スイッチ カラオケ 音が遅れる。 任天堂スイッチのカラオケについて助言ください!

PCでマイクを使用すると音声が遅れる

スイッチ カラオケ 音が遅れる

でも何となく気づいていたんですよ。 カラオケ歌っていると何となく違和感が……。 曲と自分の歌った声がマイクを通すとスピーカーから遅れて出てきているような……。 「Wii U カラオケ 遅延」でGoogle先生で検索してみると……。 でるわでるわ……。 みなさん同じ現象で悩んでおられるようです……。 私の接続環境は以下のようになっています。 いい音で聞きたい!という事でテレビからへ接続していますが、任天堂のページを見ると、以下のような説明があります。 ふむふむ。 「Wii 専用 AVケーブル」を使って 音声だけをBOSEのスピーカーに繋げばいいのか。 この環境を構築してみました! 結果として遅延がゼロになりましたが任天堂のサイトでは詳しく解説されていないので、よくわかんないよ〜。 という方もおられると思うので、私がやった構築環境をご紹介したいと思います。 Wii U 本体から出力された音声は テレビ内で音声処理されたあとに聞こえます。 その処理時間が遅延時間として発生するため、音声の反応が遅く感じられる場合があります。 Wii U本体やソフト、テレビの故障ではありません。 テレビによっては、設定を 「ゲームモード」などに切り替えることで遅延を軽減できる場合がありますので、くわしくはお手元のテレビの取扱説明書をご覧ください。 また、遅延の対策として、 市販のアクティブスピーカーやAVオーディオ機器も使用できます。 まとめると……• テレビで「ゲームモード」等に切り換えると遅延を軽減できる場合がある• 根本的な解決をするなら市販のスピーカーを使用すればOK ということ。 1で解決すればラッキー、という訳です。 それでもダメなら2をやれば完璧、ということになります。 ただし、2は周辺機器が追加で必要となるため、出費を伴います。 (今回、私は2で環境構築しました。 ) 1.ゲームモードに変更してみた まずは液晶テレビで「ゲームモード」に設定してみました。 Wii U カラオケのオプション画面から「音声出力環境のチェック」ができます。 どのくらい遅延しているかを測定できるのでやってみましょう。 結果は、 75msほどの遅れがありました。 (ちなみに標準モードで100ms以上の遅れ。 1秒以下の遅れなのですが、歌っていると違和感を感じるほど遅延を感じます。 評価画面でも「お使いの音声出力環境は、遅延が 中程度です。 (多くの曲で遅延を感じる事があります)」とあります。 ゲームモードにすることで遅延を軽減することはできましたが、 歌っていて気になるレベルなので、外部スピーカーに接続することを決断しました。 元々、BOSEのスピーカーを使っていたのでWii Uから外部スピーカーとして出力するようにしました。 私の環境は以下の通り。 これをこのように変更しました。 BOSEスピーカーを活用するため、iPhoneからの入力もしたいとちょうど考えていたので、 「音声切り替え機」を購入。 入力3系統、出力1系統の「 」にしました。 私はWiiも持っていたので、「 」は購入不要でしたが、 持っていない方は別途購入しましょう。 また外部スピーカーをお持ちで無い方も、外部スピーカーを別途ご購入ください。 再度、音声の出力環境をチェックすると……。 やりました!!遅延がゼロになりました!! 「お使いの音声出力は、遅延がほとんどありません。 」となりました!やっほーーー! Wii U カラオケで外部スピーカーを利用する時の注意点 無事、遅延がゼロになりましたが、 注意点がいくつかあります。 実際にやってみないと分からなかったので情報共有しておきたいと思います。 「外部スピーカーモード」でWii専用AVケーブルから出力されるのはWii Uカラオケのみ• ボリュームはスピーカー側またはWii Uカラオケの設定から まず、勘違いしたのが、この結線をして、「外部スピーカーモード」にすることでWii Uのすべての場面で、音声は、Wii専用AVケーブルから出力されるんだと思ったのですが、Wii Uカラオケのソフトでのみです。 その他の画面、ソフトではHDMIから音声が出力されます。 (つまり液晶テレビから。 ) 他の場面でも外部スピーカーから音を鳴らしたい場合は、私のように切り替えスイッチが必須となります。 もうひとつ、ボリュームはスピーカー側で行う必要があります。 テレビの音声設定は無意味になります。 (当たり前ですが。。。 )私の場合、通常はテレビからの音声を使っていて、切り替え機でカラオケ(Wii専用AVケーブル)の音声に切り換えた時にビックリするような大きな音になる事があるので注意が必要です。 テレビの音とだいたい同じ大きさになるように、Wii U カラオケの設定画面で、音声の大きさを調整しておくようにしましょう。 (毎回、スピーカーの音声を触るのは面倒なので……。 しかし、マイクの遅れで悩んでいる方も多いと思います。 今回は具体的に遅延の数値と改善方法、改善後の数値をご紹介しました。 ぜひ参考にしていただけると幸いです。 「 」の。

次の

PCでマイクを使用すると音声が遅れる

スイッチ カラオケ 音が遅れる

3時間 300円• 24時間 500円• 30日 1400円• 90日 2800円 利用を開始すると、画面上で利用時間の残り分数を確認できるようになります。 新機能として自動継続モードが追加されました。 毎度購入しなくても利用しやすくなります。 無料で歌うには? 現在無料楽曲はありません。 無料開放デーがたまに実施されるので、そのときにお試ししてみるといいと思います。 2020年は、1月4日(土)と1月11日(土)の2日間で10:00~19:59の間が無料開放デーとなります。 スイッチオンラインは必要? 不要です。 専用マイクが必要? うちではUSB接続のヘッドセットをつないだところ、無事歌えました。 ただしヘッドセットなので出力音声がテレビからではなくヘッドセットのスピーカーのほうから流れてしまいました。 通常のUSB接続マイクであれば対応しているとは思いますが、スイッチ用のマイクというものも販売されています。 うちではスイッチ用マイクで実際にジョイサウンドしています。 レビューはこちら。 カラオケJOYSOUND for SWITCHのプレイ方法は? 起動するとこんな感じ。 システム ジョイコンでも操作できます。 マイクをスイッチドックのUSBに接続して使います。 マイクは別売りですが、普通のUSBマイクでも大丈夫だと思います。 ヘッドセットでも一応試せなくはありません。 メニュー メニューはこんな感じ。 カラオケ屋さんのコントローラっぽいです。 普通に曲を探して、歌うボタンで開始します。 期間券をスイッチのショップで購入してから利用しましょう。 はじまったらなんと動画部分はARMSやスーパーマリオのゲーム画面が使われていました。 ある意味シュールです。 カラオケJOYSOUND for SWITCHの感想は? たまたま無料開放デーがありましたが、1,2曲ぐらいはお試し楽曲がはいっていればいいのになとは思いました。 自宅のテレビでカラオケができるのは便利です。 曲では キー設定を変更したり、楽曲の 再生速度自体を遅くしたりできるので、カラオケの練習がしやすいです。 歌の動画部分は マリオや ARMSです。 曲とのギャップがありすぎて逆にこれはこれで面白い演出だと思います。 歌声の遅延ですが、うちでは若干同期があってない印象はありました。 その分、歌いだしをちょい早めればあうのかなという気もします。 多分多くの人が気になるとしたら遅延のところだと思います。 無料開放デーで試せれば一番いいですが、そうでなければ3時間のパスなど短いパスを購入して歌ってみるとよいでしょう。 不具合 loadingのまま? ネット接続されていないと、起動画面でloadinのままで動きません。 スイッチ本体の操作からWiFiへつなぎなおしてみましょう。 マイクからの音が遅い? マイクからの音が遅れて聞こえる場合があるようです。 テレビの設定をゲームモードに切り替えると治る場合があるとのこと。 実際うちでもマイクをつないで試してみましたが、若干歌い声は遅延する感覚はあります。 しかし人によっては、それにあわせてちょい早めで歌って補えるかもしれません。 マイク音量が小さい? 上の音量のところで... マイク音量の設定があるので変更しましょう。

次の

WiiカラオケU音質向上!外部スピーカーを使用する

スイッチ カラオケ 音が遅れる

Contents• はじめに WiiやPS3などのゲーム機でカラオケソフトを使う際に、自分の声が遅れて聞こえるというトラブルがよくあります。 本記事では、その原因や対策についてまとめています。 (参考:) 遅延が起きる原因 遅延が起きる原因として大きく以下の1から3まで考えられます。 1、2も確実にわずかな遅延を生んでいると思いますが、 一般的には3の液晶テレビの遅延の影響が大きいようで後であげる対策も主に3についてになります。 (1)USBマイク 声がUSBマイクの内部の回路で処理される際に少し遅延が起きる。 ただしここが大きい問題になることは多くなく、カラオケソフトメーカーが公式に奨めているマイクを使っていれば目立った問題は起きないはずです。 ここはカラオケ以外のゲームでも同じ話であり、タイミングがシビアな格闘ゲームなどでは致命的になるところである。 つまりちゃんと格闘ゲームができている以上、回路に根本的な問題はないと仮定でき、ソフトウェアもちゃんと作ってあれば目立った遅延は起きないと期待できる。 ただしここでPS3用のJOYSOUND Diveのソフト固有の話があり、当初のソフトウェアが良くなくてHDMI端子を使って出力していた際に限って目立った遅延があったらしい。 工夫してHDMI端子以外を使うことで回避できるワザもあったようですが、 2012年3月にソフトが更新されたことでこの問題はほぼ解消されているようです。 () ネットを検索するとJOYSOUND DiveのHDMIでの遅延の話がたくさん出てきますが、2012年3月以前の書き込みであれば無視してもよさそうです。 (3)液晶テレビ 現在はハイビジョン HDTV 対応の液晶テレビが主流です。 以前の放送はアナログでしたがハイビジョンはデジタルです。 ここが大きな遅延要因になります。 アナログ処理は大ざっぱに言えば電気回路を電気が流れる速さで処理されるので、遅延が起きにくい傾向があります。 一方デジタル処理は、データをバッファに貯めてから処理したり、ハードより遥かに遅いソフトウェア的に処理したり、何かと遅延要因が多いです。 特に映像をきれいに加工するために前後の映像を使う場合があり、この場合は必要な画面を何枚か蓄積して加工したあとに送り出すという手順になるため、待たされる分の遅れが生じます。 「倍速モード」と呼ばれる機能が(名前の印象とは逆に)この遅延の代表格のようです。 普通のテレビ番組のように一方的に流れるだけの場合はこの遅延は全く問題にならないためこのような悠長なやり方をしているのですが、状況によってこの遅延が顕在化することがあります。 例) 一刻を争う地震などの緊急放送がユーザーに届くのが遅れる。 ゲーム、特に格闘ゲームやシューティングゲームにおいて、当てたはずの攻撃が当たってない、もしくはかわしたはずの攻撃が当たっている。 カラオケで自分の声が遅れて聞こえる。 許容される遅延量について 人間が音がずれたと感じないようにするには、遅延をおよそ200ms以下、できれば150ms以下に抑える必要があるようです。 7ms。 遅延を150msと仮定するとフレーム数は約9フレーム。 つまり遅延がハイビジョン画像換算で9フレーム以内ならカラオケに使うのに違和感がないことになります。 フレーム数で換算したのは、液晶テレビの遅延についてはフレーム数で語られることが多いからです。 ちなみにフレームとは、パラパラ漫画における1枚の紙に相当します。 液晶テレビの遅延状況 ゲーム好きな有志が液晶テレビの遅延についてまとめてくれています。 ここに載っている機種だと、通常モードで2~6フレーム、ゲームモードで2~4フレーム、という遅延のようです。 ゲーム好きな人の選定なので、ここに乗ってないテレビはもっと遅いかもしれません。 この項でとり上げたのは原因であげた3についてだけですので、全体としてはそれ以外の要因1,2が加わりますので、ここから多少遅延が増えることになります。 全体として、このような事情で歌声が遅れるという現象が起きています。 対処方法 対処方法1:メーカー推奨のマイクを使う 原因1のマイクについてはメーカー推奨機種を使うのが無難です。 それにより遅延が大きいマイクを避ける事ができるはずです。 JOYSOUND Wiiの場合はソフトに付属のもの、PS3用のJOYSOUND Diveの場合は公式の推奨マイクがあります。 それぞれ以下のリンクの先を参照して下さい。 ;紹介している製品自体がマイク付き ;JOYSOUND Wii用のマイクも使えます ;補足欄を参照 対処方法2:ソフトのバージョンを最新にする 原因2のゲーム機内部についてはあまりできることがありませんが、ゲーム機のシステムソフトとゲームソフトのバージョンを最新にしておくとのような問題対処を早く取り込めます。 対処方法3:ゲームモード 原因3の液晶テレビでの遅延についてですが、ここまででも少し上げたように「ゲームモード」というのが解決の糸口になります。 ゲームモードとは、液晶テレビ内部での遅延がゲームに悪影響を及ぼすと叩かれことを受けて作られた機能で、液晶テレビ内部で発生する遅延を(0にはできないまでも)できるだけ少なくするある種の「設定」です。 普段のテレビ視聴には有効だが、遅延を生んでいてかつゲームプレイに必須でない機能を一括してOFFに設定することができる機能、と理解していただければ大体あっているはずです。 そのような機能であるため、各メーカーで名称や機能がそろったものではないのですが、例えば東芝のレグザに搭載されているものは下のような説明がされています。 この「ゲームダイレクト」というのがレグザにおけるゲームモードということになります。 あるいは新しい機種では「3Dゲーム・ターボ」という機能の中にゲームモード相当の機能が含まれているようです。 その他にも液晶テレビで「ゲーム対応」を謳っている場合は遅延抑制に関連している場合があります。 そこに注目して下さい。 注意: なおテレビ機種によって元々の遅延量も異なりますし「ゲームモード」の効き具合も異なります。 よって当方では液晶テレビを「ゲームモード」にすることでカラオケの音声遅延を解消できることはあると言えますが、必ずしも全ての遅延を解決できるという保証はできません。 あくまで参考情報として理解して下さい。 よろしくお願いします。 これによって液晶テレビでの音声遅延を0にできるので、劇的に効果があります。 ただしこれを行うと採点機能やボイスチェンジャーなどの音声絡みのゲーム機能が利用できなくなります。 なおゲーム機の音声出力を分岐させてテレビとAVアンプ両方に入れることもできますが、遅延の関係でタイミングが狂った状態での採点になってしまい、なかなか期待したようにはならないようです。 参考リンク 参考リンク1: 参考リンク2: 参考リンク3: pdf 参考リンク4: pdf [広告].

次の