河井案里 週刊新潮。 河井案里に3人のセフレは誰?広島県議のドンなど名前や顔画像も特定?|TK HOTLINE

河井案里のセフレ不倫相手3人の実名特定か「顔画像がヤラシイ」女を武器にした出世術に実母涙

河井案里 週刊新潮

藁をも掴む思いで申請した給付金が一向に届かないという悲痛な叫びも聞こえてくる。 だが、コロナ恐慌など何処吹く風。 ついに逮捕でも検事総長を悩ます 「河井案里」捜査担当検事の自殺 広島地検が河井案里参院議員(46)と夫の克行前法相(57)の内偵捜査に着手したのは昨年秋のこと。 半年以上を費やした捜査は大詰めを迎えているが、広島地検では若き検事が人知れず非業の死を遂げていた。 「吉村知事」が「8割おじさんに騙された」! 人との接触8割減を迫り、42万人が死ぬと脅した「8割おじさん」こと北海道大の西浦教授。 その数理モデルは間違っていたと本誌は書いてきたが、それをデータとともに突きつけられた大阪府の吉村知事は、天を仰いだという。 原点回帰という「小池百合子」妖婦の原点 「4年前の原点に戻って」。 ようやく出馬を決めた小池百合子都知事(67)は会見でそう語った。 だが、彼女の「本当の原点」は学歴詐称疑惑の発火点たる異国での日々から政界進出するまで、にある。 〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。 辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。 ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。 シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。 それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。 偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。 今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。

次の

「河井案里」捜査担当検事が自死していた 夫妻は“暴露”の切り札に…(デイリー新潮)

河井案里 週刊新潮

すぐよめる目次• 秘書らが逮捕された深夜、雲隠れしている河井夫妻の部屋に検察官が急襲• ドアチェーンをかけて抗う夫妻と揉み合いに• 抵抗の末、二人の携帯電話が押収された 雲隠れしていた『ホテルニューオータニ東京』10人の検察官らと押し問答になった様子がわかります。 彼女の秘書ら3人が公選法違反(買収)容疑で逮捕された3月3日の深夜、そんな一幕があった。 数時間前に議員会館事務所の家宅捜索を終えた広島地検は、夫妻が雲隠れしている「ホテルニューオータニ東京」の部屋を突き止めた。 揉み合いの末、夫妻の抵抗も虚しく、二人の携帯電話は押収された。 中略コトの真相はともかくとして、広島地検が異例の強行に踏み切ったのは紛れもない事実。 そんな捜査のなかで思わぬ事実が浮上した。 検察関係者が打ち明ける。 中略 「押収した案里の携帯を調べたところ、普段、彼女が何をしているか分かっちゃったんだ。 メールのやりとりから、彼女にフリーセックスの相手がいることが判明した。 それも3人かそれ以上ですよ」 週刊新潮 週刊新潮の記事によると、河井案里(あんり)議員に3人の不倫相手がいたとしています。 3人の男が誰なのか気になりますね。 広島県政のドンで議長経験者• 案里議員と同期当選の現役県議• 河井夫妻の元公設秘書 この3人が河井案里議員との不倫を疑われている人物です。 案里議員が夫の留守中に、家に上げていたと。 河井案里議員が広島県議であった頃は、東京で活動する夫の河井克行氏とは別々の生活でした。 3人の男とは何者なのか。 広島の捜査関係者に訊ねると、「相手が誰か、というのはだいたい絞り込めますね。 次に現役県議。 彼は、県議上がりの案里と県議会議員の当選同期です。 そして河井夫妻の事務所で働いていた 元公設秘書ですよ。 河井案里議員の不倫相手と疑われる1人目である広島県政のドンは、不倫を否定しています。 あくまでも親子のような関係であると。 「 私としては、親子のような関係で案里ちゃんの成長を見守っていたのに、ボーイフレンドにされたらびっくりですよ。 パーティーなんかで近くにいたということはある。 あいつは(河井案里)はかなり遊んでいる• 河井案里議員の不倫相手と疑われる3人目は河井夫妻の元公設秘書の男性です。 秘書となれば、当然自宅に出入りしますね。 しかしそれでもこんな情報があります。 荷物の運び入れの時に、案里さんが秘書を自宅に泊めた• その色っぽいエピソードをまとめてみました• 男性へのボディータッチが凄い• 体のラインが出る色っぽいファッションが多い• 年長者には、ぐっと近づいて目を見て見ながら話す• (格下の職員にはアゴで指示をする)• こんなに条件が揃ってしまうと、不倫の疑いをかけられる理由も分かります。

次の

河井案里のセフレ3人は誰で名前特定?週刊新潮写真画像や大物県議会の実名も!

河井案里 週刊新潮

広島地検が河井案里議員(46)と夫の克行前法相(57)の本格捜査に着手したのは、今年1月。 国会の閉会翌日となる6月18日が逮捕の「Xデー」とも噂されているが、その裏では、案里議員の捜査担当検事が自ら命を絶っていた。 *** 「亡くなったのは昨年12月10日。 広島市内のマンションです。 この検事は国立大卒で30歳前後と若く、2年ほど前に東京地検から異動してきたばかりでした。 遺書も残されていなかったようです」 と証言するのは、広島の政界関係者。 上司のパワハラを苦にして……との情報があるものの、理由は定かではない。 案里議員の捜査との関係については、 「検事が亡くなったのは本格捜査の開始前です。 とはいえ、事件の露見から捜査に着手するまでには告発状なども出されていたし、情報提供もあった。 彼はそういった情報を精査し、案里事件を検察が手掛けられるかどうかを見極める、下調べ的な位置づけの捜査にたずさわっていたのです」(同) 亡くなった検事の遺族に尋ねると、自殺の原因は不明としつつも、 「検察の方から息子が職場で注意を受けていたという話はありました。 でもそれは、よくある仕事上の軽い失敗に対する叱責とのことで、具体的な説明はありません」 と涙ながらに語る。 関係者が頭を悩ませているのは、この一件が、すでに河井夫妻の耳に入っているためだ。 「彼女が自殺の情報をどのような筋で得たかは定かではありません。 6月18日発売の週刊新潮では、ウグイス嬢をも相手にしていた克行前法相の女性遍歴と併せ、夫妻の事件、そして若き検事の死を詳しく報じる。 「週刊新潮」2020年6月25日号 掲載.

次の