簡単 イチゴ ジャム。 イチゴジャムの作り方♪超簡単!苺とグラニュー糖とレモンだけ

【みんなが作ってる】 イチゴジャム 作り方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

簡単 イチゴ ジャム

adobe. com 傷みかけのイチゴ、安いけど甘くないイチゴは、レンジで簡単にジャムにしてしまいましょう! レンジでジャムを作るコツは、「ラップをしない」「大きい容器」「時間は何回かに分ける」の3つ。 まず、イチゴの余分な水分を飛ばすため、ラップは不要です。 電子レンジにラップをせずに食材を入れると、鍋やフライパンで調理するように水分が飛びます。 そしてレンジジャムの最大のポイントは、大きめの容器。 イチゴをレンジで加熱すると、かなりブクブクと沸騰します。 泡がもこもこ盛り上がってくるので、大きい容器は必須です。 初めて作る場合は、ふきこぼれがないよう、見守っておくとよいでしょう。 もしふきこぼれそうになったら、即座にレンジを止めてください。 そうすると、泡がすぐにしぼみます。 同じ理由で、レンジにかける時間は小分けにします。 連続でかけてしまうとふきこぼれる確率が高くなってしまうので、面倒でも都度、レンジの扉を開けてください。 2、大き目の耐熱容器に1と砂糖、レモン汁を入れる 混ぜなくてよい。 3、ラップをしないで、600Wの電子レンジで約1分半加熱する。 4、一度レンジの扉を開け、再度600Wで約1分半加熱する。 5、再度レンジの扉を開け、600Wで約1分加熱する。 私はいつも少量 レシピの分量 で作るので、イチゴを切るところから始めて、5分程で調理完成です(冷ます時間は除く)。 また、甘さは控えめにしています。 なので、お好みで砂糖を増やしていただいてもOKです。

次の

cocoの日日楽日 【今日は何する?】~食~ 簡単イチゴジャム 放りっぱなし

簡単 イチゴ ジャム

甘さ控えめにしたいキモチはわかるケドねっ。 砂糖が多ければ多いほど、煮詰めることによってとろみが強く固くなり、保存性が増します。 反対に少ないほどさらっとしたソース状になりフレッシュな味わいになります。 つまりそのほとんどが水分で構成されています。 加熱によって苺から水分が沢山出てくるので、煮詰めて水分を飛ばさないと当然とろみがつきません。 鍋などで煮詰めるときはとろみが強くなると焦げやすくなってくるので、つきっきりでじっくり弱火で煮込んでみてくださいね~。 レンジで作る場合も、加熱時間を長くしてみてください。 解決方法2 加熱時間を長くし、好みのとろみになるまで水分を飛ばし加熱する。 苺ジャムが固まらない原因5・すぐに加熱してしまった 鍋に苺と砂糖(レモン汁も)を入れたらすぐに火にかけてしまっていませんか?そうしてしまうと、鍋についた砂糖が焦げてしまい、あわてて水などを入れてしまった、なんて事も。 水を足して煮込んでしまうと水分が蒸発するまでに時間がかかり、なかなかジャム状になりません。 解決方法5 苺ジャムを作るときは、苺に砂糖(レモン汁も)を絡ませて、浸透圧により苺から十分な水分が出てくるまで放置してから煮込みます。 その時に、市販されているようなジャムみたいな固さに全然ならないっ!と思うのは間違い。 スプーンですくって塗るときと同じようなジャム状にしようとすると、冷えたときにどんどん砂糖の粘度が増して飴の様に固まり、ガチガチになってしまいます。

次の

イチゴジャムのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

簡単 イチゴ ジャム

adobe. com 傷みかけのイチゴ、安いけど甘くないイチゴは、レンジで簡単にジャムにしてしまいましょう! レンジでジャムを作るコツは、「ラップをしない」「大きい容器」「時間は何回かに分ける」の3つ。 まず、イチゴの余分な水分を飛ばすため、ラップは不要です。 電子レンジにラップをせずに食材を入れると、鍋やフライパンで調理するように水分が飛びます。 そしてレンジジャムの最大のポイントは、大きめの容器。 イチゴをレンジで加熱すると、かなりブクブクと沸騰します。 泡がもこもこ盛り上がってくるので、大きい容器は必須です。 初めて作る場合は、ふきこぼれがないよう、見守っておくとよいでしょう。 もしふきこぼれそうになったら、即座にレンジを止めてください。 そうすると、泡がすぐにしぼみます。 同じ理由で、レンジにかける時間は小分けにします。 連続でかけてしまうとふきこぼれる確率が高くなってしまうので、面倒でも都度、レンジの扉を開けてください。 2、大き目の耐熱容器に1と砂糖、レモン汁を入れる 混ぜなくてよい。 3、ラップをしないで、600Wの電子レンジで約1分半加熱する。 4、一度レンジの扉を開け、再度600Wで約1分半加熱する。 5、再度レンジの扉を開け、600Wで約1分加熱する。 私はいつも少量 レシピの分量 で作るので、イチゴを切るところから始めて、5分程で調理完成です(冷ます時間は除く)。 また、甘さは控えめにしています。 なので、お好みで砂糖を増やしていただいてもOKです。

次の