとしないでください。 これらのショートカットは、違法な活動を開始するので、そのようなことから遠ざかっています。 ショートカットはコンピュータの安全でないプログラムではありませんが、コンピュータのショートカットの存在がデータの消失の原因であることを私に教えてくれるユーザーの考えがあります。 だから、Trojan. Alphanc virusによって作成されたすべてのショートカットファイルをきれいにすることは非常に重要です。 これらのショートカットがコンピュータに残っている限り、多くの望ましくない活動を続けます。 Trojan. Alphancウイルスによって作成されたショートカットファイルを処理するプロセス 第1の方法:コマンドラインを使う 非常に簡単な方法ですので、技術者以外のユーザーもこの方法を使用してショートカットファイルを消去することができます。 「実行」に移動し、CMDと入力してEnterボタンを押します。 ここでは、コマンドプロンプトウィンドウが表示されます。 ドライブ名をショートカットファイルの場所で変更します。 今すぐエンターボタンを押してください。 すべてのショートカットファイルが削除されます。 2番目の方法:Trojan. Alphanc virus scannerを使用する 最初の方法を実行した後にショートカットファイルがコンピュータに残っている場合は、Trojan. Alphancウィルススキャナの助けを借りてください。 Trojan. Alphancウィルススキャナをダウンロードし、コンピュータにインストールします。 ショートカットファイルが存在するドライブを選択する• そのドライブをスキャンし、スキャンが完了するとウイルスの一覧を表示します• ここでそれらを選択し、削除ボタンをクリックします。 Trojan. Alphancウイルスを自動的にスキャンして削除する Trojan. Alphancはコンピュータを激しく攻撃する非常に危険なプログラムです。 Trojan. Alphancが長時間続くと、コンピュータのパフォーマンスが低下し、より危険な状態になり、いくつかの種類の悪意のある行為を実行する可能性があります。 したがって、Trojan. Alphancが検出されるとすぐに削除する方がよいでしょう。 手動で脅威を削除することもできますが、処理に時間がかかり、技術的な専門知識が必要です。 それを除いて、手動で削除するとコンピュータからすべての感染を削除することはできません。 さらに、ウイルス対策プログラムは、PCの内部に隠れてセキュリティプログラムを無効にできるため、この感染からPCを保護することもできません。 したがって、本当にあなたのPCから脅威を削除したい場合は、virus Trojan. Alphanc scannerを使用する必要があります。 手間のかかる方法で脅威を取り除く最も良い代替方法です。 このツールは効果的な方法でTrojan. Alphancをアンインストールするエキスパートの削除手法と完全に統合されています。 いくつかの段階で感染を取り除きます。 このユーティリティには、すべてのタイプの不要なプログラムを効果的にスキャンして除去するいくつかの機能が備わっています。 したがって、専門家によると、この種のウイルスを非常に効果的かつ適切な方法でアンインストールするには、virus Trojan. Alphanc scannerを選択してください。 PCから脅威を完全に削除するのが最良の方法です。 さらに、このツールにはシンプルで直感的なインターフェースがあり、使いやすくなっています。 そのため、テクニカルではないユーザーもTrojan. Alphancウイルス除去を簡単に実行できます。 Trojan. Alphancウイルスの予防のヒント Trojan. Alphancは恐ろしい頑固なウイルスで、一度感染したPC上で多くの悪意のある行為を行うことができます。 一般的に、さまざまな手段でPCをターゲットにしていますが、最も一般的なのは、スパムメールの添付ファイル、フリーソフトウェアのダウンロード、オンラインゲーム、疑わしいリンク、ハッキングされたウェブサイト、感染したメディアドライブの使用、あなたのPCがTrojan. Alphancウイルスに感染したら、あなたの悪夢はあなたには分かりません。 あなたのPCは非常にゆっくりと実行され、脆弱になります。 したがって、インターネットをブラウズしているときは、慎重に作業することを強く推奨します。 いくつかの予防のヒントを以下に示します。 Trojan. Alphancウイルスは、ビデオ、システムユーティリティ、映画などの無料の商品と共にバンドルされています。 ダウンロードのために無料の商品をクリックすると、Trojan. Alphancがコンピュータにインストールされる可能性があります。 したがって、適切に知らなくてもそれらのフリーウェアをクリックしないことをお勧めします。 未知のまたは馴染みのない迷惑メールの添付ファイルは、Trojan. Alphancウイルスがコンピュータに侵入するもう1つの方法なので、ユーザーはそれを開いて読んではいけません。 有害なウイルス感染につながっているため、疑わしいリンクをクリックする際には注意してください。 したがって、よく知られていないリンクをクリックしないでください。 ハッキングされたウェブサイトや悪意のあるサイトにアクセスすると、有害なウイルスがコンピュータに侵入することがあります。 そのため、ユーザーは悪質なサイトにアクセスする必要があります。 強力なウイルス対策ツールを使用してPCを定期的にスキャンします。 PCにTrojan. Alphancウイルスを引き起こす可能性が高いため、感染したMediaドライブを使用しないでください。 ユーザーガイド ステップ1:無料のスキャナツールをダウンロードしてインストールします。 インストールプロセスが完了したら、下記のように開始 新しいスキャンオプションをクリックします。 ステップ2:このスパイウェアヘルプデスクは、PCに関連するあらゆる種類の有害な脅威を解決するのに役立ちます。 ステップ3:このステップでは、高度なシステムガードウィンドウにより、あらゆる種類の悪意のある攻撃からPCを保護することができます。 ステップ4:このネットワークセキュリティウィンドウは、インターネット接続の望ましくない変更を止め、インターネット接続を完全に制御します。 ステップ5:このスキャンスケジューラウィンドウからいつでもスキャンプロセスをスケジュールできます。 ステップ6:カスタムスキャンウィンドウは、カスタムスキャンオプションを提供することで多くの時間を節約します。 カスタムスキャンオプションでは、スキャンする複数のオプションを選択できます。 手順7:バックアップウィンドウのロールバック機能により、バックアップされたファイルを復元できます。 つまり、新しいロールバック機能で削除したファイルを復元します。 ステップ8:この除外機能は、分析プロセスの実行時に検出から除外する項目を選択するのに役立ちます。 オブジェクトを選択すると、それ以降のスキャン処理では検出されません。 ステップ9:このステップでは、さまざまな方法で設定をカスタマイズできます。 また、ツールの起動の詳細も表示されます。 This entry was posted in and tagged on by. Post navigation.

次の

トロイの木馬を駆除する方法!

トロイ の 木馬 削除

トロイの木馬とウイルスはどう違うの? トロイの木馬は、端的に言ってしまえば、 世の中で広く「ウイルス」と呼ばれているものの一種にあたります。 厳密に言うと、ウイルスとトロイの木馬は違うものですが、悪意あるソフトウェア(マルウェア)であることには変わりありません。 ウイルスは感染するためのファイル(寄生される宿主)が必要なのに対し、 トロイの木馬は単体でソフトウェアとして存在でき、感染するためのファイルを必要としません。 また、ウイルスは他のパソコンにも感染するために自分自身を複製する機能があるのですが、 トロイの木馬は、基本的には自分自身を複製する機能を持ちません。 これは、トロイの木馬が感染を悟られずに活動するために持っている特性です。 ちなみに例外的にトロイの木馬の特性とウイルスの特性両方とも持ち合わせたマルウェアも存在します。 トロイの木馬は「役に立つプログラムを装う」? トロイの木馬の特徴は、「役に立つ、又は少なくとも悪質とは思えないプログラム」であるかのように偽装されています。 パソコン用のスクリーンセイバーや画像ファイル、スマートフォンのアプリなど、便利なプログラムやファイルに見せかけておいて、パソコンやスマホの持ち主を安心させ、パソコンの中に目的のソフトウェアをダウンロードさせます。 しかし、最近のトロイの木馬は、偽装を行うことなくOS等の脆弱性 (コンピュータやソフトウェアの欠陥や弱点)につけ込んで、勝手にインストールされるものもあります。 この攻撃手法はドライブバイダウンロードと呼ばれています。 したがって、 怪しいプログラムやファイルをダウンロードさえしなければ感染しない、というわけではありません。 Webスクールに通って、なりたい自分になろう Webのお仕事は、スキル次第でさまざまな働き方を選ぶことができるのが大きな魅力。 ここでは、通学制のスクールに通った後、理想の働き方を実現した方々のサクセスストーリーと生の口コミ・評判をご紹介しています。 トロイの木馬に感染してしまった! トロイの木馬に感染したというメッセージが表示されてしまったら、 まずは深呼吸して落ちつきましよう。 悪意あるソフトウェアに感染しても、適切に対処することで、駆除することが可能です。 落ちついたら、その後適切な手順を踏んでトロイの木馬を駆除しましょう。 トロイの木馬を駆除するために 以下はWindowsの説明です。 まず最初に、有名なセキュリティ会社が出している、 有料のセキュリティソフトを入れてパソコンをチェックします。 有料のものであれば、最初は無料体験版でも構いません。 無料体験版であっても有料のものと機能はほぼ同等です。 無料で提供されているセキュリティソフトでは機能に限界があり、有料のものでしか駆除できないトロイの木馬も存在するからです。 以下のような有名会社のセキュリティソフトを用いれば、 多くのトロイの木馬は問題なく駆除できるはずです。 しかし、感染したトロイの木馬によっては、 OSの奥深くに入り込んでしまい、駆除に失敗することがあります。 「駆除できませんでした」のメッセージが表示された場合や、 駆除後に再び感染のアラートが出た場合、以下の措置を行って下さい。 まずは無料で提供されている「ノートン パワーイレイサー」を使用します。 具体的にはシマンテック社提供の強力なマルウェア駆除ツール 「」が有効です。 無料である上、インストール不要のため使いやすいという特徴があります。 しかし、強力なスキャンをかけるため、正規プログラムが駆除対象となることがあります。 もっとも、一端削除したファイルでも過去の履歴から修復が可能なので、過度に心配する必要はありません。 それでも駆除できていない場合や、セキュリティソフトウェアのインストールが難しい場合、 セキュリティ会社が提供しているリカバリツールを使用してトロイの木馬を削除します。 それ以外の手段としては、個別の専用駆除ツールを使います。 トロイの木馬の種類によっては、専用の削除ツールがある場合があります。 セキュリティソフトから感染メッセージが出ている場合、トロイの木馬の名前が判明しているはずなので、 その名前を検索して、対応可能な削除ツールがないか探してみましょう。 それでも駆除できないなら... Windowsのリカバリや、再インストールを行うことになります。 Windowsのリカバリは、購入時かバックアップした時の状態に戻す措置になります。 後から保存したデータは全て削除されてしまうので、必要なデータをバックアップしておく必要があります。 このような事態にならないためにも、OSやブラウザなどは常に最新の状態に保ち、 怪しいファイルやURLは開かないようにしましょう。 オンデマンド授業 いつでも学びたいことを 学べる 自分に適した学習方法を探す インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。 デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。 ご要望をお伺い まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。 お客様専用の内容で当日ご案内いたします。 カウンセリング 就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。 現在の仕事のご相談なども承ります。 体験レッスン 「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。 デザインもプログラミングもお試しいただけます。 無料体験レッスン・個別相談のご予約 当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。 フリーダイヤル受付時間 平日・土日 10時-21時.

次の

kuvo.rmpbs.orgader トロイの木馬

トロイ の 木馬 削除

トロイの木馬とは? はじめに、トロイの木馬とはどのようなものなのか、ウイルスやマルウェアとの違いについて説明します。 1-1. トロイの木馬の特徴は? トロイの木馬とは、コンピューターウイルスと同じように、コンピューターやパソコンに被害を与えるマルウェアと呼ばれるプログラムの一種です。 ターゲットはパソコンだけではなく、スマートフォンにも広がってきています。 トロイの木馬という名前の由来は、他のプログラムの内部に隠れて侵入し、気付かれないうちに活動をはじめることから、ギリシア神話・トロイア戦争のなかで登場する「トロイの木馬」をイメージして名付けられたものです。 トロイの木馬の特徴は2つあります。 最大の特徴は、有益または無害なアプリケーションやファイルに偽装されていることです。 そのため、危険なソフトウェアであることに気付かずに、自分でダウンロード&インストールしてしまうケースが多くなっています。 もう一つの特徴が秘密裏に活動することです。 トロイの木馬はパソコンやデバイスに侵入した後、なんらかのきっかけで攻撃を始めますが、ユーザーに気付かれないように行うため、知らないうちに大事なデータを盗まれたり、パソコンを遠隔操作されたりする危険性があるのです。 1-2. ウイルスとマルウェアの違いとは? トロイの木馬とはマルウェアの一種であると説明しましたが、マルウェアとウイルスの違いをご存じでしょうか。 マルウェアとは悪意のあるソフトウェア(malicious software)全体をさす言葉です。 したがって、ウイルスもマルウェアの中に含まれているのです。 以前は悪意のあるソフトウェアのことを、広い意味でウイルスと呼ぶことが多かったのですが、近年、トロイの木馬のように自己増殖しないものが増えてきたため、自己増殖するウイルスとは区別する呼び方が定着してきています。 マルウェアには他にも、ワーム、スパイウェア、ランサムウェアと呼ばれる種類があります。 以下にそれぞれの違いをまとめておきましょう。 1-2-1. ウイルス ウイルスは他のアプリケーション(実行ファイル)の一部を書き換えて、ネットワークを介して自己増殖します。 単体では活動ができず、宿主となるファイルが必要なことと、他のシステムに感染することからウイルスと呼ばれています。 1-2-2. ワーム ワームは実行可能ファイルとして作られたマルウェアです。 単体で存在し活動できるところがウイルスとの違いです。 ネットワークを介して自身を複製して他のシステムに拡散します。 虫(ワーム)のように自ら動くことから名付けられました。 1-2-3. トロイの木馬 トロイの木馬は単体で活動しますが、自己複製しないので他のシステムに侵入して感染することはありません。 独自に拡散、増殖することがないため、ウイルスやワームと区別されています。 他のプログラムに偽装して侵入することからトロイの木馬と呼ばれています。 1-2-4. スパイウェア スパイウェアは個人情報やID・パスワードを収集して外部へ送信するマルウェアです。 スパイのように諜報活動を行うことからスパイウェアと呼ばれています。 キーボード操作を監視・記録する「キーロガー」と呼ばれるものもスパイウェアの一種です。 1-2-5. ランサムウェア ランサムウェアは侵入したシステム内のファイルやハードディスクを暗号化して、ユーザーが利用できなくするマルウェアです。 攻撃者は暗号化を解除するために、身代金を要求してくる場合がほとんどですが、支払いに応じても必ず暗号を解除してくれるとは限りません。 ランサム(Ransom)には身代金という意味があります。 トロイの木馬に感染したら? トロイの木馬に感染したらどうなるのでしょうか。 トロイの木馬はユーザーに気付かれないように活動するマルウェアなので、感染したとしても、すぐに気づくのは難しいでしょう。 攻撃者は特定のシステムに密かに侵入し、目的の情報を盗み、遠隔操作で利用することが目的のため、目に見えるところでは特に大きな変化はなく、見えないところで悪さをしています。 気付いたときには既に被害が広がってしまっていることが多いのです。 トロイの木馬の感染を検出するには、セキュリティ対策ソフトをインストールして、常に監視する必要があります。 トロイの木馬をはじめとするマルウェアは、次々と新種や亜種が発生してくるので、常に最新の状態にしておくことも重要です。 もしも、トロイの木馬に感染してしまった場合は、慌てずに対処することが大切です。 まずは感染した端末をネットワークやインターネットから切り離しましょう。 LANケーブルで接続している場合はLANケーブルを引き抜くだけです。 Wi-Fiなどの無線で接続している場合は、ワイヤレス・スイッチをOFFにしたり、無線機能を停止したりすることでネットワークから切り離せます。 ネットワークに接続していなければ、それ以上、外部に情報が漏れたり遠隔操作されたりすることはありません。 スパムメールなども送信できなくなり、被害を最小限に抑えられます。 その後、落ち着いたところで、トロイの木馬の駆除を行いましょう。 駆除の方法については後述します。 トロイの木馬の感染経路は? トロイの木馬の感染経路はさまざまです。 代表的なものには、メール、Webサイト、CDやUSBなどの外部媒体があげられます。 その他にもファイル共有ソフトや、OS・ブラウザの脆弱性を狙ったものなどがあります。 3-1. 感染経路と注意すべき点 基本的には何かしらのアクションを起こした時に感染するため、注意を払えば感染を回避することも可能です。 それぞれの感染経路と注意すべき点について以下に説明します。 3-1-1. メールやSNSで感染 メールに添付されているファイルを開いたり、記載されているURLをクリックしたりすることで、トロイの木馬をダウンロード・実行して感染します。 発信者が不明なメールに注意することはもちろんですが、金融機関やネットショップを装ったフィッシングメールも増えています。 添付ファイルやURLをクリックする場合は、必ず、発信者のメールアドレスを確認してからにしてください。 Facebook、TwitterなどのSNSメッセージも同様です。 自分がフォローしているアカウントであっても、攻撃者に乗っ取られている可能性があるので注意が必要です。 3-1-2. Webサイトで感染 悪意のあるサイトや、偽装サイトにアクセスすることから感染するケースも多いです。 マルウェアが仕掛けられたURLをクリックすることで、トロイの木馬をダウンロード&実行してしまいます。 また、OS・ブラウザの脆弱性を悪用して感染させるケースも増えています。 対策としては怪しいサイトにはアクセスしないことと、OSやブラウザのバージョンは常に最新の状態にしておくことです。 企業のホームページが不正に改ざんされるケースもあるので、少しでも不審な点があったら、それ以上のアクセスはやめましょう 3-1-3. CDやUSBなどの外部媒体から感染 CD、USBなどの外部媒体から自分のパソコンに持ち込んでしまうケースもあります。 トロイの木馬に感染していることに気付いていないと、トロイの木馬が仕込まれたファイルを自分のパソコンから他のパソコンに移してしまうケースも発生します。 これらを防ぐには、外部媒体からファイルをコピーする前に、必ずセキュリティ対策ソフトで媒体をチェックすることが必要です。 自分のパソコンからファイルを移す場合にも、媒体にファイルをコピーした後に、必ずウイルスチェックを実行しましょう。 3-1-4. ファイル共有ソフトで感染 Winny(ウィニー)などのファイル共有ソフトでダウンロードした動画ファイルがトロイの木馬であった場合、動画を見ようとして感染するケースがあります。 対策としては、そのようなソフトは使用しないことです。 企業の中には社内での使用だけでなく、自宅で個人的に使用することも禁止している職場もあります。 トロイの木馬に感染した時の具体的な被害 トロイの木馬に感染してしまうと、重要な情報が盗まれたり、破壊されたり、遠隔操作されてしまう可能性があります。 ここではトロイの木馬に感染した場合の、具体的な被害について説明します。 4-1. 突然電源が落ちる トロイの木馬に感染した場合、突然、パソコンの電源が落ちる場合があります。 これは遠隔操作が可能なトロイの木馬に感染しているときに起こる症状です。 勝手にシステムの通信ポートを開きネットワークの裏口(バックドア)をつくることからバックドア型と呼ばれ、トロイの木馬の中で最も危険なタイプです。 バックドアが開かれると攻撃者側から、被害者のパソコンを自由に遠隔操作できるようになるため、大事なデータが盗まれたり破壊されたりするだけでなく、あらゆる危険性があります。 パソコンの電源が突然落ちる理由は他にも考えられますが、もし急に起こった場合は警戒した方が良いでしょう。 その他にも、セキュリティ対策ソフトが突然終了したり、CPUの使用率が不自然に上下したりするときは、トロイの木馬または、それ以外のマルウェアに感染している可能性もあります。 4-2. クレジットカード情報など重要な情報が盗まれる トロイの木馬によっては、Webの閲覧履歴を監視して、クレジットカードの情報や、ネットバンキングなどのID・パスワードを盗み、攻撃者や悪意のある第三者に送信するものがあります。 パスワード窃盗型と呼ばれるタイプです。 被害にあったことに気が付かないうちに、クレジットカードが不正に使われたり、銀行口座から勝手にお金を引き出されたりします。 気付いたときには既に大きな被害がでてしまっているケースが多いため、自分の資産管理はこまめに行い、万が一パスワードを盗まれても、すぐに対処できる体制をとっておくことが大切です。 4-3. スパムメールを大量送信する トロイの木馬の遠隔操作による被害の一例で、特定のサイトを攻撃したり、メールソフトに保存された送信先に、大量のスパム(迷惑)メールを送ったりすることがあります。 家族や友人ならまだしも、仕事関係や取引先にスパムメールを送ってしまうと大問題です。 信用や信頼を一気に失ってしまうことにもなりかねません。 自分の知らない間に不正な操作を行い、迷惑行為や、犯罪の道具として利用されるケースがあるので十分な注意が必要です。 実際に犯罪に利用されて警察に逮捕されるケースも発生しています。 ここでは、トロイの木馬に感染してしまったときに駆除する方法を説明します。 5-1. ウイルス・セキュリティ対策ソフトを使う方法 まずは、セキュリティ会社が販売している有料のセキュリティ対策ソフトを導入して、スキャンする事が重要です。 セキュリティ対策ソフトでトロイの木馬を検知できれば、ほとんどの場合は駆除が可能です。 新種やOSの深くに入り込んだものは自動で駆除できない事もありますが、感染しているファイルが特定できれば、手作業で削除することで駆除できます。 なお、トロイの木馬はセキュリティ対策ソフト以外で発見するのが難しいため、パソコンを利用する場合は、必ずインストールして定期的なチェックを行いましょう。 トロイの木馬の大半はセキュリティソフトで防ぐことが可能です。 しかし、マルウェアは次々と新しいものが作られているため、セキュリティ対策ソフトを導入する際には、ヒューリスティック機能付きのものをおすすめします。 ヒューリスティック機能とは、従来からあるパターンファイルで検出するのではなく、悪質なプログラムの振る舞いからマルウェア判定を行う機能です。 新種のマルウェアにも高い検出率があるため安心です。 5-2. OSの初期化をする方法 セキュリティ対策ソフトを利用しても、検知もしくは駆除できない場合は、OSの初期化(再インストール)を行う方法があります。 これは、最も確実な駆除方法です。 ただし、パソコンに保存したデータが全て消えてしまうので、OSの初期化を行う場合は、確実に安全で必要なファイルをバックアップしてから実行してください。 OSの再インストール後は、必要なアプリケーションも再インストールして、さまざまな設定もやり直す必要があります。 OSの初期化は、原状回復までにかなり手間がかかるため最終手段となります。 なお、バックアップソフトを導入して、定期的にバックアップを取っておくことをおすすめします。 バックアップがあれば、マルウェアに感染する前の状態に戻すことができ、速やかに原状回復することが可能です。 OSを再インストールする場合でも、バックアップするファイルは最小限で済むので作業の手間が省けます。

次の