住民 票 原本 コンビニ。 川崎市:コンビニ交付のご案内

住民票の「原本」ってなに?「写し」と「コピー」は同じもの?

住民 票 原本 コンビニ

【コンビニ交付サービス休止のお知らせ】(全国一斉) 7月23日(木)から7月26日(日)は、全国のマイナンバーカード(個人番号カード)システム等のメンテナンス作業のため、コンビニ交付サービスを休止します。 サービスの提供開始は7月27日(月)6時30分からを予定しています。 【コンビニ交付サービスについて】 新宿区に住民票のある方を対象に、マイナンバーカード(個人番号カード)を利用して、全国のコンビニエンスストア等に設置されているマルチコピー機(キオスク端末)で住民票の写しなどの証明書を取得できるコンビニ交付サービスを、平成30年12月2日から開始しました。 すでにマイナンバーカードをお持ちの方はお持ちのカード(利用者証明用電子証明書が発行されているものに限ります)でご利用いただけます。 コンビニ交付サービスをご利用いただくためには、 マイナンバーカード(利用者証明用電子証明書搭載のもの)が必要です。 マイナンバーカードの申請方法等については、(区のページ)「マイナンバーカードの交付を希望する方へ(申請方法)」をご確認ください。 マイナンバーカードの交付申請時に搭載しないことを希望した方を除き、マイナンバーカードに標準搭載されます。 発行を希望される場合は、区役所本庁舎1階の7番窓口及びお近くの特別出張所(10所)の窓口にマイナンバーカードを持参し発行申請を行ってください。 コンビニ交付サービスは、住民基本台帳カード、マイナンバーの通知カード(紙製のマイナンバーなどが記載されたカード)、印鑑登録証明および自動交付機カードでは利用できません。 終了するまでその場を離れないでください。 取り忘れにご注意ください。 マルチコピー機の画面表示や音声案内により、マイナンバーカードや証明書の取り忘れを防ぎます。 専用の通信ネットワーク、通信内容の暗号化により、他からの不正なアクセスから情報を守ります。 各店舗で出力した証明書の個人データは、発行後すぐにマルチコピー機から自動消去されます。 ・ スクランブル画像(裏面)・・・証明書データに暗号化処理を施し、生成した画像が印刷されます。 ・ けん制文字(表面、裏面)・・・コピーすると、「複写」という文字が浮き上がります。 ・ 偽造防止検出画像(裏面)・・・目視で確認できる画像に加え、隠れた画像が印刷されています。 偽造改ざん防止措置に関する詳細情報は以下のホームページ(外部サイト)で確認できます。 (外部サイトへリンク).

次の

住民票の原本とは-住民票の写しとの違いは知ってる?

住民 票 原本 コンビニ

ファミリーマートで住民票がとれる 日本全国で約16,000店舗 2020年5月調べ 展開しているコンビニのファミリマート。 なんとそのファミリーマートで 住民票(住民票の写し)が取れます。 住民票はそんなに頻繁に必要になるものではないですが、いざ必要となると平日しか役所はやっていないし仕事を少し休まなくてはいけないなんてこともありますよね。 そんな住民票が近くのファミマで取れるとなればすごくありがたい。 この記事では取得に 必要なものや 受付時間はあるのか、レジで受付するの?など ファミマで住民票を発行する際の概要についてをコンビニ勤務歴約10年の 元店長のわたくし がご紹介します。 本記事ではファミリーマートでの住民票発行に関する 概要説明をしております。 ファミリーマートでの住民票発行に関する 操作がわからないという方は、実際の操作画面を写真でわかりやすく解説して記事もご用意しておりますので、そちらをご覧ください。 ファミマの店内にあるコピー機で発行が可能! 近くのファミマで 住民票(住民票の写し)を取ろうと思い立ったら、まず店舗に入って 店内の コピー機(マルチコピー機)を探しましょう。 あまりコピー機になじみのない方からすると 「え、コピー機で住民票の発行ができるの?」と思うかもしれませんが 今日におけるコンビニのコピー機は 「マルチコピー機」と呼ばれ、書類を白黒やカ ラーでコピーするための、ただのコピー機ではなくほんとうに「マルチ」な端末になってきています。 住民票はそんなマルチなコピー機にて発行します。 本籍やマイナンバーなど記載事項も選択可能 はじめに説明しておくと、役所などで発行する住民票とファミマで発行する住民票は何ら変わりありません。 きちんとその市区町村の役所の書式、レイアウトで住民票を発行することができます。 そしてただ住民票の写しがマルチコピー機から発行できるだけではなく、ちゃんと役所で手続きをして発行するように 記載事項が任意で選択ができます。 住民票ってなにも全て載っていればいいってわけではない時もありますよね。 完全なる個人情報ですので、できれば必要とされている情報のみの記載がいいですよね。 必要なものや料金、受付時間などはこの記事で紹介している住民票の写しの取得に関する情報と全く同じです。 ファミリーマートで住民票発行する際の受付時間 いくら24時間営業、年中無休のファミリーマートさんでも住民票の発行は 何時から何時までと時間が決められているんでしょ?と思うかもしれません・・・ そうなんです、受付時間といいますか利用時間というのがありまして 午前6時半~午後11時(12月29日~1月3日を除く) この時間、期間が基本です。 店舗の営業時間が24時間で上記の時間内で発行可能です。 ということは、ほ ぼ 年中無休、土日祝日も住民票の発行が可能ということになります。 ほんとうにお店が開いている限り、コピー機が壊れていない限り時間を気にせず発行可能。 自治体によっては対応していない、利用時間が異なる、といった場合もあるそうな のでお住いの市区町村の自治体がこのコンビニでおこなえる 「行政サービス」につ いて対応しているか調べてみてください。 ファミリーマートで住民票取得に必要なもの ただマルチコピー機でピコピコやっても住民票(住民票の写し)は取れません。 もちろん料金が発生するのでお金、現金を用意するのですが(料金は各自治体の役 所で発行するのと同額です)、もう一点発行に必要なものが マイナンバーカード、もしくは住民基本台帳カード(住基カード)です。 ファミマでの住民票発行にはマイナンバーカードor住基カードが必要 仕組みは店内のマルチコピー機にマイナンバーカード、もしくは住民基本台帳カード(住基カード)をかざし カードに内蔵されているICチップで住民票の基となる情報の読み込みをおこないます。 これが重要でマイナンバーカードと「マイナンバー通知カード」を勘違いしているかたもいるかと思います。 わかるかと思いますが 「通知カード」はペラペラでICチップは入っていません。 必要なものは マイナンバーカード or 住基カード のどちらかです。 マイナンバーカード、住基カードには 暗証番号があります。 キャッシュカードのようにカードを作成した際に設定された4桁の暗証番号があります。 ファミリーマートのマルチコピー機を用いての住民票発行にはその暗証番号が必要になるので、そちらも忘れている方は思い出す必要があります。 ファミリーマートのマルチコピー機から住民票を発行しても料金は役所で発行するのと 同額です。 ・発行は店内「マルチコピー機」で! ・時間と期間は 午前6時半~午後11時(12月29日~1月3日を除く) (土日、祝日対応) ・マイナンバーカード、住基カードのどちらかが必要! (「通知カード」では発行不可!) 最後に ファミマでの住民票発行、取得についておわかりいただけたでしょうか。 ファミマでの住民票(住民票の写し)発行の際の概要について触れてきました。 料金は各自治体の役所で発行した場合と 同額です。 住民票発行の各店舗の対応については店舗というより自治体が対応していないと 発行不可のようです。 詳しくは地方公共団体情報システム機構の運営サイトでご確 認ください。 店内のマルチコピー機にて自身で操作し発行することに抵抗のある方もいるかもし れません。 でも役所に行って住民票(住民票の写し)1枚に20分、30分待つことや、役所そのも のが遠いなんてことありませんか? この記事を読んだあなたはもう大丈夫! 近くて、いつでも発行可能なファミリーマートでかんたんに住民票を発行してみて はいかがでしょうか。

次の

住民票関連の証明書について 荒川区公式ホームページ

住民 票 原本 コンビニ

住民票の「原本」「写し」「コピー」の違い!• 住民票のコピーは使えるのか?• コンビニの『マルチコピー機』で取れる住民票は「原本・写し・コピー」のどれ? 人気の関連ページ!• スポンサーリンク 住民票の「原本・写し・コピー」の違い! 結論から言いますと、提出先から「住民票の原本を提出せよ」と言われた場合は、 「住民票の写し」を提出すれば良いです。 本当の意味での「住民票の原本」は、市役所や区役所に保管されています。 あなたが「住民票を下さい」と役場へ申請した場合、 役場から貰えるのは「住民票の写し」であり、「原本を写したもの」を貰っているわけです。 原本そのものを貰うことは出来ません。 以下は東京都北区の「住民票の請求書」ですが、はっきりと「写し」と書かれています。 引用: つまり、一般的に「原本」=「写し」 つまり提出先から「原本を提出して下さい」と言われた場合は、「住民票の写し」を提出すれば良いのです。 「本当の意味での原本」は役場に保管されており、それをあなたが取得することは出来ません。 では「コピー」とは? では「コピー」とは何か?と言うと、 この「住民票の写し」をさらに紙などにコピーしたものを指します。 「コピー不可」としている所が多いと思いますが、その場合は「住民票の写し」を提出しましょう。 では「コピー不可」と記載がなければ、コピーを使いまわしても良いのでしょうか? この点については、このあと説明します。 スポンサーリンク 「住民票の写し」のコピー、使いまわせるの? 「住民票の写し」をさらにコピーしたものは、果たして使えるのか? 結論から言うと、 通常は無効となるが、提出先が「コピーOK」としているのであれば有効である という答えになります。 当たり前ですが、• 賃貸契約• 銀行口座の開設• 運転免許証の更新 など、厳密に「住民票の写しを使って、身分を証明しなければならないケース」では、コピーは使えません。 特に明記が無い場合でも 通常は「コピーは不可」と認識しておいた方が良いですが、どうしてもコピーを使わなければならない事情があるのであれば、提出先へ確認しましょう。 コピーするのは「有効期限」がないから? 「コピーして使いたい!」と思う理由は何か? それは 「有効期限が記載されていないからコピーを使いまわしたい」というものではないでしょうか? では「住民票に有効期限はないのか?」と言うと… 有効期限はありません。 有効期限については以下でまとめております。 人気の関連ページ! >> スポンサーリンク コンビニの『マルチコピー機』で取れる住民票は「写し」?「コピー」? 近年、住民票や戸籍謄本を コンビニのマルチコピー機で取得出来るようになりました。 つまり「正式な証明書」が取得できます。 200〜300円ほどの発行手数料が掛かるわけですから、それは当たり前ですね。 コンビニでの取り方は以下にまとめています。 人気の関連ページ!• ただしコンビニで取得する場合は 「マイナンバーカード」が必要となります。 マイナンバーカードの取得はとっても簡単ですので、「面倒くさそうだなぁ」と思っている方も、ぜひ一度以下を参考にして頂ければと思います。 人気の関連ページ!• スポンサーリンク 住民票の「取り方」や「注意点」まとめ 住民票の取り方は上記の「コンビニ取得」を含めて4種類ありますが、発行手数料が若干変わります。 >> もしも「取りに行く時間がない!」という場合は、カンタンに「代理人に頼む」ことも出来ますよ。 >> なお住所が変わった際の「住民票の移動」は 住民基本台帳法によって定められているため、移動していない場合は 最悪なケースとして罰金を課される可能性もありますので注意しましょう。 さいごに! 住民票の「原本・写し・コピー」の違いについて説明しました! 基本的には 「役所から発行された証明書をそのまま提出する」のが普通であり、「コピー機でコピーしたもの」を使えるのは稀なケースと考えておきましょう。 当サイトでは、「住民票」や「マイナンバーカード」、「戸籍の証明書」について分かりやすくまとめております。 ぜひ他のページも参考にしてみて下さい。 スポンサーリンク.

次の