ラーテル 画像。 ラーテルとは?最強動物と言われる理由!天敵はいない?

最強動物ラーテルについて!「は!天敵?ライオンとか雑魚だわ」│ネット動物園 〜生き物全般からペットまで〜

ラーテル 画像

「 ラーテルのいる動物園」について、以下の目次で記載しています。 ラーテルのいる動物園がわかる「飼育動物検索」 日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の公式サイトには、「飼育動物検索」という便利な機能があって、JAZA加盟の動物園・水族館で飼育されている動物を検索できます。 ラーテルを飼育展示している動物園(日動水・JAZA加盟園) さて、この日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)の飼育動物検索で、「ラーテル」を検索し、その結果を「Ratel ラーテルのいる動物園」として一覧(リスト)にしてみました。 ラーテルのいる動物園(日動水・JAZA加盟園) 上表をみての感想を以下に・・・・。 ラーテルのいる動物園(日動水・JAZA加盟園)は、東山動植物園の1施設だけです。 (追加情報がありましたらコメントにてお知らせいただければ修正します) 日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に非加盟の「ラーテル飼育施設」 日本動物園水族館協会(日動水・JAZA)に加盟していない施設(個人を含む)で飼育されているラーテルの情報を以下に記します。 また、情報をコメントにてお知らせいただけましたら掲載します。 ・情報なし ラーテルのいる動物園 上記データから「ラーテルのいる動物園」を以下に列挙します。 追加情報等ありましたらコメントにてお知らせください。 -- 東山動植物園(愛知県名古屋市) ラーテル2頭: ザビー(オス)、 フラン(メス)。 誰が鳴いてるのかな~クイズ!! — 名古屋市東山動植物園 higashiyamapark 新しい仲間が加わる小獣舎ですが、今回はお馴染みのラーテルの穴掘りを紹介します。 普段は少し触ったかな?というくらいですが、稀に砂場の砂を全て出してしまうのではないか・・・というくらいの穴掘りスイッチが入るときがあります。 もしそんな姿を見かけたらじっくり観察してみて下さいね。 なかよく遊ぶラーテルのペア ラーテルとは? ラーテルの概要(写真)は、wikipediaを引用します。 ラーテル(Mellivora capensis)は、食肉目イタチ科ラーテル属に分類される食肉類。 本種のみでラーテル属を構成する。 別名ミツアナグマ。 ラーテルは蜂の巣を襲う数少ない哺乳類であることが知られており、好物の蜂蜜を巡ってミツオシエ科の小鳥と共生関係にある。 ラーテルに関する最近のニュース・報道 ラーテルに関する最近のニュースをいくつかあげておきます。 「世界一怖いもの知らずの動物」としてギネスブックにも認定されたことがあるラーテル(ミツアナグマ)。 南アフリカで「世界一怖いもの知らず(the most fearless animal)」とギネスブックに登録された動物をご存知だろうか?コブラのような毒蛇に咬まれても、一時的に動けなくなるだけで数時間後には回復し、ライオンの牙や鉤爪も分厚い皮で跳ね返す。 水牛のような大型動物にはスカンク顔負けの臭い液体を噴射して追っ払うイタチ科の動物、ラーテルだ。 「ポコポッテイト」という人形劇・・ 「ムテ吉」なるキャラクター・・のモチーフになっているのが、アフリカに生息するラーテルという動物 などなど、「 ラーテルのいる動物園」について、まとめてみました。 --- 興味深いですよ!! ラーテル。 tsukunepapa.

次の

ラーテル 世界一怖いもの知らずの動物/世界最強【ミツアナグマ/らーてる】

ラーテル 画像

出典:PIXTA まずは、ブサカワ動物。 それに尽きる。 動物のブサカワ顔ランキングでも上位に食い込めそうです。 他に説明することとしては、強靭な体なのですが、後の方でしっかり解説するので、とりあえず特徴はブサカワ動物ということで終わります。 大きさ 全長 80〜110センチ。 ちっちゃくないですか?君。 重さ 7〜14キロ。 なんと体重も軽い・・・。 本当にこいつが最強動物なのか?ちょっと怪しい感じがしてきた。 ついでに、クズリの体重は30kg前後なので、ラーテルの二倍ほどもあります。 寿命について 寿命は24年(飼育下)ほどです。 飼育して24年ですから、野生での寿命は20年ほどです。 寿命に関しては、似たような他の動物に比べると結構長いです。 「クズリさん」の寿命は10年前後ですから・・・。 なかなかやりおる。 餌 Honey badger wild, in wilderness, searching for food. 出典:shutterstock バリバリの肉食系!かと思いきや、 果実も食べる雑食性。 目に入った食べれる物は、なんでも餌として食べます。 しかも、 大好物は蜂蜜だとか。 完全にプーさんに戦い挑んでますよね。 でも、プーさんはあの顔でもクマだから意外に強いかもしれません。 性格 出典:123rf 性格が無敵と呼ばれている理由の1つだそうだ。 なんと ギネスの「 世界一怖いもの知らずの動物」に認定されているんです。 そんなわけなので、めちゃくちゃ怖いもの知らずで、大きさではかなわないようなスイギュウとかにまで手を出します。 なので、こいつがいるところに行ったら気をつけたほうがいいかもしれないですね。 生息地 アフリカ大陸南部のサバンナを歩いている 出典:shutterstock アジアとアフリカに生息しています。 草原や岩などがある砂漠周辺やサバンナで生活しています。 イタチ科の中では寿命が長いほうです。 また、砂漠地帯周辺に生息していました。 基本的な生態のことは分かったので、次はいよいよ強さを検証していきます。 最強説の検証 出典:PIXTA ぼくの勝手な判断で、ブサカワ動物とされてしまったのですが、そう言ってられない特技を持っています。 隠れた強さを紹介。 基本的に、イタチ科の動物は木登りや水泳が得意です。 樹上でも水中でも移動できることも、最強である理由の一つです。 また最後の方に動画があるのですが、結構なスピードで走れます。 速く走れることも、最強といわれる理由です。 しかし、何と言っても最強の理由は他にあります。 全体的にかなり皮膚が厚く、柔軟性もかなり高い。 さらに、何と言っても頭から背中にかけての皮膚がすごいのだ。 超厚い皮膚で、それに加えて柔軟に動くというので、ラーテルに対してはつかみどころがないのです。 なので無敵なのです。 NHKでおなじみのダーウィンが来たでは「ダブダブの皮膚」のような感じで紹介されていました。 きっと背中は、何でも吸収する素材で、できているようなものなのでしょうね。 そんなわけで最強で無敵の理由は、最強で厚い皮膚ということでした。 やばいと思ったら、臭腺からかなりきつめのニオイがする液体を噴射! 何日もニオイが取れないです。 これも最強の理由の一つです。 しかし、こいつにもやはり弱点はあるらしい。 弱点 凄い防御力を誇るラーテルの弱点とは、・・・ズバリ、 顔とお腹! 出典:PIXTA まず顔から説明。 顔は目もあるし、口もあります。 その上、鼻もある。 というか、ラーテルに限らず、 どんな動物でも顔は弱点になりうるのはお分かり頂けると思います。 次にお腹。 お腹も皮は厚いらしいですが、やっぱり背中ほど厚くはならないみたいです。 ひっくり返ったら、無敵でもピンチです。 しかし、もしもお腹を向けるようなことがあったら・・・でも、ただじゃ済ませないです。 先ほどのスカンクの屁を出します。 全部出揃ったので、いよいよ本当に最強なのか検証します。

次の

特集:ラーテル 2004年9月号 ナショナルジオグラフィック NATIONAL kuvo.rmpbs.org

ラーテル 画像

出典:PIXTA まずは、ブサカワ動物。 それに尽きる。 動物のブサカワ顔ランキングでも上位に食い込めそうです。 他に説明することとしては、強靭な体なのですが、後の方でしっかり解説するので、とりあえず特徴はブサカワ動物ということで終わります。 大きさ 全長 80〜110センチ。 ちっちゃくないですか?君。 重さ 7〜14キロ。 なんと体重も軽い・・・。 本当にこいつが最強動物なのか?ちょっと怪しい感じがしてきた。 ついでに、クズリの体重は30kg前後なので、ラーテルの二倍ほどもあります。 寿命について 寿命は24年(飼育下)ほどです。 飼育して24年ですから、野生での寿命は20年ほどです。 寿命に関しては、似たような他の動物に比べると結構長いです。 「クズリさん」の寿命は10年前後ですから・・・。 なかなかやりおる。 餌 Honey badger wild, in wilderness, searching for food. 出典:shutterstock バリバリの肉食系!かと思いきや、 果実も食べる雑食性。 目に入った食べれる物は、なんでも餌として食べます。 しかも、 大好物は蜂蜜だとか。 完全にプーさんに戦い挑んでますよね。 でも、プーさんはあの顔でもクマだから意外に強いかもしれません。 性格 出典:123rf 性格が無敵と呼ばれている理由の1つだそうだ。 なんと ギネスの「 世界一怖いもの知らずの動物」に認定されているんです。 そんなわけなので、めちゃくちゃ怖いもの知らずで、大きさではかなわないようなスイギュウとかにまで手を出します。 なので、こいつがいるところに行ったら気をつけたほうがいいかもしれないですね。 生息地 アフリカ大陸南部のサバンナを歩いている 出典:shutterstock アジアとアフリカに生息しています。 草原や岩などがある砂漠周辺やサバンナで生活しています。 イタチ科の中では寿命が長いほうです。 また、砂漠地帯周辺に生息していました。 基本的な生態のことは分かったので、次はいよいよ強さを検証していきます。 最強説の検証 出典:PIXTA ぼくの勝手な判断で、ブサカワ動物とされてしまったのですが、そう言ってられない特技を持っています。 隠れた強さを紹介。 基本的に、イタチ科の動物は木登りや水泳が得意です。 樹上でも水中でも移動できることも、最強である理由の一つです。 また最後の方に動画があるのですが、結構なスピードで走れます。 速く走れることも、最強といわれる理由です。 しかし、何と言っても最強の理由は他にあります。 全体的にかなり皮膚が厚く、柔軟性もかなり高い。 さらに、何と言っても頭から背中にかけての皮膚がすごいのだ。 超厚い皮膚で、それに加えて柔軟に動くというので、ラーテルに対してはつかみどころがないのです。 なので無敵なのです。 NHKでおなじみのダーウィンが来たでは「ダブダブの皮膚」のような感じで紹介されていました。 きっと背中は、何でも吸収する素材で、できているようなものなのでしょうね。 そんなわけで最強で無敵の理由は、最強で厚い皮膚ということでした。 やばいと思ったら、臭腺からかなりきつめのニオイがする液体を噴射! 何日もニオイが取れないです。 これも最強の理由の一つです。 しかし、こいつにもやはり弱点はあるらしい。 弱点 凄い防御力を誇るラーテルの弱点とは、・・・ズバリ、 顔とお腹! 出典:PIXTA まず顔から説明。 顔は目もあるし、口もあります。 その上、鼻もある。 というか、ラーテルに限らず、 どんな動物でも顔は弱点になりうるのはお分かり頂けると思います。 次にお腹。 お腹も皮は厚いらしいですが、やっぱり背中ほど厚くはならないみたいです。 ひっくり返ったら、無敵でもピンチです。 しかし、もしもお腹を向けるようなことがあったら・・・でも、ただじゃ済ませないです。 先ほどのスカンクの屁を出します。 全部出揃ったので、いよいよ本当に最強なのか検証します。

次の