平屋 メーカー。 平屋の人気ハウスメーカーランキング!最新おすすめはどこ?

平屋が得意なハウスメーカーランキング10!平屋のメリット・デメリットは?

平屋 メーカー

2階建て住居が主流と言われている中でも、近年再度注目を集めている新築の平屋住宅を希望する世帯が増えています。 平屋住宅の人気の秘密はなんといっても「移動の楽さ」にあります。 生活導線を考え抜いた間取りにすることで、毎日の暮らしがスムーズで快適なものになっていきます。 今回はそんな平屋住宅について徹底解剖していきたいと思います。 今までの平屋住宅についての記事もまとめてあります。 こちらもご覧ください。 平屋 の坪単価 建設会社を選ぶ場合、大手のハウスメーカーやローコスト住宅メーカー、さらには地元の工務店など、さまざまな業者があり価格もそれぞれですが、30坪の平屋建て住宅の平均を取ると 坪単価 は 約60万円前後のようです。 ただし住宅の価格は建設会社だけでなく、住宅の作りやデザイン、間取りなどによって大きく変わってきますので、坪単価についてはあくまでも参考としてお考え下さい。 平屋の坪単価は二階建て住宅に比べて高くなる?安くなる? 一般的には、2階建て住宅の建設費用よりも平屋の方が高くなる傾向があると言われています。 その理由としては大きく分けて3つ挙げられます。 住宅を建てる際に重要となってくるのは、まず、安定性と耐震性です。 そのためには住宅の基礎の部分をしっかりと作らなければなりません。 この基礎面積の違いが、平屋のほうが建築費用は高いと言われている1つめの理由です。 さらに、広い平屋を覆うには大きな屋根が必要になります。 これが2階建てよりも平屋が高くつくと言われている2つめの理由です。 また3つ目の理由として、現代の日本家屋は2階建てが主流です。 そのためハウスメーカーでは2階建て住宅を建てるための資材を大量発注で取り寄せており、その分だけ建築費用を安く済ませられるのです。 逆にハウスメーカーでは平屋用の資材は大量に用意していないため、割高になってしまうということがあります。 ですが、一方で、平屋のほうが建築費用を安く済むという考え方もあります。 例えば階段のスペースが平屋の場合は必要にならないこと。 通常、2階建ては階段とそれに付随するホールのスペースが必要で、広さにすると4畳から5畳分になります。 また、2階建ての場合、利便性から上下階にトイレを設置したりしますが、平屋の場合は部屋やリビングダイニングが広かったとしても、トイレや浴室は1つということも多いでしょう。 このような理由から、平屋の方が安くなるという考え方もあるようです。 また、今回は土地については触れていませんが、同じ建坪の場合、当然のことながら平屋の方が広い土地が必要になりますので、土地代は高くなってしまいます。 平屋の 建坪の 平均は? 全国には星の数ほどの住宅が建っており、その坪数や建築費用はまさに千差万別です。 都市部と郊外とでも変わってきますし、世帯人数や間取りによっても変わるため、一概に「この坪数がベスト!」と言うことはできません。 ただ、居住する人数に対して明らかに広すぎたり狭すぎたりすると、せっかくのマイホームを不便に感じてしまいますよね。 そうならないよう、住宅の坪数は入念に検討することが大切です。 住宅の坪数として一般的なのは、35~40坪ほどの広さです。 国土交通省が取りまとめた「住生活基本計画(全国計画)における誘導居住面積水準及び最低居住面積水準」では、世帯人数ごとに戸建て住宅で目標にしたい面積が発表されています。 これによると、住宅内で快適に生活するために必要な広さは3人家族で100平方メートル、4人家族で125平方メートルです。 坪数にすると、 3人家族で約30坪、4人家族で約38坪という計算になります。 一般的な住宅の35~40坪という面積は、この点から見ても十分な広さといえるでしょう。 この広さはあくまでも目安であり、その空間で生活する人々が快適に暮らせるかどうかが一番重要なポイントになります。 人によっては、「狭い方が落ち着くから20坪くらいの方が良い」とか、「将来的に家族が増えるから40坪では足りない」という場合もあるでしょう。 自分や家族が必要とする広さよく検討していきたいものです。 平屋 30坪の 総額 では、3人家族で必要とされる30坪の平屋を建てようと思うといくらで建てられるのでしょうか。 総額いくらになるか、気になりますよね。 大手メーカーなら30坪の平屋建て住宅は坪単価の相場は約70~80万円なので、最終的な 建築費用は約2400万円前後が平均と言えるでしょう。 ですが最近は ローコスト住宅を建てる工務店やハウスメーカーで平屋を扱っているところも増えていますので、 1,000万円で家を建てることも可能になってきています。 平屋と 二階建ての 税金、維持費用 家を持っているとかかってくる税金として、土地と家に課せられる「固定資産税」と「都市計画税」の二種類の税金があります。 二階建てと平屋では、資産の価値に合わせて固定資産税が変わります。 同じ延べ床面積かつ、同じ仕様という条件下で比べると、平屋のほうが屋根や壁などに多くの資材を使用するため、資産価値が高いと見なされて固定資産税が高くなる傾向にあるとも言われます。 しかし、双方に何万円もの差が出るのではなく、多くの場合、大体1万円以内の差で収まるようです。 その代わりではないですが、住宅のメンテナンス費用は、足場を組む必要性がないことなどから、平屋の方が安くなる傾向があります。 平屋なのに2階建て「ほぼ平屋」とは? 実際のところほぼ平屋という定義はありません。 ですので、文字通り、平屋建に見えて実際は平屋ではない建物であれば、そう呼んでしまいます。 完全な平屋建とするには敷地の大きさが足りない場合や、将来の生活スタイルの変化が分かっている場合などに有効な間取りの考え方です。 間取りの特徴としては、平屋の様な外観とする為、2階にコンパクトな二室(居室と収納室、主寝室と子供室、両方子供室など)を設け、その他必要な空間は全て1階という間取りとなる傾向があります。 平屋建て20坪建築費用 夫婦2人の世帯なら、20坪程度の平屋でも十分な生活スペースを確保することができます。 また、20坪の平屋なら、1000万円以下でも建築可能な場合もあります。 ただ、狭小平屋ならではの注意点もあります。 15坪の平屋になると、かなり窮屈な間取りになってしまう• 小屋裏(ロフト)を造ることで、20坪の平屋がさらに快適になる(「ほぼ平屋」の考え方です)• 3LDKの間取りにするなら、25坪は確保する必要がある 平屋住宅が得意なメーカー ミサワホーム 平屋 価格 日本で業界大手のハウスメーカーです。 ディーラー(代理店)制度を適用しており、本体で商品開発・部材供給・宣伝活動を、傘下のディーラーが設計・施工・営業を行います。 古くから木質プレハブ工法を得意としています。 大容量の収納を備えた「蔵のある家」や天井の高さが人気となっています。 ミサワホームの平屋の価格としては、 坪単価が65万円台~75万円 となっていますので30坪で1950万円〜2250万円(税抜き)になります。 アイフルホーム LIXILグループのローコスト住宅メーカー。 平屋住宅はAYA(アヤ)という名称で販売中。 平屋4LDK間取り 延床面積 99. 25m2 (30. 0坪) 家族構成:夫婦+子供2人 出典: アイダ設計 「555万円から家が建つ」でお馴染みのローコスト住宅メーカー。 最近は「555万円の家」は打ち出していないようですが、平屋ももちろんローコストで建てられます。 ユニバーサルホーム こちらも平屋をローコストで建てられるハウスメーカー。 ユニバーサルホームの平屋にはフラットワンというものがあります。 コンセプトは「動きやすく機能的な平屋の家」。 平屋 2LDK間取り 出典: 最近注目の平屋の小さい家、おしゃれなお家 小さくてもスタイリッシュな平屋や小さいおしゃれな平屋なんて憧れますよね。 そんな平屋を探してみました。 カッコかわいいカフェみたいな 平屋のおうち こちらは、岐阜県にある工務店、ハッピーホームのモデルハウス。 青空に映えるまっ白な外観がとてもすてきです。 「カッコかわいいカフェみたいなお家」が家づくりのコンセプトで、忙しいママが毎日楽しく暮らせるいろいろなアイディアがたくさん詰まったおうちです。 ひと段落しても、市場の回復には時間がかかるかもしれない。 しかし、そんな価格が軟調になりそうなときだからこそ、自宅は絶対に買っておかないといけない。 家を持っていないと、「底なしの貧乏人」になる可能性があるからだ。 不動産価格は主として家賃で決まる。 その不動産が生み出す収益性が、不動産の価値を決めるのだ。 これを不動産鑑定用語で「収益還元法」という。 今回、商業施設やホテルのJ-REITは株価(投資口価格)が1カ月で半減した。 それだけ、商業施設とホテルの収益力が落ちたからだ。 不動産の収益の源泉は、商業施設とホテルでは毎日の売り上げ、オフィスは法人業績、住宅は個人所得になる。 それぞれの賃料は、商業が売上連動なので最も変動幅が大きく、家賃は好況不況に関係なくほぼ一定である。 なぜなら、一番変動しないのが個人所得だからであり、 「不況の際は住宅が不動産の中で最も値下がりしにくい」ことは歴史が証明してくれている。 今回のコロナショックで大規模な経済対策を再び借金で行うことになる。 国の借金である国債を返せない確率が上がると、その国の通貨の価値が下がる。 そこでさらに通貨を発行すると、一層価値の下落に拍車が掛かる。 通貨の価値が急激に下がると、モノの価値が急激に上がり、極度のインフレになる可能性も否定はできない。 これを 「ハイパーインフレ」という。 ハイパーインフレで明暗分かれる「持ち家」と「賃貸」 戦後の日本でも、このハイパーインフレが起こっている。 1945年の終戦から1949年末までに 物価が約70倍になったのだ。 国際会計基準の定めでは「3年間で累積100%以上の物価上昇」とされているので、明らかにこれに当たる。 インフレになると、借金がインフレになった分だけ棒引きにされる。 過去に借りたお金の価値が下がるからだ。 こうして、破綻している国の財政問題は解消する。 コロナショックは全世界の経済を止めるほどの猛威で、すべての国が自国防衛に走っている。 自国以外がどうなろうとお構いなしの情勢にある。 こんな中では何が起きてもおかしくない。 自国通貨の価値が大きく下落するハイパーインフレの可能性があることも、視野に入れておいた方がいい。 そうした事態に備えて個人ができることは、限られている。 実例を挙げてみよう。 ・Aさんは賃貸に住んで、貯金が1000万円ある。 ・Bさんは500万円を頭金にして、4500万円のローンを組み、5000万円のマンションを購入して住んでいる。 ハイパーインフレが起こると2人の明暗ははっきりする。 モノの価格や家賃が大幅に上がるので、Aさんの貯金は価値が大幅に下がるのだ。 間違いなく貧乏人だ。 一方、Bさんは持ち家である自宅が勝手に値上がりする。 インフレのときに値上がりする代表的なものは不動産である。 手垢がついても新品と大差ない価格で売買されるのは不動産だけだからだ。 資産価値が膨れて負債額がそのままなので、差し引きした純資産は増える。 借金をたくさんしているほど、膨れる資産は多くなる。 戦後のハイパーインフレのように 物価が70倍になれば、5000万円のマンションの価値は35億円になっていて、借金は4500万円のままだ。 これは自分が出した現金500万円に対して、借金で5000万円の資産を手に入れているのと同じことになり、いわゆるレバレッジ効果は10倍となる。 このように、有事の際の持ち家は生活防衛に役立つのだ。 1年後に五輪は開催できる?今、やっておくべきこと 幸い、住宅ローン金利は低く、ほぼゼロ金利だ。 こんな時だから、経済活動を促進するために住宅ローンは組みやすくなっている。 お買い得ということになる。 コロナショックは日本の財政寿命を縮めた。 1年先延ばししても東京五輪が開催できない可能性を考えると、日本は借金を増やしただけに等しくなり、世界から財政赤字が問題視されることになる。 2021年の五輪が万一中止になるとしたら、そのタイミングを購入までのタイムリミットと考えると、あと1年が限界とはいえないだろうか。 こうした自宅購入は単身の方にもお勧めしている。 「賃貸は持ち家より損」「結婚してから、子どもが育ってからでいい」などと言っていては、損が膨れていくだけだ。 住宅ローンは年収の7倍程度まで組めるので、年収400万円でも2800万円くらいは借りられる。 頭金がなければ、親からの贈与でも借金でもいい。 社会人なら誰もが自宅購入を考える必要がある。 2020年にやっておかないといけないことは、何よりも自宅購入なのである。 最強かも。 あなたが建てたい家にかかる費用と間取り図がもらえる無料サービス! ハウスメーカーが公表している坪単価は、大きく幅がって、目安にしかなりません。 工務店になるとなおさら不明確でネットに落ちている情報だけでは詳しくわからないのが現実です。 じゃぁ、実際の建築費用を知るには、どうしたらいいでしょうか。 あなたの、理想的な間取りを実現するのに、おおよそどれくらい費用が必要か を考えなければなりません。 実際には、間取りの打合せをする段階では、ハウスメーカーでも工務店でも契約をしてからになります。 でもそれだと、契約前に間取りの作成も出来ない、その間取りで建てた時に、どれくらいの費用になるかを各社で比較できない。 これは、家づくりにおける長年の課題でありました。 でも、 私と同じような悩みをお持ちの方に朗報。 とっておきの無料サービスがあります。 【簡易的な間取りを作成してほしい】、 【その間取りで建てた場合の費用】、 【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】を 一手に引き受けてくれる無料サービス「」です。 「」では、 【簡易的な間取りを作成してほしい】、 【その間取りで建てた場合の費用】、 【(必要な場合は)あなたに合った土地探し】 の3つを、【あなたオリジナルの家づくり計画書】を全国各地のハウスメーカー、工務店から、任意の企業に依頼できる無料サービスです。 そんなサービスなかなか無いので 注文住宅部門で3冠達成も頷けます。 実際に「」を利用して分かったメリッです。 間取り作成が簡単に依頼できる• その間取りで建てた場合の各社の見積もりがもらえるので、何にどれくらいかかるのか、判断しやすい。 資金計画書もあるので、漠然としていた 長期間にわたる返済が具体的にイメージできる。 希望であれば、 土地探しもお手伝いしてくれる。 (私はお願いしました。 無料で利用できる• 例えば、A社の間取りで気に入ったら、その間取りで他の企業にも見積もりをもらうことで、 値引きがしやすい! 全国各地の 600社以上の工務店、ハウスメーカーに選択式で依頼が出来て、信頼できる 大手ハウスメーカーにも依頼できます。 私が何よりもうれしかったのは、 要望をくみ取った間取りを作成してくれる所。 実際に複数のハウスメーカーから、各社の個性のある素敵な間取りをもらいました! 安心した点としては、「 強引な営業や勧誘がない」点ですね。 ご利用になられる前に、私から少しだけより良く使う為のヒントを! こちらのホームページはいろいろ特集があって、例えば「ハウスメーカー特集」とか、「間取り作成特集」とか。 つまり、そこに掲載されている工務店や、ハウスメーカーにも特色や得意・不得意があって、その得意だけを集めて紹介しているようです。 だから、どこから申込するかはとても大事。 メールでの営業はありましたが、電話営業などのストレスになる事はありませんでした。

次の

平屋住宅の間取りと実例|ミサワホームの平屋住宅

平屋 メーカー

後悔しない注文住宅を建てるならハウスメーカーや工務店などの情報収集は必須。 家づくりを経験した人の7割が平均10社以上のカタログ資料を取り寄せ比較検討しています。 下のボタンから条件に合う住宅メーカーのカタログ資料をもらうことができます。 平屋のメリットは? 平屋住宅には様々なメリットがあります。 どんなことがメリットとして考えられるのかをみていきましょう。 階段を必要としない 当たり前のことですが、平屋住宅なら階段が必要ありません。 これは平屋住宅の特徴であり、大きなメリットとなっています。 生活の中で、1階と2階の上り下りがないので楽ですし、生活動線がシンプル。 日々の掃除も、重たい掃除機を持って階段を上る必要がないので楽になります。 また、階段を作るには大体4~5畳のスペースが必要で、デッドスペースが生まれます。 階段を作らなければ、その分のスペースに納戸を設けたり、書斎を作ったりすることも可能です。 バリアフリーで過ごしやすくなる 階段がないこととも関係してきますが、平屋住宅はバリアフリーにしやすいです。 2階建て住宅では、老後2階の部屋を使わなくなるということも珍しくありません。 使わない部屋があるのはもったいないですよね。 平屋ならその心配がありません。 扉の段差などに気を付けるだけで、バリアフリーの住宅となります、 老後のことを考えると、平屋住宅は魅力的ですよね。 構造が平屋のほうが安定する 地震に対しての耐震性能が求められる日本の住宅。 平屋住宅は 地震に対して強いと考えることが出来ます。 地震のときは上層階のほうが揺れやすく、揺れが大きいほど建物に負荷がかかって倒壊に繋がることがあります。 また、2階の重さが1階にかかっていますので、1階が押し潰されるように倒壊することもあります。 地震による建物の倒壊の際、2階にいたから助かったというケースが多いですが、平屋住宅ならそもそも1階が押し潰されるということはないですよね。 2階からかかる重さもありませんし、地震のことを考えると平屋にメリットがあります。 平屋の場合でも、設計によっては地震に弱くなることもあります。 きちんと耐震を考えて設計してくれるハウスメーカーに依頼すると安心です。 耐震設計が特徴的なハウスメーカーは「」の記事をご覧ください。 メンテナンス費用を抑えることが出来る 住宅は建てたあとにメンテナンスが必要です。 外壁の塗装を直したり、屋根の修理をしたり。 建物外側の点検や修理となれば、足場を組んで行うこともあります。 その際、平屋なら2階建て住宅よりも足場の費用が抑えられたり足場自体が必要なかったりします。 長く住んでいくことを考えると、定期的なメンテナンスが安く抑えられるメリットは大きいです。 家族が顔を合わせる機会が増える 生活をすべて1階ワンフロアで行うことになるので、2階建てよりも家族が顔を合わせる機会が増えます。 家族間でのコミュニケーションをしっかり取りたいと考えると、ワンフロアに生活が収まることがメリットとなります。 平屋のデメリットは? メリットがたくさんある平屋住宅ですが、デメリットもいくつか考えられます。 坪単価が高くなりやすい 1坪あたりにかかる建築費を坪単価といいますが、これが平屋のほうが高くなりやすいと考えられています。 なぜかというと、 同じ床面積で平屋と2階建てを建てる場合、平屋のほうが基礎部分を広く作る必要があるからです。 また、 平屋の屋根は2階建てよりも大きくなり、屋根にかかる費用も高いです。 ハウスメーカーによっては、2階建ての資材は大量発注でコストを抑えていても、平屋はそこまで資材をまとめては用意せずにコストが抑えられていないことも考えられます。 一見すると平屋は2階建てより安いように見えるかもしれませんが、実は安くないのが平屋です。 しかし平屋にすることで、費用が抑えられる部分もあります。 例えば2階建ての場合、トイレなどの水回りを1階と2階の両方に作ることも多いですが、平屋なら1ヶ所だけで済ませられます。 階段設置にかかる費用も必要ありません。 実際のところ平屋と2階建てとでは、同じ条件・同じ間取りで費用を比較することは難しいので、平屋だから必ず建築費用が高くなるとは言い切れません。 間取りをしっかりと考えることで、費用を削ることも出来るでしょう。 メンテナンス費用なども合わせて長い目で考えると、費用面が抑えられるとも考えられるので、きちんとしたプロの方に相談することが重要です。 安く建てるハウスメーカーは「」の記事をご覧ください。 ローコストメーカーの注意点とあわせて紹介しています。 プライベートの確保を考える必要がある 家族がワンフロアで生活をする平屋。 コミュニケーションを取りやすいメリットがある反面、プライベート空間をきちんと確保する工夫が必要となってきます。 設計段階できちんと相談して、家族間のプライバシー問題を考える必要があります。 二世帯住宅も同じですね。 二世帯住宅については「」の記事をご参考ください。 外からのプライバシー 家族間のプライベートの確保だけでなく、外からのプライバシーも考える必要があります。 外から見たとき1階は2階よりも見えやすいからです。 平屋住宅は何も対策しないと、ほかの家や道路から丸見えになりやすいです。 部屋の間取りを工夫し、間取りを考えなければカーテンが開けられない家になっていまうかもしれません。 防犯面が弱い 外からの不審者の侵入を考えると、1階はもっとも侵入しやすいといえます。 そのため防犯面に弱くなると考えられるのです。 しかしその反面で、平屋は庭に不審者が居れば気が付きやすいです。 2階建ての場合、下の階で起こっていることに気が付くのが遅れてしまうこともあります。 何か異変が起きた場合に察知しやすい平屋は、防犯面に優れている一面もあるのです。 部屋数を増やしにくい 2階建てと同じ部屋数を確保するには、縦に伸ばせない平屋では床面積を広げるしかありません。 そのためには、広い土地が必要です。 土地代の安い地域なら広い平屋も比較的作りやすいですが、都心などの土地代が高い地域では大変です。 日当たりの問題 広い平屋では、真ん中のほうの日当たりが悪くなりやすいです。 窓から取る光が届きにくいスペースが増えやすいからです。 日当たりの良い間取りを考えるのは、2階建てよりも難しくなります。 また周囲に2階建て以上の建物があれば、日光が遮られて届かない可能性も出てきます。 日当たりのことを考えて窓を配置する高い設計力がなければ、日当たりの良くない家になってしまうかもしれません。 平屋はどんな世帯におすすめ? 子育て世帯 平屋は子育て世帯に優しいです。 まず、階段がないので妊婦さんの生活を楽にしてくれます。 階段の上り下りがないので、大きなお腹でも過ごしやすく家事もしやすいですよね。 小さな子供がいる場合、階段があると転落が心配です。 階段に転落防止のガードを設置するなどして対策する必要があります。 平屋ならその必要がありません。 老後の夫婦 老後の暮らしにも、平屋は過ごしやすいです。 老後の住まいの住み替えに平屋を選んだり、減築して平屋にしたりする人も少なくありません。 階段の上り下りによる足腰への負担は、思っている以上に大きいもの。 平屋ならその心配がなく、楽に過ごすことが出来ます。 平屋は部屋数の確保が大変ですが、老夫婦二人ならそれほど部屋数も必要ありませんね。 まとめ 子育て世帯から老夫婦までおすすめの平屋。 それは裏を返せばどんな世帯にもおすすめということが出来ます。 平屋を得意とするハウスメーカーは多数ありますが、大切なのは自分の条件・好みに合った住宅を手掛けているかどうかです。 平屋を建てるのを考えているなら、たくさんあるハウスメーカーを比較して、じっくりと検討してみてくださいね!.

次の

平屋が得意なハウスメーカーランキング10!平屋のメリット・デメリットは?

平屋 メーカー

そこで、平屋のメリットは何と言っても生活導線がコンパクトで使い勝手が良いという点です。 老後の生活まで見据えて平屋を建てるのであればバリアフリーはとても重要。 住み慣れた我が家であっても、老後はちょっとした段差でつまづいてしまうもの、バリアフリーを考えるのであれば建具は全て引き戸がオススメです。 また、段差や建具、廊下の有無などに続き重要なのが生活動線! 特に水周りの動線は老後の生活では重要です。 例えば玄関からキッチンまでの距離が短いこと。 重たい買い物袋を持って長い廊下を行ったり来たりは少々重労働で、リビングの近くに洗面室や浴室があると生活動線も短く、浴室などの事故も同居している方が異変に気づきやすくなります。 寝室や玄関の近くにトイレを設置しておくと夜中にトイレに行きやすく日中に出かける直前でも慌てません。 88㎡23. 86坪の平屋住宅。 ご夫婦とお子様の計3名暮らし。 外観はナチュラルなウッド調で、石畳のアプローチが木目調の外壁ともマッチしています。 全面に日光が降り注ぐデッキは、大人でも寝そべることができる広さ。 玄関を入ってすぐに家族が集まるリビングダイニングを設置。 キッチンの奥に浴室・洗面所などの水回りを設置することで家事効率の良い間取りになっています。 ご夫婦ともに和の雰囲気が好きだということで、和室や木目調の素材を多用するなど和の要素を積極的に取り入れています。 特に客間としても活用できる和室は、畳も施して純和風の雰囲気に。 寝室・子供部屋は和室を挟んでどちらも角部屋になっているので風通しや採光も十分です。 まとめ いかがだったでしょうか。 さすがローコスト激戦区の熊本、どのハウスメーカーも低価格ながらクオリティの高い住宅でしたね。 耐震性などもしっかり考えており、外観や内装も素敵なものばかりでした。 熊本でマイホーム建設を考えている方は、是非参考になさってくださいね。

次の