スーパー ストローク グリップ。 スーパーストローク クロー2.0レビュー|パターを武器に出来る!クローグリップ専用

グリップをDIYで交換する方法!・・・パターグリップで挑戦してみます!!キリッ

スーパー ストローク グリップ

2015年頃にはアメリカ男子ツアーでは25パーセント、国内男子ツアーでは20パーセントの使用率となり、プロはもちろんアマチュアも使用者が増えている人気のグリップです。 ここまで多くの人が使うということは「何が良いのか?」と考えると思います。 ・「太いのに重くない」 もちろん今までも太いグリップってありましたしその効果は理解していました。 でも、それらのグリップは「100グラム」くらいの重さだったんです。 グリップが重いと、全体の重量が重くなるのは当然として、グリップ側が重くなりすぎて、ストローク中に乱れやローテーションなどが起こりやすくミスが出やすいのです。 その点このスパーストロークは普通のサイズのグリップと同じ重さに作られています。 私が装着した「2. 0」というグリップも、自身で測り「52グラム」でした。 個人差はありますがグリップが太い方が手の圧を掛けるのが少なくて済みます。 それによりストロークが安定しやすくなります。 ・「太さが均一」 従来のグリップは徐々に細くなる形状でした。 そうすると、右手にプレッシャーがかかり過ぎて手がローテーションしすぎたり、いわゆる「パンチ」が入ったりする可能性がありました。 このグリップは、グリップがすべて同じ太さ(厳密には徐々に太くなる)のため、右手にプレッシャーがかかり過ぎずきれいにストロークする事ができます。 ・「グリップの素材」 ちょっとペタっとするようなフィーリングの表面加工で、握った手とのフィッティングが良いです。 吸いつきが良い事で余分な力を入れる必要がないです。 実は個人的には一番驚いたのがこの部分です。 太さのタイプも色々とありますし、形状も色々ありますので、突然に「極太」と言うのは。。。 と言う人にはやや細めもいいかと思います。 このグリップを使うと、ストロークのぶれる感じが軽減されたり、必要以上に手先を使うことが無くなる傾向になるようです。 そして、打った時の手に伝わる衝撃が緩和されてより優しくグリップできるので無駄な力が入らずにストロークをスムーズにしてくれると思います。 「太くてブレが少なくなるのにヘッドの重さを感じられる」 というのは大きな特徴だと思います。 スーパーストロークを使用している人で意外と多くの方が悩んでいることがあると思いますが思い当たりますか? 私の周りのほとんどのスーパーストロークユーザーが悩んでいることがありました。 それは、 「キャディーバックやカートでのパターの出し入れで他のクラブと引っかかる。 」 という事。 皆さんの中にも「あるある!」と頷いた方もいるのではないでしょうか? 使ってみてわかったのですが、このグリップの特徴である「太さが均一」というところでヘッド側のグリップとシャフトの「段差」が大きく「鋭角」なのでそこに他のクラブが引っかかってしまうことです。 自分のキャディーバックだと、他のアイアンが飛び出してしまいます。 カートのパター入れだったら他の人のパターが飛び出してしまうことになります。 他のクラブが飛び出して、落としてしまったり、ひどい時には傷が付いてしまったりなんてこともありますし、スムーズに抜けなくて「イライラ」したという人もいるかもしれません。 そんなグリップとシャフトの段差を解消するアイテムが存在するんです。 先に言っておきますが、今回ご紹介するアイテムに限っては「量産」されているわけではありません。 あくまでも個人的に作ってくれるのですが。。。 スーパーストロークグリップの問題点の「段差」を解消してくれるアイテムをクラブマッチングやフィッティングを行っている方が作ってくれるものが抜群なんです。 様々な計算と経験と調整から3Dプリンターを使いきわめて軽い樹脂で「カバー」の様なものを製作。 2つに分かれた樹脂は、シャフトを挟み込むようにして両面テープで装着するようになっているのです。 写真でも確認できるとは思いますが、 この樹脂を装着すると独特の段差はスムーズな段差になります。 実際に使用すると、他のクラブとの引っ掛かりが格段に軽減されていることがわかります。 しかも軽量の樹脂でできているため、装着した時の重さの違いなどを感じることはありません。 キッチンにあるデジタル秤で計測してもほぼ重さの違いはありませんでした。 カウンターバランスを付けるために重りが入っている物で似ているようなものも市販されているとのことですが、スーパーストロークグリップの利点を考えるとカウンターバランスにしてしまうと利点を生かせなくなるので、このアイテムは良さを生かしつつ難点を解決してくれるアイテムだったのです。 このアイテムに関しては量産販売されていないのは残念ですが、アイデア次第では手軽に問題を解決してより使いやすくなるものですね。

次の

【2020年版】プロが選ぶ!おすすめのパターグリップ TOP8|サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳

スーパー ストローク グリップ

スーパーストロークからグリップエンドにウエイトを付ける事ができるカウンターコアなるものが発売されましたので、早速試してみました。 グリップ形状も数種類ありますが、今回、私の試したのは、MIDSLIM2. 0+カウンターコアのタイプとなります。 どうしてこのグリップを選択したかと言いますと、今現在MIDSLIM2. 0を使っているから 他のタイプを試すのもひとつですが、カウンターコアの純粋な検証をしたいという意味で、今までと同じタイプのグリップを選択しました。 まずは、グリップ交換ですね。 しかし、スーパーストロークは入れるときも通常のグリップより苦労しましたが、取り外しも少し手間取ってしまいました。 何せ、太さが太いので、切込みを入れるのが、通常のグリップより深く入れなくてはいけません。 なんとか、古いグリップを取り外し、カウンタコア仕様のスーパーストロークのグリップを装着します。 この時に、カウンターコア仕様のスーパーストロークのグリップには、50gのウエイトとただのキャップの2つが付属されています。 グリップ交換をする際には、ウエイトではなく、キャップをつけて交換するようにしましょうね。 で、いつもながら、スーパーストロークのグリップ交換は、きつくて中々入っていきません。 もっと濡らさないとダメですかねぇ。 笑 そうこうしながら何とかグリップを交換しました。 まずは、ウエイト無しの状態で試し打ちをしてみました。 今までと、感覚的には変化ありません。 当然ですね。 全く同じグリップではないですが。 仕様が一緒なので、違和感なく打つことができます。 次に、50gのカウンターコアを取り付けてみました。 取り付けは、いたって簡単です。 グリップの後ろからウエイトを差し込むだけです。 ウエイトの先端がスポンジになっているので、入れるときに少し抵抗がありますが、少し押し込んでやればすんなり入ります。 取り付けて握った感じは、はやり、ずっしり重い!。 グリップ側が重くなったのが良くわかります。 で、実際にパターマットで打ってみました。 ショートパットの距離の球筋が明らかに変化しました。 今までと同じ程度の振り幅で打ってみると、非常に力強い転がりで転がってくれます。 これがカウンターコア効果なのでしょう。 ショートパットでのボールの転がりが変化し、有利に働いているのが良くわかります。 ただし、最初慣れるまで、少し右側に出球が出ていました。 これはおそらく、グリップ側がウエイトを付けて重くなったことで、ボールにインパクトする際に僅かにフェースが開き気味に当たっていたためと思われます。 元々、ウエイト無しでも少し、開き気味にストロークしてしまう癖があったので、この辺はカウンターコアの影響とは切り離してもいいかもしれませんが、重くなった分、今までより少しだけフェースローテーションを意識したほうが良さそうです。 ただし、あまり過度に意識しすぎると、左への引っ掛けになるので、少し慣れが必要かなと思います。 しかしながら、それ以上にショートパット時の球の転がりが随分変わったので、実際のラウンドではショートパットの成功率が上がることを期待しています。 実際に、ラウンドした後で、レポートを追記したいと思いますが、自宅でのパターマットで打った感触では今まで、少しボールの勢いが弱く、カップ周りで嫌われて切れて入らないといったことが減るような気がします。 ただ、心配もあります。 それは、ロングパットの距離感です。 ロングパット時の振り幅が今までと一緒だと、転がりが良くなった影響で、オーバーしてしまう可能性があるかなと・・・。 また、それを加味して振り幅を小さくするとしても、どの程度小さくしていいのか、実際にロングパットを何度か打ってみないと感覚がつかめそうにありませんね。 こちらについても実際に数ラウンド、このウエイトを付けた状態のパターでまわってみて、レポートしたいと思います。 何れにしてもファーストインプレッションが非常に良いので、現時点では思い切って変えて良かったと思っています。 新しいテクノロジーが次々出てきて、それを試すのは、ちょっと勇気がいりますが、今回のスーパーストロークのカウンターコアについては、それ相応の結果が期待できそうです ということで、ショートパットが入らないとお悩みの方がいましたら、スーパーストロークのカウンターコア、おススメです。 ちなみに、私はスーパーストロークの関係者ではありません。 念のため付け加えておきます。

次の

劇的に上達する!パターのグリップの上手な選び方とおすすめ商品5選!

スーパー ストローク グリップ

こんにちは 三好店の細川です。 全英オープンも終わりましたね。 ジョーダン・スピースが 優勝しましたね。 ゴルフキングで行っていた 『優勝者予想』のイベントでしたが ジョーダン・スピースの優勝を予想していた方が多くいました。 前回の全米オープンの時はブルックス・ケプカを誰も予想的中していませんでしたので 今回は多くの方が的中して良かったです。 その優勝したジョーダン・スピースも使用している事で有名なパターグリップ SUPER STROKE スーパーストロークに 交換してみてはいかがでしょうか? 三好店では SLIM、 FLATSO、 PISTOL GT、 PISTOL GTR この4種類のモデルが置いてあります。 太くて軽いと大変好評を得ている人気No. 1のパターグリップです。 交換の参考にグリップの特徴をご紹介させていただきます。 まず最初に紹介させて頂くのが SLIMです。 一般的にスーパーストロークとして認識されているのはこのモデルではないでしょうか? 円筒型で、太さがほぼ均一の形状をしているグリップです。 ULTRA SLIM1. 0、MID SLIM2. 0、SLIM3. 0の3種類の太さがあり、 意外なことにULTRA SLIM1. 0の一番細いモデルが1番重くなっています。 次に FLATSOです。 FLATSOはSLIMに比べてグリップ正面の平らな面が強調された ホームベース型の断面をしています。 フェース面が意識しやすく、パッティングの方向によるミスを抑えたい方におすすめです。 ジョーダン・スピースが使用していることで有名です。 こちらはFLATSO1. 0とFALATSO2. 0の2種類があります。 今年から スカルのグリーン(MID SLIM2. 0)とブルー(SLIM3. 0)、 アメリカ(SLIM3. 0)、 ユーロ(SLIM3. 0) の新しいデザインが追加されました。 スカルはインパクトがありオススメです。 そして PISTOL GTです。 こちらはクラシカルなピストル型をスーパーストロークに取り入れたモデルです。 ピストル型とは上記のようにグリップエンド側が太くなっている形状をいいます。 今までのスーパーストロークは寸胴のように均一の太さでしたので、 違った握り方を楽しめるグリップです。 また、PISTOL GTはグリップエンドに専用のウェイト 別売)を取り付ける事ができます。 カウンターバランスにする事で安定したストロークが出来ます。 最後に PISTOL GTRです。 PISTOL GTのウェイトが無い、シンプル構造のグリップです。 その分PISTOL GTより金額は安くなっています。 全て日本限定デザインです。 カラーリングは今までに無いので見た目で選んでいもよいかもしれませんね。 パターグリップを換えることでパターが生まれかわるかもしれません。 【 】中古ゴルフクラブ、の販売・買取! 【 】新品・中古ゴルフクラブ、ゴルフ用品の販売! 【 】ゴルフキング運営会社 【 】フランチャイズの募集! 【 】持ち込みリシャフト・シャフト交換大歓迎! 【 】ゴルフ用品の輸出入など業販用サイト! 【 】買取実績No. 1!ゴルフウェア買取サイト 【 】オシャレで高品質なゴルフウェアがリーズナブルに揃う!!

次の