ブラザー dcp j582n。 【インクジェット/レーザー プリンター】製品を無線LANで接続する方法|ブラザー

【インクジェット/レーザー プリンター・スキャナー】スキャナの設定方法|ブラザー

ブラザー dcp j582n

製品名 DCP-J582N JANコード 4977766799911 液晶ディスプレイ 2. 08mm~0. 15mm 手差しトレイ 有り(1枚) ADF(自動原稿送り装置) - インターフェイス Hi-Speed USB2. 7W 待機時(電源OFF時):約0. また、各対応OSのプレインストールモデルからのアップグレード環境にも対応しています。 Hi-Speed USB2. 0でのご使用は、パソコン側がHi-Speed USB2. 0を標準装備している必要があります。 また、Hi-Speed USB2. 0インターフェイスはUSB1. 1の完全上位互換ですので、パソコン側のインターフェイスがHi-Speed USB2. 0に未対応でも従来のUSB1. 1での転送速度にて動作可能です。 厚さ最大0. 52mmまで対応しています。 印刷時にパソコンのアプリケーション上で余白の設定が必要なことがあります。 印刷する前に、同じ大きさの用紙などを使用して試し印刷を行ってください。 また、以下の封筒は故障や紙詰まりの原因となるので使用できません。 ・窓付き封筒・エンボス加工がされたもの・留め金がついたもの・内側に印刷がほどこされているもの・ふたにのりが付いているもの・二重封筒(ふたの部分が二重になった封筒)・ふたが円弧、または三角のもの• 往復はがきには「折り目はあるが折っていないタイプ」のものをご使用ください。 27mm以下の厚さのものをお使いください。 原稿の種類、条件によって読み取り速度は異なります。 データ転送時間は含みません。 マイクロドライブはご使用になれません。 WPSを使う場合は、アクセスポイントが対応している必要があります。 最新バージョンでのご使用をおすすめします。 往復はがきには「折り目はあるが折っていないタイプ」のものをご使用ください。 手差しトレイははがきも対応しています。

次の

【インクジェット/レーザー プリンター・スキャナー】スキャナの設定方法|ブラザー

ブラザー dcp j582n

DCP-J982Nを購入。 商品について先に述べた後、Amazonの梱包について触れる。 総評として、プリンター本体は値段のわりに機能がかなり充実していて満足。 素材の多少のちゃちさは否めないが、この機能と価格を鑑みれば当然の結果。 インクもカートリッジ式の中では1、2を争うコスパかと思う。 インク節約モードも素晴らしく、読み物を安く刷りたい自分はそのあたりも気に入っている。 写真の印刷の精細さをそこまで求めず 4色インク。 人にもよるが年賀状程度なら十分 、文書を安く刷りたい家庭に向いている。 年カートリッジ1~2本くらいの消費ペースならばこの機種が一番良いのではと感じた。 もっと刷るならEPSONのエコタンク式のものが良いかなと感じた。 ただしインクの量が相当多く そこが魅力だから当然なのだが 、劣化する前に使いきるペースでないと色々無駄になるため、今回はそちらは見送ることに。 本体コストや印刷コストだけでなく、自分の印刷ペースや本体を何年くらい使うかを考え、それらを総合的に判断したいところ。 インクの目詰まりを避けるためにも純正インクが安いということは重要。 ・インク節約モードがあり、さらにランニングコストを抑えられそうな点 ・印刷スピードもそこそこ早い点 ・給紙する時は多少音が気になるが、印刷時の音のうるささは気にならない点 印刷スピードは落ちるが静音モードもあった ・通知音が柔らかい点 地味だがかなり好感が持てた。 力が強い人にとっては"かなりそっと操作しないと簡単に壊してしそうな感"が満載で、まあまあ神経を使う。 ほんとに勢い余ってパーツを折ってしまいそうなので気を付けたい。 ・用紙トレイの作りの脆弱さゆえに落としたら簡単に割れそうなわりに、ストッパーがついていない点 引き出しすぎるとすっぽ抜ける ・画面がやや小さくタッチしにくい点 ・自動原稿送りでのスキャンが片面な点 商品のレビューは以上。 ここからはAmazonの梱包について。 プリンターということで精密機械なはずだが、固定も緩衝材もなにも施されずに届いた。 外側の段ボールは内側のプリンターの箱より一回り大きく、かなり余白があるにもかかわらず、である。 同梱されていたものが激しく潰れており、かなり段ボール内でプリンターが動き回ったのではと推測された。 またそれとは別に、プリンターのパッケージの辺が潰れていた。 こちらは潰れ方の角度を鑑みるに段ボール内を動き回ったことによるものではなく、梱包や保管段階でのことのようである。 精密機器にこれでは、開封前から「故障しているのでは」という不安が強くて仕方ない。 客だからとふんぞり返りはしたくないが、今回はあまりにも酷いと感じた・フェアで正当なやりとりでないと感じたので返品し、他店で購入した。 新品で不具合のない商品を安全な梱包・運搬で購入できる。 オンラインショッピングとしては必要最低ラインの要求ではなかろうか。 Amazonの精密機器の梱包の杜撰さは、早急に対応していただきたい。 EPSON703aからの乗り換えです。 前のプリンターは長年使ってましたが壊れたこともなく丁寧に使い続けてました。 CDラベル印刷でもう少し色が綺麗に出ないかと思い買い換えました。 そう言った意味では4色インクなので感動する程の綺麗さは無いので期待出来ないです。 しかし、前のプリンターから10年経ってるので、まず、スマホからプリント指示ができること、無線で煩わしいケーブルを繋がなくていい事、両面印刷が出来ることなど感動しました。 インクも4色独立で、一色が切れたからと言って印刷出来なくなることがないです。 EPSONのインクの高さに辟易していたので、とりあえず満足しています。 レーベル印刷で一点だけ注意することがあるとすれば、一度後ろからトレー プレート が出て来るので、設置時背面に10センチ以上の隙間が必要です。 このモデルは好評だった旧モデルのの後継機種です。 ほとんど同じ何で、どちらもコピー有、スキャン有、無線LAN接続有、FAX無で特別大きな違いはないです。 インクカートリッジはどちらも同じで、印刷コストは現行機種の中ではブラザーの他機種やキャノンやエプソンのインクジェット全体と比べて中間くらいのコストです。 複合機は必要だけど、ファックス不要で、あまり多量の印刷はせず、写真印刷もそれほど高品質でなくても良い人におすすめです。 ちなみに印刷品質と速度は9年近く前のエプソン複合機PX-673Fと大きくは変わらないです。 PX-673Fは頻繁にノズルが詰まり、ノズルクリーニングをすると一気にインクが減るのでDCP-J982Nにはつまらないことを期待します。 私はPCを持っていないので、プリンターのファームウェア、アップデート等はどうするのか悩みましたが、スマートフォンで出来ました。 接続や設定はスマホからQRコードを読み取るとブラザーのYouTube公式に繋がります。 それを見ながらWi-Fiとダイレクトプリントの設定やNFCおサイフケータイが付いているスマホならダイレクトプリントも楽だとWi-Fiにも繋ぎ方もYouTubeでの解説を見ながら出来ました。 詳しくない自分にも、心配だった設定も無事に出来て良かったです。 もしかしたら高画質光沢用紙、富士フィルムのProはPCからしか出来ない様です。 付属のCDから色々インストールする見たいですが、写真は期待しない方が良い。 4色インクですが、ブラックは使わない使用なので3色での印刷になります。 印刷コストが安くすむ。 昔のプリンターの様に郵便番号がずれたりしない。 ブラックの印刷をする方は重宝します。 自動電源ONはないですね。 余り不十してませんが有ったら良い。 高画質での印刷写真プリントには不向き。 写真プリントにこだわる方は6色インクモデルをお薦めします。 インク代高い、本体も高価ですが。 自分は好きなカレンダーを作るのにハマってます。 楽しいです。 写真は使わないので結構綺麗に印刷出来ます。 Wi-Fi無くても印刷出来る。 Androidで使用しています。 以上 長文失礼しました。 最後まで読んで下さった方ありがとう御座いました。 迷って居る方の参考になればとレビューしていますが、役にたつのかな?ありがとう御座いました。 30年来Canonを使っていましたがもう諦めました。 最後の機種はMG7530でした。 プリンターを変える度にインクが違うってどういうことでしょうか。 大して機能も違わないのにわざわざインクまで新設計にする必要ってありますか。 インクを共通化するだけでプリンターも売れると思いますが。 訳の分からないエラーで使えなくなったり。 本当にメーカーに依頼しないと直らないんですか。 販売価格より高い値段で。 Brotherは初めのガチャガチャが無くてすぐに印刷できて良いです。 究極の画質など求めていないので3色で充分です。 セットアップも簡単でよかったです。 インク交換も簡単です。 A4紙をセットしてもトレーが出っ張らないのも良いです。 CD印刷のためのトレーも本体に収納できます。 タッチセンサーなど使わず機械式のボタンも使いやすいです。 (MG5730は触れただけでOFFになってしまったり) 後は耐久性に期待します。 キャノンのMG-5130を8年使い、とうとうサービス行きの警告が出たため、買い替えた。 無線LAN設定が本体のインジケーターから簡単に設定できた。 またインク節約の設定もある。 印刷設定画面がキャノンと似ているので、前のままかと思ったくらい簡単。 用紙排出トレイも10cm幅の簡単な引き出し程度でそこに用紙が飛び出してくる。 キャノンのようにもっと幅広の手前に倒すトレイにするべき。 結論:同じブラザーのDCP-J582はADFやCDラベル印刷がないだけで2千円ほど安いし、両方とも必要がないので、どちらか迷った。 インクも同じだし、写真画質も思いの外きれいで、いろいろ修正もできるようだ。 だが、大事な要素は印刷スピードが速いことだろう。 582の印刷スピードは遅いようなので、これから長く付き合う時間を考えれば、お金には代えられないメリットが大きい。 あまりきれいな写真印刷は期待しないほうがいいが、普通使いのプリンターとしてはとてもコスパの高い製品です。 プリンタのメーカーサポートは5年位で終了するので、そのあたりと価格差を勘案して好みで選んでいいと思います。 brotherのプリンタですが、同価格帯のキヤノン/エプソンと比較して言えるのは、業務向きということです。 設定はカンタンで動作は軽快。 壊れにくく、インクのコスパが良いです。 反面、インク数が少ないため写真の発色では1,2段劣ります。 写真はたまにしか印刷しない、色にこだわらないという方にはオススメできます。 私は写真用にはキヤノンのproシリーズを使用し、普段のプリントではこの機種を使用しています。 周りのスモールオフィスでも皆brotherを置いています。 基本的な使用に関しては、プリント、コピー、スキャン、ADFどれにおいても一般的なプリンターと同じ以上のパフォーマンスを発揮してくれますが、後もう一歩といったポイントがいくつかありました。 ADFはついていますが、ついているだけで本格的に使う場合にはもう一歩といった感じでした。 まずスキャン可能枚数です。 メーカーによると20枚までと書かれていますが、プログラム的に20枚以上で止まるようにできておらず、実際はセットできればできるだけスキャンを続けてくれます。 しかし、1つ問題があり、おそらく本体の処理能力 おそらくメモリ 不足で25枚あたりから極端に動作速度が遅くなります。 実際の動作としては、連続的に取り込んでいた処理が、毎回アウトプットしてから待ち時間 おそらく処理時間 を挟み再び動き出す、のような動作に変わり、1枚のスキャン時間が3倍ほどになります。 次に、ADFによる両面スキャンはできないというところです。 本機に搭載されているADFスキャナーは片面のみでADFでは片面のみしかスキャンできません。 他に気になる部分は、 クラウド保存機能です。 PCから同一ファイルを送る場合は2秒ほど 全体的に、かなり便利な機能が詰まっており、それでいて1諭吉ちょっとで購入できるのはかなりコスパいいと思います。 特にADF機能はちょっとしたことなどには便利ですが、大量酷使する予定であればちょっと考えた方がいいかもしれません。 ----------自己流ADF両面スキャン・コピー---------- 最後に、おまけとしてADF両面スキャンの方法をメモとして書いておきます。 まずプリンターのみでは上に書いたように不可なので、PCが必要となります。 また、PDFSAMという無料ソフトを使用します。 Windows,Mac,Linuxどれでも可能です。 大まかな手順としては、片面ずつADFスキャンでPDFにしたものを交互にミックスするという方法です。 以下にに詳しい手順を示します。 まず1回目は1を下にしてADFでスキャンします。 ADFはスキャン面が下になるように置く すると1が上になり 6が一番下 トレーに排紙されます。 この時のスキャン順は1,3,5の奇数ページとなります。 それをその並びのまま6が下の状態で 頭の向きは逆になるのでそれだけ変える 再びADFでスキャンします。 この時のスキャン順は6,4,2と偶数ページの逆順になります。 これらを無料のソフトPDFSAMの「交互にミックス」という機能を利用し交互にミックスします。 そして、2回目のファイルの逆順というタブのチェックマークをつけ、下部にある実行ボタンを押すと交互ミックスされたファイルが出力先フォルダに生成されます。 コピーの方法は、この方法で両面スキャンしたものを、両面印刷指定してプリントするだけなので端折ります。

次の

【インクジェット/レーザー プリンター】製品を無線LANで接続する方法|ブラザー

ブラザー dcp j582n

ブラザー プリビオDCP-J582Nの口コミ評判 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【印刷内容】書類・ネット記事など 【総合満足度】とても満足 【価格満足度】とても満足 【使いやすさ】とても満足 【印刷美しさ】とても満足 【外観デザイン】とても満足 【印刷の速さ】とても満足 【壊れにくさ】とても満足 背面給紙だと後ろと高さに余裕が必要だが、前面給紙なのでコンパクトなスペースに収まる。 自動でヘッドクリーニングをしてくれるのでメンテナンスが楽。 インクも色毎にタンクが分かれているので一体型のタンクより経済的だと思う。 今後もこのシリーズを使いたいと思う。 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【印刷内容】Word文書 【総合満足度】やや満足 【価格満足度】普通 【使いやすさ】とても満足 【印刷美しさ】やや満足 【外観デザイン】とても満足 【印刷の速さ】やや満足 【壊れにくさ】やや満足 シンプルなデザインがいいです。 直感的に操作もできますし、特に紙詰まりも起こりません。 無線LANでも安定して稼働してくれます。 印刷スピードも、受信してから違和感ないスピードで出力されてきます。 価格がもう少し安かったら、よりうれしいです。 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【印刷内容】文書 【総合満足度】とても満足 【使いやすさ】とても満足 【印刷美しさ】とても満足 【外観デザイン】とても満足 【印刷の速さ】とても満足 【壊れにくさ】とても満足 操作がわかりやすく、タッチパネルも便利です。 文書を白黒で印刷することが多いですが、使用感は問題なく満足です。 両面印刷や給紙、インク交換も簡単にできます。 無線で使うことができるのが一番気に入っています。 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【印刷内容】文書 【総合満足度】普通 【使いやすさ】普通 【印刷美しさ】やや不満 【外観デザイン】やや満足 【印刷の速さ】やや満足 【壊れにくさ】普通 印刷の速さは、普通よりすこし速いと感じるのでそこはいいと思います。 デザインも白色で部屋にあっていて好きです。 ただ、印刷する際やスキャンのときに色が褪せてしまう、薄くなる、鮮やかではなくなる所が不満点です。 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【印刷内容】写真 【総合満足度】やや満足 【使いやすさ】普通 【印刷美しさ】やや満足 【外観デザイン】普通 【印刷の速さ】普通 【壊れにくさ】普通 他社の製品と比べて価格帯が安いのが魅力的です。 最初は価格が安いので品質に不安がありましたが、想像よりもキレイに印刷できています、4色ですが、他社の6色と変わらない品質です。 年賀状の作成くらいならば、何の問題もなくキレイな仕上がりです。 コスパと品質のバランスに満足しています。 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【印刷内容】確定申告書類・年賀状 【総合満足度】やや満足 【使いやすさ】とても満足 【印刷美しさ】やや不満 【外観デザイン】やや満足 【印刷の速さ】とても満足 【壊れにくさ】普通 購入して最初の設定で、Wi-Fiの設定をするのが、初心者でも簡単にできるようになっていて、とても助かった。 インクカートリッジを前面から挿入するようになっているのが、とてもやりやすい。 LCDのタッチパネルは小さくて見づらいが、価格を考えればこんなものだろう。 印刷速度は、以前使っていた別の会社製のプリンターに比べると、けっこう速いと思う。 ただ、カラー印刷の色合いがイマイチ。 赤が薄い。 女優のグラビアを印刷すると、ルージュの赤が、ベージュ色に印刷される。 DCP-J582Nが向いてない方• 写真印刷を中心にしたい方。 ・SDカードスロット搭載なので、デジカメで撮った写真などをパソコン無しで ダイレクト印刷できる。 ・この価格で 前面2段給紙搭載。 写真・ハガキ用紙と、普通紙の2種類の紙をストックしておくことができる。 ・ Wifi direct機能が搭載されているので、Wifi環境が無い方でも、スマホ・タブレットから印刷できる。 ・背面に手差しトレイがあるので、前面給紙が苦手な厚紙や封筒も印刷できる。 ・ 「クロだけ印刷」機能があり、カラーインクが切れても、最長30日はブラックインクのみを使用した印刷ができる。 ただし、一部の用紙設定では使用できない。 また、空になったインクカートリッジを外した場合は、新しいインクカートリッジを取り付けるまで印刷ができなくなる。 ・ 自動両面プリント機能搭載。 用紙の無駄を抑えられます。 6円 液晶モニタ 〇 タッチパネル 〇 消費電力 17W 自動電源オン 自動電源オフ 〇 複合機 多機能プリンタ モバイルプリンタ 給紙 最大用紙サイズ A4 給紙トレイ 前面 最大給紙枚数(普通紙) 101枚 最大給紙枚数(ハガキ) 41枚 接続機能 スマホ対応 〇 スマートスピーカー対応 AirPrint対応 〇 Wi-Fi Direct対応 〇 NFC対応 Googleクラウドプリント対応 〇 詳細スペック 機能 コピー スキャナ 接続インターフェイス USB2. 0 無線LAN Wi-Fi その他機能 ダイレクト印刷 ネットワーク印刷 自動両面印刷 フチなし印刷レーベル印刷 カードリーダー 大容量インクタンク サイズ・重量 幅x高さx奥行き 400x151x341 mm 重さ 7. 1kg カラー カラー ホワイト系 引用:価格. comより ブラザー プリビオDCP-J582Nにおすすめのインクは? インクには、プリンターメーカーが提供している純正インクと、他のメーカーが提供している互換インクの2種類があります。 DCP-J582Nユーザによるインクの口コミをご紹介します。 まずは純正インク利用者からです! 純正インク利用者の口コミ 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【使用インク】 純正インク 【印刷内容】書類・ネット記事 【総合満足度】とても満足 【価格の安さ】普通 【使いやすさ】とても満足 【インク色味】とても満足 インクの交換が簡単に出来る。 値段は普通かな?ネットで探すと純正でも定価より安いのが見つかるので気にならない。 今使っているのは2台目だが、1台目故障の原因はカートリッジの不良品が原因だったけど滅多に不良品には当たらないと思う。 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【使用インク】 純正インク 【印刷内容】Word文書 【総合満足度】とても満足 【価格の安さ】やや満足 【使いやすさ】とても満足 【インク色味】とても満足 インクジェットなので、しっかりインクの色が滲まずついていい感じだと思います。 減り方も、そこまで早いとも感じません。 よく使う黒が大きめに設計されています。 プリンタ自体の大きさから見ても一般的な量だとは思います。 装着も楽で、取り換えは安易だと思います。 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【使用インク】 純正インク 【印刷内容】文書 【総合満足度】普通 【価格の安さ】普通 【使いやすさ】普通 【インク色味】普通 互換インクは純正インクと比較して金額は安いですが、以前、互換インクを使用していてプリンタが故障して以来、使用するのが嫌になりました。 インク代をケチって本体買い替えとなると面倒だし無駄なので、これからも純正インクを使用します。 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【使用インク】 純正インク 【印刷内容】画像・写真 【総合満足度】やや満足 【価格の安さ】普通 【使いやすさ】やや満足 【インク色味】普通 価格はもう少し安いと嬉しい。 交換も簡単なので満足しているが、ヘッドクリーニングとテストに少し時間がかかる。 故障はまだ1回もない。 他のコピー機を使ったことがないのではっきりはわかりませんが、インクの減りも普通なのかなと思う。 互換インク利用者の口コミ 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【使用インク】互換インク(メーカー名不明) 【印刷内容】文書 【総合満足度】普通 【価格の安さ】やや不満 【使いやすさ】やや満足 【インク色味】やや満足 値段が高い。 互換インクを読み取らない時がある。 インクの減りが早い。 以前使っていたHPのものより故障は少ない。 発色もよく印刷の仕上がりは満足している。 【機種】ブラザー プリビオDCP-J582N 【使用インク】 互換インク(インク革命) 【印刷内容】文書 【総合満足度】やや満足 【価格の安さ】やや満足 【使いやすさ】普通 【インク色味】やや満足 純正の半額程度で買えて満足です。 ずっと純正派でしたが、不具合があったら保証してくれるというのをネットで調べて知り、思い切って購入してみましたが正解でした。 ただやはり表示が出ないのは不安になります。 ここを改善してくれたらもっと使いやすくなると思います。

次の