リモート デスクトップ 資格 情報 は 機能 し ませ んで した。 Windows 資格情報を利用したRDP接続について

リモートデスクトップ接続ができない。ユーザー名、パスワードを入...

リモート デスクトップ 資格 情報 は 機能 し ませ んで した

仕事場などで使用しているパソコンからサーバへリモートデスクトップ(RDP 接続することがあります。 先日、リモートデスクトップ接続時にエラーとなり「お使いの資格情報は機能しませんでした」と下図が表示されて困りました。 解決するまでに対応した方法を備忘録として、残しておこうと思います。 同じように困っている方も参考になると幸いです。 リモートデスクトップ接続時にエラー リモートデスクトップ接続を行ったときに、いくつかエラーがあるようですが、今回は「 お使いの資格情報は機能しませんでした」と表示されて繫がらない場合の対処です。 昨日は出来たのに、なんで今日はなぜ繋がらずダメなのか?何か設定を変更したり、windowsの更新処理をしたわけでもないのに。 接続不具合は突然やってきます。 まずは、今回自分が体験した時の接続環境になります。 接続元OS=windows7 接続先OS=windowsServer2012 他のPCからリモートデスクトップ接続は問題なし。 自分のPCだけ接続できない。 なぜ自分のPCだけエラーになってしまったのか? リモートデスクトップ接続時のエラー対処方法 原因はわからないが、とにかく復旧しなければならない。 どうすればいいのか、ネットでいろいろと調べてみると同じような症状を体験し、様々な対処があることをしりました。 今回の事象に対しては「資格情報マネージャー」の「Windows 資格情報」に登録するというのを見つけて早速試してみました。 資格マネージャーを選択し、windows資格情報の追加を選択します。 各項目に必要な情報を入力し、再度リモートデスクトップ接続を試してみたら、無事に接続できました。 これ以外にもドメインを入力しないと接続できないこともありますが、設定に依存するので、そのときはドメインを調べてください。 リモートデスクトップ接続時のエラー原因 そもそもの原因がわからない。 なぜ、こんなことが起きたのか、さらに調べてみました。 原因の一つにこのような事象がありました。 リモートデスクトップ接続先(サーバ)側で、ローカルAdmin権限のあるユーザーがユーザー名またはパスワードを変更してしまった場合、リモートデスクトップ接続元(クライアント:ワークグループまたはHome Premium)側で「資格情報を記憶する」にチェックを入れていても、「お使いの資格情報は機能しませんでした」となりリモート接続ができなくなるという事が分かりました。 でも、今回接続出来なくなったのは1台だけだから、この事象とは違うと判断しました。 ちなみに、このときの対処方法は、クライアント側で資格情報をいったん削除し、改めて登録しなおせばOK! 一体何が原因でエラーが起きるのかわからないが、なんとか解決できました。 サーバーに対する知識がある程度あるほうが、トラブル時に対処できると思います。 システム管理者が在籍している大手企業なら、トラブルが発生しても即対処してもらえるだろうが、零細企業では誰かが担うか外部に委託してシステムを管理しなくてはならない。 そもそも外部に委託する費用に原資がないにが零細企業なんですよね。 本来の仕事とシステム管理を担うしかないですが、専門知識があるわけではないので苦労します。 しかし、これだけITが社会に浸透した状態で、誰かがやらないと業務が止まってしまう。 多少の知識がないと、いざというときにとこても困ることになります。 自分の周りに詳しい人がいればいいのですが、肝心な時に誰もいない事の方が多い。 そこで、少しでも解決に向けて、何かができるように知識を蓄えておいた方が、全く知識がないよりはいいかなと思います。

次の

Windowsリモートデスクトップ認証エラーの対処法「要求された関数はサポートされていません」

リモート デスクトップ 資格 情報 は 機能 し ませ んで した

リモートデスクトップを有効にする オフィス側の設定 リモートデスクトップは初期設定で無効になっています。 設定で有効にしましょう。 まず、スタートメニューから設定を開きましょう。 Windows の設定からシステムを開きます。 左メニューからリモートデスクトップを選択し「リモートデスクトップを有効にする」のスイッチをオンにします。 リモートデスクトップを有効にしますか?と確認が出るので、確認ボタンを押します。 リモートデスクトップが有効になりました。 赤い矢印で示したパソコン名は、後で遠隔地で接続する時に使いますので控えておいてください。 遠隔地側からの操作 遠隔地側からはリモートデスクトップ接続のアプリを使います。 タスクバーの検索窓、もしくは虫眼鏡アイコンから検索してみてください。 リモートデスクトップのアプリが起動しました。 コンピューターの欄には、先程確認したオフィス側のパソコン名を入力します。 そして接続ボタンを押しましょう。 資格情報を入力する画面が表示されます。 ここは接続するオフィスのパソコンのパスワードを入力します。 セキュリティ証明書に関する画面が表示されます。 はいを押すと接続を続行します。 リモート接続に成功しました。 これでオフィスのパソコンの遠隔操作が可能です。 (便宜上画面を縮小していますが、全画面にできます。 エラー「お使いの資格情報は機能しませんでした」 リモートデスクトップ接続する時に「お使いの資格情報は機能しませんでした」というエラーが出る事があります。 ここでリモートデスクトップを諦めてしまう人も多いと思います。 それはパスワードを入力する画面で最初から入力されているユーザー名が違うという事が主な原因です。 ユーザー名は接続するオフィスのパソコンのユーザー名である必要があります。 その場合はパスワードを入力する画面で「その他」を選択します。 「別のアカウントを使用する」を選択すると、ユーザー名も入力できるようになります。 接続するオフィスのパソコンのユーザー名とパスワードを入力してください。 関連記事 Zoom でビデオ会議する方法です。

次の

リモートデスクトップ接続ができない場合の対処方法 ( Windows 7 )

リモート デスクトップ 資格 情報 は 機能 し ませ んで した

1、Windows10でリモートデスクトップ接続ができない場合 まず操作される側(ホスト)ですが、Windowsのhomeエディションではホストにはなれません。 この場合は他のソフトを使う必要があります。 そして操作する側とされる側が、同じネットワークに繋がっていることが条件となります。 ここで言う同じネットワークとは家庭内LANや企業LANのことで、仮に自宅と会社であってもネットワークの経路が作ってあれば、自宅から会社のPCを操作することも可能です。 これにはネットワークとセキュリティの知識が必要になりますので、管理者の方に相談しましょう。 今回はご自宅の中で、あるPCから別のPCにアクセスする場合と仮定します。 1 受け入れホスト側の設定を確認する ルーターが一つで同じルーターに繋がっているのであれば、同じネットワークという前提は満たしています。 接続が失敗する際、一番多いのは上記のメッセージではないかと思われます。 まずはホスト側の設定を確認しましょう。 コントロールパネル-システムから、リモートの設定をクリック。 下のような画面が開きます。 このコンピューターへのリモート接続を許可するを選択します。 その下の認証についての項目ですが、チェックが入っている方がセキュリティは強固になります。 この設定をした上でリモートデスクトップ接続先のコンピューター名かIPアドレスを入力すると、ユーザー名とパスワードを要求されるので、こちらを正しく入力し終わって、初めて接続が可能になります。 2 ファイアウォールを解放する 設定には問題が無い場合、ファイアウォールにてブロックしている可能性があります。 Microsoft以外の統合セキュリティソフトをお使いの場合も、そのソフトのファイアウォールを開放します。 こちらではWindows標準のファイアウォールについて説明します。 まずコントロールパネルのシステムのセキュリティをクリック Windowsファイアウォールをクリック 接続済みになっているネットワークを確認します。 上の画面の場合はプライベートネットワークです。 続けてWindowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可をクリック。 名前がリモートデスクトップの行にて、プライベートにチェックが入っているか確認します。 入ってなければ右上の設定の変更をクリック後、チェックを入れてOKを押します。 2、ユーザー名とパスワードを入れたが認証されない場合 ユーザー名とパスワードを入れた際に、お使いの資格情報は機能しませんでした。 などのメッセージで接続ができない場合があります。 そういう場合まずは、ホスト側のコントロールパネルからユーザーアカウントをクリック もう一度ユーザーアカウントをクリック 現在ログオンしているユーザー名が確認できます。 上の例のように、メールアドレスが入っている場合ですとMicrosoftアカウントを使用しています。 この際はリモートデスクトップ接続の認証時に、ユーザー名はUSER123456@microsoft. com を使います。 パスワードはホスト側で使っているものと同一です。 メールアドレスではなく、ローカルアカウントと表示されている場合があります。 Microsoftアカウントを使っていない場合、コンピュータ名の入力を忘れがちですので確認してみてください。 3、Windows10があまり快適でない場合は 2016年7月29日、ついにWindows10への無償アップデート期間が終了してしまいましたが、正直Windows7の方が全然使いやすかったという人も実際かなりいるようです。 やはり長年使い慣れてきたOSが同じMicrosoftのものとは言え、ガラッと変わってしまうのはあまりユーザービリティー的に良くありません。 もし仮にWindows7に戻りたいと思うのであれば、一層のこと戻してみてはいかがでしょうか? そこまで難しい操作は必要ないですし、やはりパソコンを仕事などで使う上で作業効率、生産性は命なので、慣れているものを使った方が効率は良いです。 Windows10に変えて1ヶ月以上経ってしまった場合でもWindows7に変えることは全然可能なので、もし検討するのであれば下記記事をご参考頂けますと幸いです。 最近の投稿• 2018年3月21日• 2018年3月20日• 2018年1月20日• 2018年1月20日• 2018年1月18日• 最近のコメント• に mac-lib より• に 名無しさん@ゲーマー より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の