税 について の 作文 書き方。 【公務員試験の作文対策】書き方について分かりやすく解説

税の作文の書き出しは?消費税や税金作文の簡単な書き方は?見本も!

税 について の 作文 書き方

中学生の作文の書き方の基本やコツは? 『作文の書き方が分からない!』 『好きに書けと言われても、まったく何も思いつかない!』 『そもそも、作文を書く事そのものが好きじゃない!』 このように思っているひとも多いと思います。 実は、私も学生時代は作文が大嫌いでした。 だって、面倒くさいじゃないですか 笑 別に書きたいことがあるわけじゃないし、人権や税金なんてどうでもいいし、好きに書けと言われても最初の一行も出てこないし…。 でも、今なら私はスラスラと作文を書く事ができます。 それは、作文を書くコツを見抜いたからです。 それは何かというと、 『てきとうに書く事』 です 笑 中学生の作文はてきとうで良い! なぜてきとうで良いのか? 理由は簡単です。 誰も、中学生に 『立派な作文』を求めていないからです。 作文は、論文ではありません。 論文というのは、自分の考えを、しっかりしたデータに基づいて書き上げるものです。 だから、知識の間違いは批判されますし、読者を納得させられる内容でなければいけません。 でも、作文は違います。 作文というのはようするに、 『私はこう思います!』 ということを文章にするだけです。 正しい知識も、キチンとした論理の展開もいりません。 『AだからBであり、すなわちCという結論になる!』 なんて、小難しいことは書かなくて良いのです。 『私は〇〇だと思います!なぜなら〇〇だからです!』 と、ただこれだけのことなのです。 『私は名探偵コナンが大好きです!なぜならコナンくんがカッコイイからです!』 『僕はワンピースが大好きです!なぜならめちゃくちゃ泣けるからです!』 『僕は妖怪ウォッチが嫌いです!なぜならポケモンの方が好きだからです!』 と、こんなようなことをダラダラと800文字ぐらいで書けば良いだけなのです。 作文が書けない人というのは、 『ちゃんとしたことを書かなきゃ』と思いすぎているから、ちっとも書けないのです。 書き出しもてきとうで良い! ですので、多くのひとが悩んでしまう書き出しも、悩む必要なんてまったくありません。 書き出しのコツは、最初に自分の意見を書けば良いだけです。 先ほども書いたように、 『私はワンピースが好きです』 『私はワンピースが嫌いです』 と、最初に自分の意見を書けば良いだけです。 そしてそのあとに、 『なぜなら〇〇だからです!』と、理由を書いていけば良いのです。 そのまま文字を増やしていけば、あっという間に原稿用紙2~3枚なんて埋まってしまいます。 起承転結って何? けど、そうは言っても最低限 『形の整ったモノ』を書きたいですよね? 成績だって、悪いよりは良い方が嬉しいですし。 そんなときに大事になるのが、 『起承転結』 というテクニックです。 学校でも、作文の書き方のときに教わったのではないでしょうか? 『教わったけど、意味が分かんなかった』 というひとも多いと思います 笑 そんな人のために、起承転結を簡単にざっくり説明すると、 『作文の内容を、より読者に伝えやすくするテクニック』 のことです。 正確には作文だけでなく、 映画やマンガ、小説など、ストーリーのあるものはすべてこの起承転結が使われています。 起承転結にそって文章や物語を作った方が、相手を感動させやすくなるからです。 ちなみに起承転結とは、こういうことです。 起;話の始まり。 導入部分。 承;話が膨らんでいく。 転;話の内容がころっと変わる。 結;話が元に戻って、結論(エンディング)。 という感じです。 分かりにくいでしょうか? では、いくつか、起承転結を使って作文の骨組みを作ってみましょう。 私は〇〇(テーマ)は〇〇(自分の意見)だと思います。 なぜなら〇〇(そう思う理由)だからです。 たとえば、〇〇や〇〇など(具体的な例。 税金ならば税金の使いみちなど)があるからです。 もしも〇〇が〇〇してしまったら(税金がなくなってしまったら、など)、〇〇などになってしまいます。 (どうなるのか) ですので、〇〇は〇〇です、(税金は大事です、など。 ) この前、テレビで〇〇と言っているのを見ました。 (税金はいらない!など)でも、もしも本当にそうだったら〇〇になってしまうと思います。 (病院も学校も作れなくなる、など) だから、私は〇〇は〇〇だと思います。 (税金な大切だ、など) これからもっともっと〇〇のことを勉強していきたいと思います。 基本はこんな感じです。 詳しく解説すると、 まず、 最初に意見を言います。 次に、 そう思う理由を書きます。 その次に、 具体的な例や説明を書きます。 次に、 〇〇がなくなったらどうなるか、などを書きます。 で、 また意見を書きます。 ここで話が変わって、 テレビや雑誌で見たり読んだりした話を入れます。 そのときの感想を書きます。 最後に、 だから〇〇は〇〇なんだ、と、再び最初と同じ感想を書きます。 オマケで、 これからもっと〇〇について勉強していきたいと思います!などと書いておきます。 以上です。 という流れを辿りましょう。 もちろん、必ずしもこの通りにする必要はありません。 なんとなく、こんな感じで良いのです。 最初に言ったとおり、作文なんて単なる個人の意見です。 正しいも正しくないもありませんし、てきとうに文字を埋めてもOKです。 『なんとなくは分かるけど、見本が見たい!』 と、思う人は、次からそれぞれの作文の見本を紹介していきますので、それを丸パクリ…いえ、アレンジして書けばOKです。 先ほどの型に入れる文章が思いつかないときの参考にしてください。 もちろん、テーマが違う場合も、 『なんとなくこんな流れで書けばいい』 という参考になるので、ぜひ使ってください。 ちなみに、どんなテーマが出されたとしても、今から紹介する見本の文章をちょこっと変えれば最後まで書けてしまいます。 しかし、最初から最後まで丸写しすると、 同じことをした人がいた場合に即バレてしまうので、それだけはやめましょう。 『なんとなく、こんな感じ』 というイメージで、使えそうなところだけアレンジせいてマネしてください。 見本1 人権について 作文の後に起承転結を解説していますので、参考にしてください。。 また、改行したら1マス空けて書きましょう。 『人権について』 〇年〇組 山田太郎 人権は大切だと思います。 なぜなら、私たちは人権があるからこそ今の生活を保証されているからです、 人権がなければ、私たちは今のような平和な生活を送ることもできないし、私たちが普段、当たり前だと思っている権利もなくなってしまいます。 好きなマンガを読むことも、学校に行って勉強することも、イジメを受けそうになったら助けを求めることもできなくなってしまいます。 なぜなら、それらは『自由権』『社会権』『平等権』によって 保証されているからです。 このように、私たちが日頃から手に入れている『自由』や『権利』というものは、人権があってはじめて許されるものだからです。 人権というと、私は真っ先に基本的人権という言葉を思い出します。 小学生のころに習いましたが、正直、いまいちよく理解できていませんでした。 しかし今回、人権についての作文を書くに当たり、基本的人権とはどういうものなのかを調べてみて、改めて人権の大切さに気づきました。 たとえば、プライバシーの権利。 私たちは今、SNSなどで不特定多数の人達と繋がっています。 それは時には素晴らしい出会いや、思いもがけない貴重な情報や意見を交換する手段となりますが、ときには個人情報の流出などの被害を受ける危険性だってあります。 そんなときに守ってくれるのが、プライバシーの権利です。 完全ではなくても、私たちが最低限、安心してインターネットを使えるのは、『個人のプライバシーは守られるべきもの』と法律で保証されているからです。 それがなければ、私たちはインターネットに接続した瞬間に個人情報を盗まれ、流出され、見たことも聞いたこともない悪徳業者から毎日のように詐欺メールが送られてくるかもしれません。 見知らぬ人に私の家を特定されるかもしれません。 想像しただけで恐ろしくなります。 その昔、人類には人権というものはありませんでした。 だから、権力のない人間は権力者の言いなりで、ひどいときには八つ当たりで殺されてしまうことだってありました。 政治に口を出す権利もなく、もしもそんなことをしたら、『平民の分際で!』と牢屋に入れられてしまうことだってありました。 もちろん、戦争で道具のように人間が使われ、命を落とすことだってたくさんありました。 人権とは、そのような辛い歴史のなかで、人々が『自分たちの安全と自由』を求めて権力者たちと戦い、獲得していった大切な権利です。 だからこそ私たちは、この権利をいつまでも残していかなければいけないのです。 今、日本には戦争はありません。 だけどそれは、憲法9条だけのおかげではないと思います。 長い歴史のなかで、国民が権力者の言いなりになってはいけない、私たちにも自由と安全を求める権利があるんだ!と主張し続けてきたからこそ、戦争は絶対にいけないという価値観や、憲法が生まれたのだと思います。 私たちにとって、人権というものは決して理解できない難しいことではなく、むしろ、私たちが当たり前のように過ごしている平和な日常の一部です。 もしも人権がなくなれば、私たちの生活は一瞬にしてなにもかも失われてしまうかもしれません。 たくさんの人々が、長い歴史と努力の末に作り上げてくれた人権というものに感謝し、これからも守り続けていかなければいけないと強く思いました。 起:人権は大切だ。 承:基本的人権があるから社会が機能している。 転:昔は人権がなかった。 結:今は戦争はないが、人権が守られているから平和が維持できているのだ。 例 将来の夢 『将来の夢』 〇年〇組 山田太郎 僕の将来の夢はユーチューバーになることです。 ユーチューバーというのは、ユーチューブという動画サイトに面白い動画や、新しい商品の紹介動画などをアップして、視聴者を楽しませるお仕事です。 ユーチューバーとして有名なひとには、ヒカキンがいます。 ヒカキンは、毎日100万回以上動画が再生される超人気ユーチューバーで、最近ではテレビ番組にも出演することが多いです。 他にもたくさんの有名ユーチューバーがいます。 僕は彼らの動画を観るのが大好きなので、将来は彼らのようにユーチューバーとして成功したいです。 ユーチューバーというと、過激なことをして世間に迷惑をかけたりして、世間から批判されることの多い職業というイメージがあると思います。 最近では、『親が子供になって欲しくない職業』の一位になったというニュースも見ました。 でも、ユーチューバーが全員、世の中に迷惑をかけているというのは間違いです。 そういう迷惑行為をするひとはほんのひと握りで、ヒカキンを始め、多くのユーチューバーはキチンとルールを守って動画を作っています。 他の人の悪口を言いまくり、わざと敵を作りまくることで動画の再生数をあげようとするユーチューバーもなかにはいますが、多くのユーチューバーはとても良心的で、人間としての魅力の溢れています。 僕は彼らの、暖かくて面白い動画を見ると、嫌なことを忘れてすーっと心が楽になります。 日本は今、ストレス社会だと言われています。 日本だけでなく、文明が発達した社会では、どこもストレスだらけの社会になっていると思います。 会社、学校、人間関係…僕たち中学生だって、ストレスはあります。 最近ではSNSなどによるイジメや、悪口などもあります。 文明に生きる限り、すれ違いや衝突が生まれるのは避けられません。 すれ違いや衝突が起きれば、ストレスは必ず生まれます。 でも、そんなときに僕たちの心を癒(いや)してくれるのが、娯楽(ごらく)です。 楽しいマンガを読んでいるとき、テレビを観て大笑いしているとき、僕たちは日頃の嫌なことを忘れてリフレッシュすることができます。 ユーチューブもそのひとつです。 ほんの何十年前、娯楽を生み出せるのはひと握りの人間だけでした。 芸能人や有名人、映画監督など、知名度やお金、組織の力を借りられる人しかエンターテインメントを作り出して発表することはできませんでした。 だけど今は、インターネットを通じて個人が自分の力だけでエンターテインメントを生み出し、発表できる時代です。 ユーチューバーのように、自分ひとりの力でたくさんのひとを楽しませることができる時代です。 ストレス社会のなかで絶対に必要な娯楽作品を個人が作ることができるのです。 だから、私も大人になったら、ユーチューバーになろうと思います。 ユーチューバーになって、ヒカキンのように、たくさんの笑顔を生み出していきたいです。 起:僕はユーチューバーになりたい。 承:ユーチューバーは悪いイメージがあるが、それは一部だけだ。 転:ストレス社会において、娯楽は絶対に必要なものだ。 結:個人で笑顔を生み出していくユーチューバーこそ、これからの時代に必要とされるエンターテインメントだ。 税金について 私は、税金は大切だと思います。 確かに、政府にお金を取られるのはイヤなことだと思います。 お金がなければ買い物もできないし、ガス代や水道代を払うこともできません。 私の家も、貧乏というほどではありませんが生活はいつもギリギリです。 お母さんなどはよく、「自分たちの生活もギリギリなのに、税金なんて払ってられないわよ」と、文句を言いながらしぶしぶ税金を支払っています。 うちのお母さんのように、出来るなら払いたくないと思っているひとが世の中には大勢いると思います。 税金なんて役人を贅沢させるだけ、と言っていたこともあります。 でも、本当にそうなのでしょうか? 税金は、私たちの生活を支えてくれています。 道路を作るのも、病院を作るのも、すべて税金が元になっています。 私たちが病院に言って支払う治療費がとても安いのも、治療費の何割かを国が肩代わりしてくれているからです。 それは日ごろ私たちの親が、健康保険税というものを支払ってくれているからです。 他にも、水道管の整備や信号機の設置など、私たちが普段あまり気にせず利用しているものが、税金によって行われたり、作られたりしています。 もしもこれらがなくなってしまったら、水を飲むためにいちいち雨水を貯めておかなければいけませんし、道路は危なくて渡れなくなってしまいます。 他にも、学校の校舎は税金を使って建てられますし、机なども税金を使って買われています。 このように、税金は私たちの生活を支えるための大切なお金なのです。 遠い昔、税金は権力者を贅沢させるためのものでした。 支配されていた人たちは殺されたり、殴られるのがイヤだから、イヤイヤ税金を支払っていました。 お金を払っても自分たちの生活にはちっとも良くなることはないのに、仕方なく支払っていたのです。 だけど、今の税金は違います。 ときどき政治家や役人の横領があるとはいえ、基本的には税金は国民のために使われます。 多くのひとが勘違いしているそうですが、税金で支払われている国会議員や公務員のお給料は、実はそれほど高くはないそうです。 内閣総理大臣だって、ちょっと大きな会社の社長程度のお給料だと、テレビで言っていました。 公務員にいたっては、あまり高くすると国民から批判が出るからという理由で、かなり低めになっているそうです。 このように、今の税金は役人や偉いひとを贅沢させるためのものではありません。 国民の生活を支えるためのお金です。 誰だってお金は大事です。 お金の亡者は汚いけど、出来るならお金は払いたくないというのが本音だと思います。 だけど、税金は誰のためでもない、自分たちの生活のために使われるお金です。 私たちは水道で水を使います。 税金で建てた学校に通い、税金で買ってもらった机に座って勉強します。 みんな、税金を払うのはイヤだと言っていますが、税金によって便利な生活が送れているのですから、嫌ってばかりいてもしょうがないと思います。 権利ばかり主張して、義務を果たさないのは間違いです。 自分たちの生活をより快適なものにしていくためにも、私たちは納税の義務をきちんと果たすことが大切なのです。 起:税金は取られたくないけど、大切だ。 承:税金があるから道路ができたり、医療費が安かったりする。 転:昔の税金は権力者を贅沢させるためだけのものだったが、今は違う。 結:みんな税金を払うのはイヤだと言っているが、権利を主張するだけでなく義務を果たすことも大切だと思う。 税金を払うことは国民の義務だ。 まとめ いかがでしたか? 『中学生の作文の書き方』 というお話をしてみました。 『こんなの書けないよ!』 と、思ったひともいるかもしれませんが、最初に書いたとおり、作文というのは論文ではないので、てきとうで良いのです。 『僕はこう思います』 『その理由はこうだからです』 『具体的にはこんなものがあります』 というように、ひとつひとつ情報を足していけば良いのです。 どうしても書けない!というときは、私の見本を参考にしてみてください。 丸ごとマネするのはバレる危険性があるのでダメですが、 『ここはこういう感じで書くんだ』というように、部分部分で参考にするのはアリです。 自分なりの言葉に置き換えて使ってみてください。

次の

税についての作文で書き方を教えてください

税 について の 作文 書き方

Q 法人代表者です。 自宅の一部を事務所として使用しています。 年明けに自宅所有者の父が死亡し,現在遺産分割協議中です。 自宅の取得者を母・兄弟・自分のうちだれになるかまだ決めていません。 法人の経理処理で事務所家賃を父に払っていましたが,父死亡後その支払は停止しています。 法人の決算までに所有者が決まらないと家賃の計上もできないし,仮に自分が取得者となった場合、節税対策として家賃の経費計上はしていきたいと思うので相談していますが、まだ決まっていません。 今まで計上していた経費を一時停止しまた再開した場合,調査時に作為的ととられない為に何とか継続して経費処理したいのですが,最悪決まらない状態で決算時期に入ってしまったらどうすればいいのでしょうか? また一時停止の理由が資金繰りなどが理由であれば一時停止し,また再開することは可能なのでしょうか?どういった理由であれば認められますか? A ベストアンサー 賃料を生む不動産についての遺産分割協議が整わない間は、その賃料は「法定相続人に、法定相続分に応じて賃料が支払いされているもの」として処理することになってます。 ですから、法人会計上は法定相続分に応じて、家賃支払いをするのです。 実際に支払いをするか、未払いにしておくかは、選択できるでしょう。 遺産分割協議が整い、所有権者が確定したら、その所有権者に所有権按分した家賃の支払いをします。 法人の事務所家賃は「一般的に支払いをすべきもの」なので、家賃支払いを一時停止した場合には、支払い停止期間については「家賃相当額の債務免除を受けた」として益金算入処理が必要となります。 なお、事務所所有者と法人が人的関係が薄い場合に、家賃支払いをしてないと「追い出される」可能性が出てしまいますので、法的に家賃債務を消滅させるために法務局へ、家賃の供託をする場合もありますが、本例ではそこまでする必要はないでしょう。 nta. htm A ベストアンサー 別の質問で住民税のことを気にされていた ので、そちらを補足します。 goo. city. kawasaki. html 合計所得35万以下は所得割も均等割も 非課税となります。 9万の所です。 結論として、 102. この収入差でご主人の税金が変わること はありません。 103万以下なら配偶者控除が受けられる ことは所得税でも住民税でも条件は 変わらないのです。 別の質問で住民税のことを気にされていた ので、そちらを補足します。 goo. city.... Q 両親健在で子供の私への家の贈与の話がありました。 相続時精算課税があると教えていただき、もし使った場合と、 使わなかった場合の差額を大体でよろしいので教えてください。 父70歳以上 私20歳以上です。 家3000万円位?です。 私なりにざっくり計算すると、 相続時精算課税使用したとき、2500万の差額500万の20%100万を一時的に支払い、 実際相続するときに、相続税1400万ー差額支払額の100万の1300万を払うで よろしいのでしょうか? 相続時精算課税を使用しないときは、実際相続するとき、同じぐらの総額1400万位お支払いすればよろしいのでしょうか? 答 相続時に、精算課税使用したときは、大体 円 相続時に、精算課税使用しなかったときは、大体 円 ざっくりした金額でよろしいので教えてくださいませ。 話しがややこしくなるので、書かれている値は 1 「贈与財産の(税務上)評価額=課税価格」である 2 特に回答文内で断っていない限り、相続時(将来)の評価額も同額である また、大変失礼な事を書きますが、 3 他には『相続時精算課税』の対象となる贈与は発生し無い 4 現時点でお母さまは既に亡くなっており、お父様の財産を相続する人間はご質問者様お一人 かように決めつけさせていただきます。 本来は、幾つかのステップを踏んで「各人毎の相続税納付税額」を算出し、その納付税額から【相続時精算課税による贈与税額の合計】100万円の控除を行う。 そして、ご質問者様の相続税納税額から控除しきれていない【相続時精算課税による贈与税額の合計】の残額は還付請求。 よって今回は100万円全額の還付となる。 話しがややこしくなるので、書かれている値は 1 「贈与財産の(税務上)評価額=課税価格」である 2 特に回答文内で断っていない限り、相続時(将来)の評価額も同額である また、大変失礼な事を書きますが、 3 他には『相続時精算課税』の対象となる贈与は発生し無い 4 現時点でお母さまは既に亡くなっており、お父様の財産を相続する人間はご質問者様お一人 かように決めつけさせていただきます。 Q 公的年金(年額400万円以下)だけで生活している後期高齢者です。 表記について、以下の諸点についてご指導いただけないでしょうか? 1.年金額が400万円未満の場合は、確定申告が不要ということは存じ上げております。 そこで、確定申告をしない場合は、配偶者控除、医療費控除、社会保険控除、生命保険や地震保険控除など、各種の所得控除が受けられなくなるということは理解できるのですが、そうしますと、自動的に税の還付も得られなくなると考えてよろしいのでしょうか? 例えば、社会保険料については、役所の方で把握されているのでしょうし、配偶者の有無も役所側で把握されているのでしょうから、役所の側で把握されている事項については今さら国民の方から申告する必要はないように思うのですが、それでも確定申告によって役所に申告しないと社会保険控除はまったく受けられない、 ということなのでしょうか? 2.ごく一般的(平均的)に、年額400万円以下の場合は確定申告によって各種控除の申請をした場合必ず税の還付を受けられる、と考えてよろしいのでしょうか? それとも400万円以下の年金収入(それ以外の収入はない場合)でも、確定申告によって追加課税されるケースはあるのでしょうか? 以上、ご指導のほどよろしくお願いします。 公的年金(年額400万円以下)だけで生活している後期高齢者です。 表記について、以下の諸点についてご指導いただけないでしょうか? 1.年金額が400万円未満の場合は、確定申告が不要ということは存じ上げております。 そこで、確定申告をしない場合は、配偶者控除、医療費控除、社会保険控除、生命保険や地震保険控除など、各種の所得控除が受けられなくなるということは理解できるのですが、そうしますと、自動的に税の還付も得られなくなると考えてよろしいのでしょうか? 例えば、社会保険料につい... A ベストアンサー >ご指摘いただいた源泉徴収額の >異常な低さ う~む。 こんな実態があるとは… はっきり言えば、年金機構の怠慢です。 民間なら、年末調整に間違いがあって 源泉徴収票、給与支払報告書に 誤りがあれば、税務署や自治体に 結構いびられるでしょう。 税務署が脱税を指摘する 権利はありません。 確定申告をしなくてよい法律で 決まっているからです。 >平成27年の提出申告 >源泉徴収額は19万3000円程 こちらは、ひどいですね。 確定申告して正解です。 しないと大損です。 結局、 >12万2000円程の税還付 つまり、その差から所得税額は 7. 逆に言えば、役所のこうした杜撰な管理、 システムは、合法的に有効に利用すれば 随分お得だということです。 推測に過ぎませんが、縦割行政ありがちの 自治体と年金機構の横連携がうまくいって ない所からきているような気がします。 だって言ってることとやってることが違う んですからね。 しかし、いろいろ見てみましたが、こんな 状況に苦情があったり、障害報告が出て いたりするものは見つけられませんでした。 おそらく、多くの高齢者が気が付かずにいる ということでしょう。 特に余計に所得税を源泉徴収しているのは、 はっきり言って、年金機構が十分責めを 負ってよい事実です。 これまでもちょくちょく目にしましたが、 年金機構の仕事はまだまだ信用できない という印象です。 お話を聞いていて、確定申告の対策として 下記から源泉徴収票や保険料控除などを 入力することをお薦めします。 そして、どういう結果になるかを まえもって確かめられてから、 申告するかしないかを決められたら、 よろしいかと思います。 keisan. nta. htm bsctrl 結果、申告するなら、印刷、押印し、 各書類を添付し、税務署に郵送か提出 しにいけばよいのです。 確定申告時期の大混雑の税務署会場で 疲弊することもありませんので、 お薦めです。 いかがでしょう。 >ご指摘いただいた源泉徴収額の >異常な低さ う~む。 こんな実態があるとは… はっきり言えば、年金機構の怠慢です。 民間なら、年末調整に間違いがあって 源泉徴収票、給与支払報告書に 誤りがあれば、税務署や自治体に 結構いびられるでしょう。 税務署が脱税を指摘する 権利はありません。 確定申告をしなくてよい法律で 決まっているからです。 >平成27年の提出申告 >源泉徴収額は19万3000円程 こちらは、ひどいですね。 Q 医療費控除を受けるため主人の平成27年分の確定申告書を国税庁の入力サイトで入力中です。 出来上がったら郵送の予定。 夫婦共働きで妻は所得が180万あり、扶養を外れています 子どもは高校生と大学生。 作成コーナーの指示通りに入力していくと 「収入金額等」「所得金額」は源泉徴収票通り。 「所得から差し引かれる金額」の「社会保険料控除」「生命保険料控除」は修正が無いので源泉徴収票通り。 「医療費控除」「地震保険料控除」は追記した通り。 「配偶者控除」はゼロに。 そして「基礎控除」38万。 ここまではいいのですが、23番扶養控除は63万になります。 38万は無くていいのでしょうか? A ベストアンサー >源泉徴収票のままなら、早生まれの高校生分も扶養控除されたままだったのでしょうか… 27年分の「扶養控除等異動申告書」に、当時 15歳の子供の名前を書いたのですか。 それで 27年分の「源泉徴収票」にも反映されているのですか。 だとしたら会社が誤りに気づかないまま、年末調整が済んでしまったことになります。 税務署が誤ったのではありません。 会社の誤り、ひいては納税者自身の誤りということになります。 >後から天引きで追徴されるのでしょうか… 税務署もしくは市役所の税務担当課が、5年以内に気づけば、勝手に天引きされるのでなく、「おたずね」が会社経由で届き、更正処分を受けます。 まあ、今回その年の確定申告をするとのことなら、「おたずね」が来る可能性はなくなります。 Q 私が68歳、妻58歳で、私が厚生年金受給(38年かけてました) 毎年年金機構から加給年金確認届け出の用紙が送られてきます。 3つ要項の対象にはなっているので いつも妻の名前を記載して返送していましたが 妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると 友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。 (妻は厚生年金は今年で24年目) もちろん妻は、まだ会社勤めで、厚生年金は受給はしていません。 こういう場合、対象で良いか教えてください。 これがまちがいです。 年金機構hpを見て下さい。 配偶者が老齢厚生年金(被保険者期間が20年以上または共済組合等の加入期間を除いた期間が40歳(女性の場合は35歳)以降15年以上の場合に限る)、退職共済年金(組合員期間20年以上)または障害年金を受けられる間は、配偶者加給年金額は支給停止されます。 単に妻が20年以上厚年加入で停止になるのではありません、受給してる場合です、 また、心配しなくても、配偶者の情報は機構に登録されているので、例外を除き、上記にあてはまれば、停止となります。 結論として、今受給は大丈夫、生計を維持はだしてよい、停止にかかれば自動で停止される A ベストアンサー >二重の支払いになるのでしょうか? おそらくなっていません。 住む場所、勤務『場所』は現状では あまり関係ありません。 基本的に住民税の納税先は A市のみです。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 勤務先が変わったことによって、住民税の 納付手続きの遅れが二重払いに見えている だけだと推測されます。 住民税の納付は前年の所得に対し、 今年度納税するのが基本です。 便宜上、 A市の職場をD社 C市の職場をE社 としましょう。 話は2年前に遡ります。 city. osaka. ですので、未納となった分を普通徴収 という形式に変更し、A市が納付書を あなた宛に郵送してきたのではないか と推測します。 こうした場合、E社での住民税の天引きも 手続きができず、全部振込みになる場合が 一般的です。 住民税の税額や一昨年からの所得から より確実な推測はできますが、 そうした情報が提示できないのであれば、 A市に問い合わせるのが妥当かと思います。 因みにB市から通知がきたりしている なら、それはおかしいです。 B市から来るとすれば、国民健康保険料 もしくは保険税の通知となります。 以上、いかがでしょうか? >二重の支払いになるのでしょうか? おそらくなっていません。 住む場所、勤務『場所』は現状では あまり関係ありません。 基本的に住民税の納税先は A市のみです。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 勤務先が変わったことによって、住民税の 納付手続きの遅れが二重払いに見えている だけだと推測されます。 住民税の納付は前年の所得に対し、 今年度納税するのが基本です。 便宜上、 A市の職場をD社 C市の職場をE社 としましょう。 話は2年前に遡ります。 A ベストアンサー 質問では情報が足りませんが、 おそらく、奥さんをご主人の社会保険の 扶養家族として加入申請しようとしている ということだと推測します。 そうすると奥さんの国民健康保険の保険料 を払わなくて済むようになりますし、 国民年金の保険料も払わずに加入できる ようになります。 『被』というは『される』と言う意味です。 奥さんも保険されるわけですが、 今保険されている人の氏名を ご主人の手書きで署名します。 つまり奥さんです。 ここはご質問の内容から推測して います。 ということで、奥さんを被扶養者 とするなら、奥さんが手書きで 自分の氏名を書きます。 という内容で合っていますか? この申請で奥さんの社会保険の 保険証が届いたら、 国民健康保険の脱退手続きが 必要になります。 保険料はそれ以降払わずに済みます。 場合により、保険料の還付もあります。 いかがでしょうか? 質問では情報が足りませんが、 おそらく、奥さんをご主人の社会保険の 扶養家族として加入申請しようとしている ということだと推測します。 そうすると奥さんの国民健康保険の保険料 を払わなくて済むようになりますし、 国民年金の保険料も払わずに加入できる ようになります。 『被』というは『される』と言う意味です。

次の

税の作文 書き方のヒント その4

税 について の 作文 書き方

消費税• 所得税• 贈与税• 相続税• 自動車税• 固定資産税• 住民税 などなど 書いたらキリがないくらいの税金があります・・・ 一般的に税金にはどういうものがあり、 どういう風に使われているのか と言うことを書くのもいいですが、 できれば少しでも身近な税について書いた方が書き易いかも知れませんね。 じゃあどの税かというと、 中学生も自ら払っている 消費税 消費税は中学生も悩まされているのでは? 以前は5%(大昔は3%)だった消費税が今では8% そしてこの10月1日からは10%にアップします。 そんな 一番身近にある税 消費税 について書いてみると、税に関する作文と言っても まだ少しは書けるんじゃないでしょうか。 消費税の作文の書く方はどう書けばいい? では、その消費税についての作文ですが、 実際に書くにあたってどういう風に書いていけばいいのでしょうか? それには最初に• 最初は否定的で消費税の存在の意味に懐疑的だったが、 いろいろと調べるうちに国民の生活に必要不可欠なことに 使われている。 消費税が無ければ今後の国民生活がどうなっていくのか• など、 自分がこれらの知識を得たことで何をしたいか と言うことを書いて締めくくと 先生方や学校から評価が得られる作文になるのでは? まとめ ただでさえ後回しにしがちな作文、しかも税に関する作文の場合、 中学生にも身近な消費税について調べてみれば 自分たちも普段から支払っている税金がどんなことに使われているのか、 自分たち子どもでもこんなことに貢献できているのか と、新たに気づくことが出てきて案外楽しく書けるかも知れません。 これが消費税以外の税金のことについて書こうとすると その税金がどんな税か調べるところからの取り掛かりになり、 それだけで大変になってしまいます。 面倒な作文の宿題だからこそ身近な興味が出そうなものを題材に 早めに済ませておくと休みの最後まで残して悩まなくていいですね。

次の