スピンロトム。 【ポケモン剣盾】スピンロトムの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ロトム (ろとむ)とは【ピクシブ百科事典】

スピンロトム

特性は共通してふゆうだが、タイプ相性によってじめん技が効かないため、特性はあってないようなもの。 (みずびたしを受けてもじめん技が効かない、かたやぶりじしんを受けない等、些細な違いはある) また、FC時に習得する技も他のFCロトムが威力100超の大技を習得するのに対してエアスラッシュと軽装備。 第七世代ではZクリスタルの登場により、他ロトムとの火力差は更に広がってしまった。 一方でエアスラッシュはZワザ化しなくても使い勝手が良く、耐久型でも採用しやすいメリットがある。 でんじはとの相性も良い。 でんき・ひこうタイプとしてみるとトリックやおにびなど独自性の強い技がいくつかあり、 特性の差だけで同タイプのやの劣化になることはない。 エアスラッシュはやも覚えるが特攻で勝る。 最新世代の考察はに、 前世代の考察はにあります。 性能安定。 雨やZクリスタルとあわせて。 攻撃しつつ麻痺撒き。 ボルトチェンジ 電 70 105 100 自分交代 タイプ一致技。 攻撃しつつ撤退可能。 スカーフなら怯みを狙える。 おにびやでんじはとあわせて。 スカーフなら怯みを狙える。 タスキ潰しなどへ。 相手の変化技に注意。 めざめるパワー - 60 100 - 4倍狙いで炎・氷など。 変化技 タイプ 命中 備考 おにび 炎 85 物理アタッカー対策。 同族では自身のみ。 でんじは 電 90 サポート用。 地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。 エアスラッシュと相性が良い。 トリック 超 100 メガネやスカーフとあわせて。 メガストーン・Zクリスタルには無効。 リフレクター 超 - サポート用。 味方の物理耐久を強化。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 味方の特殊耐久を強化。 ねらいのまとを地面タイプに押し付けてやれ! をでんじはで麻痺させたり、を10万ボルトで抜群を取れたり出来るぞ! あとは、を毒毒で弱らせたり、にいたみわけも出来るぞ! ねらいのまとのおかげで、めざぱ氷でなくとも地面とやりあえるのもメリットか さあ、みんなもねらいのまとを持たせたスピンロトムで、ランダムマッチに潜ろう! あれ…? これ……ネタ? ねらいのまとは、無効タイプがなくても普通に持てる。 あしからず。 残念ながらねらいのまとの使い勝手は他のロトムでも変わらない 浮遊で地面無効、トリック+電気 あえてスピンでやる理由を挙げるなら「エアスラより10万のほうが火力がある 電気が最大ウエポンになりやすい 」ことと、「地面相手にまひるみ出来る 岩技飛んでくるけど 」ことだけ。 対スピンロトム• 注意すべき点 他の電気・飛行と違いおにびやトリック等でトリッキーに動いてくる。 フォルムチェンジで習得するエアスラッシュも、威力は低いが命中率や追加効果は優秀。 こだわりスカーフを持たせたりでんじはと併用したりで行動不能を狙える強力な一致技に。 対策方法 他のFCロトムと違いかたやぶりじしんは通らないが、岩や氷の特殊技ならかなり楽に落とせる。 物理アタッカーで対処する場合はラムのみ持ちだと確実性が増す。 覚える技 レべルアップ 4th 5th 6th SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP - - 1 ほうでん 80 100 でんき 特殊 15 - - 1 じゅうでん - - でんき 変化 20 1 1 1 トリック - 100 エスパー 変化 10 1 1 1 おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15 1 1 1 でんじは - 90 でんき 変化 20 1 1 1 でんきショック 40 100 でんき 特殊 30 1 1 1 あやしいひかり - 100 ゴースト 変化 10 8 8 8 さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10 15 15 15 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 22 22 22 でんげきは 60 - でんき 特殊 20 29 29 29 あやしいかぜ 60 100 ゴースト 特殊 5 36 36 36 みがわり - - ノーマル 変化 10 - 43 43 エレキボール - 100 でんき 特殊 10 - 50 50 たたりめ 65 100 ゴースト 特殊 10 43 57 57 じゅうでん - - でんき 変化 20 50 64 64 ほうでん 80 100 でんき 特殊 15 技マシン No.

次の

【ポケモン剣盾】スピンロトムの育成論と対策

スピンロトム

ロトム Rotom 英語名 Rotom 479 - - 152 - - - - - 068 - - - - - - - - - - - 372 - - 分類 プラズマポケモン 0. 3m 0. 3kg 赤 ヒートロトム ウォッシュロトム カットロトム スピンロトム フロストロトム 20サイクル• 第四世代: 5355歩• 第四世代: 132• 第五・第六世代: 154• 第七世代: 154 通常 , 182 その他• 第八世代: 154 通常 , 182 その他 1000000 性別 ふめい 45 初期 III~VII 70 初期 VIII 50 外部サイトの図鑑• ポケモン徹底攻略• ロトムとはのNo. 479のポケモンのこと。 初登場は。 で仕様が変更されたポケモンの一つ。 概要 プラズマの身体を持つゴーストポケモン。 オレンジ色の丸ピンのような形状の身体とそれを覆う青白いプラズマで構成されている。 特殊なモーターを使った電化製品に憑りつくことで、その機能を使いこなすことができる。 いたずら好きな性格で、様々な電化製品に憑りついてはそれを使ったいたずらをしでかして驚かせる。 知能も高く、音声機能がついている機材に憑りつけば、人間と会話による意思疎通もできるほど。 その生態に注目した少年の発明によって、ロトムを活かした様々な機器が作られはじめ、ポケモン図鑑に憑りついた やスマートフォンに憑りついた 、パソコンに憑りついた などが存在する。 特にではスマホロトムが普及している他、ポケモンセンターの共用パソコンにロトミが採用されているなど、ロトム電化製品が浸透している。 ただし、こちらは憑りついている物が精密機器のためバトルはできない。 現在確認されているバトル向けの電化製品には、オーブンレンジ、洗濯機、扇風機、冷蔵庫、芝刈り機の5種類が確認されている。 これらに憑りつくと物理的な身体を得たためか、ゴーストタイプから機器に合わせたタイプに変化する。 ポケモンずかんの説明文 、、 プラズマで できた からだを もつ。 でんかせいひんに もぐりこみ わるさを することで しられている。 漢字 プラズマで できた 体を 持つ。 電化製品に 潜りこみ 悪さを することで 知られている。 、、 でんきのような からだは いちぶの きかいに はいりこむことが できる。 そして そのからだで いたずらする。 漢字 電気のような 体は 一部の 機械に 入り込むことが できる。 そして その体で いたずらする。 、、 とくしゅな モーターを うごかす どうりょくげんとして ながい あいだ けんきゅうされていた ポケモン。 漢字 特殊な モーターを 動かす 動力源として 長い あいだ 研究されていた ポケモン。 ロトムのすがた ある しょうねんの はつめいから ロトムを いかした いろいろな きかいが つくられはじめたのだ。 漢字 ある 少年の 発明から ロトムを 活かした いろいろな 機械が 作られ始めたのだ。 ヒートロトム とくしゅな モーターで うごく オーブンレンジに はいっている。 ほのおを あやつるのが とくい。 漢字 特殊な モーターで 動く オーブンレンジに 入っている。 炎を 操るのが 得意。 ウォッシュロトム へやを みずびたしに する。 みずを いかした わるさを たのしむ ロトムの すがた。 漢字 部屋を 水浸しに する。 水を 活かした 悪さを 楽しむ ロトムの 姿。 フロストロトム とくしゅな モーターで うごく れいぞうこに はいっている。 れいきを はきだし たたかう。 漢字 特殊な モーターで 動く 冷蔵庫に 入っている。 冷気を 吐き出し 戦う。 スピンロトム だいじな しょるいを ふきとばす かぜに まかせた わるさを たのしむ ロトムの すがた。 漢字 大事な 書類を 吹きとばす 風に まかせた 悪さを 楽しむ ロトムの 姿。 カットロトム とくしゅな モーターで うごく しばかりきに はいっている。 かりとった くさを まきちらす。 漢字 特殊な モーターで 動く 芝刈り機に 入っている。 刈り取った 草を まき散らす。 ロトムのすがた プラズマで できた からだで いろんな きかいに もぐりこむ。 おどろかせるのが だいすきだ。 漢字 プラズマで できた 体で いろんな 機械に 潜りこむ。 驚かせるのが 大好きだ。 ヒートロトム おきにいりの ふくを こがす。 ねつを つかった わるさを たのしむ ロトムの すがた。 漢字 お気に入りの 服を 焦がす。 熱を 使った 悪さを 楽しむ ロトムの 姿。 ウォッシュロトム とくしゅな モーターで うごく せんたくきに はいっている。 ほうすいで あいてを いかく。 漢字 特殊な モーターで 動く 洗濯機に 入っている。 放水で 相手を 威嚇。 フロストロトム ためた おふろを こおらせる。 れいき ならではの わるさを たのしむ ロトムの すがた。 漢字 溜めた お風呂を 凍らせる。 冷気 ならではの 悪さを 楽しむ ロトムの 姿。 スピンロトム とくしゅな モーターで うごく せんぷうきに はいっている。 とっぷうで てきを ふきとばす。 漢字 特殊な モーターで 動く 扇風機に 入っている。 突風で 敵を 吹きとばす。 カットロトム そだてた おはなを かりとる。 くさに かんする わるさを たのしむ ロトムの すがた。 漢字 育てた お花を 刈り取る。 草に 関する 悪さを 楽しむ ロトムの 姿。 種族値 通常のフォルム の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 50 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 第八世代 その他の世代: , 遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP このポケモンにタマゴわざはありません。 太字のわざはタイプ一致です。 その他の場所で覚えるわざ• 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 D・P Lv. 15 (後・夜のみ、テレビの中) - - Pt Lv. 60 でとする。 60 でとする。 5-40 捕獲後 X・Y Lv. ロトムには以下の6つのがある。 は通常のフォルムを除いて全て共通。 詳細は・を参照。 ロトム(通常のフォルム)• ヒートロトム• スピンロトム• フロストロトム• ウォッシュロトム• をモデルにしていると思われる。 第四世代では全てのフォルムで、は同じ。 第五世代以降ではフォルムチェンジに応じて タイプも変化するようになった。 相手として出てきたときにタイプを間違えないように注意。 ダイヤモンド・パールでの戦闘BGMから勘違いされやすいが、伝説のポケモンではない。 もちろんタマゴで増やせる。 ・では、にロトムが入り込んでいる ""が登場する。 では、スマホにロトムが入り込んでいる ""が登場する他、ロトムの入ったである ""がに設置されている。 アニメにおけるロトム• で初登場。 フォルムチェンジでサトシやヒカリをからかっていた。 このエピソードでタケシが、冷蔵庫がフロストロトムに変化したことに気づいたシーンは2013年正月特番の爆笑シーン集でもとりあげられた。 では野生の個体が3匹登場。 そのうち1匹はがゲットした。 声優はオーキドにゲットされたのが、ほかの2体が、。 また、では、オーキドと一緒に最後のコーナーに登場している。 ではのポケモンとして登場。 SM編ではが登場。 からサトシに同行している。 新無印編ではスマホロトムが登場。 主に・・が登場している。 新無印編ではドローンロトムも登場。 近くにポケモンワールドチャンピオンシップスに参加登録しているトレーナーがいると突然現れて公式バトルをするか聞いてくる。 バトルでの審判も務める。 声優は。 マンガにおけるロトム ポケットモンスターSPECIALにおけるロトム• 第7章で初登場。 初登場時にはポケモン図鑑には反応しなかった。 第8章でに再びやってきたダイヤモンドとパールの前に現れ、このときは図鑑に反応した。 2人の前から逃げたロトムはのある部屋に忍び込んで電化製品にとりつき、5つのフォルムに変化した。 第14章ではムーンの図鑑に入っている。 第7・8章とは別個体である。 ポケモンカードにおけるロトム• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 脚注 関連項目• 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 ロトム motor(英語:モーター)の逆さ読み Rotom 日本語に同じ Rotom 日本語に同じ Motisma moteur エンジン ,plasma プラズマ 로토무 日本語に同じ 洛托姆 Rotom 日本語に同じ.

次の

【マイナー道】悪だくみ積みエース扇風機スピンロトムのすすめ【ポケモン剣盾】

スピンロトム

また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 『エレキフィールド』『サイコフィールド』『グラスフィールド』『ミストフィールド』の効果も受けない。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 Lv. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 3倍の効果もさらに加わる。 なお、相手の道具を無効にする効果はない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の