大 紀元 デマ。 新型コロナウイルスは遺伝子組み換えによって人為的に作られた可能性を指摘する記事を読んで想うこと

デマや流言にはどのように対処すべきか? 荻上チキ『検証 東日本大震災の流言・デマ』に学ぶ|Real Sound|リアルサウンド ブック

大 紀元 デマ

概要 [ ] 5月、で設立された。 5月現在、世界30数カ国と地域で新聞を発行している他、(、、、、、、)、中国語(35カ国)、(、カナダ、、)、()、、(、)、、、、、、、(、)、、、、、、、、等の各国語版も発行している。 また、多言語によるでも報道している。 ではで、中国語版を、日本語版(現在は停刊中)をから発行している。 各国における展開 [ ] アメリカ国内に11の支社を持ち、日本やカナダ、イギリス、ドイツなど、世界30カ国にグループ社がある。 やニューヨーク、、、、カナダ、、、では日刊で、他の国・地域では週刊で発行している。 全世界での中国語版の発行は週120万部。 他に英語版、ドイツ語版、フランス語版、ロシア語版、韓国語版、日本語版を発行(2017年現在)。 アメリカ合衆国 [ ]• ニューヨーク(本社)• ワシントンD. ボストン• サンフランシスコ• ロサンゼルス• 海外支局 [ ]• オーストラリア• カナダ• フランス• イギリス• スイス• ロシア• ウクライナ• アルゼンチン 報道スタンス [ ] 中国語ニュースサイトでは全世界の向けに記事が書かれており、のや問題を報道し続けている。 他のメディアが報道しない中国内部事情をも取り上げ、中国共産党に対する報道姿勢は非常に批判的である。 特ににおける迫害問題(例:における343号決議案 、及び罪と罪で元がスペインおよびアルゼンチン裁判所でされた件 )等ついては、他メディアが取り上げない事実を報道している。 他にも、や等のに対するやに関する問題、中国共産党員の国外 、、及び等について盛んに報じている。 社説 共産党についての九つの論評 [ ] 、社説『(共産党についての九つの論評)』を発表した。 この中で大紀元は中国共産党の暴政を糾弾し、同党の解体要因を指摘した。 についてのは、「人も山河もみな、本源へ帰る。 奥の細道にたたずむ平安のみなもとを希求するすべての人々に、この本を薦める」 と評価し、「的覚醒を促す」と出版社へメッセージを送った。 中国臓器狩り問題 [ ] 3月、中国人ジャーナリストR氏は大紀元の単独取材の中で、の近郊のにある大型に数千人の学習者が監禁され、当局が彼らを殺害した後、販売目的でを摘出している事を暴露した。 同問題が世界に明るみに出た後、カナダの著名人権弁護士と、の元内閣大臣は中国の臓器狩り問題について調査を開始、7月、法輪功学習者が生きたまま臓器を摘出されるというショッキングな内容を含んだ報告書「血塗られた臓器狩り」を発表した。 この問題は世界のメディアやが注視している。 この件で、や、などで元国家主席らを「人道に対する罪」で起訴する動きがある。 ベトナム語大紀元 [ ] 現在のベトナム語大紀元ホームページはから始まっているが、民間企業でありながらウェブページでは同国の国営メディアを凌駕するアクセス数となっている。 ドメイン名登録情報検索サービスMYIP. MSの統計データによると、9月時点のベトナム語大紀元の一日平均アクセス数は1,870,000人に達するのに対し、のアクセス数は一日200人未満、国営テレビ局は24,300人にとどまっている。 米国の権威的ウェブページ調査サービスによると、2017年9月現在、ベトナム語大紀元の国内ランキングは2位、世界ランキングは161位となっている。 ちなみに同国ランキング一位はとなっている。 受賞 [ ] 2005年8月、の全国報道賞、アジア・アメリカ問題ネット報道部門で優秀賞を受賞。 2005年9月、カナダの2005年メディア賞を受賞。 2013年6月、 ()が、中国当局による法輪功学習者への臓器奪取問題を伝えた英語版記者マシュー・ロバートソン Matthew Robertson にシグマ・デルタ・カイ賞(Sigma Delta Chi award for excellence in journalism 賞を授与した。 脚注 [ ]• Tolentino, Jia. 2019. "Stepping into the Uncanny, Unsettling World of Shen Yun. " The New Yorker. March 19, 2019. Morais, Betsy 2010年6月23日. Lawrence, Susan V. 2004年4月14日. Wall Street Journal. An Independent Investigation into Allegations of organ Harvesting of Falun gong practitioners in china• 2009年12月22日. 2011年12月31日閲覧。 2004年12月3日. 2011年12月31日閲覧。 2009年11月20日. 2011年12月31日閲覧。 ASIAN AMERICAN JOUNALISTS ASSOCIATION 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (日本語)• (英語)• (中国語)• (繁体字中国語)• (繁体字中国語)•

次の

デマで買い占めに走る人が何とか拭いたい恐怖

大 紀元 デマ

世界的に感染が広がる新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)により、感染患者の増大や様々なイベントの自粛といった問題が生じているが、混乱に乗じて根も葉もないデマや流言が飛び交っていることにも注意がなされるべきだ。 関東大震災の際に「朝鮮人が井戸に毒を入れた」という流言が広まり、多くの人々が民衆の手によって殺されたのは有名な話だが、非常時の流言飛語という意味では紀元64年にまで遡る。 ローマ大火で「皇帝ネロが新たな都を作るために火を放った」「(当時ローマ帝国に迫害されていた)キリスト教徒が犯人」というデマが広がったように、人類の歴史にデマや流言はつきものと言える。 悲しいことに歴史は繰り返すのだ。 東日本大震災の際にもデマや流言により救援物資が必要な人に届かず、それが被災者の生死に関わることもあった。 そうした中、評論家の荻上チキが2011年に上梓した『検証 東日本大震災の流言・デマ』は、デマや流言が起こるシステムを検証し、具体的な処方箋を提示した本である。 つまり、今最も切実に読まれるべき本だ。 荻上は「私が強い実感として思うのは、歴史に学ぶということ」と記す。 具体的には、「擬似的に騙されるという追体験」をすることの重要さです。 つまり過去の流言やデマの事例を知っておく。 流言やデマについて書かれた書籍を数多く読めば、時代や国が変わっても、流言やデマのパターンというのは、実はあまり変わっていないことが分かります。 基本的なパターンを知っておくことで、「あれ?これは以前流言やデマの事例で似たようなことがあったような」という既視感を抱きやすくしておくことは、かなりの程度、有効なのではないかと思います。 (同書 P18) 確かに、トイレットペーパーの在庫がなくなる、というデマは73年に始まったオイルショックの時にもあったもの。 東日本大震災が原発事故を引き起こした際には、ヨウ素を多く含む食品(イソジンなど)を多量に摂取すれば放射性物質が中和される、といったデマも流れた。 「こういったことがあるかもしれないから気をつけてよ」という情報は、伝言ゲームが続く中でいつの間にか「〇〇ではこういったことがあるから気をつけろ」と変わっていく。 どんどん話がエスカレートしていくのだ、と荻上は言う。 そして、内容が伝聞にも関わらず広めて欲しいという要求があるものは、まず疑ってかかるほうがいい、とも述べている。 情報を取得する際には、いくつかのNGワードを頭に設定するといいでしょう。 拡散希望、みんなに教えてといった具合に無理矢理その情報を広めている人がいるケースや、多くの人が信じて行動を促しているにも関わらず、誰もその情報を検証していないケースなどは、ひとまず流言の可能性を思い浮べて「保留」にし、内在的チェックを働かせることを勧めます。 震災後は、特に拡散希望をつけられたツイートが平時の何倍にも激増し、その中には流言も多く含まれていました。 (P119) また荻上は、医者や専門家といったインサイダーからの密告形式を取る流言やデマにも注意喚起を促す。 自分の持つ情報こそが本当だという説得力を出すために、情報を捏造・誇張しているものが多く含まれるからだ。 荻上はネットの普及により一次情報を特定しやすい面もあると書いているが、2020年の現時点では、情報発信の発達はこれまで以上にデマや流言を広まりやすくしている。 事実、お湯やビタミン、正露丸、花崗岩(かこうがん)などが新型コロナウイルスの感染予防に効くというデマは圧倒的な速度で広まった。 そもそもデマや流言がまさしくウイルスのようなもので、WHOによると、デマや流言はTwitterやFacebook、YouTubeを通じて、コロナウイルスそのものより速いスピードで世界に拡散しているという。 それも、一次情報のソースがなんだったのかが、判然としないまま拡散されてしまうということもある。

次の

デマや流言にはどのように対処すべきか? 荻上チキ『検証 東日本大震災の流言・デマ』に学ぶ|Real Sound|リアルサウンド ブック

大 紀元 デマ

武漢公安当局は、新型肺炎が発生した当初、8人のネットユーザーが「デマ」を流布したとして始末書提出の処分を下した。 最近になって、8人は全員武漢市の医師だったことがわかった。 中国メディア・北青深一度は27日、医師8人のうちの1人に取材した。 この記事は情報統制によりのちに削除された。 北青深一度の記事によると、この医師は2019年12月30日午後5時半頃、SNSの医療関係者内のチャットグループに、病原体検査結果の写真とともに「華南海鮮市場でSARS感染者7人が確認された」と投稿した。 この医師はその後も「コロナウイルスの可能性がある」と追記したうえで、「情報を漏らさないように」と念を押した。 投稿はその後、この医師の意に反して流出してしまった。 ほかの医師も、それぞれの医療関係者のチャットグループに「一家3人がSARSに感染した」などの情報を投稿した。 ある医師によると、1月1日にほぼ全ての医療関係者のチャットグループに、この情報が流れてきたという。 同日、国営中央テレビ(CCTV)は、武漢市公安当局が「デマ」を流した8人に対して法に従って処罰を行なったと発表したと報じた。 その後、原因不明の肺炎の発生について、言及する医師はいなくなった。 新型肺炎の患者が増えるにつれ、取材を受けたこの医師もこのコロナウイルスに感染していた。 12日に症状が現れ、14日に隔離された。 24日にICU(集中治療室)に移され、現在、言葉を発することもできないほどの重症だという。 医師の両親も感染した。 北青深一度によると、他の7人の医師は現在、新型肺炎の感染者の治療に当たっている。 報道を受けて、世論は「彼らが尊敬に値する人物だ」と8人の医師の処分の見直しを求める声が高まった。 中国最高人民法院(最高裁)は1月28日、SNS微博の文章で「法的処罰を受ける必要はない」と異例の判断を下した。 ウイルス発見の一部始終 1月30日、中国メディア・新民晩報は「新型コロナウイルスの発見について」と題するネット投稿文を転載した。 投稿者は以前、自身の勤務先が「Institute of Pathog.. 」と言及していたため、「Institute of Pathogen Biology」(病原生物学研究所)の関係者の可能性が高い。 投稿によると、昨年12月26日、研究所はある患者の病原体サンプルから、コロナウイルスを検出した。 さらに分析を重ねると、SARSに類似するウイルスだと結論付けたという。 公衆衛生に関わる重大な出来事のため、研究所はサンプルを中国医学科学院病原生物学研究所に申し送り、再度分析を行った。 27日午後、「コウモリに由来するSARSコロナウイルス」に類似する新型ウイルスであると特定した。 投稿者は事の重大さに気づき、試験室を徹底的に消毒し、分析に関わった職員の感染有無を検査した。 投稿者によると、この結果をすぐに病原体サンプルの送付元である病院に通知し、病院は患者を隔離した。 27日、28日に投稿者が所属する研究所の幹部は病院、および中国疾病予防センターと情報交換した。 29日、30日に幹部らは武漢に出向き、病院と現地の疾病予防センターを訪れた。 少なくとも30日までに、武漢の病院にはこのウイルスに感染した患者のケースが伝わっているという。 投稿者は同日、同じウイルスの感染患者が複数人いることを伝えられた。 30日午後、別のウイルス検査会社からも「SARSコロナウイルス」を検出した。 「デマ」で処分された8人の医師たちはほぼ同時に、この情報を知り、SNSに流したとみられる。 翌年1月9日、国営中央テレビはようやく、新型コロナウイルスによる肺炎の発生を報道した。 10日、国家医療専門家チームの王広発教授は、感染はコントロール可能な状態で「医療関係者の感染は起きていない」と発言した。 11日、武漢市で新型コロナウイルスによる初の死者が出た。 疾病管理当局者も初期にすでに状況把握 武漢市の医師と中国疾病予防センターの専門家は1月29日、査読制の医療雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」で新型肺炎の感染状況に関する研究を発表した。 昨年12月〜今年1月22日までの425人の患者データを分析した。 この研究は、人から人への感染が2019年12月中旬にはすでに発生していたと指摘した。 また、1月1〜11日までに7人の医療従事者が感染していた。 また、論文に示されたデータから1月1日以降、毎日、感染者が確認されていることがわかった。 しかし、1月3〜17日まで武漢当局は新規の感染者はいないとした。 11〜17日の間、湖北省で両会(議会)が開催された。 政治的な安定を重視して、新規の感染者の発表を隠蔽したとみられる。 この研究報告について、浙江大学生命科学研究員の王立銘教授はSNS微博で「怒りで爆発しそうだ。 新型コロナウイルスの人から人への感染を示す証拠が意図的に隠蔽されていた」と投稿した。 さらに、「武漢市の医師と中国疾病予防センターの専門家は、1月のはじめにデータを手に入れていたのに、なぜ公表しなかったのか?当局に口止めされたのか」とたたみ掛けた。 いっぽう、中国当局は、新型肺炎をめぐる情報統制の姿勢を崩していない。 SNSの微信のセキュリティセンターは25日の公告で、「各種のうわさ情報は人々の恐怖心を煽っている」として、「社会秩序を甚だしくかく乱するニセ情報の投稿者は、3年以下の有期懲役に処せられる」などと警告した。 (大紀元日本編集部) 外部サイト.

次の